無職転生のクリスティーナが結婚?ルーデウスとの関係は?

無職転生のクリスティーナが結婚?ルーデウスとの関係は?

この記事では無職転生のクリスティーナの結婚相手や能力、性格などについて解説します。

クリスティーナはルーデウスとエリスの第二子(娘)で、グレイラット家の末っ子です。

また末っ子なためか、グレイラット家の子供達の中ではおおらかで夢見がちに育ちました。

まずはそんなクリスティーナの結婚相手や結婚までの経緯を見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • クリスティーナの結婚相手と結婚までの経緯
  • クリスティーナとルーデウスの関係
  • クリスティーナの能力や性格、将来など

※この記事は無職転生のネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

無職転生の解説&考察

無職転生のクリスティーナの結婚相手は?結婚するまでの経緯を解説!

グレイラット家の末っ子であるクリスティーナは、後日談の「蛇足編」で結婚することが決まっています。

その結婚相手はアリエルの息子エドワードで、2人はアスラ王立学校で出会いました。そして色々な意味で劇的なゴールインを果たしています。

まずはクリスティーナがアスラ王立学校に入学した時のエピソードから順番に見ていきましょう。

クリスティーナがアスラ王立学校に入学!

クリスティーナはラノア魔法大学を卒業後、アスラ王立学校に入学しました。

 

冒頭でお話したとおりクリスティーナは夢見がちで、「キラキラしたお姫様」に憧れているという少女趣味な子です。

そのため、アスラ王立学校も「お姫様が通うキラキラした学校」だと思っていました。

しかし現実はむしろその真逆で、アスラ王国貴族の子供達によるドロドロの勢力争い権力争いが日々起きており、クリスティーナにとっては魔窟と言っていい場所です。

クリスティーナがアスラ王立学校で大立ち回り!

クリスティーナも入学した当初はアスラ王立学校の見た目の綺麗さに「なんて素敵な場所なの!」と口にしていました。

しかしすぐに現実を見ることになり、その一つ目が友人がクラスメイトから受けたイジメです。

 

クリスティーナがアスラ王立学校で最初にできた友達はベルという少女で、フィットア領の片田舎から入学した生徒でした。

ベルは極めて優秀だったことと、生まれが平民だったことが災いして上級貴族から目を付けられ、下記のようなイジメを受けます。

  • くだらない命令を飛ばして勉強時間を奪う
  • 教科書を燃やす
  • 自主退学を勧める

そんな醜い上級貴族達に対してクリスティーナが優雅な口調で「そのようなこと、この美しい学舎に相応しくなくってよ」と注意しました。

しかし上級貴族連中にシカトされ、それでもクリスティーナが食い下がり、終いには取っ組み合いの喧嘩になるという優雅とは程遠い有様でしたが(笑)、流石はエリスの娘なだけあって一対多の喧嘩に殴り勝ちます。

何よりグレイラット家では「弱い者イジメは絶対にダメ」という教えがあるため、クリスティーナはその教えを忠実に守り、陰湿な上級貴族連中の標的となった生徒全員を守るために戦いました(物理的に)。

クリスティーナとエドワードが仲良くなる!

クリスティーナは孤軍奮闘していたわけではなく、助けた生徒たちが次第に味方につくようになっていきます。

特にアリエルの息子・エドワードが何かとクリスティーナのピンチに現れ、嫌味を言いつつも助けてくれていました。この時点でエドワードがクリスティーナのことを好きだったことが分かりますね。

 

またクリスティーナは当初エドワードのことを「嫌味な奴」「ヤな奴」と思っていましたが、何度も窮地を救ってもらううちに段々惹かれていきました。何よりイケメンだったので笑

ただしエドワードは既にヴィオラという許嫁がいて、アスラ王立学校を卒業後は結婚する予定となっています。

 

このヴィオラは「イエロースネーク家」というアスラ王国でもかなりの名家の生まれで、ご多分に漏れずクリスティーナのことを見下していました。

さらにはヴィオラの婚約者であるエドワードがクリスティーナといい感じになっていることもあり、ヴィオラはなお一層クリスティーナのことを忌み嫌い、逆恨みし、卒業式に壮大な計画を実行します。

ヴィオラが卒業式でクリスティーナを退学に追い込む?

アスラ王立学校の卒業式の日、首席卒業者であるヴィオラが定番の挨拶を終えた後、何と突然クリスティーナのことを糾弾し始めます。内容はざっくり下記の通りです。

  • 舞踏会の日にとある生徒の靴に針を仕込んだ
  • 自分より成績がいい生徒の教科書を破いた
  • 教師に恩を売って成績を底上げ
  • 身分の低い生徒を使って答案用紙を盗ませる
  • 実家が没落した生徒をイジメる
  • 男子を顎で使う  などなど

更にヴィオラは証人として上記の被害を受けた生徒たちにも証言させました。こうしてヴィオラはクリスティーナを退学に追い込もうと迫ります。

しかし実は上記の悪事は全てヴィオラがやったことであり、証人の生徒たちもヴィオラに弱みを握られていただけでした。

クリスティーナの根回しで大どんでん返し!

全てはヴィオラの言いがかりですが、証人もたっぷりいる状態なのでクリスティーナは成すすべなしかに見えましたが、実は既にクリスティーナの根回しは済んでいました。

クリスティーナは事前に証人達の相談に乗り、ヴィオラの弱みを一つ一つ潰していたのです。

そしてヴィオラが自信満々に証人として呼んだ生徒達から逆に「全部ヴィオラがやったこと」とバラされました。

 

想定外の事態にヴィオラは半狂乱で喚き、エドワードが諭そうとしてもヴィオラは「クリスティーナはラノアの田舎者」などと騒ぐ始末です。

その様子に流石に愛想が尽きたエドワードは卒業式の出席者全員に聞こえるように婚約解消を宣言しました。

当然そんなことは当人だけで決められませんが、幸か不幸か卒業式ゆえに両家の両親は揃っています。

この茶番の一部始終を見ていたアリエルは

  • ヴィオラを退学処分
  • エドワードとヴィオラの婚約を解消
  • イエロースネーク家には娘の再教育を命ずる

という裁定を下し、結局ヴィオラが盛大に自爆して終わります。

ヴィオラと婚約解消したエドワードがクリスティーナと結婚を前提に交際宣言!

その後、首席卒業する筈だったヴィオラが退学となったことで、その年の首席卒業者はクリスティーナが指名されます。

そんなこんなで大騒ぎの卒業式となりましたが、とりあえず無事にルーデウス達はクリスティーナの晴れの舞台を見届けました。

 

しかしその直後、ルーデウスにとってはまだ台風が残っており、それがエドワードによるクリスティーナへの求婚です。

ルーデウスは溺愛する末っ子の結婚話に胃をキリキリさせながらエドワードと話しますが、エドワードは超絶イケメンな上にえらい男らしく、自分の長所ばかりでなく短所もさらけ出していました。

 

最終的にルーデウスは2人の交際を許可し、その後のことは2人で決めるように告げます。

クリスに対して不誠実なことをしたらぶっ殺す」とだけ釘を刺しつつ笑

無職転生のクリスティーナとルーデウスの関係は?

ここまでクリスティーナが結婚するまでの経緯について解説してきました。

クリスティーナはグレイラット家の末っ子なだけに割と伸び伸び成長しており、また子供達の中では(珍しく)パパっ子です。

 

実はグレイラット家の子供達はルーデウスの功績や名声があまりに偉大過ぎるため、総じてルーデウスに対して引け目を感じていました(超マイペースのララを除く)。

しかしクリスティーナだけは昔からルーデウスにひっついて育っており、末っ子なこともあってルーデウスもついつい甘やかしていたようです笑

 

そんなクリスティーナだからこそ、アスラ王立学校卒業と同時に結婚の話が出た時はルーデウスが戦慄していました。

まあ仮にあそこでルーデウスが反対していたところで、クリスティーナとエドワードは相思相愛なので時間の問題でしたね。

無職転生のクリスティーナの能力や性格、将来は?

先程お話したとおり、クリスティーナはヴィオラの糾弾に対して事前に根回しし、カウンターを食らわせるほどの策士に成長しています。

ただクリスティーナはグレイラット家の子供達の中で特に優秀だったわけではありません。

ここではクリスティーナの能力や性格について見ていきましょう。

クリスティーナの能力は平凡

クリスティーナはラノア魔法大学で一通りの教育を受けていますが、剣術はそこそこ魔術もそこそこということで、飛び抜けて何かが優れているわけではありません。

勉強もそこそこという感じで、アスラ王立学校を首席卒業したのはエドワードの指名があったからです。

その割には完璧な根回しによりヴィオラを完膚なきまでに叩き潰しましたが、あれはエドワードや他の生徒たちの協力、更にはグレイラット家の天才・アイシャの入れ知恵もあったからこそでした。

クリスティーナは夢見がちな性格

冒頭でお話したとおり、クリスティーナは「キラキラしたお姫様」に憧れるような夢見がちが性格でした。

さらにアスラ王立学校のことは「キラキラしたお姫様の通う学校」、貴族のことは「優雅で喧嘩とは無縁の生物」と思っていたぐらいです。入学してすぐに現実を知ることになりますが笑

 

こんな感じでクリスティーナは飛び抜けた能力があるわけはなく、現実が見えていないところがあったため、ルーデウスはアスラ王立学校への入学にとても心配していました。

しかしクリスティーナは卒業式でヴィオラを政治的にぶっ潰すまでにたくましくなっていたため、アスラ王立学校への進学は結果的にプラスになりましたね。

クリスティーナはアスラ王家とグレイラット家の繋ぎ役!

先述の通りクリスティーナはアリエルの息子エドワードと結婚します。

アリエルは昔から自分の子供とルーデウスの子供をくっつけようと画策しており、ルーデウスはずっとそれとなく躱していました。

しかしクリスティーナがエドワードとくっついたことで、グレイラット家とアスラ王国の間に深い関係が生まれます。

 

ルーデウスがアリエルの誘いを躱していたのは「自分の子供を政治の道具にしたくない」という思いからでしたが、クリスティーナは自然とエドワードに惹かれたためにルーデウスも止める理由は無かったようですね。

まあ娘を溺愛するが故の葛藤はあったようですが笑

「無職転生のクリスティーナが結婚?ルーデウスとの関係は?」まとめ

今回は無職転生のクリスティーナの結婚相手や能力、性格などについて解説しました。

クリスティーナはグレイラット家の中でも伸び伸び育ったためにルーデウスも心配していましたが、流石はエリスの子ということで逞しく成長しました。

急な娘離れを強いられたルーデウスはちょっと気の毒ですね笑

無職転生のその他の関連記事はこちらからどうぞ

→ルーデウスの結婚相手や子供の一覧を見る

→無職転生の「ララ編」について見る

→無職転生の登場人物&全キャラ一覧を見る

無職転生の解説&考察

コメント

タイトルとURLをコピーしました