無職転生のアトーフェラトーフェの強さ!頭は弱い!笑

無職転生のアトーフェラトーフェの強さ!頭は弱い!笑(C)シロタカ/理不尽な孫の手

この記事では無職転生のアトーフェラトーフェ・ライバックの強さや親衛隊の詳細、作中の戦績などについて解説します。

アトーフェラトーフェは魔大陸にいる魔王の一人で、女性ながらそれを感じさせないパワフルな言動が特徴です。

それだけにえらく好戦的かつ人の話を聞かないため、作中ではルーデウスも不本意ながら2度に渡って戦いました笑

まずはアトーフェラトーフェの詳細や強さから見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • アトーフェラトーフェの詳細や強さ
  • アトーフェラトーフェ親衛隊について
  • アトーフェラトーフェの頭の弱さ
  • アトーフェラトーフェの戦績

※この記事は無職転生のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

無職転生の解説&考察

無職転生のアトーフェラトーフェは不死魔王!

無職転生のアトーフェラトーフェは不死魔族であり、通常なら即死するような攻撃を受けてもその体を再生してしまいます。

それもあって「不死魔王」とも呼ばれており、魔王の名前通りの強さを持っています。

ここではアトーフェラトーフェの具体的な強さについて見ていきましょう☆

アトーフェラトーフェは武闘派の魔王!

アトーフェラトーフェは武闘派の魔王!(C)シロタカ/理不尽な孫の手

アトーフェラトーフェは「五大魔王」であるネクロスラクロスの娘です。

その見た目は青黒い肌色に長い白髪、真っ赤な目、背中にはコウモリに似た翼、額からは大きな角が生えているという、一目で魔族と分かる容姿をしています。

さらに作中に登場する魔王は基本的に穏健派ばかり(バーディガーディなど)ですが、アトーフェラトーフェは数少ない武闘派の魔王で、とにかく戦い大好きの好戦的な性格です。

ルーデウスも2度に渡って戦闘をを余儀なくされており、後述する「アトーフェラトーフェ親衛隊」に危うく入隊させられそうな時もありました笑

アトーフェラトーフェは不死魔族!バーディガーディの姉!

アトーフェラトーフェは不死魔族であるため、体全体を消滅でもさせられない限りは死にません。

またアトーフェラトーフェはバーディガーディの姉であり、姉弟揃って頑丈な上に不死身の体を持っています。
→バーディガーディの正体や強さについて見る

ただ不死魔族であっても、大ダメージを与えれば体の再生に時間がかかるため、アトーフェラトーフェと戦う際は大ダメージを与えて再生するまでの間に逃亡するのが一番です。

アトーフェラトーフェは第二次人魔大戦で急先鋒を務める!

物語の5000~4200年前に勃発した「第二次人魔大戦」では、アトーフェラトーフェが急先鋒を務めていました。

部隊の先陣を切るのは好戦的なアトーフェラトーフェの性格にもピッタリな役ですが、アトーフェラトーフェはとてつもなく頭が弱いため(笑)、戦時中に補給路を絶たれて部下が全滅します。

その後は人族の手によって封印されました。

アトーフェラトーフェはラプラス戦役でペルギウスを圧倒!

第二次人魔大戦で人族に封印されたアトーフェラトーフェでしたが、ラプラス戦役が始まる前に魔神ラプラスにより封印が解かれました。

 

その場でアトーフェラトーフェは魔神ラプラスに挑みますがあっさり敗北し、その日からラプラスの軍門に降っています。

ちなみにアトーフェラトーフェが一騎討ちで敗北したのは初代北神のカールマン、魔神ラプラスの2人のみです。

 

そしてアトーフェラトーフェは魔族側の魔王として人族を迎え撃ち、当時のペルギウスはアトーフェラトーフェに幾度となく殺されそうになりました。

人族からしてみればアトーフェラトーフェは恐るべき魔王だったでしょうね。

アトーフェラトーフェは初代北神の妻!

アトーフェラトーフェは「魔神殺しの三英雄」の一人である初代北神カールマンに敗北します。

そしてなんとアトーフェラトーフェはカールマンと結婚することになり、これをきっかけにアトーフェラトーフェは戦争の第一線から退きました。

 

また人族だったカールマンは寿命で死亡する間際、「ペルギウスとアトーフェラトーフェは殺し合いをしないこと」という約束をさせています。

この約束によりアトーフェラトーフェとペルギウスは表立って殺し合いをすることはありません。作中では激突していますが笑

 

ちなみにアトーフェラトーフェとカールマンの間にはアレックスが生まれ、アレックスは後の二代目北神となります。

アトーフェラトーフェは「不治瑕北神流」の使い手!

初代北神であるカールマンは北神流の開祖であり、「不治瑕北神流」の使い手でした。

これは北神流の中でも幻の剣術とされており、アトーフェラトーフェが敗北したのはカールマンの「不治瑕北神流」によるものです。

そしてアトーフェラトーフェはカールマンから「不治瑕北神流」を教わっており、その腕前は北神流剣士で言うところの剣帝程度と言われています。

 

ちなみにこの世界に存在する「不治瑕北神流」の使い手はアトーフェラトーフェとアレックスの2人だけです。

またアレックスは「不治瑕北神流」を駆使することにより王竜王カジャクトを撃破しました。

無職転生のアトーフェラトーフェは強いけど頭は弱い!

ここまでお話してきたとおりアトーフェラトーフェは武闘派の魔王であり、その腕っぷしは半端じゃなく強いです。

先述のとおり過去の大戦でもその強さで人族を戦々恐々とさせていますが、その反面ものすごく頭が悪く、部隊を率いても補給路を絶たれたり、すぐ油断して痛い目に遭っています。

何しろあのキシリカが「魔王の中でも随一のアホウでまともな話ができない」と評するほどです笑

またアトーフェラトーフェ自身も頭が悪いことを自覚しているため、「相手がバカにしている」と判断した瞬間にブチギレます。

 

息子のアレックスがちょっと抜けていたり、孫のアレクがだいぶアホの子なのは間違いなくアトーフェラトーフェの血筋でしょうね笑

無職転生の「アトーフェラトーフェ親衛隊」も強い!

無職転生の「アトーフェラトーフェ親衛隊」代表のムーア(C)シロタカ/理不尽な孫の手

アトーフェラトーフェ本人もメチャクチャ強いですが、他の魔王とは大きく違うのが「アトーフェラトーフェ親衛隊」という軍隊のような集団を抱えていることです。

この親衛隊員は全員アトーフェラトーフェから直々に北神流を叩き込まれており、魔大陸でも類を見ない地獄の訓練を課せられています笑

ただその訓練の成果もあり、親衛隊代表のムーアをはじめとする隊員達の戦闘能力と連携の精度は極めて高いです。

 

ちなみにアトーフェラトーフェ親衛隊に入隊する(=させられる)条件は「アトーフェラトーフェから「褒美」を受け取ることを了承する」ことで、ここでうっかり頷いてしまうと入隊が強制されます。

作中でもルーデウスがうっかり頷いてしまったため、危うく力づくで入隊させられるところでした。

もし入隊した場合は毎日地獄の訓練が待っていますが、10年に1度、2年間の休暇が与えられるようです。魔王にしては意外と福利厚生がしっかりしていますね笑

無職転生のアトーフェラトーフェの黒い腕(アトーフェハンド)とは?

無職転生のアトーフェラトーフェの黒い腕(アトーフェハンド)とは?提供:pixabay

無職転生の作中ではルーデウスの腕が黒い腕に置き換わるシーンがあります。

これはビヘイリル王国でルーデウスが剣神ガル・ファリオン&北神アレクに襲撃され、ガル・ファリオンの「光の太刀」により両腕を切断されたのがきっかけです。

そして地竜の谷に落ちたルーデウスが目を覚ますと、自身の両腕が黒曜石のような漆黒な腕が生えていました。

これはルーデウスがガル・ファリオンに斬られた際、アトーフェラトーフェから貰った禍々しい箱の中の「アトーフェラトーフェの分体」が発動したためです。

作中ではこの腕を「アトーフェハンド」と呼んでいます。

無職転生のアトーフェラトーフェの戦績から強さを解説!

ここまでアトーフェラトーフェの強さや親衛隊などについて解説してきました。

ここでは実際に作中におけるアトーフェラトーフェの戦績を見ていきましょう。

ルーデウス、ザノバ、エリナリーゼ、クリフ戦

ルーデウス、ザノバ、エリナリーゼ、クリフはナナホシのドライン病を治す方法聞くためにキシリカを探しに魔大陸を訪れます。

そのキシリカがアトーフェラトーフェに捕まっていたため、ルーデウス達はアトーフェラトーフェに話を通さなければなりませんでした。

そして成り行きで戦うことになってしまい、ルーデウス達はアトーフェラトーフェ&親衛隊を相手にします。

 

この時はザノバがパワーでアトーフェラトーフェを押さえつけ、その間にエリナリーゼが親衛隊を足止め、ルーデウスが親衛隊代表のムーアを足止めしています。

そしてその間にクリフが転移魔法陣に逃げ込み、ペルギウスに助けを求める作戦でした。

結果的にこの作戦は成功し、この場にペルギウスとその使い魔が現れます。

ペルギウスにぶった斬られる

ペルギウスが現れた時点でアトーフェラトーフェはルーデウス達との戦闘でかなり消耗していました。

そんな隙だらけのアトーフェラトーフェに対して「後龍門」「前龍門」を召喚し、辺り一帯の者たち全員の魔力と闘気を剥ぎ取ります。

そしてペルギウスの「甲龍手刀「一断」」でアトーフェラトーフェは真っ二つにされて吹き飛びました。
→ペルギウスの正体や強さについて見る

 

当然この程度でアトーフェラトーフェは死にはせず、暫くすればすぐ元に戻ります。

ただペルギウスはアトーフェラトーフェにラプラス戦役で散々辛酸を嘗めさせられていたため、この絶好の機会に仕返しができて大層ご満悦でした笑

ルーデウス(魔導鎧一式)、エリス、ロキシーに敗北

ルーデウスはアトーフェラトーフェの力を借りるために改めて魔大陸を訪れます。

この時はルーデウス、エリス、ロキシーの3人で訪れ、お土産を持って穏便に懐柔するはずでしたが、アトーフェラトーフェがそれで満足するはずもなく戦いになります笑

 

この時は前衛にエリスが立ち、いつも通り上段に剣を構えました。

エリスのように真正面から来る相手はアトーフェラトーフェも好きなようで、やたらと嬉しそうにエリスに話しかけています。

しかしエリスにしては珍しくガン攻めせず、ずっとアトーフェラトーフェと正対していました。

こうして時間を稼ぐ間にロキシーが「魔導鎧一式」を召喚し、ルーデウスが装備します。
→魔導鎧の性能や強さを見る

そしてルーデウスはガトリング砲をかまし、アトーフェラトーフェの上半身が蜂の巣になりながら吹き飛びました。

 

暫くすると粉々になったアトーフェラトーフェの体はまた集まってきて復活しますが、意外にもアトーフェラトーフェはここで負けを認めました

ここでアトーフェラトーフェはこれまでの人族との戦いを思い出しており、「人族は最初は弱いが暫くすると変わっていく。戦い方を変え、顔ぶれを変えて少しずつ強くなっていく」と語ります。ルーデウスの魔導鎧も人族の強さの一つだと認めたんですね。

 

ちなみにアトーフェラトーフェが魔導鎧一式を見た瞬間、第二次人魔大戦で見た「闘神鎧(とうしんがい)」を思い出していました。

流石に魔導鎧はあんなチート級の鎧ではありませんが、モデルが闘神鎧なのでアトーフェラトーフェの記憶の中でオーバーラップしたようです。

アレク戦に加勢

アトーフェラトーフェはルーデウスの味方についたため、ビヘイリル王国での決戦ではルーデウスの加勢に来ます。

この時はちょうど三代目北神アレク鬼神マルタの前にルーデウス達が絶体絶命の場面でした。
→鬼神マルタの強さなどを見る

そこにアトーフェラトーフェが現れ、「鬼ヶ島は既に占拠した」と告げることで鬼神マルタは鬼ヶ島に帰り、残ったアレクを全員でボコすことになります。

この時のアレクは敵ながらあまりに多勢に無勢でちょっと可哀想でしたね笑
→無職転生のアレクの強さや能力を見る

闘神バーディガーディ戦で行方不明に

ビヘイリル王国での最終決戦では「闘神鎧(とうしんがい)」を着たバーディガーディが現れます。

無限再生と無限回復を繰り返すバーディガーディの前にルーデウス達は対抗策もなく後退していきますが、その中でアトーフェラトーフェはやたら楽しそうにバーディガーディに挑んでいきました。

しかし流石に闘神鎧を着たバーディガーディ相手では分が悪く敗北を喫し、アトーフェラトーフェはこの戦い以降行方不明となっています。

老デウスとも戦っていた

アトーフェラトーフェは別の時間軸で老デウスとも戦っています。
→老デウスの強さや詳細を見る

この時の老デウスはメチャクチャ強く、魔導鎧もあったことで七大列強クラスの強さがありました。

しかしアトーフェラトーフェは親衛隊と連携を組むことで無類の強さを発揮し、あと一歩で老デウスを殺すところでしたが、エリスが老デウスを庇います。これによりエリスは死亡しました。
→エリスの死亡について詳細を見る

無職転生のアトーフェラトーフェは酒好きで宴会好き!

アトーフェラトーフェは好戦的で話が通じませんが、豪快でサッパリした性格なだけに酒も宴会も大好きです。

作中ではルーデウスがお土産に

  • アスラ王室に伝わる100年もののワイン
  • 龍族に伝わる幻の酒「龍神宝玉酒(エールシュナイル)」

を持ってきたことで大騒ぎしながら喜んでおり、ルーデウス達との戦いの後は盛大な宴会が開催されました。

こういうお祭り好きなところは弟のバーディガーディにそっくりですね笑

「無職転生のアトーフェラトーフェの強さ!頭は弱い!笑」まとめ

今回は無職転生のアトーフェラトーフェ・ライバックの強さや親衛隊の詳細、作中の戦績などについて解説しました。

アトーフェラトーフェは基本的に話が通じないので基本的に「登場=戦い」になっていますが、その豪快な性格とアホの子なキャラなだけに憎めないですね笑

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

→無職転生のアレクの強さや能力を見る

→バーディガーディの正体や強さについて見る

→無職転生の強さランキングを見る

無職転生の解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました