【呪術廻戦】136話のネタバレ確定情報!偽夏油の無為転変、津美紀が目覚める?

この記事では呪術廻戦の第136話の確定ネタバレ情報をお届けします。偽夏油の「無為転変」の発動により状況が一変します。


九十九由基が現場に駆けつけたことで総力戦の様相になってきており、全く目が話せない展開です。

では早速第136話の展開の流れや重要部分について順番に解説していきます。


第135話のネタバレはこちらで解説しているので、復習用にどうぞ

↓ ↓ ↓

また第137話のネタバレはこちらで解説しています。

↓ ↓ ↓


呪術廻戦の全キャラクターの一覧はこちらの記事をどうぞ

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】136話のネタバレ確定情報!九十九由基の理想と偽夏油の野望

第135話で久々の再登場となった九十九由基は、かつて夏油と話していた「世界から呪霊をなくす方法」について改めて話し始めます。


九十九由基の語る「人類のネクストステージ」は「呪力からの脱却」、

それに対し偽夏油は「違う。呪力の最適化だ」と返します。


九十九由基の見解では「呪力の最適化」のためには天元の結界が必要不可欠であり、さらには生身の人間がエネルギー源になるという結末を迎えることを指摘します。

そしてその世界は九十九由基が思い描く理想とはかけ離れた世界です。


対して偽夏油は「呪力の最適化」の考えは崩さず、「私は呪霊のいない世界も牧歌的な世界も望んでいない」と言います。ここは本物の夏油とは違った考えですね。さらに偽夏油は

「非術師、術師、呪霊、これらは全て人間という呪力の形の「可能性」だ。しかし人間の可能性はこんなものではない」と語ります。


一通り語った偽夏油は「既に術式の抽出は済ませてある」という不吉な言葉とともに、ここで行動に出ました。


九十九由基の術式などについてはこちらの記事で解説しています。

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】136話のネタバレ確定情報!偽夏油の「無為転変」!

偽夏油は真人から抽出した術式である「無為転変」を発動しました。

しかし目の前の虎杖たちに向けてではなく、遠く離れたところへの遠隔発動です。


これにより、寝たきり状態となっている伏黒恵の姉・伏黒津美紀(ふしぐろつみき)に「無為転変」が発動し、その脳を術師の形に変えました。

そしてそれだけではなく、偽夏油がコツコツ仕込んでいた呪物も一斉に封印を解いたことで、偽夏油が言うには「1000人の虎杖が悪意を持って放たれた」ことになりました。

広告

【呪術廻戦】136話のネタバレ確定情報!獄門疆を持って偽夏油は逃亡?

虎杖サイドには依然として九十九由基もおり、裏梅は脹相の血を取り込んだことによる毒の効果で弱体化しているのでまだ勝機はあります。

しかしここで偽夏油は追い打ちの一手、「私が契約を交わしたのは術師だけじゃない」「これがこれからの世界だよ」という言葉と同時に、その場に呪霊が何体も出現します。


それらの呪霊を尻目に偽夏油は「じゃあね」と告げて逃亡します。その去り際、

じゃあね虎杖悠仁
君には期待しているよ
聞いているかい?宿儺
始まるよ
再び呪術全盛 平安の世が・・!!

と言っています。この言葉を受けて宿儺はどう反応するのでしょう。

広告

「【呪術廻戦】136話のネタバレ確定情報!偽夏油の無為転変、津美紀が目覚める?」まとめ

今回は呪術廻戦の第136話の確定ネタバレ情報をお届けしました。


渋谷事変はまさに激動に次ぐ激動の展開で、どこまで事態が動くのか想像もつかなくなってきています。

津美紀に発動した無為転変の影響や偽夏油との決着、五条悟の救出はどうなるのか、次回以降にも注目です。


呪術廻戦の関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました