アオアシの人気キャラランキング発表!1位は誰!?

アオアシの人気キャラランキング発表!1位は誰!?

この記事ではアオアシの人気キャラランキングについて、エスペリオンユースの学年ごと&その他のキャラ別にご紹介します☆

アオアシには多くのキャラクターが登場しており、全員が個性的な性格です。

今回は学年別に人気ランキングを作ったので、まずは1年生から見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • アオアシの人気ランキング
  • アオアシのその他のキャラの人気ランキング

※この記事はアオアシのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

アオアシの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

アオアシの解説&考察

アオアシの人気キャラランキング:1年生

まずはアオアシの1年生の人気ランキングから見ていきましょう。

主人公のアシトやメインキャラは1年生なので、作中では最も登場機会が多い学年です。

第5位 橘 総一郎(たちばな そういちろう)

第5位 橘 総一郎(たちばな そういちろう)(C)小林有吾/小学館

アオアシの1年生の人気ランキング第5位は橘総一朗(たちばなそういちろう)です。

橘はアシトや大友と同じ時期にセレクションでエスペリオンユースに入ったため、特に仲が良い3人の一人として出番も多く、ビジュアルで言えば主人公でも違和感がありません笑

またセレクションでも最大の注目株で、武蔵野蹴球団ユースからも誘いがあったほどの実力があるFWです。

性格はドがつく真面目で、真面目であるがゆえにチームが低迷した時などに一身に責任を感じてしまうこともしばしばあります。

第4位 本木 遊馬(もとき ゆうま)

第4位 本木 遊馬(もとき ゆうま)(C)小林有吾/小学館

アオアシの1年生の人気ランキング第4位は本木遊馬(もときゆうま)です。

遊馬は1年生ながら物語序盤からずっとAチームにおり、恐らく1年生の中で最もトップ昇格に近い位置にいます。

ポジションはFWで、年間通してAチームに所属していただけにチーム2位の得点数を誇ります。

一方で性格はいつも飄々としてマイペースであり、「◯◯ジャー」「◯◯キャ」などの独特の語尾で話します。

Aチームに上がった当初はそのスピード感についていくのに苦労していたようですが、その後は壁にぶち当たっている様子もなく、ひたすらエリート街道を突っ走っていますね。

第3位 冨樫 慶司(とがし けいじ)

第3位 冨樫 慶司(とがし けいじ)(C)小林有吾/小学館

アオアシの1年生の人気ランキング第3位は冨樫慶司(とがしけいじ)です。

冨樫はスカウトでエスペリオンユースに入りましたが、ユース入団式の日に暴走族と一緒に現れるなど色々と異色のキャラです笑

また1年生ながら身長が187cmと大柄で、同学年では間違いなくNo.1のパワーとフィジカルを持っています。

さらに「暴走族上がりでデカい体」という見た目に反して足下の技術やボールコントロールも非常に優れており、ジュニアユース上がりのメンバーとも遜色ないテクニックを持つDFです。

暴走族上がりなだけあって血の気は多いですが、アシトの練習に付き合ったり、杏里にサッカーの解説をしてあげるなど、意外に面倒見が良い性格をしています。

第2位 大友 栄作(おおとも えいさく)

第2位 大友 栄作(おおとも えいさく)(C)小林有吾/小学館

アオアシの1年生の人気ランキング第2位は大友栄作(おおともえいさく)です。

大友はアシトや橘と共にセレクションでエスペリオンユースに入ったキャラで、作中でもアシトの親友として出番が多いです。

ポジションはMFで、アシトと同じく部活上がりながら足下の技術は高く、ジュニアユース組と混じっても特に遜色ないテクニックを持っています。

また大友の最大の特徴はON/OFFの切り替えの激しさで、試合前はガッチガチに緊張して震えているくせに、試合が始まった途端に別人のように落ち着いた選手に変貌します。

さらにチームメイトに積極的に声をかけるのはいつも大友で、エスペリオンユースにおいてもムードメーカーのような役回りです。その姿には伊達望も「主将気質」と評価していました。

第1位 青井 葦人(あおい あしと)

第1位 青井 葦人(あおい あしと)(C)小林有吾/小学館

アオアシの1年生の人気ランキング第1位は主人公・青井葦人(あおいあしと)です。

もじゃもじゃ頭の天パと愛媛の方言が特徴のキャラで、福田達也が愛媛を訪れた際にアシトの「俯瞰」の能力に気づいて声をかけたのが物語の始まりです。

中学までは「自分のやりたいプレー」を最優先にする荒れくれ者のFWで、サッカーの基本戦術や足下の技術などはエスペリオンユース内でもダントツの最下位でした。

しかしアシトにはフィールド全体を見通す「俯瞰」の能力があり、テクニックを補って余りある活躍を見せています。

更に作中ではFWからDFへと転向しますが、これにより「俯瞰」の能力を最大限活用できるようになります。

性格は自身家で、エスペリオンユースに入った際も「世界一のFWになる」「当然プロになる」と豪語していました。

一方で唯我独尊タイプとも違い、基本的に仲間や家族思いです。ただ一つのことにのめり込むと周りが見えなくなるタイプで、作中ではサッカーにのめり込み過ぎるあまり危うい目をする場面もあります。

アオアシの人気キャラランキング:2年生

次にアオアシの2年生の人気キャラランキングを見ていきましょう。

2年生はアシト達の1年上の先輩たちで、年が近いだけに出番も多めです。

第5位 桐木 曜一(きりき よういち)

第5位 桐木 曜一(きりき よういち)(C)小林有吾/小学館

アオアシの2年生の人気ランキング第5位は桐木曜一(きりきよういち)です。

桐木はエスペリオンユースのAチームのレギュラーで、ポジションはMFです。ポジションが栗林晴久とかぶっているものの、ジュニアユースの頃から栗林と共にその才能と実力から名が知れていました。

そのテクニックは栗林に次ぐNo.2と言われており、エスペリオンユースの主力の一人です。

作中ではプレミアリーグレベルの相手からもとにかくボールを奪われない驚異の技術を見せており、U-18代表にも何度も選出されています。

普段は常に冷静で口数が少なく、他人に興味が無いタイプですが、試合になると意外に短気ですぐイライラする節があります。

それ故に周りからすると「とっつきにくい」というイメージが強いキャラです。

ただU-18を外れ、プレミアリーグでの東京VANS戦で司令塔を務めたのをきっかけに精神的に成長を遂げて一皮剥けました。

第4位 高杉 榮太(たかすぎ えいた)

第4位 高杉 榮太(たかすぎ えいた)(C)小林有吾/小学館

アオアシの2年生の人気ランキング第4位は高杉榮太(たかすぎえいた)です。

高杉はエスペリオンユースのFWとしてU-18にも選出されるほどの実力で、体格もテクニックも併せ持つ選手です。

ただFWでありながら、かつてFWをやっていたアシトのプレースタイルとはまるで違い、自分の得点よりもチームの得点を最優先するため、極めてエゴの少ないFWと言えるでしょう。

そんなプレースタイルは高杉の性格にも表れており、高杉は正義感が強く仲間思いで、2年生のまとめ役&委員長タイプのキャラです。

それ故に唯我独尊タイプの桐木や、一匹狼タイプの阿久津と衝突するシーンもありました。

第3位 中村 平(なかむら たいら)

第3位 中村 平(なかむら たいら)(C)小林有吾/小学館

アオアシの2年生の人気ランキング第3位は中村平(なかむらたいら)です。

エスペリオンユースの中では名字で呼び合うことが多いですが、中村平はよく「平(たいら)」と呼ばれています。

ポジションはMFとDFで、作中ではBチームに落ちることもあったものの、基本はAチームでやっていける実力の持ち主です。

性格は極めて温厚で面倒見が良く、後輩からも広く慕われています。

何しろ同級生の中で一番扱いづらくて協調性ゼロで一匹狼タイプの阿久津にも積極的に話しかけ、暴走族上がりで血の気が多い冨樫にも声をかけていたのです。

ユースは部活とは違ってあくまでも「個」の世界なので、平ほど面倒見が良い人物は貴重です。

残念ながら作中では警察官を目指すためにユースを引退してしまいますが、アシトを含めてエスペリオンユースの誰もが平のことを慕っていました。

第2位 阿久津 渚(あくつ なぎさ)

第2位 阿久津 渚(あくつ なぎさ)(C)小林有吾/小学館

アオアシの2年生の人気ランキング第2位は阿久津渚(あくつなぎさ)です。

阿久津は同世代の中でもトップクラスのフィジカルとパワーを持っており、あのトリポネにすら当たり負けしないほどです。

またパワーだけでなくテクニックも頭脳も申し分なく、エスペリオンユースのCBとして鉄壁の守備を誇る一方、義経が怪我をした際にはFWを務めるなどの臨機応変さも見せていました。

物語序盤では阿久津という存在は悪の代名詞のようなキャラで、特にアシトに対していちいち絡んでくるわ小突いてくるわで第一印象は最悪です笑

しかし物語が進むにつれて阿久津の本当の性格が明らかになっていき、さらに主将に任命されてからは阿久津自身も成長していきます。

そして阿久津とアシトがサッカー談義をするなど、物語序盤では考えられないような関係にまで改善するのです。

阿久津はアオアシの作中で最も変わったキャラと言えるでしょう。

第1位 栗林 晴久(くりばやし はるひさ)

第1位 栗林 晴久(くりばやし はるひさ)(C)小林有吾/小学館

アオアシの2年生の人気ランキング第1位は栗林晴久(くりばやしはるひさ)です。

栗林は実力者揃いのエスペリオンユースの中においても極めて異質な存在で、圧倒的過ぎるテクニックを持つMFです。

その実力は既に高校生のレベルを遥かに超え、16歳にしてJ1の試合で大活躍するなど、既に国内でも有名になりつつあります。

性格は基本的に人当たりが良くて普通に見えますが、その表情からは何を考えているのかが全く読めません。

また会話のテンポが独特で、自分から振った話をスルーしたり、興味の無い話は平気でシカトします笑

作中では平が「栗林は思考を言葉にするのが追いつかない奴」と表現しており、常人では中々理解できない人物なのです。

アオアシの人気キャラランキング:3年生

次にアオアシの3年生の人気キャラランキングを見ていきましょう。

アシト達の2年上の先輩であり、作中では最上級生としての実力も貫禄も感じるキャラが揃っています。

第5位 二階堂 貫次(にかいどう かんじ)

第5位 二階堂 貫次(にかいどう かんじ)(C)小林有吾/小学館

アオアシの3年生の人気ランキング第5位は二階堂貫次(にかいどうかんじ)です。

二階堂はGKですが、レギュラーは2年生の秋山なので基本的にAチームの控えとして登場しています。

ただ秋山が怪我をした時には二階堂がGKを務め、心強い守護神となっています。

二階堂は他の三年生と比べると登場機会が少ないものの、性格は真面目で責任感が強く、青森星蘭戦前のミーティングでは怪我で離脱していた秋山に対して

  • このチャンスの期間、お前に取って代わるどころか、チームを守れなかった
  • チームを頼む

と口にしていました。

第4位 山田 豊(やまだ ゆたか)

第4位 山田 豊(やまだ ゆたか)(C)小林有吾/小学館

アオアシの3年生の人気ランキング第4位は山田豊(やまだゆたか)です。

山田のポジションはMF/DFで、U-18代表に選ばれているのみならず、エスペリオンユトップへの昇格も内定している実力者です。

性格は温厚で感情の起伏が少なく、口数もそこまで多い方ではありませんが、Aチームでの練習中に集中していなかった阿久津を叱責するなど、上級生らしいシーンもありました。

また大阪ガノン戦や船橋学院との2回目の対戦でエスペリオンユースが敗北した時、その原因が阿久津にあることを見抜いた数少ない人物です。

第3位 小早川 透士(こばやかわ とうじ)

第3位 小早川 透士(こばやかわ とうじ)(C)小林有吾/小学館

アオアシの3年生の人気ランキング第3位は小早川透士(こばやかわとうじ)です。

小早川のポジションはMD/DFで、常にAチームのレギュラー組に入っているほどの実力者です。

作中では怪我もあって登場機会が限られていましたが、プレミアリーグの東京VANS戦から本格復帰しています。

温厚そうに見えて実は熱血漢で、東京VANS戦のハーフタイムでは1年生のDF陣に対して

  • 対等にプレーしてこい
  • 目を見合え。指示をし合え。
  • ロープ練でつなげた連携力を俺達にもつなげるくらいの気持ちで来い

と檄を飛ばしていました。

また小早川はエスペリオンのトップ昇格はならなかったものの、J2山形からオファーを受けてセレクションを受けています。

第2位 義経 健太(よしつね けんた)

第2位 義経 健太(よしつね けんた)(C)小林有吾/小学館

アオアシの3年生の人気ランキング第2位は義経健太(よしつねけんた)です。

義経はエスペリオンユースの不動のエースFWで、トリポネのようなパワー系ではなくテクニックで勝負するタイプです。

その技術はBチームの公式戦レベルだと無双してしまうほどで、義経一人いるだけで戦局が変わっていました。

またアシトがエスペリオンユースに入った時は主将を務めており、チームの中心人物としてみんなをまとめています。

さらに義経はエスペリオントップチームへの昇格が内定しており、次年度からはプロとしてやっていくことが決まっています。

性格は極めて温厚でキレるようなことは決して無く、栗林のことを「トゲトゲ君」、アシトのことを「モジャモジャ君」と呼ぶなど、独特の話し方が特徴です。

ちなみにチェコ遠征の際、試合に出れずに悶々としていた阿久津に対して、義経は珍しく厳しい言葉を浴びせて煽っていました。

ただこれは阿久津を煽って行動を起こさせるためで、こういうところはさすがは主将ですね。

第1位 志村 京(しむら きょう)

第1位 志村 京(しむら きょう)(C)小林有吾/小学館

アオアシの3年生の人気ランキング第1位は志村京(しむらきょう)です。

志村のポジションはDFで、エスペリオンユースにおいても絶対的な守備力を誇っています。

その最大の特徴は異常発達した大腿四頭筋で、相手に抜かれても驚異的な瞬発力により後追いで追いついてボールを奪ってしまうというチート級の能力です。

また志村はエスペリオントップチームへの昇格が内定しており、この圧倒的な守備力がプロの試合でも活かされそうですね。

性格は温厚ながら飄々として掴みどころがなく、いつも半笑いの表情をしています笑

また青森星蘭戦ではボールを奪った相手の顔を覗き込みながら「太宰を読みたまえ」と声をかけるなど独特過ぎるキャラなだけに、登場機会が少ないながら印象深いです。

アオアシの人気キャラランキング:その他

ここまでアオアシの1年生~3年生までの人気キャラランキングについてご紹介してきました。

ここではその他のキャラについての人気キャラランキングを見ていきましょう☆

第5位:伊達 望(だて のぞみ)

第5位:伊達 望(だて のぞみ)(C)小林有吾/小学館

アオアシのその他キャラの人気ランキング第5位は伊達望(だてのぞみ)です。

伊達はエスペリオンユースのBチームの監督を務めており、アシト達がユースに入ってから長らくお世話になった人物です。

普段から鉄面皮で常に無表情なため、伊達の笑顔を見た者はいないのではないかと思われます笑

しかし決して冷血なわけではなく、Bチームのメンバーのことは一人一人真摯に向き合い、時には厳しい言葉もかけますが、根は優しい男です。

アシト達もそれが分かっているからこそ慕っており、あの冨樫ですら伊達に対しては敬意を払っています。

第4位:青井 紀子(あおい のりこ)

第4位:青井 紀子(あおい のりこ)(C)小林有吾/小学館

アオアシのその他キャラの人気ランキング第4位は青井紀子(あおいのりこ)です。

紀子はアシトの母親で、物語序盤以降はたまにしか登場しませんが、陰からアシトを支える姿が印象的なキャラです。

サッカーに関しては全くのド素人で、アシトが上手いか下手かすらも分かっていませんが、試合中にアシトが危うい目をしている時は瞬時に気づくところはやはり母親ですね。

また普段はサバサバした物言いが特徴で、アシトが状況する時ですら見送りには行きませんでした。

しかしアシトが状況する際の電車の中で紀子の手紙を読み、その本心が明らかになったシーンは作中屈指の感動シーンです。

第3位:福田 達也(ふくだ たつや)

第3位:福田 達也(ふくだ たつや)(C)小林有吾/小学館

アオアシのその他キャラの人気ランキング第3位は福田達也(ふくだたつや)です。

福田達也はエスペリオンユースの監督を務めており、アシトをユースのセレクションに誘った人物です。

かつては海外で活躍する名の知れたプレーヤーで、怪我で引退するも未だに福田達也に憧れる子供達が後を絶ちません。

また福田達也はサッカーの技術のみならず指導者としても超一流で、自己流の独特の指導法ながら選手のことを考え、いつも適切なタイミングで助言を行っています。

福田達也は飄々とした性格をしており、いわゆる体育会系のコーチとは対極の存在です。

私生活はかなりテキトーなようで、花が弁当を作ってきたのを忘れて同僚と昼飯食べに行ってしまい、花から怒鳴られているシーンもありました笑

ただし作中ではアシトにコーチングしない阿久津に対してドスの利いた声で叱責するなど、締めるところは締めています。

第2位:海堂 杏里(かいどう あんり)

第2位:海堂 杏里(かいどう あんり)(C)小林有吾/小学館

アオアシのその他キャラの人気ランキング第2位は海堂杏里(かいどうあんり)です。

杏里はエスペリオンの親会社である海堂電機の社長令嬢で、側には常に執事&ボディーガード役のじいやが付いています。

将来の夢は「サッカーチームの監督」であるため、エスペリオンユースの試合はほぼ毎回見に来ており、その知識も観察眼も半端ではありません。

一方でエスペリオンユースの試合を見に来るうちにアシトのプレーをよく見るようになり、次第にアシトのことが好きになっていきます。

なので一応花とは恋敵の関係ですが、別にバチバチしているわけではありません。そもそもアシトが鈍感過ぎるのもありますが笑

また作中では守備に悩むアシトに対してアドバイスをするなど、アシトにとっても大きな存在となりました。

第1位:一条 花(いちじょう はな)

第1位:一条 花(いちじょう はな)(C)小林有吾/小学館

アオアシのその他キャラの人気ランキング第1位は一条花(いちじょうはな)です。

花は福田達也の義理の妹で、アシトがエスペリオンユースのセレクションを受けに行った時に出会いました。

花はサッカーに関してはド素人ですが、作中では独特の観察眼で鋭い指摘や気付きをしており、地頭の良さが伺えます。

また将来はスポーツ外科医になるのが夢で、考えなしにドカ食いするアシトのために献立表を作るなどして支えています。

アシトがセレクションでがむしゃらに頑張る姿を見てから花はアシトのファン第一号となり、それは次第にアシトが好きという感情になっていきます。

ただ稀代のサッカーバカであるアシトの邪魔をしないようにと花が気を遣いすぎるあまり、関係がギクシャクすることもしばしばあります。

この献身的かついじらしいところが人気の理由ですね。

「アオアシの人気キャラランキング発表!1位は誰!?」まとめ

今回はアオアシの人気キャラランキングについて、エスペリオンユースの学年ごと&その他のキャラ別にご紹介しました。

アオアシには多くの魅力的なキャラクターが登場しており、それぞれが独特の個性を持っています。

今後も既存キャラや新キャラの登場が楽しみですね☆

アオアシの関連記事はこちらもどうぞ

アオアシの解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました