呪術廻戦の18巻のネタバレ解説!禪院家の結末や死滅回遊編!

この記事では呪術廻戦の漫画18巻のあらすじや内容の詳細についてネタバレ解説します。


呪術廻戦の17巻では天元の初登場や夜蛾正道の死亡、禪院真希の覚醒と禪院家の殲滅など、怒涛の勢いで状況が変わりました。

18巻ではどんな展開になるのか詳しく解説していきます。

この記事で分かること
  • 呪術廻戦の漫画18巻の見どころ整理
  • 呪術廻戦の漫画18巻の各話のネタバレ解説


※この記事は呪術廻戦のネタバレを含みます

呪術廻戦の18巻のネタバレ解説!第153話では秤金次が初登場!

呪術廻戦18巻の第153話ではついに秤金次(はかりきんじ)が本編で初登場します。
→呪術高専の3年生一覧を見る

虎杖悠仁と伏黒恵は天元からの

  • 秤金次は栃木県にいる
  • 駐車場の跡地にたむろって「賭け試合」の胴元をしている

という情報を元に現場に向かい、そこで正面突破はせずに「賭け試合」に出場することで潜入を試みました。


そして賭け試合に出場が決まった虎杖悠仁と、裏から潜入を試みる伏黒恵の二手に分かれて秤金次への接触を図りますが、虎杖悠仁の初戦の相手はなんとパンダです。

パンダはパンダで秤金次との接触を図っていましたが、顔見知りなだけに逆に近づくことができずにいました。

そして虎杖悠仁はパンダを(八百長で)派手に倒し、その姿が胴元の秤金次の目に留まります。

一方で秤金次は伏黒恵が裏で動いていることも気づいており、彼女にして同級生の星綺羅羅(ほしきらら)を警備に出しています。
→星綺羅羅の詳細を見る

呪術廻戦の第153話のネタバレ解説の詳細はこちらの記事にまとめています。

呪術廻戦の18巻のネタバレ解説!第154話では星綺羅羅が術式を発動!

呪術廻戦18巻の第154話では星綺羅羅がその術式を見せる回です。

第153話では虎杖悠仁の賭け試合の様子を見ていた秤金次が気に入り、虎杖悠仁を自分の部屋へと招くことにしました。

秤金次はアジトである立体駐車場の屋上にある一室におり、星綺羅羅が虎杖悠仁をそこまで案内しています。


一方で伏黒恵とパンダも水面下で行動開始し、虎杖悠仁が秤金次を説得する間に取り巻きを始末していきます(殺してはいない笑)。

しかしその最中、秤金次と共に屋上にいると踏んでいた星綺羅羅が見回りに出ており、パンダが見つかってしまいます。そして突然パンダ&伏黒恵 vs 星綺羅羅の戦闘が始まりました。

星綺羅羅の術式はかなり特殊なもので、マーキングした者を近づけなくしたり、逆にマーキングした者同士を強制的に引き寄せてぶつけることなどができます。
→星綺羅羅の詳細を見る

戦闘向きの術式ではないですが、一向に星綺羅羅に近づくことができないという厄介な能力なので、パンダも伏黒恵も大苦戦を強いられます。

呪術廻戦の第153話のネタバレ解説の詳細はこちらの記事にまとめています

呪術廻戦の18巻のネタバレ解説!第155話では秤金次との戦いが勃発!

呪術廻戦18巻の第155話ではついに虎杖悠仁が秤金次と接触しました。

秤金次は虎杖悠仁に対して自らの野望を話しており、それは「賭け試合(ファイトクラブ)を公に認めさせること」です。

というのも渋谷事変をきっかけに東京が大混乱に陥っており、呪術廻戦がまともに機能していないため、秤金次としてもチャンスと見ていたのです。

そんな時、秤金次のスマホに着信が入りました。それは星綺羅羅からの「異常事態」の合図であり、ここで虎杖悠仁が高専の人間だとバレてしまいます(厳密には高専から追われていますが)。

そして突然の開戦となり、ここで秤金次の術式が初めて発動されます。
→秤金次の強さや術式とは?

電車のホームドアのようなものが出現して相手を拘束する効果があり、不意をつかれた虎杖悠仁は一方的に打たれますが、何とか頭突きを一発返しました。


一方で伏黒恵とパンダサイドの星綺羅羅との戦闘は膠着状態となっており、何とか星綺羅羅を説得しようとしますが全く埒が明きません。

しかし星綺羅羅は秤金次と最も親しい人物なので、星綺羅羅さえ説得できれば秤金次との交渉が有利になります。

そこで伏黒恵は星綺羅羅の術式を攻略するため、「十種影法術」の「脱兎」を発動します。

→呪術廻戦の第155話のネタバレ解説の詳細を見る

呪術廻戦の18巻のネタバレ解説!第156話では星綺羅羅の術式「星間飛行(ラヴランデヴー)」の正体が明らかに!

呪術廻戦18巻の第156話では遂に星綺羅羅(ほしきらら)の術式「星間飛行(ラヴランデヴー)」の正体が明らかになります。

伏黒恵が十種影法術「脱兎(だっと)」を発動し、脱兎の体に「★AcruX(アクルックス)」という文字が刻まれたのを見ました。更にモニタールームの扉には「★GacruX(ガクルックス)」の文字が刻まれています。

ここから伏黒恵は星綺羅羅の術式が「南十字座」の恒星にちなんだものと見破ります。

  • Acrux(アクルックス)
  • Mimosa(ミモザ)
  • Gacrux(ガクルックス)
  • Imai(イマイ)
  • Ginan(ギナン)

そして星綺羅羅の頭の中でその術式「星間飛行(ラヴランデヴー)」の正体が明かされました。

  • 南十字座をモチーフに5つの★を対象の呪力に割り振る
  • ★が別の★に接近するには「決められた順序」を守る必要がある
  • 同じ★同士は引き寄せられる

ここで言う「決められた順序」とは「星座の奥行き」であり、ぱっと見は平面上に見える星座にも実際には奥行きがあります。

この術式により、例えば「★AcruX(アクルックス)」が付けられた伏黒恵は「★Mimosa(ミモザ)」、「Ginan(ギナン)」を順番に触れなければモニタールーム(Gacrux(ガクルックス))には辿り着けません。

そして完全に術式を見破った伏黒恵が星綺羅羅を取り押さえました。

→星綺羅羅(ほしキララ)の詳細はこちら

→呪術廻戦の第156話のネタバレ解説の詳細を見る

呪術廻戦の18巻のネタバレ解説!第157話では秤金次との我慢比べ!

呪術廻戦18巻の第157話では秤金次と虎杖悠仁の戦闘が続行されています。

ただそれは「戦闘」というよりは「我慢比べ」であり、虎杖悠仁は秤金次を倒しに来たのではなく説得しに来たため、秤金次の攻撃を受け切るつもりでいました。

しかし秤金次の呪力は五条悟が語るには「他の奴よりザラついている」とのことで、攻撃を食らっている虎杖悠仁も「ヤスリがついたバットでぶん殴られてるみたい」と感じるほどの痛さです。


そして秤金次は虎杖悠仁をぶん殴りながら

  • 術師が術師にするお願いは「一緒に命を懸けて下さい」が前提だ
  • 俺に命懸けさせるだけの「」を伝えてみろ

と口にしています。


虎杖悠仁は自分のことを「部品」と言いながらも秤金次の攻撃を受け続け、逆に秤金次に「アンタの役割は何だ?」と問い返しました。

秤金次は虎杖悠仁の尋常じゃない目に「」を感じ、ようやく虎杖悠仁たちの話を聞いてくれることになります。
→呪術廻戦の第157話の詳細ネタバレを見る

呪術廻戦の18巻のネタバレ解説!第158話では「鹿紫雲一(かしもはじめ)」が登場!

呪術廻戦18巻の第158話では秤金次との戦闘が終わり、虎杖悠仁たちが現在の呪術高専の状況について説明するシーンから始まります。

そして第158話では虎杖悠仁達の元にいきなり死滅回遊から突然「死滅回遊にルールが追加された」旨のアナウンスがされました。

今回新ルールを追加したのは「鹿紫雲一(かしもはじめ)」という人物で、その口ぶりから400年前の術師であることが判明します。

鹿紫雲一が行った追加ルールは下記の通りで、プレイヤーは他プレイヤーの情報を見れるようになりました。

<総則(ルール)9>
泳者(プレイヤー)は他泳者(プレイヤー)の情報、
「名前」「特典」「ルール追加回数」「滞留結界(コロニー)」
を参照できる


そして虎杖悠仁達は伏黒津美紀を救うために下記のルール追加をするように方針を立てました。

  • 泳者(プレイヤー)間でのポイント譲渡を可能にする
  • ポイントを消費して死滅回遊から離脱できる


そのために物事の優先順位をかきのとおり定めます

  • 獄門疆を解呪できる「天使」を探す
  • 鹿紫雲一(かしもはじめ)を狩る
  • 日車寛見(ひぐるまひろみ)

→呪術廻戦の第158話のネタバレ解説を見る

呪術廻戦の18巻のネタバレ解説!第159話では日車寛見の過去が明らかに!

呪術廻戦18巻の第159話では死滅回遊のプレイヤーである日車寛見(ひぐるまひろみ)の過去が描かれます。

日車寛見は国選弁護人であり、過去に何人もの不利な弁護を請け負ってきました。ここで描かれたのは過去に殺人容疑のかかった大江という人物の弁護の様子です。


そして絶対的に不利だとおもわれた大江の第一審判決はなんと無罪で、日車寛見の頑張りが実を結んだ形になります。

しかし続く第二審判決は一転して覆り、大江は無期懲役となりました。しかも判決が覆った根拠が極めて曖昧で、この裁判は始めから結論ありきだったことが明らかになるのです。


そして裁判長が裁判を閉めようとしたその時、日車寛見は突然裁判用の鎚で机を叩き始めます。

その次の瞬間、日車寛見の背後には天秤のような形をした呪霊が出現し、日車寛見は「全員戻れ。やり直しだ」と告げました。
→呪術廻戦の第159話のネタバレ解説を見る

スポンサーリンク

呪術廻戦の18巻のネタバレ解説!第160話ではついに死滅回遊に突入!

呪術廻戦18巻の第160話では久しぶりに佐々木せつこが登場しました。

場面はかつて虎杖悠仁が通っていた杉沢第三高校周辺で、この地区にも死滅回遊の結界(コロニー)があります。

ちなみに佐々木は元々死滅回遊の泳者(プレイヤー)ではないため、羂索に連れられて外に出ることができました。


そして場面は変わり、虎杖悠仁達が死滅回遊に突入するメンバーを決めます。

  • 東京の第1結界:虎杖悠仁、伏黒恵
  • 東京の第2結界:秤金次、パンダ
  • 結界の外で待機:星綺羅羅

星綺羅羅が外で待機となりますが、これは死滅回遊の結界(コロニー)内では携帯の電波が通じないためで、「外に連絡役がいた方がいい」という秤金次の判断です。

そして虎杖悠仁達はついに死滅回遊に参戦します。
→呪術廻戦の第160話のネタバレ解説を見る

呪術廻戦の18巻のネタバレ解説!第160話では初心者狩りとの戦い!

呪術廻戦18巻の第161話では虎杖悠仁と伏黒恵が死滅回遊の東京第1結界に突入します。

そして突入していきなり衝撃展開が待っており、何と虎杖悠仁だけが死滅回遊の結界内の上空に転移されたのです。

実は死滅回遊には総則(ルール)に記載のない暗黙のルールがあり、それは

侵入した泳者(プレイヤー)を、
あらかじめ設定された9つの地点にランダムで転送する

というものです。これによって虎杖悠仁は伏黒恵といきなりはぐれてしまいました。


さらにこの結界では初心者狩りが待ち構えており、「羽場」「羽生」「甘井」という3人グループが虎杖悠仁に襲いかかります。

3人は大した術師ではなさそうですが、この中の「甘井」は虎杖悠仁を見て「虎杖・・!?」と口にしており、なんと虎杖悠仁の知り合いでした。


そして伏黒恵に場面が変わり、こっちはこっちで「麗美(れみ)」と名乗る怪しげな女に襲撃されていました。

しかし伏黒恵は麗美を一蹴しており、日車寛見の情報について尋ねます。

麗美は「教える代わりに私の騎士(ナイト)になって」というよく分からない取引を持ちかけ、伏黒恵は怪しがりながらもそれを承諾しました。

麗美は本当に日車寛見の居場所を知っているのか、あるいは罠なのかが気になるところですね。
→呪術廻戦の第161話のネタバレ解説を見る

「呪術廻戦の18巻のネタバレ解説!禪院家の結末や死滅回遊編!」まとめ

今回は呪術廻戦の漫画18巻のあらすじや内容の詳細についてネタバレ解説しました。


18巻では禪院真希の覚醒から禪院家の殲滅を描いた「葦を啣む」編が終わり、改めて禪院家の病的なまでの呪術本位な家柄と悲惨な最期が描かれました。

19巻ではどんな展開が待っているのか、楽しみでもありますが主要キャラがいつ死亡するかが怖いですね笑


呪術廻戦の関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

呪術廻戦の解説トップページ
↓ ↓ ↓

呪術廻戦のコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

呪術廻戦の一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました