【呪術廻戦】159話のネタバレ最新情報!日車寛見の過去!

【呪術廻戦】159話のネタバレ最新情報!日車寛見の過去!

この記事では呪術廻戦の第159話のネタバレ最新情報についてお話します。


第158話ではついに秤金次が仲間になり、死滅回遊の平定に希望が見えてきました。

そんな矢先、死滅回遊から「ルール追加」のアナウンスが流れます。何といつの間にか虎杖悠仁も泳者(プレイヤー)になっていたのです。

更に死滅回遊のプレイヤーとして新キャラである「鹿紫雲一(かしもはじめ)」と「日車寛見(ひぐるまひろみ)」も登場しました。


第159話では一体どんな展開になるのでしょうか。


呪術廻戦の159話以外のネタバレ情報はこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

【呪術廻戦】ネタバレ解説

16巻
135話136話137話138話139話
140話141話142話
17巻
143話144話145話146話147話
148話149話150話151話
18巻
152話153話154話155話156話
157話158話159話160話
19巻
161話
162話
163話
164話
165話
166話
167話
168話
169話


→呪術廻戦の全キャラクターの一覧はこちらの記事にまとめています

スポンサーリンク

【呪術廻戦】159話のネタバレ最新情報!日車寛見の過去!

第159話では第158話で初登場した死滅回遊の泳者(プレイヤー)、日車寛見(ひぐるまひろみ)の過去が描かれます。
→呪術廻戦の第158話のネタバレを見る

日車寛見は弁護士であり、かつて殺人事件の被告の弁護を請け負っていました。

その事件とは下記のような内容です。

  • 2016年3月に岩手県盛岡市で女児と母親の刺殺体が見つかる
  • 地検は近所に住む大江圭太(おおえけいた)を起訴
  • 大江は警官の職務質問に逃亡
  • 自宅に駆け込んだところ、警官が血の付いた刃物を発見
  • DNA鑑定で刃物の血液と被害者の血液が一致

容疑者の大江は容疑を否認しており、刃物に関しては「拾った」「後で警察に届けるつもりだった」と供述しています。

誰がどう見ても大江が犯人にしか見えない事件ですが、日車寛見は「大江が犯人じゃない可能性はある」と見ていました。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】159話のネタバレ最新情報!日車寛見は国選弁護士!

第159話では日車寛見の過去エピソードが続き、大江からの供述を終えた日車寛見が事務所に戻ってきました。


事務所では後輩の女性弁護士・清水が大江の供述を聞き、「それは無理があるでしょ~~~」とごく当たり前の反応を見せます。

というのも、大江は警官の職務質問から逃亡しているため、どう考えても後ろめたいことがあると思われるからです。

しかし日車寛見は「大江が昔、知人が薬物を使用していたことで警官から不当な聴取を受けた経験がある」と言っており、それがトラウマで事情聴取から逃げた可能性を指摘します。

また血のついた包丁について 「拾った」「後で警察に届けるつもりだった」 という無理のある供述をしていることも、大江が所属しているNPO法人の状況から「有り得る話」と考えていました。

大江が所属しているNPO法人は行き場のない高齢者に対するシェルター運営、自立支援が主な活動です。

ただ大江はここで仕事しているにも関わらず給料は支払われておらず、わずかなお年玉や食材の現物支給のみという超絶ブラック環境でした。しかも毎月の家賃はしっかり徴収されます。

更に大江が「血のついた包丁」を届けるのが遅れた理由については、なんと「パトカーや救急車は近所迷惑になるから呼んじゃダメな決まりになっている」とのことです。

しかもこの事件現場である地方は震災復興資金が流れてくるため、ただでさえ怪しいNPO法人が増えているのです。


こうなってくるとこのNPO法人が真っ黒すぎるため、大江が冤罪である可能性が大いにある、と日車寛見は踏んでいました。

こうして日車寛見と清水は大江の弁護のため、まずはこのNPO法人の活動実績や税務申告などの調査に動き出します。清水は不満だらけですが笑

スポンサーリンク

【呪術廻戦】159話のネタバレ最新情報!日車寛見の過去のトラウマ

第159話では割に合わない仕事で不満たらたらの清水が、閉店した喫茶店で知り合いの女性弁護士・高木に愚痴っています。

日車寛見はかつて高木と同じ事務所におり、ここで過去に日車寛見が請け負ったとある案件について話し始めます。


その案件とは「当時19歳の被告が危険運転致傷を起こした」というもので、その実態は下記のとおりでした

  • 飲酒も運転も職場の人間に強要された
  • しかし関係者が口裏を合わせて彼を陥れた
  • 結果的に示談金も用意できず執行猶予も取れなかった

そして日車寛見は当時19歳の被告から「嘘つき」「無罪になるって言ったじゃないか!!」と責められます。


昔から日車寛見は無理筋の刑事弁護を引き受ける傾向があったようで、高木も日車寛見に対して「依頼人に逆恨みされてまで続けることはない」と諭していました。

しかし日車寛見は

  • 弱者(かれら)は経済的にも精神的にも追い詰められている
  • 自分に当たるのも無理はない

としており、あくまでこうした無理筋の刑事弁護を続けてきたようですね。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】159話のネタバレ最新情報!大江の判決は?

そして第159話では注目の大江の判決が出ます。

主文
被告人は
無罪

まさかの判決に清水も唖然としてしましたが、日車寛見は「すぐ控訴してくる」と言いながら厳しい表情をしていました。

そして検察側は日車寛見の読みどおりに即日控訴します。

さらにこの驚きの判決に新聞やSNSではこの話題がバズっており、世間は大騒ぎに鳴っていました。


ちなみに今回の判決で決め手となったのが下記の証拠があがったことでした。

  • 被害者が盗まれたものが大江の部屋に無かった
  • 犯行直後にNPO法人の中に行方不明者がいた(=真犯人)
  • 遺体から推定した犯行時刻に大江はコンビニにいた(防犯カメラあり)

そして大江はまだ第一審とは言え、信じてくれた日車寛見に対して泣きながらお礼を言っていました。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】159話のネタバレ最新情報!大江の第二審は「無期懲役」!

その後、控訴審(二審)では

有罪 無期懲役

という判決が下されました。

第一審から一転した判決で、検察側は「NPO法人の行方不明者=犯人とする理由がない」というよく分からない事実認定が下されたのです。

要するに裁判自体が茶番で、結論(有罪)ありきのものだったようですね。何だか呪術廻戦の物語なのに日本の司法制度の闇を見ている気がします笑

スポンサーリンク

【呪術廻戦】159話のネタバレ最新情報!日車寛見が術式を発動!

第159話の最後では日車寛見にたまったものが爆発します。


ここで先程お話した「当時19歳の被告が危険運転致傷を起こした」という事件の裁判の後の回想シーンが描かれ、高木は日車寛見に「君の精神(こころ)はどうなるのさ」と尋ねます。

この問いに対して日車寛見はこう答えました。

  • 自分は弱者救済など掲げていない
  • 昔から「おかしい」と感じたことを放っておけない性分だった
  • それが治っていないだけだ
  • 正義の女神は法の下の平等のために目を塞ぐ
  • 人々は保身のためならあらゆることに目をつむる
  • 自分だけは目を開けていたい

日車寛見はあまりにも真面目で、あまりにも正義感と信念が強い男だったんですね。


そして場面は先程の控訴審(第二審)に戻り、突然カンカンカンカンという鎚の音が響きました。

その音は日車寛見がいつの間にか持っていた裁判用の鎚を打ち付ける音です。

ここで清水は日車寛見からヤバい雰囲気を感じ取り、「日車さん・・?」と言いながら後ずさりします。

そこにはなんと日車寛見が発動した術式により顕現した、天秤のような形の呪霊が姿を現していました。

そして日車寛見はその場にいる者たちに告げます。

全員戻れ
やり直しだ

スポンサーリンク

「【呪術廻戦】159話のネタバレ最新情報!日車寛見の過去!」まとめ

今回は呪術廻戦の第159話のネタバレ最新情報についてお話しました。


今回は呪術から一転して裁判一色の回でした。しかし実際にありそうな闇を見た気がします・・

毎回最新話が楽しみですね☆


呪術廻戦関連の第159話以外のネタバレや関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

【呪術廻戦】ネタバレ解説

16巻
135話136話137話138話139話
140話141話142話
17巻
143話144話145話146話147話
148話149話150話151話
18巻
152話153話154話155話156話
157話158話159話160話
19巻
161話
162話
163話
164話
165話
166話
167話
168話
169話

呪術廻戦の解説トップページ
↓ ↓ ↓

呪術廻戦のコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

呪術廻戦の一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました