伏黒恵の幼少期を解説!子供でもクール!【呪術廻戦】

【お早めに!】呪術廻戦の18巻と19巻の予約受付中!
呪術廻戦の「グッズ付き同梱版」の18巻&19巻が予約受付中です!
予約受付が終了する前に早めに予約しましょう!
予約の方法はこちらからどうぞ☆
↓ ↓ ↓
→呪術廻戦 18巻&19巻の予約方法

この記事では呪術廻戦の伏黒恵(ふしぐろめぐみ)の幼少期/子供時代、中学時代などについて解説します。


呪術廻戦の時系列では伏黒恵は高専1年生ですが、作中では幼児期、小学生、中学生時代の様子も描かれています。

そして伏黒恵のクール(=冷めた)雰囲気は幼少期から形成されており、当時の五条悟も年齢を訝しむほどでした。


まずは伏黒恵の幼少期からの生い立ちなどから詳しく見ていきましょう。

<この記事で分かること>
◯伏黒恵(ふしぐろめぐみ)の幼少期
◯伏黒恵(ふしぐろめぐみ)の小学生・中学生時代


※この記事は呪術廻戦のネタバレを含みます


呪術廻戦の全キャラクター一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

呪術廻戦の伏黒恵(ふしぐろめぐみ)は幼少期に伏黒甚爾に捨てられる

まずは伏黒恵(ふしぐろめぐみ)の幼少期の境遇について解説します。


伏黒恵の父親である伏黒甚爾は元々は御三家の一つである呪術の名門・禪院家の生まれながら、術式と呪力を持たずに生まれたために迫害され続けてきました。

そして伏黒甚爾は禪院家を飛び出し、最愛の妻と結婚&婿養子となり、苗字を伏黒にすると共に伏黒恵という一人息子が生まれます

ちなみに禪院家を飛び出した頃の伏黒甚爾は相当グレていましたが、伏黒恵が生まれた頃は作中のような危ない目つきや顔つきではなく優しい表情の男でした。


しかし伏黒恵誕生から間もなく、伏黒甚爾の最愛の妻が他界したことで伏黒甚爾は自暴自棄となり、

・伏黒甚爾は津美紀の母親とくっつく
・伏黒甚爾と津美紀の母親が仲良く蒸発
・伏黒恵と伏黒津美紀は捨て子状態

というロクでもないことをやってのけました笑

さらには伏黒甚爾は禪院直毘人との裏取引で伏黒恵を禪院家に売ろうとしていましたが、五条悟の口利き(とゴリ押し)によりそれを回避し、更に高専から伏黒恵と伏黒津美紀への援助も受けられました。

その代わりに伏黒恵は将来呪術師になるという道が決まります。

スポンサーリンク

呪術廻戦の伏黒恵(ふしぐろめぐみ)は幼少期からクール!

ここまで伏黒恵(ふしぐろめぐみ)の幼少期の生い立ちや境遇について解説してきました。

次に伏黒恵が幼児期、幼少期、幼少期以降の様子について、子供の頃はどんな感じだったのかを順番に見ていきましょう。

伏黒恵(ふしぐろめぐみ)の幼少期:幼児期は伏黒甚爾が優しかった

漫画9巻の第75話では伏黒甚爾の死の間際の回想シーンの中で、伏黒恵が赤ん坊の頃の様子が描かれています。

幼児期の伏黒恵の可愛さも勿論ですが、この時の伏黒甚爾の優しい表情にも大きな反響があったシーンです。


過去には五条悟をも倒したあのおっかない男が、かつては優しい父親の表情を見せていたんですね。

伏黒恵(ふしぐろめぐみ)の幼少期以降:クールな小学1年生

漫画9巻の第79話では五条悟が、当時小学1年生の伏黒恵に会いに行くシーンがあります。

この時は既に伏黒甚爾は伏黒恵と伏黒津美紀を捨てた後で、更に他でもない五条悟の手によって既に死亡しています。


五条悟は伏黒恵の父親の伏黒甚爾について話に行くついでに、伏黒甚爾が禪院直毘人と秘密裏の裏取引を交わしていたことも伏黒恵にバラします。

しかしそれを聞いても伏黒少年は無表情のままで、あまつさえ

・父親の伏黒甚爾には興味がない
・伏黒甚爾と伏黒津美紀の母親でよろしくやってるんだろ

という、とても小学1年生とは思えない発言をするクールっぷりです笑

伏黒恵の幼少期はアニメ第23話の中の回想シーンでも描かれており、幼少期も現在の伏黒恵の面影が残っていることが分かります。

伏黒恵(ふしぐろめぐみ)の幼少期以降:不良を無双していた中学2年生

漫画7巻の第59話(アニメの第23話)では伏黒恵が中学2年生だった頃の様子が描かれています。

性格に関しては先程の幼少期の時と同様にクールで落ち着いており、幼少期と違う点としては目に映る不良や半グレをあらかたボコすことぐらいです。


この頃の伏黒恵は

悪人が嫌い
善人が苦手

と語っており、特にクラスでカーストの低い生徒に指図したりパシリにしている不良達は例外なく伏黒恵にボコられています。

そんな無双の過去があるため、中学卒業後も伏黒恵は地元中学の不良達の視界に入ると挨拶される存在です笑

スポンサーリンク

呪術廻戦の伏黒恵(ふしぐろめぐみ)は幼少期から伏黒津美紀と2人暮らし

ここまで伏黒恵の幼児期、幼少期、無双の中学時代について解説してきました。


冒頭でお話したとおり伏黒恵と伏黒津美紀はそれぞれの父親と母親が蒸発したことで捨て子状態で、五条悟のゴリ押しが無ければ禪院家に放り込まれるところでした。

その後は伏黒恵と伏黒津美紀は幼少期からずっと2人暮らしで、仏のような姉・伏黒津美紀がいてくれたお陰か、伏黒恵もグレずに真っ直ぐに育っています(中学時代は多少ヤンチャしたものの)。

この2人が元通りに暮らせる日が戻ってくるといいですね。


伏黒津美紀のかわいいシーンなどについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓


スポンサーリンク

「伏黒恵の幼少期を解説!子供でもクール!【呪術廻戦】」まとめ

今回は呪術廻戦の伏黒恵(ふしぐろめぐみ)の幼少期/子供時代について解説しました。


作中の伏黒恵はそんじょそこらの大人よりも達観して落ち着いた雰囲気のキャラですが、幼少期の時点で既にその片鱗が出ていました笑

過去の伏黒恵と伏黒津美紀の普段の生活の様子などが番外編などで描かれると面白そうですね☆


呪術廻戦の関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

呪術廻戦の解説トップページ
↓ ↓ ↓

呪術廻戦のコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

呪術廻戦の一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました