無職転生のヒトガミの正体ネタバレ!目的や使徒とは?最後は倒せる?

無職転生のヒトガミの正体ネタバレ!目的や使徒とは?最後は倒せる?©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

この記事では無職転生のヒトガミの正体や助言(お告げ)の一覧、その目的や龍神オルステッドとの関係などについて解説します。

ヒトガミの存在は無職転生における大きな謎の一つで、ルーデウスの夢にちょくちょく出てくる胡散臭い奴です。

まずはヒトガミの正体が何なのか、具体的に見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • ヒトガミの正体
  • ヒトガミが助言の一覧表
  • ヒトガミの目的
  • ヒトガミとオルステッドの関係
  • ヒトガミの使徒について

※この記事は無職転生のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

無職転生の解説&考察
スポンサーリンク

無職転生のヒトガミの正体のネタバレ解説!その能力とは?

無職転生のヒトガミの正体のネタバレ解説!(C)フジカワユカ/理不尽な孫の手/シロタカ

無職転生の物語においてヒトガミの存在は大きな謎の一つとなっています。

その正体は陰険で悪辣な愉快犯であり、人の夢に出てきては騙して陥れる外道です。その能力により「お互いに争わせて滅ぼす」ということを繰り返してきました。

また「無の世界」という誰も干渉できない世界にいるため、普通の手段ではヒトガミに手出しすらできません。

ヒトガミは自分が騙した相手が苦しむ姿を見て心底楽しそうに笑いながら馬鹿にする描写もあり、オルステッドが「クズ野郎」と評するほどです。

そんなヒトガミの能力は下記のとおりです。

  • 「信用させる呪い」を持つ
  • 夢の中で相手の心を読む
  • 強力な遠視と未来視

特に「未来視」の能力があるため、普通の人間であれば「神のお告げ」だと簡単に信じ込んでしまいます。

ただしヒトガミはこれらの能力に頼り過ぎており、相手に先を読まれた場合の対応や咄嗟の演技がド下手という、能力に振り回されている存在です。

 

ちなみに名称が紛らわしいですが、創造神が生み出した「人の世界の神」である「人神(じんしん)」とは全く別の存在です。

「無の世界」で生まれた存在が「人神(じんしん)」に成り代わるか取り込むかしたのがヒトガミと言われています。

スポンサーリンク

無職転生のヒトガミのルーデウスへの助言(お告げ)の一覧表!

先程ご紹介したヒトガミの能力の一つに「信用させる呪い」がありますが、これが効く相手にとってはヒトガミは「神聖な気配と神々しさ」を感じます。実際はそんなもん1ミリもありませんが笑

一方でルーデウスにはこの呪いが通じないため、ヒトガミは「ルーデウスの目先の得」を得させることで徐々に信頼を得ようとします。実際この作戦は成功し、

下記がルーデウスに出した助言(お告げ)の一覧表です。

ルーデウスへのお告げの内容お告げの時期や場所結果
ルイジェルドに助けを求める&助けること転移事件の直後・ルーデウスが中央大陸に帰還できた
・ルイジェルドが中央大陸で同族と合流して疫病に罹る
ペット探しの依頼を受けることリカリスの町・金を稼げた
・ルイジェルドの正体がリカリスの町でバレた
露天で食べ物を買って路地裏をうろつくことウェンポート・キシリカと出会って「予見眼」獲得
・密売人ガルスと出会う
ロキシーに手紙を出すことシーローン王国までの道中・リーリャとアイシャを救出
・後々パックスの自殺の遠因に
・ベガリット大陸に行けば後悔する
・ラノア魔法大学に入学して転移事件について調べること
エリスと別れて2年後・不能が治った
・ベガリット大陸に行けば後悔する
・リニアかプルセナのどちらかと関係を持つこと
ラノア魔法大学在学中お告げを無視してベガリット大陸に向かい、パウロ死亡
地下室の様子を見ることルーデウス邸・直前に老デウスが現れたことでお告げを無視。これによりロキシーの死亡を回避

物語序盤のお告げについては本当にルーデウスの利益になっていますが、実はこれらが撒き餌であり、ゆくゆくは連鎖的にルーデウスや関係者を破滅させるためにヒトガミのことを信用させていたのです。

しかし実際には老デウスの出現などによってヒトガミの思惑通りにはいきませんでした。

スポンサーリンク

無職転生のヒトガミの助言(お告げ)でロキシー、シルフィ、エリスが死亡するところだった!

先程ご紹介したヒトガミからルーデウスへのお告げについて、少なくとも序盤はルーデウスの利益にはなっていました。

しかし先述の通りこれはヒトガミが最後にルーデウスを陥れるための布石で、あのままヒトガミを信用しきっていたら大変なことになっていたところです。

特に最後のお告げ「地下室の様子を見ること」をもし実行していた場合、ロキシー、シルフィ、エリスが連鎖的に死亡するきっかけとなっていました。

→ロキシーの死亡する世界線について見る

→シルフィが死亡する世界線について見る

→エリスが死亡する世界線について見る

スポンサーリンク

無職転生のヒトガミが助言(お告げ)をする目的とは?

ヒトガミがこんな回りくどいことをしてルーデウスを陥れる目的は、それだけルーデウスの存在を危険視していたからです。

ヒトガミ曰く「ルーデウスの子孫やオルステッド、その他の人物が手を組んで自分(ヒトガミ)を殺す未来」を見たということで、ルーデウスや他の「使徒」を唆してこの未来を変えようとしています。

先述の通りヒトガミがいる「無の世界」には通常の方法で辿り着くことはできませんが、逆に言うとヒトガミもルーデウス達に直接手を下すことは出来ません。

だから騙したり脅したりして人を動かし、間接的に死なせたり殺し合いをさせるように仕向けているのです。

スポンサーリンク

無職転生のヒトガミの使徒とは?

無職転生のヒトガミの使徒とは?(C)フジカワユカ/理不尽な孫の手/シロタカ

ヒトガミの使徒」とはヒトガミが夢の中に現れて唆され、操られている人物のことです。

ルーデウスもその一人でしたが、当初はヒトガミの正体を知らなかったために自分が「ヒトガミの使徒」である自覚はありませんでした。

ヒトガミはルーデウス以外にも様々な人物の夢の中に出現しては唆し、操って悪さをさせています。

ただしヒトガミは無制限に未来を見れるわけではなく、最大で3人までの未来しかみることができません。よって同時にお告げを出せるのはヒトガミの使徒3人までとなります。

そんな「ヒトガミの使徒」に対しては、龍神オルステッドが一切の情け容赦無く殺すため、ルーデウスも一度殺されています。

では次に龍神オルステッドとヒトガミの関係を見ていきましょう。

スポンサーリンク

無職転生のヒトガミとオルステッドの関係をネタバレ解説!

龍神オルステッドは百代目龍神であり、太古の時代から転生法により現代に送られた龍族です。

その目的はヒトガミを殺すことで、オルステッドは転生法により、

  • ヒトガミが生きている状態で死亡した場合
  • 活動から200年経過した場合

これらが起きるたびに甲龍歴330年(ルーデウスが生まれる77年前)の冬、中央大陸北部の森にタイムリープします。このループを既に100回以上繰り返していますが、未だにヒトガミまでたどり着けていません。

 

そもそも何故オルステッドはここまでしてヒトガミを殺したいのかというと、それはヒトガミが初代龍神を殺した仇だからです。

太古の神の時代、世界は「六面世界」という構造になっており、下記の世界の真ん中にヒトガミが存在する「無の世界」があります。

  • 人の世界
  • 魔の世界
  • 龍の世界
  • 獣の世界
  • 海の世界
  • 天の世界

しかし太古の時代にヒトガミの企みによって「人の世界」以外の世界は滅ぼされました。こうした理由もあってオルステッドはヒトガミのことを「クズ野郎」と評するほど憎んでいます。

スポンサーリンク

無職転生のヒトガミは最後に倒せる?

無職転生の物語はルーデウスの死亡で幕を閉じるため、明確に「ヒトガミを倒した」という結末にはなっていません。

ただヒトガミが最後にルーデウスに見せた未来では、四肢がバラバラの状態で封印されており、オルステッド達が勝利したことが示唆されています。

「ヒトガミが死んだら人の世界が滅ぶかもしれない」ということで、完全に殺すのではなく封印を選んだようですね。
→無職転生の死亡キャラの一覧を見る

スポンサーリンク

「無職転生のヒトガミの正体ネタバレ!目的や使徒とは?最後は倒せる?」まとめ

今回は無職転生のヒトガミの正体や助言(お告げ)の一覧、その目的や龍神オルステッドとの関係などについて解説しました。

ヒトガミは物語当初は「軽いノリの胡散臭いやつ」という感じのキャラですが、物語が進むにつれてその極悪さが明らかになってきます。

ルーデウスとヒトガミの戦いは無職転生の大きな見どころの一つですね☆

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

→無職転生の全キャラ一覧を見る

無職転生の解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました