無職転生のイゾルデが結婚?美人剣士の強さも紹介!

無職転生のイゾルデが結婚?美人剣士の強さも紹介!

この記事では無職転生のイゾルデ・クルーエルの結婚相手や作中での強さ、ルーデウスとの関係などについて解説します。(ちなみに名前は「トリスタンとイゾルデ」から取ったものと思われますが、無職転生でのキャラ名は「イゾルテ」です)

イゾルデは無職転生に登場する凄腕の剣士の一人で、水神流の使い手です。

更に青みがかった長い黒髪の美人剣士で、かわいい容姿から縁談も数多くあります。

まずはそんなイゾルデの結婚までの経緯や結婚相手について見ていきましょう。

この記事で分かること
  • イゾルデの結婚までの経緯や結婚相手
  • イゾルデの強さや戦績

※この記事は無職転生のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

無職転生の解説&考察
スポンサーリンク

無職転生のイゾルデが結婚する?

無職転生のイゾルデが結婚する?(C)理不尽な孫の手/シロタカ

無職転生のイゾルテは水神流の剣士であり、初登場時点で「水王」の実力を持っていました。

見た目は美人ながら、凄腕の剣士なだけに男からすると近寄りがたく、婚活では苦労しています笑

ここではイゾルテが結婚するまでの経緯について見ていきましょう。

イゾルデは長身&美人剣士!

イゾルテは青みがかった長い黒髪を持つ長身の美人で、エリスが剣の聖地で修行していた時に初めて登場しました。

水神流の道場にイゾルテに並ぶ同期がいなかったこともあり、初登場時は「プライドが高そうな女」みたいなイメージのキャラでしたが、物語が進むにつれて穏やかな性格であることが描かれています。

イゾルデはミリス教徒!女たらしは嫌い!

イゾルテはミリス教徒であることが明かされています。

ミリス教は「清廉潔白」が教えであり、一夫一妻が鉄則の宗教です。それ故に同じくミリス教徒のゼニスはパウロの浮気にブチギレていました。

イゾルテもミリス教なので、ルーデウスのように複数の妻を娶る男にはなびきません笑
→ルーデウスの結婚相手や子供を見る

イゾルデは面食い?縁談を断りまくる!

そんなイゾルテの縁談については蛇足編の第7話から語られています。

先述の通りイゾルテは美人であるため、縁談など無くても声をかける者はいました。

その例が水神流の剣士たちでしたが、何しろイゾルテはこの時水帝であったため、「剣士なら自分と同等、少なくとも王級の腕」と思っていました。そこまで剣を極めた男など世界中探してもそうそういないでしょうが笑

更に水神流と縁が深いアスラ貴族からも引く手数多でしたが、水神流の慣習で「イゾルテと結婚する=名字を捨てる」という条件を聞くと誰もが断ってしまうのでした。

そんなイゾルテの元には兄タントリスからの縁談、更には王女アリエルからも多くの縁談が舞い込みますが、21人にフラれ相当数の男をフるなど散々な有様です笑

北帝ドーガからのプロポーズ!

イゾルテが縁談相手を26人抜きしたところでタントリスは「次の相手に決めなさい」と厳命します。

そしてイゾルテが次の相手と会いに行こうとした時、隣の道場から騒ぎが聞こえます。

そこには2メートルを超す大男・ドーガと、道場破りと勘違いした門下生達が問答してしました。

イゾルテは「何でこんなところにドーガが?」と思っていたら、ドーガは開口一番

イゾルテ・クルーエルさん・・
す、好きです!け、結婚して下さい!!

とド直球なプロポーズをしました。

衆目の前(門下生達)で大きな花束を持った男性からプロポーズを受けるというある意味ロマンチックなシチュエーションでしたが、イゾルテは「アリエルのご意向に逆らうわけにはいかない」と言って断ります。

北帝ドーガから二度目のプロポーズで結婚!

ドーガのプロポーズの次の日、イゾルテはアリエルに呼び出されます。

そしてイゾルテがアリエルの執務室に入ると、そこにはアリエルと、なぜか花束を抱えたドーガもいました。

ここでドーガはアリエルに促され、改めてイゾルテに自らの思いを告げます。

  • イゾルテは「陛下の騎士だから結婚できない」と言った
  • 自分はアリエルが好きでこの国も好きだから守りたい
  • でもイゾルテのことはもっと特別に好き
  • だから騎士を辞めてイゾルテを守りたい

そう言ってドーガは改めて、昨日のプロポーズの時と同じ花束をイゾルテに差し出しながら再びプロポーズをしたのでした。

そしてイゾルテもドーガの一途すぎる想いにプロポーズを受け入れ、結婚を決めました
→ドーガとの結婚の詳細などを見る

陛下の御前&多くの騎士たちの前でプロポーズを受ける」というのは、流石にイゾルテの脳内ロマンチック告白リストにすら載っていないシチュエーションだったでしょうね笑

→無職転生の結婚したキャラ一覧を見る

実はルーデウスルートもあり得た?

ちなみにイゾルテはルーデウスと初めて会った時に「ちょっといいかも」とフラグが立ちかけたようです。

ただ「エリスの夫」と知って速攻で諦めたため、ルーデウスルートはできませんでした。
→エリスの結婚の詳細について見る

やはりイゾルテはミリス教徒ということで、他人の夫は受け入れられないようですね。それ以外にも「エリスに何されるか分からない」という理由もありそうですが笑

スポンサーリンク

無職転生のイゾルデは水神になる?強さを解説!

ここまでイゾルテが結婚するまでの経緯について解説してきました。

イゾルテが結婚する時の話を聞くと可愛い印象を受けますが、先述の通り彼女は水神流の猛者であり、作中でもその強さが強調されています。

ここではイゾルテの強さについて詳しく見ていきましょう。

イゾルデはエリス&ニナの友人!

イゾルテはエリスが剣の聖地で修行していた時に初めて会いました。

この時は当時の剣神ガル・ファリオンが水神レイダ・リィアを招き、その際にレイダ・リィアがイゾルテ(当時は水王)を連れて剣の聖地を訪れています。

ここで剣神流と水神流の交流試合としてエリス、ニナ、イゾルテがそれぞれ立ち合いました。

この三人の立ち合いはじゃんけんのように面白い関係があり、

  • イゾルテがエリスに勝つ
  • エリスがニナに勝つ
  • ニナがイゾルテに勝つ

という結果になり、3人はお互いに切磋琢磨できるライバルとして腕を上げることになります。

アスラ王国の剣術指南役&水帝に!

イゾルテは剣の聖地を去った後、アスラ王国に戻って騎士見習いを始めます。世にも恐ろしい腕を持った見習いですね笑

そして正式に騎士になると同時に「水帝」となり、アスラ王国の剣術指南役を務めています。

この段階でアスラ王国の中でも指折りの猛者と言えるでしょう。

アスラ七騎士の一人!「左翼の三騎士」になる!

その後イゾルテはアスラ七騎士の一人となり、アリエルの警護を担当する「左翼の三騎士(王の大盾)」に任命されます。

またこの時点ではアスラ七騎士の中で唯一の女性だったことから、アリエルの身の回りのお世話もしてました。

ちなみにイゾルテと結婚したドーガも「左翼の三騎士」の一人です。

闘神バーディガーディ相手にメインタンクを務める!

イゾルテはビヘイリル王国での決戦でも活躍しました。

無職転生の物語のラスボスとも言える闘神バーディガーディを相手に、イゾルテがメインタンクとして時間を稼いでいます。

闘神バーディガーディは桁外れの攻撃力と防御力、回復力を持っていましたが、戦闘スタイルが力押しだったために水神流にとって格好の相手だったのです。

それにしてもかすっただけで即死レベルの化物相手にメインタンクを務めるとか、メンタルも半端じゃないですね・・
→バーディガーディの正体や強さなどを見る

ドーガの結婚と共に水神レイダ・リィアに!

先述の通りイゾルテはドーガと結婚しました。そしてそれと同時に水神レイダ・リィアを襲名します。

ちなみにイゾルテは水神流の5つの奥義のうち3つを習得しており、水神の名にふさわしい強さを持っていると言えるでしょう。

ドーガとの間に子供も産まれる!

イゾルテはドーガとの結婚後に娘を出産しました。これでかつて剣の聖地で出会ったエリス、ニナ、イゾルテは皆結婚して子持ちとなっています。

ちなみにオルステッドがこれまでに見てきた歴史ではイゾルテが結婚する可能性はほぼ無かったようです。

これもルーデウスが動いた影響かもしれませんね。

スポンサーリンク

「無職転生のイゾルデが結婚?美人剣士の強さも紹介!」まとめ

今回は無職転生のイゾルデ・クルーエルの結婚相手や作中での強さ、ルーデウスとの関係などについて解説しました。

イゾルテはエリスやニナのライバルにして数少ない友人として登場しています。

美人で強くて料理も得意な完璧さを見せながら、どこか抜けているところが魅力なキャラでしたね笑

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

→無職転生の全キャラ一覧を見る

→無職転生の結婚したキャラ一覧を見る

→無職転生の浮気事案の一覧を見る

無職転生の解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました