呪術廻戦のタケルとは?日下部篤也や妹、夜蛾正道との関係を解説

【お早めに!】呪術廻戦の18巻と19巻の予約受付中!
呪術廻戦の「グッズ付き同梱版」の18巻&19巻が予約受付中です!
予約受付が終了する前に早めに予約しましょう!
予約の方法はこちらからどうぞ☆
↓ ↓ ↓
→呪術廻戦 18巻&19巻の予約方法

この記事では呪術廻戦のタケルについて、その正体や日下部篤也(くさかべあつや)、夜蛾正道(やがまさみち)との関係などについて解説します。


タケルは呪術廻戦の第147話で、日下部篤也の回想シーンの中で始めて登場したキャラクターです。

この回想シーンでは日下部篤也と夜蛾正道の過去の関係や、タケルを通じたエピソードが垣間見えます。


まずはタケルの初登場シーンから見ていきましょう。

この記事で分かること
  • タケルの初登場シーン
  • タケルの正体


※この記事は呪術廻戦のネタバレを含みます


呪術廻戦の全キャラクターの一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

呪術廻戦のタケルとは?初登場は第147話

呪術廻戦の第147話で、日下部篤也(くさかべあつや)が囚われのパンダを救出した際に過去の記憶について思い出していました。

その回想シーンでは夜蛾正道日下部篤也の他、車椅子に座った日下部篤也の妹、そして犬のような呪骸であるタケルが登場しています。

呪術廻戦の第147話のネタバレ解説はこちらの記事にまとめています。

スポンサーリンク

呪術廻戦のタケルは日下部篤也(くさかべあつや)の妹の息子

第147話では夜蛾正道と日下部篤也の会話が描かれており、その中でタケルが日下部篤也の甥ということが示唆されています。よってタケルは日下部篤也の妹の息子であることが分かります。

そして日下部篤也の妹が車椅子に座っている理由については詳しく語られていませんが、後述するように「タケル」は既に死亡していると思われ、恐らく日下部篤也の妹はそのショックで心が壊れているようです。

スポンサーリンク

呪術廻戦の第147話のタケルの正体!日下部篤也の妹の息子の魂をこめた「呪骸」

呪術廻戦の第147話では夜蛾正道が日下部篤也に向けて言葉をかけています。

・コイツはオマエの甥ではない
・甥の情報を持った「何か」


よって第147話で描かれている犬のような呪骸である「タケル」の正体は夜蛾正道が作り出した「完全自立型人工呪骸」で、本当のタケルは既に他界しているようです。

この呪骸にはタケルの魂が使われているものの、生前の記憶はないので「タケルの情報を持った存在」というだけです。


そして日下部篤也の妹はタケルの声を聞くと車椅子から立ち上がり、子供のような口調でタケルの名前を呼んでいました。

ここでは日下部篤也が「妹はもうタケルがいないと生きていけない」と語っており、例え「呪骸としてのタケル」でも日下部篤也の妹にとってはなくてはならない存在となっています。

ただ「完全自立型人工呪骸」の存在は公にできないため、日下部篤也の妹がタケルと一緒にいることはできませんでした。

実はパンダの核も夜蛾正道の息子の魂が使われている可能性があります。詳細はこちらの記事にまとめています。

スポンサーリンク

「呪術廻戦のタケルとは?日下部篤也や妹、夜蛾正道との関係を解説」まとめ

今回は呪術廻戦のタケルについて、その正体や日下部篤也、夜蛾正道との関係などについて解説しました。


タケルの存在が描かれた第147話の回想シーンでは、その存在の悲しさと日下部篤也の過去が垣間見えました。

日下部篤也と言えば渋谷事変ではのらりくらりやり過ごそうとしていた印象が強いですが、妹に関連した辛い過去があったようですね。


呪術廻戦の関連記事はこちらもどうぞ

→第147話のネタバレ解説を見る

→夜蛾正道の死亡シーンや死亡理由を見る

→パンダの核も夜蛾正道の息子の魂が使われている可能性について

呪術廻戦の解説トップページ
↓ ↓ ↓

呪術廻戦のコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

呪術廻戦の一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました