呪術廻戦の146話のネタバレ最新情報!死滅回遊の新事実と秤金次!

【お早めに!】呪術廻戦の18巻と19巻の予約受付中!
呪術廻戦の「グッズ付き同梱版」の18巻&19巻が予約受付中です!
予約受付が終了する前に早めに予約しましょう!
予約の方法はこちらからどうぞ☆
↓ ↓ ↓
→呪術廻戦 18巻&19巻の予約方法
呪術廻戦の146話のネタバレ最新情報!死滅回游に参戦?

この記事では呪術廻戦の第146話のネタバレ最新情報についてお話します。


第145話では虎杖悠仁、伏黒恵、乙骨憂太、脹相が呪術高専の薨星宮(こうせいぐう)で天元に会い、偽夏油の正体獄門疆(ごくもんきょう)の封印解除の方法を聞きました

特に獄門疆の封印解除の方法については

・特級呪具「天逆鉾(あまのさかほこ)」
・黒縄

が必要ということでしたが、どちらも高専にはありません。


しかしまだ可能性が残されており、そのヒントが「死滅回游(しめつかいゆう)」にあります。

死滅回游(しめつかいゆう)」には「封印などの呪術を解除できる術式を持つ者」がいるようで、その術師を見つけ出せば獄門疆の封印解除に望みが繋がります。


第146話では「死滅回游(しめつかいゆう)」の総則(ルール)の意味の確認や深堀りの回となりました。


呪術廻戦の146話以外のネタバレ情報はこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

【呪術廻戦】ネタバレ解説

16巻
135話136話137話138話139話
140話141話142話
17巻
143話144話145話146話147話
148話149話150話151話
18巻
152話153話154話155話156話
157話158話159話160話




また呪術廻戦の全キャラクターの一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

【呪術廻戦】146話のネタバレ最新情報!来栖華(くるすはな)の術式消滅能力について

第146話では獄門疆(ごくもんきょう)の封印を解く鍵となる人物「来栖華(くるすはな)」の「あらゆる術式を消滅させる術式」についての話から始まります。

来栖華は第145話で天元の口から語られた1000年前の術師で、「あらゆる術式を消滅させる」という術式を使います。

天元より死滅回遊(しめつかいゆう)と来栖華(くるすはな)についての新情報が明かされています。

・来栖華(くるすはな)は東京の東側の結界(コロニー)にいる
・死滅回遊の結界は天元を拒絶しているので詳しい情報は分からない
・日本全国に10の結界(コロニー)がある
・結界(コロニー)は人間を彼岸に渡す境界を結ぶ結界と繋がっている
・呪術連の結界の影響で北海道には結界(コロニー)が無い


来栖華(くるすはな)の居場所は東京であることや、死滅回遊の舞台となる結界(コロニー)が日本全国に10箇所あることなどが語られています。


来栖華や偽夏油の正体、偽夏油の本名「羂策」の意味などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

【呪術廻戦】146話のネタバレ最新情報!「死滅回遊(しめつかいゆう)」から人類の同化までの期間

第146話では死滅回遊についての新事実が明らかになり、その一つが「死滅回遊の開始時期」です。

先程お話した「結界(コロニー)は人間を彼岸に渡す境界を結ぶ結界と繋がっている」という天元の言葉は、つまるところ

日本にいる人間全員に呪いをかけ、天元と同化させる

ということを、偽夏油こと羂策(けんじゃく)は狙っています。


そのための儀式が、天元によると「2ヶ月もあれば十分」ということで、

・泳者(プレイヤー)の術師が覚醒したのが10月31日
 →人類と天元の同化が終わるのは1月1日前後

ということになりますね。


死滅回遊の解説や、伏黒津美紀の呪いなどについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

【呪術廻戦】146話のネタバレ最新情報!伏黒津美紀の強制参加までの猶予と「術式剥奪」の意味とは?

第146話では死滅回遊のルール1とルール2である「プレイヤーは結界内で19日以内に参加表明をしないと術式が剥奪される」について深堀りしていきます。

「19日」というのはプレイヤーの術式が覚醒してからカウント開始なので、

・泳者(プレイヤー)の術師が覚醒したのが10月31日の24時
・第146話時点が11月9日の午前9時
 →伏黒津美紀に残された猶予は10日と15時間

となります。

さらに「術式の剥奪」について、第146話では伏黒恵達が家入硝子と話していた時のシーンが描かれます。ちなみに家入硝子さん、タバコ吸いすぎ笑

・術式の剥奪は後追いで参加する泳者(プレイヤー)にも適用されるルール
・つまり剥奪は「無為転変」で行われるわけではない
・「使用禁止」ではなく「剥奪」なので、「縛り」でもない
・つまり脳に無理矢理な作用が働くということ
 →ルール的に考えても「剥奪=死亡」が濃厚


確かにただ単に「術式の剥奪」だけだったら泳者(プレイヤー)にとって殺し合いに参加するメリットがなく、みんな参加を拒否して終わりでしょう。

そうさせないために偽夏油こと羂策(けんじゃく)は「術式剥奪=死亡」という過激なルールにしているはずです。


ただここで禪院真希も発言していますが、最初から術式を持っていない術師にとってはノーリスクなルールです。


伏黒津美紀の呪いなどについてはこちらの記事で解説しています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

【呪術廻戦】146話のネタバレ最新情報!「死滅回遊」に巻き込まれた一般人はどうなる?

第146話でふと虎杖悠仁が疑問を投げかけます。

死滅回遊のルール3には「非泳者(非プレイヤー)は結界(コロニー)に侵入した時点で泳者(プレイヤー)となる」とあり、「最初から結界内にいる一般人はどうなるのか」という疑問です。

これに関しては天元が

少なくとも1度は外に出る機会を与えられる

と答えています。

羂策(けんじゃく)が作ったデスゲームにしては妙に優しい仕様ですが、その理由としては

・ルールに結界の出入りに関する条項が無い
・泳者に「結界から出る」という明確な目的を与えて殺し合いを活性化させる
・泳者を閉じ込めるには「自ら望んで入った」という前提が重要

を挙げています。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】146話のネタバレ最新情報!「死滅回遊」のポイントゲットと管理者について

第146話では引き続き死滅回遊の総則(ルール)の考察を進めていきます。ルール4とルール5より、

他のプレイヤー殺せばポイントをゲット
・ポイントは術師を殺したら5点、非術師を殺したら1点

ということが読み取れます。

またルール5には「管理者(ゲームマスター)」という言葉が出てきており、これについて伏黒恵が天元に確認すると、

・各泳者には「コガネ」という式神が憑いている
・「コガネ」は監視用の窓口
・管理者(ゲームマスター)は死滅回遊のプログラムそのものである

という解説がありました。


コガネの詳細はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

【呪術廻戦】146話のネタバレ最新情報!「死滅回遊」のルール追加について

第146話では死滅回遊の総則(ルール)の中の目玉とも言えるルール6とルール7、

・泳者は管理者(ゲームマスター)と交渉し、100点消費してルールを追加できる
・管理者(ゲームマスター)はルール追加について、ゲームが成立しなくなる場合以外は基本的に認める

について考察しています。


ルールを追加」とあるため、「ルールを消す」のはアリかどうかを九十九由基が考えていました。

一方でルール7にあるとおりルールの追加は管理者(ゲームマスター)の裁量が効きまくっているため、それは難しいとする見方もあります。


ただし今の時点で「死滅回遊」は既に総則(ルール)を8つも強いているため、呪術的な足し引きの観点からもある程度は公平な判断が見込めるはずです。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】146話のネタバレ最新情報!「死滅回遊」では19日以内にポイント変動がないと術式を剥奪=死亡!

第146話での「死滅回遊」のルールの最後の考察です。ルール8より、

19日間ポイントがそのままのプレイヤーは術式が剥奪される

というものがあり、先程の考察より「術式の剥奪=死亡」を意味します。


ここまで総則(ルール)を深堀りしたところで、各メンバーの役割分担に移ります。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】146話のネタバレ最新情報!「死滅回遊」の役割分担!

第146話では死滅回遊の総則(ルール)を事細かに確認し、その上で各人の役割分担を決めました。

九十九由基:天元の護衛
脹相   :天元の護衛
禪院真希 :禪院家から呪具の回収
乙骨憂太 :死滅回遊に参加
虎杖悠仁 :秤金次と合流
伏黒恵  :秤金次と合流


第138話での禪院直毘人の遺言書により、伏黒恵が禪院家当主の権利を得ているために禪院家の忌庫は漁り放題です。

さらに死滅回遊のコロニーの中で身内で潰し合うことにならないように、別々のコロニーで参加することになります。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】146話のネタバレ最新情報!秤金次(はかりきんじ)を駆り出す!

役割分担が決まったところで、禪院真希は伏黒恵に対して

予定通り金次(きんじ)のとこ行け

と言います。


金次とは停学中の3年生・秤金次(はかりきんじ)のことで、とにかく人で不足なので停学中に関係なく駆り出すことにしました。

この秤金次は五条悟が一目置くほどの実力者で、さらに乙骨憂太いわく

ムラッ気があるけど
ノッてる時は僕より強いよ

とまで言わしめています。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】146話のネタバレ最新情報!虎杖悠仁と脹相の兄弟愛

第146話で役割分担が決まり、虎杖悠仁たちは出発しようとしますが、別れ際に虎杖悠仁は脹相に対して

ありがとう
助かった

と声をかけます。


実際、第135話以降に脹相が虎杖悠仁の仲間になったことで計り知れない助けとなり、渋谷事変後も虎杖悠仁の「お兄ちゃん」としてずっと支えてきました。

ここでは脹相は「死ぬなよ」とだけ答えていますが、虎杖悠仁が去った後は感極まって泣いており、九十九由基に突っ込まれています笑

スポンサーリンク

【呪術廻戦】146話のネタバレ最新情報!芸人・高羽史彦(たかばふみひこ)が死滅回遊の泳者!

第146話の最後では場面が切り替わり、とある劇場で芸人が「行き当たりもっこり」とか書かれたスケッチブックを持ってネタを披露していました。

お客さんは全くウケておらず、その結果にその芸人・高羽史彦(たかばふみひこ)は控室で分かりやすく凹みまくっています。

先輩芸人の一人はそんな様子の高羽史彦(たかばふみひこ)を見て、年齢も35歳であることからも引退を勧めていました。


そんな先輩芸人が去った後、控室にいたもうひとりの先輩芸人「ケン」が高羽史彦(たかばふみひこ)に声をかけます。
(ちなみに最初の先輩芸人は川西賢志郎、「ケン」という先輩芸人はケンドーコバヤシがモデルだと思われます。)

・高羽のネタは嫌いじゃない
・売れ続ける奴には2種類いる
・「ずっとおもろい奴」と「ずっと自分のことおもろいと勘違いできる奴


この言葉は芸人としての激励の言葉なのか、あるいは死滅回遊泳者の高羽史彦(たかばふみひこ)にとって大きな意味を持つ言葉になるのかもしれません。


高羽史彦(たかばふみひこ)の詳細はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

「呪術廻戦の146話のネタバレ最新情報!死滅回遊の新事実と秤金次!」まとめ

今回は呪術廻戦の第146話のネタバレ最新情報についてお話しました。


第146話以降も注目ポイントが盛りだくさんで、何よりも「死滅回游」が重要なイベントとなります。

さらにはついに本編で名前が出てきた停学中の問題児・秤金次(はかりきんじ)がいよいよ登場間近ということで、全く気が抜けない展開ですね。


呪術廻戦関連のネタバレや関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

【呪術廻戦】ネタバレ解説

16巻
135話136話137話138話139話
140話141話142話
17巻
143話144話145話146話147話
148話149話150話151話
18巻
152話153話154話155話156話
157話158話159話160話

呪術廻戦の解説トップページ
↓ ↓ ↓

呪術廻戦のコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

呪術廻戦の一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました