無職転生の七大列強の一覧!世界最強の7人!

無職転生の七大列強の一覧!世界最強の7人!©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

この記事では無職転生の七大列強(ななだいれっきょう)のキャラ一覧表や、七大列強レベルの強さを持つキャラについてご紹介します。

七大列強とは無職転生の作中に登場する強さの序列を表す称号の一つで、1位~7位まであります。

ここに名前が載っている者は間違いなく世界トップクラスの強さを持つ猛者で、七大列強の者を倒すことでその座を奪うことができます。

まずは七大列強に名を連ねているキャラクターの一覧表から見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • 七大列強の一覧表
  • 七大列強レベルのキャラの一覧表

※この記事は無職転生のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

無職転生の解説&考察
スポンサーリンク

無職転生の七大列強の一覧表!強さが半端じゃない!

こちらが無職転生における七大列強のメンバー一覧表です。

作中で七大列強の序列に入れ替わりもあるため、新旧のメンバー両方を載せています。

キャラ名七大列強
序列
強さの解説
技神ラプラス1位技神ラプラスは元々魔龍王ラプラスだったものが、第二次人魔大戦で闘神と相討ちになり、魂が裂かれた片割れ。
膨大な技を持ち、技術を伝えるために「七大列強」を作り出した張本人。
史上トップクラスの技量ながら魔力は持っていない。
→技神ラプラスの正体や強さを見る
龍神オルステッド2位初代龍神の一人息子。百代目の龍神。
世界に現存するあらゆる技、魔術を神級以上のレベルで使いこなす作中最強の化物。
剣神流の「光の太刀」を片手の手刀で放ったり、即死レベルの致命傷の治療も可能。
ただし初代龍神の秘術の代償で魔力回復が通常の1000倍遅く、おいそれと本気を出せない。
ただ本気を出せば技神ラプラスより強い。
→オルステッドの強さの詳細を見る
闘神鎧3位龍神ラプラスが1万年かけて作った決戦用の鎧で、オルステッドいわく「最高傑作にして最狂の失敗作」。
あまりの魔力故に鎧ながら自我を持ち、装備者の意識を乗っ取り、生命力が尽きるまで脱ぐことはできない。
その力は絶大で、「帝級魔術の無効化」「痛みも疲れも感じない」「自己修復機能」「1000を超える奥義の発動」など、チート級の性能を発揮する。
純血の不死魔族くらいにしか扱えず、作中ではバーディガーディが第二次人魔大戦、及びビヘイリル王国での決戦で使用、またアレクもオルステッド戦で使用している。
→闘神バーディガーディの強さなどを見る
魔神ラプラス4位魔神ラプラスは元々魔龍王ラプラスだったものが、第二次人魔大戦で闘神と相討ちになり、魂が裂かれた片割れ。
覚えているのは膨大な魔術の知識のみで、「人族を滅ぼす」ことを目的としている。
史上トップクラスの魔力総量を持ち、その膨大な魔力に耐えうる強靭な肉体と技量を持つ。
ラプラス戦役を起こした張本人であり、戦争中にスペルド族に「魔槍」という形で呪いを押し付けた。
作中の時代から約80年後に復活して再び戦争を起こすと言われている。
→魔神ラプラスの正体や強さを見る
死神ランドルフ・マリーアン5位王竜王国の黒竜騎士団の騎士。作中ではパックスとベネディクト専属のボディーガード状態。
右目は自前の魔眼「空絶眼」で、普段は眼帯でその力を抑えている。
剣の腕は北帝、水王レベルで、心理戦も使った「幻惑剣」が得意技。
5位ながら七大列強の中では最弱で、魔導鎧一式を着たルーデウスには敗北するとされている。
ジークハルト・サラディン・グレイラット新5位ルーデウスとシルフィの第二子。
幼い頃にアレクに弟子入りし、15歳で北王、19歳で北帝の称号を手にする。
ラプラス因子を受け継いでいる関係で「緑色の髪」「異常な腕力」を持つ。
グレイラット家を出てパックスJrに着いていってから数十年後にランドルフから七大列強5位の座を受け継ぐ。
愛剣はオルステッドが銘を付けた鉱神特注の「ムーングリッター」。
→ジークの強さの詳細を見る
剣神ガル・ファリオン6位剣神流の最強剣士。
剣聖だった頃に龍神オルステッドに完敗している。
剣帝が2人がかりでも雑談しながら相手をするほど余裕がある猛者。
作中ではジノ・ブリッツに敗れて剣神の座を退き、ギースに協力してルーデウス達の前に立ちはだかる。
愛剣はユリアン・ハリスコが打った48の魔剣の一つ「喉笛」。
→ガル・ファリオンの強さの詳細を見る
剣神ジノ・ブリッツ新6位ガル・ファリオンを倒して剣神を受け継ぐ。
12歳で剣聖になるという天才剣士ながら、主体性や野心に欠けていたことから伸び悩む。
その後「ニナとの結婚」という目的を手に入れてから覚醒し、ガル・ファリオンをも倒す強さとなる。
生涯剣の聖地を出なかったために「歴代で最も知名度が低い剣神」ながら、「最も長生きした剣神」でもある。
北神アレクサンダー・C・ライバック7位三代目北神で、アレックスの息子。
アトーフェラトーフェの孫にあたるため、不死魔族のクォーター。
作中では切断された腕の再生、ルーデウスにミンチにされてからの復活など、再生能力が極めて高い。
最強の剣「王竜剣カジャクト」を駆使し、重力操作により物理法則を無視したアクロバティックな戦闘スタイルを得意とする。
ルーデウス・グレイラット新7位無職転生の主人公。
ラプラス因子を受け継いでいるため、魔神ラプラスを上回る桁外れの魔力総量を持つ。
さらに無詠唱魔術の行使、2種類の魔術の同時発動など、魔術のセンスがずば抜けている。
一方で闘気を纏えないという欠点を持つため、作中では「魔導鎧」を製作することで弱点を克服。
地竜の谷でアレクとの一騎打ちとなり、魔導鎧一式でアレクに勝利したことで七大列強7位となった。
→ルーデウスの強さの詳細を見る

→無職転生の強さランキングを見る

スポンサーリンク

無職転生の七大列強が世界最強の7人?他の猛者の一覧表!

先程ご紹介した七大列強のメンバー以外にも、無職転生においては七大列強レベルの強さを持つ猛者が存在します。

ここでは七大列強に名を連ねていないものの、常識外の強さを持つキャラを一覧表にまとめています。

キャラ名強さの解説
水神レイダ・リィア水神流の最強剣士。
水神流5つの奥義のうち最難の2つを組み合わせた6つ目の奥義「剥奪剣界」を編み出した。
60歳を過ぎているので全盛期ではないものの、作中では「剥奪剣界」の前にルーデウスをはじめ、エリス、ギレーヌですら一歩も動けなかった。
ちなみに男性の水神は「レイダル」、女性の水神は「レイダ・リィア」と名乗る慣習なので本名ではない。
鬼人マルタ鬼族のトップである「鬼神」。
普段は心優しい穏やかな性格で、人間語だと訛りのあるたどたどしい喋り方をする。
ただ戦闘能力は極めて高く、魔術や技を一切使わない力押し戦法ながら、神子のザノバや北帝ドーガを同時に真正面から打倒し、しかもその戦いで傷一つつかないほどの圧倒的な耐久力を持つ。
甲龍王ペルギウス・ドーララプラス戦役で魔神ラプラスと戦った「魔神殺しの三英雄」の一人。
空中城塞ケイオスブレイカーの主であり、また12の使い魔を使役している。
特に召喚魔術と結界魔術の権威で、両方とも神級のレベルで使いこなす。
作中では神級結界魔術を駆使して闘神鎧とバーディガーディを封印している。
→ペルギウスの正体や強さについて見る
老デウス未来から来たルーデウス。
過去転移魔術を独自に開発し、過去のルーデウスに助言するために時間を超えて来た。
魔導鎧のサポートにより七大列強レベルの戦闘能力を誇り、本気のアトーフェラトーフェにも勝つほどの強さ。
また電気や重力、声を操る魔術の開発、治癒魔術を聖級までマスターするなど、あらゆる面で隙がない。
→老デウスの能力や強さの詳細を見る
アトーフェラトーフェ・ライバック魔大陸のガスロー地方を統べる魔王。現存する魔王は穏健派が多い中、数少ない戦闘狂タイプの魔王。
戦闘能力は極めて高く、素の強さでも七大列強下位レベルな上、純血の不死魔族であるためダメージを受けても再生する。
また魔大陸最高峰の練度を誇る「アトーフェラトーフェ親衛隊」を率いており、彼らとアトーフェラトーフェが連携すると更に驚異的な強さとなる。
シャンドル(アレックス・C・ライバック)二代目北神。魔神殺しの三英雄の一人であるカールマンとアトーフェラトーフェの息子。
王竜王国の王竜山に住む「王竜王カジャクト」を倒した英雄であり、その他にも数々の武功を立て、七大列強の7位の座についた。
その後は息子のアレクに七大列強7位の座を譲る。
魔龍王ラプラス二代目龍神。太古の時代における「魔の世界」で龍族と魔族の混血として生まれる。
ヒトガミを殺すために「五龍将の秘宝」を作り出し、更にいずれ転生してくる最強の龍族・オルステッドに技術を伝えることを目的としていた。
しかし第二次人魔大戦で、ヒトガミに操られた闘神と戦って魂を2つに裂かれ、技神ラプラスと魔神ラプラスに分かれる。これにより記憶と本来の目的を失っている。
→魔龍王ラプラスの正体や強さを見る
ヒトガミ夢の中に出現する謎の存在。龍神オルステッドの宿命の相手。
相手に都合の良い未来へ導く「お告げ」により操り、誘導し、自分の都合の良い世界を作ろうとする。
太古の昔に「人界」以外の5つの世界を互いに争わせて滅亡させた。
「無の世界」にいるため、ヒトガミから直接手を下せないが、こちらからも手を出すことが出来ない。
→ヒトガミの正体などについて見る

→無職転生の全キャラ一覧を見る

スポンサーリンク

「無職転生の七大列強の一覧!世界最強の7人!」まとめ

今回は無職転生の七大列強(ななだいれっきょう)のキャラ一覧表や、七大列強レベルの強さを持つキャラについてご紹介しました。

作中で初めて登場した七大列強が龍神オルステッドだったこともあり、無職転生の物語においては恐怖の対象でもありますね。

その最強のオルステッドが「本気を出せない」というハンデを持っているからこそ、無職転生のパワーバランスが保てているのが面白いところです☆

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

→無職転生の強さランキングを見る

→無職転生の全キャラ一覧を見る

無職転生の解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました