無職転生の老デウスとは?未来のルーデウスの目的を解説!

この記事では無職転生の老デウスについて、その目的や老デウスが見てきた未来、強さなどについて解説します。

老デウスは作中でルーデウスが出会うことになるキャラのことで、これが無職転生の物語においてターニングポイントとも言える極めて重要な出会いでした。

まずはそんな老デウスの正体から見ていきましょう。

この記事で分かること
  • 老デウスの正体や目的
  • 老デウスが見てきた未来
  • 老デウスの強さ

※この記事は無職転生のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

無職転生の解説&考察
スポンサーリンク

無職転生の老デウスとは誰のこと?

老デウス」とは無職転生の物語の中で「未来から来たルーデウス」のことです。「老人のルーデウス」から「老デウス」という通称になりました笑

老デウスは作中のルーデウスとは別の時間軸で過去転移魔術を開発し、過去の自分に忠告するためにやってきます。

これにより作中のルーデウスの行動が変わり、老デウスが見てきた未来とは違う世界へと変わっていきました。

スポンサーリンク

無職転生の老デウスが過去に来た目的とは?

老デウスが過去転移魔術で時間を遡ってきたのはルーデウスに助言するためで、その目的は「自分が見てきた未来を繰り返させないため」でした。

というのも、老デウスが見てきた未来は極めて酷い内容で、老デウスがとてつもなく辛い時間を過ごしてきたからです。

では具体的に老デウスが見てきた酷い未来について、一つ一つ見ていきましょう。

スポンサーリンク

無職転生の老デウスが見てきた未来!

ここでは老デウスが別の時間軸で見てきた未来について詳しく解説します。

その一つ一つが全く救いの無いもので、「老デウスはよく途中で自殺しなかったな」と思ってしまう程でした。

ヒトガミのお告げによりロキシーとララ(胎児)が死亡

老デウスの世界ではまずロキシーがララを妊娠中に胎児共々死亡していまいます。

老デウスはヒトガミの「地下室の様子を見てきて欲しい」という言葉のままに、ルーデウス邸の地下室を見に行きました。

そこには特段異常は無かったものの、実は老デウスが気づかないうちに、地下室にいた魔石病のキャリアであるネズミが逃げ出しています。

このネズミがルーデウス邸の夕食の残りをかじり、その夕食の残りを小腹が減ったロキシーが食べてしまったことで、ロキシーは魔石病に感染してしまうのです。

魔石病は妊婦だけが罹る難病で、まず胎児から魔石に変わり、母体もつま先から段々魔石になって最後は死亡します。

治療するには神級の解毒魔術が必要で、老デウスも勿論それ扱える者を探しに行きましたが、結局間に合わずにロキシーはララ共々死亡します。
→ロキシーの死亡について見る

未来のルーデウスが飲んだくれに

ロキシーが死亡したことでルーデウスは飲んだくれになってしまいます。

その様子を見たシルフィがルーデウスを励ましますが、逆にルーデウスはシルフィに対して激高してしまい、更には自暴自棄になって娼婦と関係を持つなど、手がつけられない状態でした。

シルフィはこの状況に絶望し、遂にはルーデウス邸を出ていってしまいます。

ヒトガミに操られたルークが原因でシルフィが処刑される

シルフィがルーデウスの元を去った時、アスラ王国では当時の国王が病死寸前の状態でした。

いよいよ次期国王を巡る政争が激しくなってくる中、アリエルはアスラ王国に戻ってクーデターを起こす決意をします。

そして「ヒトガミに操られたルーク」の頼みで、シルフィもアリエルと共にアスラ王国に同行します。

そして結果的にクーデターは失敗し、アリエル、ルーク、シルフィは犯罪者として処刑されて晒され、シルフィの死体に石を投げる者までいた始末です。
→シルフィの死亡について見る

アトーフェラトーフェとの戦いでエリスが死亡

老デウスの時間軸ではエリスと和解できていません。

結局そのまま立場上はエリスと敵対関係となりますが、エリスは陰ながら老デウスを助けていました。

そして老デウスとアトーフェラトーフェの戦いの際、老デウスが殺されかけたところをエリスが庇って死亡してしまいます。
→無職転生のアトーフェラトーフェの強さの詳細を見る

→エリスの死亡について見る

こうしてロキシー、シルフィ、エリスが連鎖的に全員死亡するという最悪の世界線となっていますね。

ヒトガミがいる場所への行き方を発見するが・・

結局ヒトガミが全ての元凶だったわけですが、老デウスがそのことに気づいたのは随分後になってからでした。

そして老デウスはヒトガミのいる「無の世界」に辿り着くための方法を模索し、ついにその方法見つけるも、その頃にはもうその方法が使えなくなっていました。

ちなみにその方法とは「五龍将の秘宝」を集め、更に龍神の秘術を使うことで「無の世界」に行くことができます。

過去転移魔術を発明!

ロキシー、シルフィ、エリスを亡くし、さらにはヒトガミのいる場所に行く手段も無くなった老デウスは過去転移魔術を開発します。
→無職転生の全ての魔術一覧を見る

これは老デウスが召喚魔術と転移魔術を応用して発明したもので、その名の通り過去に転移できる魔術です。

ただし後述するとおりこの魔術は未完成であり、使った瞬間に術者にえらいことが起こるのですが、この魔術のおかげで「現在のルーデウス」に思いを託すことができました。

スポンサーリンク

無職転生の老デウスからルーデウスへの助言でどうなった?

現在のルーデウスは突然現れた老デウスに面食らいながらも、老デウスの助言に従うことにしました。

ちなみに老デウスが出した助言とは、

  • ナナホシに相談しろ
  • エリスに手紙を送れ
  • ヒトガミを疑え。ただし敵対はするな

というものです。
→ヒトガミの正体について見る

特に三つ目の「ヒトガミを疑え」が切迫した事項であり、老デウスのこの言葉が無ければルーデウスはヒトガミの依頼通りに地下室を開けてしまったでしょう。

そしてここまで解説してきたとおり、全てはロキシーが魔石病で死亡することから連鎖して不幸が起きているため、その始まりを潰せるというわけです。

また「ナナホシに相談しろ」については龍神オルステッドの居場所などを探るためです。またこの情報を共有することでナナホシの未来も変えようとしています。

そして「エリスに手紙を送れ」については、これも老デウスの時間軸のようにエリスを死亡させないためです。ルーデウスとエリスは初めて結ばれた際にすれ違いを起こしており、それを解消することでエリスの死亡も防ぐことができます。
→エリスの死亡について見る

更に老デウスが経験してきたことが書かれた日記帳を持っており、これをルーデウスに託しました。

スポンサーリンク

無職転生の老デウスが死亡!

老デウスは過去転移魔術によって現代にやってきましたが、この魔術は未完成だったため、老デウスの体全てを持ってくることができませんでした。

その体には肋骨から下の部分に大穴が開いており、内臓がほとんど無い状態です。

更に過去転移魔術により魔力を使い切ったため再生もできず、老デウスはルーデウスに助言を送って間もなく死亡しました。
→無職転生の死亡キャラの一覧を見る

こうして老デウスは短い時間ながら、ルーデウスに計り知れない価値の情報をもたらしてくれます。

もし老デウスの助言や日記帳が無かったらと思うとゾッとしますね・・

スポンサーリンク

無職転生の老デウスの強さは七大列強クラス!

老デウスは未完成の過去転移魔術によりすぐに死亡してしまいましたが、実はメチャクチャ強いです。

  • 本気のアトーフェラトーフェを倒せる
  • 魔導鎧により七大列強並のパワー&スピード&防御力
  • 電気を操る魔術を開発
  • 声を操る魔術を開発
  • 重力を操る魔術を開発
  • 北帝オーベールを殺害
  • 水帝イゾルテを殺害

控えめに言っても七大列強に名を連ねるくらいには強いでしょう。
→無職転生の七大列強の一覧を見る

しかしいくら強くなっても、ロキシー、シルフィ、エリスは死亡してしまい、守るべきものは全て失ってしまったのが悲しいですね・・
→無職転生の強さランキングを見る

スポンサーリンク

「無職転生の老デウスとは?未来のルーデウスの目的を解説!」まとめ

今回は無職転生の老デウスについて、その目的や老デウスが見てきた未来、強さなどについて解説しました。

老デウスとルーデウスの会話は短いものでしたが、ルーデウスにとって計り知れない情報が得られました。

老デウスが見てきた未来はあまりに残酷すぎる結末なので、この未来をたどることにならなくてよかったですね。

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

→ヒトガミの正体について見る

→ルーデウスの強さについて見る

→ルーデウスとエリスの関係を見る

→ルーデウスは死亡するのか?

→ルーデウスの結婚相手について見る

無職転生の解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました