【呪術廻戦】138話のネタバレ確定!禪院直毘人が死亡!乙骨と直哉が虎杖と脹相を狙う

【お早めに!】呪術廻戦の18巻と19巻の予約受付中!
呪術廻戦の「グッズ付き同梱版」の18巻&19巻が予約受付中です!
予約受付が終了する前に早めに予約しましょう!
予約の方法はこちらからどうぞ☆
↓ ↓ ↓
→呪術廻戦 18巻&19巻の予約方法
【呪術廻戦】138話のネタバレ確定!禪院直毘人が死亡!乙骨と直哉が虎杖と脹相を狙う

この記事では呪術廻戦の第138話の確定ネタバレ情報についてお話します。

第138話では、第137話でついに登場した乙骨憂太の動向や、禪院直毘人を含む禪院家の状況、虎杖悠仁と脹相の近況が明らかになりました。


第138話ではまず禪院家の最新状況について新情報が明らかになります。


呪術廻戦のネタバレ情報の復讐はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

【呪術廻戦】解説・ネタバレ情報

16巻
135話 136話 137話 138話 139話
140話 141話 142話
17巻
143話 144話 145話 146話 147話
148話 149話 150話 151話
18巻
152話 153話 154話 155話 156話
157話 158話 159話 160話




ちなみに呪術廻戦の全キャラクターの一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

【呪術廻戦】138話のネタバレ確定!禪院直毘人が死亡!

第138話の描写から、禪院家の第26代目当主の禪院直毘人は渋谷事変での戦いの最中に死亡したことが明らかになりました。


禪院直毘人は特級呪霊・陀艮(だごん)の領域展開「蕩蘊平線」の中で右腕を失いました。その後は伏黒甚爾の乱入もあって陀艮を祓うも、その直後に漏瑚(じょうご)が現れます。

陀艮との戦闘で満身創痍だった七海建人、禪院真希、禪院直毘人は次々と漏瑚に焼かれ、その場で戦闘不能となりました。


漏瑚の炎によるダメージももちろんですが、陀艮戦で右腕を失っていたことによる出血多量もあってか、禪院直毘人はこの戦いで帰らぬ人となります。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】138話のネタバレ確定!禪院家の新当主候補は禪院直哉

第138話では禪院直毘人が死亡したことで、新しい禪院家当主の第一候補としては禪院直毘人の息子である禪院直哉(ぜんいんなおや)が挙げられます。

お堅い禪院家の人間にしては非常に軽薄な言動で、特別一級呪術師の禪院扇(ぜんいんおうぎ)や禪院甚壱(ぜんいんじんいち)にも慇懃無礼な態度をとっていました。


そして禪院直毘人の遺言書に従い、直哉は高専忌庫と禪院家忌庫に補完されている呪具を含めた全財産を引き継ぐ、という流れになります。

しかし遺言書には最後の但し書きに驚きの言葉がありました。


禪院扇、禪院甚壱の術式や、禪院家における血縁や関係性などはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

【呪術廻戦】138話のネタバレ確定!伏黒恵が禪院家の当主に!

第138話で明かされた禪院直毘人の遺言書の最後には

なんらかの理由で五条悟が死亡
または意思能力を喪失した場合
伏黒甚爾との誓約状を履行し
伏黒恵を禪院家に迎え
同人を禪院家当主とし全財産を譲るものとする

とありました。

なんと五条悟が死亡、あるいは意思能力を亡くした場合は伏黒恵が禪院家の当主になると書かれていたのです。

伏黒恵の父親である伏黒甚爾と禪院直毘人との間でそういう誓約を交わしていたようですね。


そしてその内容に対して当然ながら禪院直哉は相当苛立っており、「伏黒恵が虎杖悠仁捜索の任務にあたっている」と聞くと

二人まとめて殺したる

と言い放ちました。

漏瑚に焼かれた禪院真希は瀕死の重体

禪院直毘人は死亡し、七海建人も漏瑚に焼かれた後に真人と遭遇して死亡しました。

そして禪院真希は一命を取り留めたものの、やはり漏瑚の炎によるダメージが深いために瀕死の重傷のようです。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】138話のネタバレ確定!九十九由基、虎杖悠仁、脹相の会話

一方で第138話の後半では虎杖悠仁たちの様子が描かれます。

九十九由基は偽夏油の企みについて虎杖悠仁たちに

すまない あの時迷った
ここまで事態が進んでしまったのであれば
一度泳がせて様子を見るべきなのではと

と語っています。

九十九由基は呪霊に対する「対処療法」をする高専とは違い、あくまで「原因療法」を探っているため、高専側とは違った思惑で動いています。


そして虎杖悠仁と脹相はかつては敵対関係にあったものの、脹相は弟の仇とは言え虎杖悠仁も弟の一人であると認識したため、完全に味方についています。

さらに虎杖悠仁は、宿儺に体を乗っ取られていたとはいえ、渋谷で大勢の人間を殺したことから

俺はもう皆と一緒にはいられない

と語っており、高専に戻る気はありませんでした。


九十九由基の正体などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

虎杖悠仁と脹相はとにかく呪霊を祓っていた

第138話では渋谷事変からある程度時間が経った後の世界が描かれていますが、偽夏油の行為により東京は壊滅状態、日本には呪霊が溢れかえっている状態です。

そして虎杖悠仁と脹相は今現在も呪霊を祓い続け、少しでも数を減らそうとしています。

脹相は虎杖悠仁が壊相と血塗を殺したことは不問にし、真の兄弟へ

ちなみに虎杖悠仁は脹相に対して、

脹相こそいいのか?
俺はオマエの弟も殺したんだぞ

と問うと、脹相は

いい
アレは事故だ
壊相も血塗も
俺の立場なら同じようにしたはずだ


赦す赦さないじゃない
兄弟とはそういうものだ

と答え、虎杖悠仁が弟達を殺したことは不問にしました。

脹相は虎杖悠仁を「弟」と認識しており、これからも「弟」を守るために共闘してくれるようです。


乙骨憂太や禪院直哉など、敵が増えまくっている状況ではありますが、脹相が味方になってくれるのは心強いですね。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】138話のネタバレ確定!虎杖悠仁は乙骨憂太&禪院直哉に狙われることに

渋谷事変後に事態が急転直下で動いていますが、第138話の描写により、虎杖悠仁は乙骨憂太に狙われ、さらには禪院直哉にも狙われることになりました。

禪院直哉の方はむしろ伏黒恵を殺すのがメイン目的ですが、今後は様々なキャラの思惑が絡んできそうです。

スポンサーリンク

「【呪術廻戦】138話のネタバレ確定!禪院直毘人が死亡!乙骨と直哉が虎杖と脹相を狙う」まとめ

今回は呪術廻戦の第138話の確定ネタバレ情報についてお話しました。


第137話で乙骨憂太が虎杖悠仁の処刑人に任命され、第138話では禪院家の新当主の登場で、より事態が混沌としそうです。

虎杖悠仁と脹相は呪霊を狩り続けていますが、高専のような後ろ盾となる組織がないとこの先が心配ですね。

第138話以降の展開に注目です。


呪術廻戦のネタバレや関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

【呪術廻戦】解説・ネタバレ情報

16巻
135話 136話 137話 138話 139話
140話 141話 142話
17巻
143話 144話 145話 146話 147話
148話 149話 150話 151話
18巻
152話 153話 154話 155話 156話
157話 158話 159話 160話
呪術廻戦の解説トップページ
↓ ↓ ↓

呪術廻戦のコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

呪術廻戦の一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント