【呪術廻戦】136話のネタバレ!九十九由基vs夏油!予想と考察!

この記事では呪術廻戦の第136話のネタバレ情報、展開の予想や考察などについてお話します。第135話で遂に登場した特級呪術師・九十九由基によって事態が急転直下となっています。


第135話では裏梅の「氷凝呪法(ひこりじゅほう)」の前に高専メンバーも脹相も劣勢に立たされました。

そして虎杖悠仁、西宮桃、脹相が裏梅の「直瀑(ちょくばく)」の前に全滅寸前だったところに特級呪術師・九十九由基が登場しました。


第136話も引き続き激動の戦いが続きます。


第135話のネタバレの復習はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

第137話のネタバレはこちらの記事をどうぞ

↓ ↓ ↓


呪術廻戦の全キャラクターの一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓


広告

【呪術廻戦】第135話の終わりに九十九由基が登場!

呪術廻戦の第135話で、おなじみの「どんな女が好み(タイプ)だい?」という言葉と共に特級呪術師・九十九由基(つくもゆき)が登場しました。

背景が沢山のハートで埋め尽くされているのが、この緊迫とした戦況下に全く合っていません笑


虎杖や脹相ですら手に負えなかった裏梅の呪術を一蹴するあたり、流石は日本に3人しかいない特級呪術師ですね。


九十九由基の術式などについてはこちらの記事で解説しています。

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】第136話は九十九由基と偽夏油(加茂憲倫)と裏梅!

第136話は九十九由基と、偽夏油(加茂憲倫)&裏梅の激突が必至です。

反転術式すら使いこなす裏梅、まともに戦えるのは五条悟ぐらいのものですが、同じく特級呪術師の九十九由基なら対抗できそうです。

広告

【呪術廻戦】第136話では庵歌姫の術式が明らかに?

西宮桃が「歌姫先生の準備」という言い方をしており、庵歌姫の術式で何かを起こす気のようです。

チャージに時間がかかる分、獄門彊(ごくもんきょう)の奪還に繋がるような絶大な効果がある術式なのかもしれませんね。

広告

【呪術廻戦】136話のネタバレ!九十九由基は味方なのか?

一時期は「偽夏油の正体が九十九由基」という説がありましたが、結局偽夏油の中にいたのは加茂憲倫でした。

九十九由基は虎杖悠仁達を助け、偽夏油と相対しているので今のところは味方だと思われますが、今後の展開に注目です。

広告

「【呪術廻戦】136話のネタバレ!九十九由基vs夏油!予想と考察!」まとめ

今回は呪術廻戦の第136話のネタバレ情報、展開の予想や考察などについてお話しました。

状況変化が激しく、あまりに激動の戦闘が続く渋谷事変ですが、九十九由基の登場でさらに佳境に入りそうです。


もしくは九十九由基の登場を見た偽夏油は、「五条悟と真人の取り込み」という大きな目的は果たしたので一時撤退するかもしれませんね。


呪術廻戦の137話のネタバレ予想や関連記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました