無職転生の世界地図!大きさ&広さはどれくらい?

無職転生の世界地図!各地方を解説!

この記事では無職転生の世界地図の全体像や各地方、国の解説、世界の広さ(縮尺)などについて解説します。

無職転生では作中で世界中を旅することになりますが、詳しい地図があまり出てこないので地理関係がわからなくなる事が多いです。

そこで今回は無職転生の世界の地図や、各国の特徴などについて詳しく見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • 無職転生の世界の地図
  • 無職転生の世界の縮尺(広さ)

※この記事は無職転生のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

無職転生の解説&考察
スポンサーリンク

無職転生の世界地図!各地方の特徴も解説!

無職転生の世界地図!各地方の特徴も解説!(C)小説家になろう/理不尽な孫の手(※クリックすると拡大)

こちらが無職転生の世界の地図です。

物語の始まりとなるルーデウスの生まれの地は、地図左上のオレンジ丸印がついた「フィットア領」で、ここ一帯で「転移事件」が発生しました。

まずは中央大陸の主要国について一つ一つ見ていきましょう。

中央大陸

中央大陸は世界地図の西側半分のほとんどを占めている大きな大陸で、主に人族で構成されているため公用語は人間語です。

ちなみにラプラス戦役の際にアスラ王国以外の国は滅んでおり、今存在している国は新興国です。

フィットア領

フィットア領(C)フジカワユカ/理不尽な孫の手/シロタカ

フィットア領はアスラ王国の北東の位置にあり、ボレアス家が治めています。その中心都市はエリスが生まれた城塞都市ロアで、ルーデウスやシルフィが生まれたブエナ村もフィットア領内にあります。

ただ転移事件によりフィットア領全域が跡形もなく消失し、その後暫くは草原が広がるばかりの土地となっています。

アスラ王国

アスラ王国(C)フジカワユカ/理不尽な孫の手/シロタカ

アスラ王国は中央大陸西部全域を統治している世界最大の大国で、フィットア領もアスラ王国の一部です。また国自体の歴史も非常に古く、第一次人魔大戦の頃にも存在していました。

その国力から物や資源にも恵まれており、貨幣価値も世界一です。作中では「アスラ金貨」の価値がべらぼうに高いことが描かれています。

また首都アルスには水神流の本拠地があり、アスラ軍の兵士は水神流を修めている者が多いようです。

一方で大国であることと歴史が長いことで、貴族たちの腐敗が進んでいます。転移事件が発生した際もサウロスに全責任を押し付けて処刑し、また被害者の捜索はせずに資金援助を行うのみでした。

また作中では第一王子グラーヴェルと第二王女アリエルによる政争が描かれており、次期国王の座を争っています。

ラノア王国

ラノア王国(C)フジカワユカ/理不尽な孫の手/シロタカ

ラノア王国は中央大陸北部にある魔法大国で、ラノア王国の北端にある魔法都市シャリーアには世界的に有名な魔法学校である「ラノア魔法大学」があります。

また魔法都市シャリーアには魔術ギルド本部やネリス魔道具工房など、魔術に関係する全てのことが詰まっています。

ちなみにシャリーアはルーデウスが居を構える都市でもあり、物語後半ではルーデウス達の生活の拠点となっています。

また作中では対ヒトガミ事務所であるオルステッドコーポレーション(ルーデウス命名)と、そのブランドカンパニーであるルード傭兵団も設立され、ある意味世界一戦力が整った都市と言えるでしょう笑

シーローン王国

シーローン王国(C)フジカワユカ/理不尽な孫の手/シロタカ

シーローン王国は中央大陸の中心付近、海近くにある国で、首都は「王都ラタキア」です。

王龍王国と同盟を結んでいるものの、その国力の差は歴然であるために王龍王国の属国のような立ち位置にいます。

ザノバやパックスがこの国の王子であり、作中ではルーデウス達がドタバタしているイメージが強い国ですね笑

剣の聖地

剣の聖地の中央大陸の北西部の岬にあり、剣神流の本拠地です。名馬であればラノア王国から1ヶ月ほどの距離にあります。

この世界の最北端とも言える土地なだけに年中雪に覆われており、ここに住む町人のほとんどが剣神流の剣士です。その町の一番奥に大きな剣術道場があり、剣神ガル・ファリオンが当主を務めています。

エリスがルーデウスと別れて以降、約5年に渡ってこの地で修行しており、「狂剣王」の称号を得ました。

王竜王国

王竜王国は中央大陸の南部を支配しており、世界第3位の大国です。シーローン王国をはじめとするいくつもの属国を従えています。

かつては小国の一つでしたが、約300年前にアレックス・カールマン・ライバックが王竜山の王者・王竜王カジャクトを倒し、その一帯の鉱物資源を手にしたことで一気に大国になりました。

町並みはとにかく雑多で統一性がなく、伝統や格式を重視しない実力主義の国です。また北神流の本拠地も王竜王国にあります。

ビヘイリル王国

ビヘイリル王国は中央大陸の北東にある国で、首都ビヘイリル、第二都市イレル、第三都市ヘイレルルを有しています。

またビヘイリル王国の東には鬼ヶ島があり、その昔にビヘイリル王国の冒険者パーティが鬼族を海魚族から救った恩があるため、現在もビヘイリル王国は鬼族の庇護下にあります。

無職転生の物語においては終盤で登場する国で、最後の決戦の地になります。

魔大陸

魔大陸の世界地図の東側にある大きな大陸で、主に魔族が生息しているため、公用語は魔神語です。

痩せた大地で作物も少なく、更に出現する魔物も極めて強力な危険なため、世界一危険な土地と言われています。

第二次人魔大戦を境に人族が魔族を魔大陸に押しやって封鎖していましたが、ラプラス戦役によりその均衡が崩れ、封鎖が解かれました。

また魔大陸を統治する物はおらず、各々の土地で幅を利かせる魔王が存在している状態です。

ミグルドの村

ミグルドの村(C)フジカワユカ/理不尽な孫の手/シロタカ

ミグルド族の村は魔大陸のビエゴヤ地方というところにあり、ここはロキシーの故郷です。

ミグルド族は青い髪と小柄な体格に加え、声を発することなく「念話」で会話ができるのが特徴です。この「念話」の影響で、傍から見るとメチャクチャ無口な種族に見えます。

また住居は大王陸亀の甲羅を使っているなど、アスラ王国などと比べると生活様式が全く違うことが分かりますね。

リカリスの町

リカリスの町(C)フジカワユカ/理不尽な孫の手/シロタカ

リカリスは魔大陸の北東にあり、魔大陸の中でも最大の規模を持つ都市です。

また巨大なクレーターの中に町を作ることで天然の城壁となっており、町に入る際は門で検問を受ける必要があります。

かつてはキシリカ・キシリスが本拠地としており、町の真ん中にはキシリス城(半壊)が建っています。

そして現在は魔王バーディガーディがこの町を治めています。

ミリス大陸

ミリス大陸は世界地図の南東にある大陸で、中央大陸と魔大陸を繋ぐような形をしています。

この大陸には世界2位の国力を持つ大国・ミリス神聖国がある他、獣族やエルフ族、ドワーフ族、小人族が生息する大森林があります。

大森林

大森林(C)フジカワユカ/理不尽な孫の手/シロタカ

大森林はミリス大陸の北東部に広がる巨大な森林地帯です。

大森林は種族ごとに縄張りを作っており、北部には獣族、南西部に小人族、南東部にエルフ族、南にドワーフ族の縄張りがあります。

またミリス神聖国首都からザントポートにかけて一直線に「聖剣街道」が通っており、この街道には魔物が出現しません。

ミリス神聖国

ミリス神聖国(C)フジカワユカ/理不尽な孫の手/シロタカ

ミリス神聖国は世界2位の大国であり、主に人族が住んでいます。

特に白と銀色で構成された首都ミリシオンの街並みの美しさは世界一と言われており、さらに7つの魔術塔により様々な恩恵を受けています。

  • 天気を完璧にコントロール
  • 災害が起きない
  • 疫病が流行らない

またミリス教団の総本山であるために宗教色が強く、魔族をはじめとする人族以外への差別が激しい国です。

美しい街並みである反面、アスラ王国と同様、大国で歴史が長いだけにミリス王国の中身は腐敗が進み、一説では世界一汚いと言われています笑

ベガリット大陸

ベガリット大陸は世界地図の南西部にある三日月型の大陸で、公用語は闘神語です。

大陸の大部分は砂漠地帯である一方、いきなり砂漠が途切れて森や山がある変な地形をしています。

また魔物は魔大陸に次いで強いため非常に危険な土地で、迷宮も多いために冒険者が多く滞在しています。

作中では転移事件の後、ベガリット大陸の危険度Sランクの迷宮である「転移の迷宮」にゼニスが囚われています。

天大陸

天大陸は世界地図の北にある細長い大陸で、標高3000メートルの上に平地があります。そこには天族が住んでおり、公用語は天神語です。

天族は基本的に天大陸から出てこないため、天大陸自体が神秘の場所のような存在となっています。

地図を見る限りは中央大陸の北東、あるいは魔大陸の北西から天大陸に行けそうに見えますが、実際にはどちらも断崖絶壁となっており、魔物も多いために空を飛べでもしない限りは天大陸には行けません。

スポンサーリンク

無職転生の世界地図の縮尺は?世界の広さを検証!実はメチャクチャデカい?

ここまで無職転生の世界について解説してきましたが、実際にこの世界はどのくらい広いのでしょう?

作中ではルーデウス、エリス、ルイジェルドが約3年をかけて3つの大陸を渡り歩いてきましたが、途中でトカゲ運搬車に乗せてもらったりしているために速度が一定ではなく、距離の推定が難しいです。

一方で作中で距離が推定できる描写として下記のものがあります。

  • リカリスからウェンポートまでトカゲ運搬車で数ヶ月
  • ラノア王国から剣の聖地まで名馬なら1ヶ月

ここからおおよその縮尺を推定してみましょう。

リカリスからウェンポートまでトカゲ運搬車で数ヶ月

リカリスからウェンポートまでトカゲ運搬車で数ヶ月(C)フジカワユカ/理不尽な孫の手/シロタカ

転移事件で魔大陸に飛ばされたルーデウスとエリスは、ルイジェルドと共に中央大陸を目指します。

その道中、リカリスの町からウェンポートまでをトカゲ運搬車に乗せてもらい、数ヶ月かけて到達しました。

このトカゲ運搬車はなにぶんデカいので、仮に最高時速を馬ぐらいの速さとします。

一般的に馬が休憩をはさみつつ、1日に走れる距離は50~60kmと言われているため、このトカゲはとりあえず1日50km走れるとします。

リカリスの町からウェンポートまでざっくり3ヶ月かかったとして、この2点間は大体4500kmとなります。

リカリスからウェンポートまでは4500km?(C)小説家になろう/理不尽な孫の手

もちろんトカゲ運搬車の速度に大きく依存はしますが、相当長い距離ですね・・

ラノア王国から剣の聖地まで名馬で1ヶ月

次に「ラノア王国から剣の聖地まで名馬なら1ヶ月」という記述について詳しく見ていきましょう。

先程お話したとおり、一般的に馬が休憩をはさみながら1日に走れる距離は50~60kmと言われているため、名馬ということも考慮して1日60km走れるとします。

よって「名馬で1ヶ月」の距離は大体1800kmとなります。

ラノア魔法大学から剣の聖地までは1800km?(C)小説家になろう/理不尽な孫の手

地図の縮尺で言うと、先程の「リカリスの町~ウェンポート(4500km?)」は「ラノア王国~剣の聖地(1800km?)」の2倍以上の距離があるので、おおよそ妥当な数字に見えますね。

日本列島は約3000kmなので、相当な距離ですね笑

無職転生の世界は地球よりデカい!?

無職転生の世界が地球と同様に球体だと仮定します。

すると、先程の「リカリスの町~ウェンポート」の道のりは世界地図で言うとおおよそ円周の1/4くらいです。

よって無職転生の世界の円周の長さはおおよそ16000kmとなり、地球の赤道の円周が約40075kmであることから、この世界は大体地球の半分以下の大きさことになります。

ただし地球とは違って車も飛行機も無いので、転移魔法陣が無い限りは移動はとても大変です笑

スポンサーリンク

「無職転生の世界地図!大きさ&広さはどれくらい?」まとめ

今回は無職転生の世界地図の全体像や各地方、国の解説、世界の広さ(縮尺)などについて解説しました。

無職転生には多くの国が登場し、その中では政争などの政治的な事情も描かれているのが面白いです。

またこの世界がべらぼうに広いことも分かったので、早く魔法陣が解禁されるといいですね笑

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

→無職転生の全キャラ解説を見る

無職転生の解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました