呪術廻戦の148話のネタバレ!禪院扇と禪院真希の親子対決!

呪術廻戦の148話のネタバレ!パンダの合流と秤金次の登場

この記事では呪術廻戦の第148話のネタバレ最新情報についてお話します。


第147話では夜蛾正道の処刑という衝撃展開で、パンダと夜蛾正道があまりに悲しい別れを遂げています。第148話以降では呪術界上層部も不穏な動きも出てくるかもしれません。

また第146話で禪院真希が禪院家の忌庫や組屋鞣造の工房に行こうとしていたのも気になるところです。


いよいよ死滅回遊編が動き出しそうな流れで、虎杖悠仁、伏黒恵、乙骨憂太、禪院真希のそれぞれ第148話ではどんな展開となるのでしょうか。


呪術廻戦の148話以外のネタバレ情報はこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

【呪術廻戦】ネタバレ解説

16巻
135話136話137話138話139話
140話141話142話
17巻
143話144話145話146話147話
148話149話150話151話152話
18巻
153話154話155話156話157話
158話159話160話161話
19巻
162話
163話
164話
165話
166話
167話
168話
169話
170話




また呪術廻戦の全キャラクターの一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!禪院家で禪院真希と禪院直哉がバチバチ!

第146話で禪院真希は「禪院家の忌庫に呪具を回収しに行く」と言って出発しました。

そして第148話では早速禪院真希が禪院家を訪れ、そこで当然ながら禪院直哉と対面します。


禪院直哉は大火傷を負った禪院真希の顔を初めて見たため、「酷い面やな。それもう治らんやろ。どうすんの?」と相変わらずデリカシーゼロのクズ発言で煽ります。

その後も禪院直哉のクズ発言は止まらず、

  • 呪術も使えん。呪霊も見えん
  • 取り柄のお顔もグズグズ
  • 誰も真希のことは眼中にない
  • また昔みたいにイジメたろか
  • 乙骨憂太と伏黒恵の金魚のフンになるんか

と禪院真希を煽り倒しますが、禪院真希は全く答えずガン無視します。


それにしても禪院直哉の言動のクズっぷりは一周回って清々しいレベルですね笑

禪院直哉の術式や性格などはこちらの記事にまとめています。

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!禪院真希の母親が登場!

第148話では禪院真希の母親も初登場します。


禪院直哉のクズ発言をガン無視して禪院真希は禪院家の忌庫に向かいますが、そんな禪院真希を母親が呼び止めます。

禪院真希の母親は「忌庫への立ち入りは私達には許されていない」と咎めますが、禪院真希は「新当主の伏黒恵の許可を得ている」ということで押し通ります。


禪院真希の母親の真希に対する目はもはや娘に向けるものではなく、失敗作としか思っていない無感情なものでした。

何しろ真希に向かって放った一言が「一度くらい産んで良かったと思わせてよ真希」というもので、禪院家の腐りっぷりを象徴している描写ですね。

つまりこの母親はただの一度も「禪院真希を産んで良かった」と思ったことがないということです。

これだけでも禪院真希がどんな胸糞な環境で育ってきたかが伺えます。

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!伏黒恵が禪院家当主になった時の回想シーン

第148話では、伏黒恵が禪院家当主になった時の回想シーンが描かれています。

そこでは禪院真希が伏黒恵に対して、前当主の禪院直毘人の遺言の内容や、当主になった場合の恩恵について伝えています。

  • 禪院家の財産と呪具は伏黒恵が引き継ぐ
  • 御三家や呪術総監部の情報も入ってくる

伏黒恵は渋りまくっており、「代わりに禪院真希が当主やってくれ」などと言い返しています。


禪院真希は禪院家を出る際に「私が禪院家の当主になる」と禪院直毘人に啖呵を切っていたものの、この時点ではまだ当主になる気はありませんでした。

その理由は実力や禪院家内での信用など色々ありますが、一番の理由は「今の自分ではまだ真依の居場所を作ってやれない」からです。

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!禪院扇と禪院甚壱の思惑

そして禪院真希は母親の制止も振り切って忌庫に到着しますが、ここで第148話最大の衝撃のシーンが待っていました。

扉を開けて待っていたのは禪院真希の父親である禪院扇(ぜんいんおうぎ)で、その後ろには禪院真依が血を流して倒れています

禪院扇は禪院真希の狙いを先読みしており、禪院家の忌庫から呪具を全て別の場所に移動させていました。禪院真依はその際に扇に斬られたようです。


さらに別の部屋では禪院直哉はテーブルに足を乗っけてふんぞり返りながら禪院甚壱(ぜんいんじんいち)と話しており、禪院扇と禪院甚壱の思惑を理解してにやけていました。

第138話時点では禪院扇と禪院甚壱は禪院直哉のことを心底嫌いそうで協力する気ゼロな感じでしたが、2人の思惑としては、

  • 伏黒恵に全財産を譲るのは到底納得していない
  • しかし伏黒恵は五条家と、加茂家次期当主の加茂憲紀と友好関係にある
  • 伏黒恵を理由もなく殺せば禪院家の立場が悪くなる

というものでした。

そして極めつけが呪術総監部からの通達の第二項「五条悟を渋谷事変共同正犯とし呪術界から永久追放、かつ封印を解く行為も罪と決定する」を利用して、

五条悟の封印解放を企んだ謀反者として伏黒恵、禪院真希、禪院真依を誅殺する

という考えに至りました。

誰がこんなのを発案したのかと思えば、なんと禪院真希、禪院真依の実の父親である禪院扇の発案です。

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!禪院扇と禪院真希の戦闘開始!

そして第148話のクライマックス、禪院真希と禪院扇の父娘(おやこ)対決が始まります。


禪院扇は秘伝「落下の情(らっかのじょう)」を発動して攻撃に備えます。これは禪院直毘人も陀艮の領域展開の中で発動した領域対策の技で、触れたモノを瞬時に迎撃するものです。

対する禪院真希は組屋鞣造(くみやじゅうぞう)の工房(アトリエ)から持ち出した呪具「竜骨(りゅうこつ)」を取り出します。

この呪具は「相手の攻撃や呪力を蓄積」して、「貯めた力を好きなタイミングで峰から放出」することができるカウンター仕様の呪具です。


実力差から考えて、禪院真希のアドバンテージは「竜骨(りゅうこつ)」の特性を知られていないことです。

そして禪院扇の剣撃を受け止めた真希は竜骨のカウンターを放ち、禪院扇の刀を叩き折りました。


すかさず二撃目を加えようとした禪院真希でしたが、折ったはずの禪院扇の刀がなぜか伸びて、禪院真希は顔に斬撃を食らってしまいました

最後に禪院扇は崩れ落ちる禪院真希に向かって、

何故私が当主になれなかったか・・
それは子供のオマエ達が出来損ないだからだ・・!!

と、どこまでも禪院家が腐っていることが分かる言葉で第148話は終わります。


呪具・竜骨の詳細についてはこちらの記事にまとめています。

「呪術廻戦の148話のネタバレ!禪院扇と禪院真希の親子対決!」まとめ

今回は呪術廻戦の第148話のネタバレ最新情報についてお話しました。


第147話の夜蛾正道の死亡も大概ショックでしたが、第148話も次々とショッキングなイベントが起こりますね。。

とにかく禪院家の腐敗っぷりには鬱になるほどです。そして実の父親に顔を斬られた禪院真希、もうここまでなのでしょうか・・・

第148話以降の展開に注目です。


呪術廻戦関連の第148話以外のネタバレや関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

【呪術廻戦】ネタバレ解説

16巻
135話136話137話138話139話
140話141話142話
17巻
143話144話145話146話147話
148話149話150話151話152話
18巻
153話154話155話156話157話
158話159話160話161話
19巻
162話
163話
164話
165話
166話
167話
168話
169話
170話

呪術廻戦の解説トップページ
↓ ↓ ↓

呪術廻戦のコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

呪術廻戦の一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました