ブルーロックのキャラ一覧!登場人物がみんな個性的!

この記事ではブルーロックのキャラクター一覧をご紹介していきます。

ブルーロックは300人のFWから1人だけ生き残れるというデスゲーム型サッカー漫画です。

なので登場人物が多い分、リタイアしていくキャラも多くいます。

まずは選手側のキャラを、各フェーズごとにみていきましょう!

この記事で分かること
  • ブルーロックのキャラクター一覧

※この記事はブルーロックのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

ブルーロックの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

ブルーロックの解説&考察

ブルーロックのキャラ一覧!一次選考から最新話まで!

ブルーロックでは、各フェーズごとに新しいキャラが登場します。

ここでは各フェーズで初登場したキャラの画像と名前を一覧表にまとめました。

一次選考

ここでは入寮テスト~一次選考までで登場したキャラを紹介します。

表からわかる通り、個性豊かなキャラが勢ぞろいしています。

主人公・潔世一はチームZとして、一次選考を勝ち抜きました。

キャラ名&顔キャラ説明

一次選考潔世一(いさぎよいち)

ブルーロックの主人公。一難高校という高校のサッカー部でFWを務めるが、全国高校サッカー選手権の埼玉県大会ゴール前でパスを出したことが敗因に繋がり、自分でゴールを決めることを臆したことを悔やむ。
青い監獄(ブルーロック)計画の強化指定選手に選ばれ、自分の人生を変えるために数々の試練に挑むことになる。

一次選考蜂楽廻(ばちらめぐる)

本人曰く”かいぶつ”の声に従ってサッカーをしていると語るマイペースな性格。大人しいだけかと思いきや、必要と感じれば直接の蹴りやエゴイスティックなプレイもいとわない先の読めない人物。
サッカーにおける閃きや感性は優れているが、勉学や教養はあまりな様子。

一次選考千切豹馬(ちぎりひょうま)

長い赤髪と女性と間違えそうになるほど中性的な顔立をしている美少年。
マイペースで割とドライな性格をしており、女性のようなルックスも相まって周囲から「お嬢」「ワガママお嬢」と呼ばれている。

一次選考國神錬介(くにがみれんすけ)

スポーツマンシップと漢気にあふれた熱血漢で、信念は「正々堂々」。幼い頃にサッカーで活躍する選手に憧れ、以来ヒーローになるべく夢を追い続けている。
個性豊かで我の強い選手が多い中で特に律義で誠実な性格をしているため、潔世一がチームメイトの中で早期から信頼を寄せるようになった人物でもある。

一次選考久遠渉(くおんわたる)

自己申告によると武器はジャンプ力。チームZの仕切り役で、主に作戦の立案をしている。
青い監獄に来る前は、全国制覇を本気で目指す自分と高校の部活気分でサッカーを行うチームメイトとの温度差に苦しんでいた。その過程で「自分だけでも勝ち続ける」と言う考えを持つようになる。

一次選考我牙丸吟(ががまるぎん)

食べ物を素手で食べたりしていることから、「野生児」と周囲から呼ばれている。また本人の申告で得意と言ったのは肉弾戦だが、実際肉体のバネがすさまじく、それを活かした変則的なシュートやブロックを得意としている。

一次選考雷市陣吾(らいちじんご)

口が悪く、我が強い性格。潔世一を始め、自身よりランクの低い選手を目の敵にしている。当初はチームメイトに対し胸倉を掴んだり暴言を吐いたりと攻撃的な面が多く、チームメイトも手を焼いていたが、選考が進むにつれて、強い口調は変わらずながらもチームのために奮起したり激励する一面が目立つようになった。

一次選考五十嵐栗夢(いがらしぐりむ)

仲間からの通称は「イガグリ」。
お調子者な性格。寝相がとても悪い。
実家の寺を継ぐことで父親と喧嘩になり、「日本代表になれれば継がなくても良い」と父親と約束し、青い監獄に参加する。
自己主張は強いが、自分の実力が劣っていることを自覚している節がある。

一次選考伊右衛門送人(いえもんおくひと)

自己申告によると武器はオールマイティーなところ。
面倒見のいい性格で、チームZのまとめ役になる。

一次選考成早朝日(なるはやあさひ)

よく他人の食べ物をつまみ食いをするなどやんちゃな言動が目立つ。
6人兄弟の長男。事故で両親を亡くし貧しい生活を送っており、アルバイトや家事をしながらサッカーの練習に励んでいた。
日本代表になって家族を助けるべく青い監獄に参加した。

一次選考今村遊大(いまむらゆうだい)

自己申告によると武器はスピード&テクニック。
女好きの軽い性格で、サッカーを恋愛に置き換えて考えている。

一次選考吉良涼介(きらりょうすけ)

青い監獄の入寮テストにて、制限時間後に最後にボールを持っていたら脱落というゲームで蜂楽廻のパスに反応した潔世一のダイレクトシュートをまともに受けて脱落が決定。

一次選考二子一揮(にこいっき)

前髪が長く目が隠れているのが特徴。おでこを見せるのが恥ずかしいという。
話す相手が同年代でも敬語や丁寧語で話すが、自信に満ちた発言をする事もある。

一次選考大川響鬼(おおかわひびき)

モヒカン頭のヤンキー風の見た目をしている。
熊本県大会得点王の実績を持ち、吉良涼介同様知名度が高い。
武器はシュートテクニックで、作中ではGKのタイミングを外すフェイントを駆使した。

一次選考鰐間計助(わにまけいすけ)

チームWのエースコンビの片割れ。
鰐間淳壱は双子の兄で、兄と比べると眉がない。あまりしゃべらない兄の気持ちをよく代弁している。

一次選考鰐間淳壱(わにまじゅんいち)

チームWのエースコンビの片割れ。
鰐間計助は双子の弟で、弟と比べると特徴的な眉がある。あまりしゃべらない兄の気持ちをよく代弁しているので無口なのかと思いきや、実際は喋ることができる。

一次選考馬狼照英(ばろうしょうえい)

長い黒髪を盛大に立ち上げ、左側頭部に十字の刈込んだ髪型が特徴的。お風呂上りではその髪も降ろしているので、付き合いのある人間でなければすぐに判別するのは中々難しいくらいにギャップがある。

一次選考凪誠士郎(なぎせいしろう)

薄めのグレーをした髪色とたれ目が特徴。伍号棟のトッププレイヤーにして、同じチームVの御影玲王とは相棒同士で同じ高校の同級生でもある。サッカー歴は物語開始以前の半年前から始めている初心者も同然だが、実力は非常に高い。

一次選考御影玲王(みかげれお)

紫色の髪をした端麗な容姿が特徴。試合時は髪を後ろ結びにしている。
伍号棟のトッププレイヤーであり同じチームVの凪誠士郎とは相棒同士で同じ高校の同級生でもある。サッカー歴は物語開始以前の半年前から始めている。

一次選考剣城斬鉄(つるぎざんてつ)

角眼鏡が特徴的。ただし作中のセリフから伊達メガネの可能性あり。
見た目はスマートそうだが公式で「ちょっぴり頭が弱い」。自身もよく理解しきれていない熟語や横文字を用いるも上手く伝わらないことが多い。

二次選考

次に二次選考で登場したキャラを紹介します。

二次選考では1stステージで個人の力が試され、2ndステージからはチームをつくり勝ち上がり戦が行われました。

1人1人のエゴがぶつかり合う、とてもアツい展開を見せていました。

そして勝ち上がったメンバーは、三次選考へと進みます。

キャラ名&顔キャラ説明

二次選考糸師凛(いとしりん)

青い監獄(ブルーロック)の現トップランカー。
主人公の潔世一が強く意識している相手である。
黒髪と長めの下まつげが特徴。作中で世界的プレイヤーとして活躍する糸師冴を実の兄に持つ。

二次選考蟻生十兵衛(ありゅうじゅうべえ)

自身が思う相手がオシャレならば敵であっても敬意を示すものの、自分の古風な名前にコンプレックスを持っており、それを指摘されると激しく動揺する。「オシャ」という言葉を多用し、セリフの「俺」が大きい太字になるといった独特な話し方をする。

二次選考時光青志(ときみつあおし)

短髪な黒髪に真面目そうな雰囲気が特徴的。
お人好しではあるが、結構ネガティブな性格。試合以外は勿論、試合中でも、後ろ向きな発言をしてはマッチアップする相手を困惑させたり怒らせることもしばしばである。

二次選考士道龍聖(しどうりゅうせい)

全体的に逆立ち、両側頭部に垂れた触角のような前髪と色黒の肌が特徴的。口の悪い人物からは「触角」を交えた渾名で呼ばれている。色黒の肌は本人曰く、太陽光による日焼けとの事。
潔世一とは別の棟の得点王だった。

 

三次選考

続いてここでは三次選考から登場しているキャラを紹介します。

三次選考では、絵心甚八が招待した世界選抜プレイヤーと試合をすることになります。

そこで絵心甚八から選ばれた35人が、次のステージへ進むことになりました。

キャラ名&顔キャラ説明

三次選考鳥旅人(からすたびと)

泣きボクロと関西弁、烏を思わせるような髪型が特徴的。
同じくブルーロックに参加している氷織羊とは、物語以前から同じ関西のユースチームである等の馴染みがある。

三次選考乙夜影汰(おとやえいた)

基本的にダウナーで気だるげなテンションだが、試合中には「アがる」や「やるぅ」等の感嘆語をよく口にしたり乱闘する場面でも軽く囃し立てたがると言った茶目っ気のある一面もある。

三次選考雪宮剣優(ゆきみやけんゆう)

丸眼鏡に柔らかで謙虚な物腰が特徴の選手。サッカー選手の傍ら、モデル活動もしている。
普段は丸型眼鏡を、試合時はゴーグルを着用。

三次選考七星虹郎(ななせにじろう)

ブルーロックのロゴマークの入ったヘアバンドを頭に巻いた選手。
人当たりの良い素朴な人柄で、訛りの入った方言を話す。
一年生であるため潔世一達には敬語で話すが、敬称が曖昧な事が多い。

三次選考氷織羊(ひおりよう)

京都弁で話す中性的な顔立ちの選手。髪色は水色である。性格は温厚。
烏旅人とは青い監獄参加以前から同じ関西のユースチームである等の馴染みがある。

三次選考志熊恭平(しぐまきょうへい)

同じチームになった千切豹馬に声をかけられるも、怪しい人とはしゃべらないといい跳ね返す。とても寡黙。

三次選考皿斑海琉(さらまだらかいる)

いまだ謎の多いキャラ。髪型と鋭い目つきが特徴的。

三次選考石狩幸雄(いしかりゆきお)

高校No.1高身長として広く知られているプレイヤー。まだ、その実力の全ては作中では描かれていない。

三次選考黒名蘭世(くろならんぜ)

ぎざぎざの歯に三つ編みが特徴のキャラ。しかしいまだ実力は不明で、作中で一言もしゃべっていない。

 

U-20代表

三次選考を35人は、絵心甚八から急遽プランを変更し、ブルーロックのメンバーでチームを組み現U-20と試合をすることとなったと伝えられます。

そして一番の衝撃は、士道龍星がU-20側に選ばれたことでした。

キャラ名&顔キャラ説明

U-20代表糸師冴(いとしさえ)

物語開始から少し前までは世界有数の名門クラブチーム「レ・アール」の下部組織で活躍していた。夢はヨーロッパのチャンピオンズリーグで優勝する事。

U-20代表蛇来弥勒(だらいみろく)

U-20日本代表。ポジションはRSB。頭の模様は全て刺青。

U-20代表オリヴァ・愛空(あいく)

無造作に下ろされた髪とオッドアイが特徴の青年。スウェーデン、ドイツ、日本のミックス。
U-20日本代表のセンターバック(CB)にして、主将を務めている。

U-20代表仁王和馬(におうかずま)

U-20日本代表。ポジションはCB。強いフィジカルが武器。

U-20代表音留徹平(ねるてっぺい)

鉄壁の守備4傑(カルテット)の一人。草食DF。

U-20代表閃堂秋人(せんどうしゅうと)

ツーブロックとアシンメトリーの髪型が特徴の青年。サッカー日本国内1部のレギュラーフォワードも務めている。
フォワードとしてのプライドは高く、士道龍聖から突っかけられた際はU-20日本代表のチームメイトから擁護する発言が次々飛び出した事から、相応の期待と信頼は寄せられている。

U-20代表超健人(ちょうけんと)

U-20日本代表。いまだ謎の多いキャラ。

U-20代表狐里輝(きつねざとてる)

U-20日本代表。名前通り、狐のような見た目をしている。

U-20代表若月樹(わかつきいつき)

U-20日本代表。くまとそばかすが特徴的。

U-20代表颯波留(はやてはる)

U-20日本代表。ポジションはDMF。

U-20代表不角源(ふかくげん)

U-20日本代表のゴールキーパー。 

海外選手

ブルーロックでは海外の実力選手も登場します。

最終選考は各国の選抜選手のもとで練習を積んだあと、実戦形式で行われます。

主人公・潔世一はドイツを選びました。

キャラ名&顔キャラ説明

海外選手【ドイツ】ノエル・ノア
(フランス代表)

ドイツチームの指導者。フランスの国家チームの31歳のFWで、潔世一が尊敬している選手。ブンデスリーガ出身。

海外選手【ドイツ】ミヒャエル・カイザー

ドイツのクラブチーム「バスタード・ミュンヘン」のFWであり、チームのリーダー格にしてカリスマ。新世代11傑の一人に名を連ねている。

海外選手【ドイツ】アレクシス・ネス

自分が主人公の舞台として役者に勝手に役名をつける。マウント癖がある。

海外選手【ドイツ】エリック・ゲスナー

ドイツ棟のデータランキングで4位。 精密ドリブルが武器。 口が悪い。

海外選手【ドイツ】ベネディクト・グリム

イガグリと名前がかぶっており、どこか変態気質のあるキャラ。

海外選手 【イングランド】クリス・プリンス

イングランドチームの指導者ストライカーになった。 異名は完全英雄(パーフェクトヒーロー)

海外選手【イングランド】アダム・ブレイク

イングランドのリーグ得点王であり、ゲットゴールジャンキーの異名を持つ。
渋い顔つきだが26歳。かなりの女好き。

海外選手【スペイン】ラヴィーニョ
(ブラジル代表)

スペインのマスター。ロナウジーニョがモデルといわれている。

海外選手【スペイン】レオナルド・ルナ

スペインの名門サッカークラブであるレ・アールに所属しており、レ・アールの貴公子という異名を持つ。
一見すると爽やかな好青年に見えるがかなりの毒舌家。

海外選手【フランス】ジュリアン・ロキ

フランスリーグで頭角を表している超新星。その足の速さは千切豹馬を抜くほど。

海外選手【イタリア】マルク・スナッフィー

イタリアチームの指導者ストライカーになった。 異名は王冠配達士(クラウン・メッセンジャー)

海外選手【ブラジル】ダダ・シウバ

ドレッドヘアが特徴。重戦車の異名を持つ。
スラム街出身で口が悪く、金に対して執着があるような描写がある。
海外選手

【アルゼンチン】パブロ・カバソス

23歳ながらそばかすに童顔が特徴で、そぼかすベイビーの異名を持つ。
自分のことを一番可愛いと思っており、ライバルはピカチュウとの事。

 

ブルーロックのキャラ一覧!大人やその他の登場人物!

ブルーロックには選手の他にも、実況者や「青い監獄プロジェクト」を支えるキャラが登場します。

中には実在する人物をオマージュしたようなキャラがいるのも特徴的です。笑

ちなみにちゃんと名前がわかっている女性キャラは、帝襟アンリだけなんです!

キャラ名&顔キャラ説明

ブルーロックのキャラ一覧!大人やその他の登場人物!絵心甚八(えごじんぱち)

黒縁眼鏡とおかっぱ頭が特徴的な若い男性。
日本を初めてW杯優勝を実現させる事を願う帝襟アンリによって招集された雇われコーチ。詳細や実績は不明だが、本人もかつてはサッカー選手としても活躍していた模様。

ブルーロックのキャラ一覧!大人やその他の登場人物!帝襟アンリ(ていえりあんり)

日本フットボール連合新入職員。日本代表のW杯優勝が夢で、その救世主として絵心甚八を指名した。

ブルーロックのキャラ一覧!大人やその他の登場人物!法一保守(ほういちやすもり)

現U20監督。不乱蔦と共にブルーロックチームとの試合で金儲けと青い監獄プロジェクトを潰すことを画策する。
ブルーロックのキャラ一覧!大人やその他の登場人物!

不乱蔦宏俊(ふらつたひろとし)

日本フットボール連合の会長。サッカーをビジネスでしか捉えておらずブルーロックプロジェクトに反対している。

ブルーロックのキャラ一覧!大人やその他の登場人物!夏木春太郎(なつきはるたろう)

サッカー解説者。モデルは松木安太郎さん。

ブルーロックのキャラ一覧!大人やその他の登場人物!照朝熱人(てれあさあつと)

夏木春太郎とともにサッカーを実況している。割とイケメン。

「ブルーロックのキャラ一覧!登場人物がみんな個性的!」まとめ

この記事ではブルーロックのキャラクター一覧をご紹介しました。

ブルーロックには実在している選手をオマージュしたキャラが多く、たくさんのサイトで「このキャラは誰が元ネタだ」という考察がされています。

もし気になった方は、ぜひ調べてみてください☆

ブルーロックの関連記事はこちらもどうぞ

ブルーロックの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました