呪術廻戦の148話のネタバレ!パンダの合流と秤金次の登場?

【緊急告知】呪術廻戦最新16巻の予約受付中!
呪術廻戦の16巻が6月4日に発売されます!
売り切れる前に16巻は早めに予約しましょう!

\今なら在庫あり!予約受付中!/
呪術廻戦の148話のネタバレ!パンダの合流と秤金次の登場

この記事では呪術廻戦の第148話のネタバレ最新情報についてお話します。


第147話では夜蛾正道の処刑という衝撃展開で、パンダと夜蛾正道があまりに悲しい別れを遂げています。第148話以降では呪術界上層部も不穏な動きも出てくるかもしれません。

特に死滅回遊には呪術界上層部の術師も参加している可能性があり、これが虎杖悠仁達にとっては敵側に回ることも予想できますね。


いよいよ死滅回遊編が動き出しそうな流れで、虎杖悠仁、伏黒恵、乙骨憂太、禪院真希のそれぞれ第148話ではどんな展開となるのでしょうか。


呪術廻戦の148話以外のネタバレ情報はこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

【呪術廻戦】解説・ネタバレ情報

16巻
135話136話137話138話139話
140話141話142話
17巻
143話144話145話146話147話
148話




また呪術廻戦の全キャラクターの一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!パンダが合流?

第147話では夜蛾正道が楽巌寺嘉伸により処刑され、パンダは生みの親である夜蛾正道と涙の別れとなりました。

第148話以降ではパンダが虎杖悠仁たちと合流して死滅回遊に助力する流れとなるでしょう。


パンダは突然変異呪骸なので術式を持っておらず、禪院真希と同様に死滅回遊の「術式の剥奪」のルールには無関係です。

よって死滅回遊においてはパンダの存在は非常に大きな助けとなりそうですね。

広告

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!ついに秤金次(はかりきんじ)が参戦か?

第146話の終わりに禪院真希が伏黒恵に対して「金次を駆り出せ」と告げており、第148話以降ではいよいよ停学中の問題児・秤金次(はかりきんじ)が登場間近です。

桁外れの呪力を誇る特級術師・乙骨憂太が

ノッてる時は僕より強い

と語るほどの実力者なため、死滅回遊でも大いに期待できる戦力です。


ただ乙骨憂太は同時に「ムラッ気がある」とも語っており、秤金次が不調の時が心配ですね笑


秤金次(はかりきんじ)の強さや停学理由などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!禪院真希と禪院直哉の戦闘?

第148話以降では禪院家の忌庫を漁りに行く禪院真希の動向にも注目です。


第138話の禪院直毘人の遺言書により、伏黒恵が禪院家当主の権利を持っているために忌庫は漁り放題です。

そこで有用な呪具が手に入る見込みがある一方、明らかにそれを面白く思わない人物がおり、言うまでもなく禪院直哉です。


禪院直哉は禪院家当主の座を奪うために、第138話で「伏黒恵を殺す」と発言していることからも、色々な意味で過激な行動に出てもおかしくありません。

ましてや禪院直哉は禪院真希を見下しきっており、そんな真希が禪院家の忌庫を漁っているところなどを見つけたら確実に面倒なことになるでしょう。

最悪禪院直哉 vs 禪院真希の戦闘もありえます。


禪院直哉の術式や強さなどについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!「死滅回遊(しめつかいゆう)」の戦況は?

偽夏油こと羂策(けんじゃく)が首謀者である「死滅回遊(しめつかいゆう)」は、呪術廻戦においては渋谷事変以来の大きな山となるイベントです。

第148話以降では「来栖華(くるすはな)」の捜索とともに、伏黒恵の姉「伏黒津美紀(ふしぐろつみき)」も探し出して保護しなければなりません。


さらにはただ保護するだけでは「死滅回遊」から救出できないため、虎杖悠仁や伏黒恵たちは死滅回遊の総則(ルール)の6番目である「ルール追加」により、伏黒津美紀を「死滅回遊」から脱出させるルールを作らなければなりません。


ただし追加できるルールは「死滅回遊の永続に差し障りが無い限り認められる」ため、プレイヤーが抜けることができるようなルールの追加が「永続に差し障りがある」と見なされればこのルール追加は認められません。

伏黒津美紀を救い出すためにどんなルールを追加するかも注目ですね。


死滅回遊の解説やコガネの詳細、伏黒津美紀の呪いなどについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!来栖華(くるすはな)は敵?味方?

第148話では「あらゆる術式を消滅させる術式」を持つ術師「来栖華(くるすはな)」の動向に注目です。

来栖華(くるすはな)は千年前の術師であることから偽夏油こと羂策(けんじゃく)と関わりがある可能性もあり、最悪の場合は虎杖悠仁たちの敵にもなり得ます。


獄門疆(ごくもんきょう)に封印された五条悟を復活させるには来栖華(くるすはな)の強力が不可欠です。

第148話以降では来栖華(くるすはな)が味方なのかどうか、もし敵だったら何らかの取引や「縛り」で無理矢理協力してもらうなどの展開もあるかもしれません。


来栖華や偽夏油の正体、偽夏油の本名「羂策」の意味などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!高羽史彦(たかばふみひこ)は敵?味方?

第148話以降では、第146話に初登場した高羽史彦(たかばふみひこ)の動向にも注目です。

高羽史彦(たかばふみひこ)は第146話では売れない芸人として登場していましたが、死滅回遊の泳者(プレイヤー)であることが分かっています。

術式などの詳細は不明ですが、戦闘能力はもちろん、そもそも味方であるかどうかが気になるところです。


ただし死滅回遊の結界(コロニー)は日本全国に10箇所あり、高羽史彦(たかばふみひこ)は恐らく大阪付近の結界(コロニー)にいるので、第148話以降に虎杖悠仁たちと直接相対する可能性は低そうです。


高羽史彦(たかばふみひこ)の詳細についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!羂策(けんじゃく)が天元を襲撃?

偽夏油の名前が「羂策(けんじゃく)」であることが分かり、その目的は「人類の進化」のために「人類を天元と同化させる」ことであることも判明しました。

そのため、羂策(けんじゃく)はいつか天元の元を訪れてその存在を「呪霊操術」で取り込みに来るでしょう。


第148話以降では九十九由基と脹相が天元の護衛についており、薨星宮(こうせいぐう)で羂策(けんじゃく)とのバトルになるかもしれません。


偽夏油こと羂策(けんじゃく)の詳細はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!九十九由基は天元の家系?関係は?

第148話以降では九十九由基と天元の関係や、そもそもの九十九由基の正体に注目です。

第145話では天元が九十九由基に対して「君とは初対面ではない」と発言していることからも、九十九由基が天元と面識があることが分かります。


九十九由基の正体や天元との関係については様々な予想や憶測が飛び交っており、有り得そうな説としては「九十九由基が天元の家系の人物」という説です。

それは、そもそも天元と関わりを持てる人間は星漿体(せいしょうたい)のみであるはずなのに、九十九由基は星漿体(せいしょうたい)でもないのに天元と繋がりを持っているからです。


第148話以降の九十九由基と天元の展開に注目ですね。


九十九由基の正体などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!ミゲルの登場は?

第145話で獄門疆(ごくもんきょう)の封印解除の方法を天元に尋ねた際、天元は

・天逆鉾(あまのさかほこ)
・黒縄(こくじょう)

のいずれかが必要だと答えていました。


天逆鉾(あまのさかほこ)」は五条悟が海外に封印、もしくは破壊していまい、「黒縄(こくじょう)」は百鬼夜行の際に五条悟が破壊してしまいました。

そしてミゲル自身が今現在どこで何をしているのかが気になるところです。乙骨憂太が急遽帰国し、ミゲルは引き続き「天逆鉾」と「黒縄」を探しているのか、あるいはミゲルの祖国で黒縄を再び作ってもらっているのか、動向に注目です。


ただミゲルが持っていた黒縄は呪術廻戦0巻で「1本作るのに何十年もかかる」ことが明かされているので、もう一度作るのは現実的ではなさそうです。

第148話以降ではミゲルはもちろん、「天逆鉾」「黒縄」が再び登場するのか注目です。


ミゲルの強さや黒縄の詳細、天逆鉾のありか、獄門疆「裏」などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!虎杖悠仁の母親/虎杖香織について

第148話以降では、第143話に出てきた虎杖悠仁の母親についての詳細情報が明らかになるかもしれません。


第143話で虎杖悠仁は夢の中で赤ん坊の頃の記憶を見ており、そこでは「額に縫い目のある女性」が登場しています。

これは虎杖悠仁の母親であり、現在夏油傑の脳を乗っ取っている者がかつて虎杖悠仁の母親の脳を乗っ取っていたということです。


第148話以降、虎杖悠仁の母親の詳細、また父親の情報についても気になるところです。


「虎杖香織」や「虎杖仁」の詳細についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!狗巻棘とパンダの状況

第137話では、呪術界上層部に呼び出された乙骨憂太が「虎杖悠仁が狗巻棘の腕を落とした」と発言しており、その際に棘の姿が描かれています。

その時の姿を見ると狗巻棘の左腕が無くなっていますが、何故か包帯ではなく呪符が巻いてあります。これは家入硝子が治療できないように上層部の謀略で巻かれたようにも思えます。

高専2年生においては乙骨憂太、禪院真希、パンダが既に登場しているので、第148話以降では狗巻棘の動向にも注目です。


狗巻棘の死亡/生存状況についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!夜蛾正道は裏切り者だったのか?

第137話で、呪術総監部からの通知では呪術高専の学長・夜蛾正道(やがまさみち)に対し、

夜蛾正道を五条悟と夏油傑を唆し
渋谷事変を起こしたとして死罪を認定する

という決定が下されています。


そして第147話で京都校の学長・楽巌寺嘉伸によって処刑されました。しかしその理由は「パンダを作る方法を語らなかったから」で、内通者疑惑からでありません。

結局夜蛾正道は偽夏油こと羂索側の内通者だったのか、第148話以降の新事実に注目です。


夜蛾正道の内通者疑惑についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】148話のネタバレ最新情報!釘崎野薔薇は本当に死亡したのか

第125話ネタバレで渋谷事変の最中、釘崎野薔薇が真人の「無為転変」を顔面に食らい、片目が欠損する致命傷を負って心肺停止状態でした。

普通に考えれば死亡しているところですが、新田新の術式により症状の悪化を防いで家入硝子の元に運び込まれています。


しかし第144話で、虎杖悠仁が伏黒恵に釘崎野薔薇の容態を聞いたところ、伏黒恵は何も答えませんでした

まさか、新田新の術式という生存フラグを立てながらもやはり死亡してしまったのか、あるいは生存はしているけど生きている状態とも言えないのか、第148話以降の動向に注目です。


釘崎野薔薇の死亡シーンや生存可能性などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

初回限定!呪術廻戦を無料で読める!

呪術廻戦が本屋で売り切れ!

呪術廻戦のあの巻を読みたい!

でも無料がいい!

それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると貰える600Pを利用すれば無料で読めます☆

通常であれば459円かかるところですが、U-NEXTに登録するだけで600P(=600円分)貰えるので、無料で呪術廻戦のお好きな巻を読めます

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


呪術廻戦を読み終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの14万作品の映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。

もちろん呪術廻戦のアニメも無料で全て観れますよ


U-NEXTの登録は簡単30秒!呪術廻戦を無料で読める!

※解約も簡単! 無料期間中に解約すれば0円です

広告

「呪術廻戦の148話のネタバレ!パンダの合流と秤金次の登場」まとめ

今回は呪術廻戦の第148話のネタバレ最新情報についてお話しました。


第148話以降も注目ポイントが盛りだくさんです。目下の注目イベントは「死滅回游」で、来栖華(くるすはな)や伏黒津美紀の動向、偽夏油こと羂策(けんじゃく)の動きも気になりますね。


呪術廻戦関連の第148話以外のネタバレや関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

【呪術廻戦】解説・ネタバレ情報

16巻
135話136話137話138話139話
140話141話142話
17巻
143話144話145話146話147話
148話

呪術廻戦のグッズ一覧はこちらの記事からどうぞ

呪術廻戦のグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました