虎杖悠仁の母親!香織とは誰?額に縫い目!呪術廻戦の謎!

【お早めに!】呪術廻戦の18巻と19巻の予約受付中!
呪術廻戦の「グッズ付き同梱版」の18巻&19巻が予約受付中です!
予約受付が終了する前に早めに予約しましょう!
予約の方法はこちらからどうぞ☆
↓ ↓ ↓
→呪術廻戦 18巻&19巻の予約方法
呪術廻戦の虎杖香織とは誰?虎杖仁や虎杖悠仁との関係

この記事では虎杖悠仁の母親虎杖香織(いたどりかおり)について、その正体や登場シーンなどを解説します。


虎杖悠仁の母親と父親については呪術廻戦の漫画1巻第1話で、祖父の虎杖倭助が話そうとして虎杖悠仁が遮ったきり謎となっています。

そして物語がすすむにつれて、虎杖悠仁の母親の正体こそがストーリーの鍵を握っていることが明らかになります。


今回は新たに登場した虎杖悠仁の母親と虎杖香織(いたどりかおり)について、その正体などについて解説します。

この記事で分かること
  • 虎杖香織(いたどりかおり)とは誰か
  • 虎杖悠仁の母親の登場シーン
  • 虎杖悠仁の母親の額の縫い目について
  • 虎杖香織(いたどりかおり)と虎杖の母親が同一人物かどうか
  • 虎杖倭助が最期に虎杖悠仁に言おうとしたこと


※この記事は呪術廻戦のネタバレを含みます


全キャラクターの一覧はこちらの記事にまとめています。

スポンサーリンク

呪術廻戦の虎杖香織とは誰?虎杖悠仁の母親との関係は?

虎杖香織(いたどりかおり)は虎杖悠仁の父親である虎杖仁の元妻です。

呪術廻戦の第143話で虎杖悠仁の祖父・虎杖倭助が「香織」という言い方をしています。また虎杖仁は虎杖倭助のことを「お父さん」と呼んでいることから、この2人は親子関係にあります。


ちなみに会話の中で虎杖倭助が「香織が死んだのは」と発言していることからも、虎杖香織は既に他界しているようです。

また虎杖倭助が「香織が死んだ」という発言をしていることからも、虎杖悠仁の母親は虎杖香織とは別の人物だと考えられます。

→虎杖悠仁の父・虎杖仁の詳細を見る

→虎杖悠仁の祖父・虎杖倭助の詳細を見る

スポンサーリンク

呪術廻戦の虎杖香織の名前や母親が出てきたのは第143話!

第142話で虎杖悠仁が乙骨憂太に心臓を貫かれ、第143話では虎杖悠仁の夢の中で赤ん坊の頃の記憶を見ていました。

そこに虎杖悠仁を抱いている父・虎杖仁と、祖父の虎杖倭助が会話しているシーンがあります。

虎杖倭助
仁・・
オマエがどう生きようとオマエの勝手だ
だがあの女だけはやめとけ
死ぬぞ

虎杖仁
悠仁の前で変な話はやめて下さい
案外覚えているそうですよ
赤ん坊の記憶

虎杖倭助
オマエが子供を欲しがっていたことも
香織との間にそれが叶わなかったことも知ってる
だが香織が死んだのは

虎杖倭助がなにかを言いかけたところで、「あの女」と呼んでいた「額に傷のある」虎杖悠仁の母親が入ってきて会話は中断しています。表情と風貌がホラーすぎる・・

額に傷がある」というのは呪術廻戦において極めて重要なことで、夏油傑の体を乗っ取っている者がかつて虎杖悠仁の母親の体も乗っ取っていたということです。

呪術廻戦の第143話ネタバレはこちらの記事にまとめています。

スポンサーリンク

呪術廻戦の虎杖悠仁の母親の額の縫い目が加茂憲倫&偽夏油と少し違う?

虎杖悠仁の母親の額に縫い目があることが分かりましたが、実はその縫い目の様子が加茂憲倫や偽夏油のものとは少し違います。

加茂憲倫や偽夏油の場合はくっきりとした縦線が描かれており、いわゆる「縫った跡」であることが分かります。

一方でこちらが虎杖悠仁の母親の額ですが、複数の十文字状の跡が残っており、加茂憲倫や偽夏油とは違ってくっきりと縫った跡が見えません。

どことなくケロイド状で、虎杖悠仁の母親の頭は偽夏油のように自由に頭をカパッと開けられないように見えます。


もしかしたら虎杖悠仁の母親を乗っ取っている者は、加茂憲紀や偽夏油の体を乗っ取っている者とは別人なのか、傷跡が違う理由も気になるところですね。

スポンサーリンク

呪術廻戦の虎杖香織は既に死亡!殺したのは虎杖悠仁の母親?

先程の虎杖倭助と虎杖仁の会話の中で、

  • 虎杖香織が既に死亡している
  • 虎杖香織が死亡したのは特別な理由がある

これらのことを匂わせていました。

特に二つ目に関して、虎杖倭助が「あの女」こと虎杖悠仁の母親に対して

  • あの女だけはやめとけ 死ぬぞ
  • 香織が死んだのは(中断)

と話していたことからも、虎杖香織が死んだことについては何か裏があるようです。

虎杖香織と「あの女」こと虎杖悠仁の母親は同一人物?

ここまでお話してきたとおり、第143話の描写から、下記の状況であることが考えられます。

  • 虎杖仁と香織が結婚していた
  • 虎杖香織が死亡
  • 虎杖仁が再婚

もしかしたら虎杖悠仁の母親(額に縫い目のある)が虎杖仁と接触するために虎杖香織を殺したのかも知れません。


その一方で、「虎杖香織と「あの女」(虎杖悠仁の母親)が同一人物」というパターンも考えられます。

虎杖倭助の口から虎杖香織の死が語られているため、この場合だと下記のような状況になりますね。

  • 虎杖仁と香織が結婚していた
  • 虎杖香織が死亡
  • 虎杖香織の脳を乗っ取られて復活
  • 虎杖仁と子を作る

この場合、虎杖仁は虎杖香織の死によりある種の錯乱状態にあると考えられます。虎杖香織の脳を乗っ取って虎杖仁をたぶらかしているとすれば、虎杖倭助のあの剣幕も理解できますね。

また虎杖倭助が「虎杖香織」と「あの女」を使い分けているのも、「乗っ取られた虎杖香織を別人と見なしていた」と考えれば説明はつきます。


虎杖香織=「あの女」」なのか否かについては今後の最新情報待ちです。

スポンサーリンク

呪術廻戦の虎杖倭助は母親について虎杖悠仁に何を言おうとしていた?

漫画1巻の第1話で、虎杖悠仁の祖父・虎杖倭助は「オマエの両親のことだが」と最期に何かを言いかけていました。

虎杖悠仁が興味無さ過ぎて話をぶった切っていたために結局何も聞けずじまいでしたが、母親のことを考えるとちゃんと聞くべきでしたね笑


両親のことを話すのを諦めた虎杖倭助は、

オマエは強いから
人を助けろ
手の届く範囲でいい
救える奴は救っとけ
迷っても感謝されなくても
とにかく助けてやれ
オマエは大勢に囲まれて死ね
俺みたいにはなるなよ

こう虎杖悠仁に伝えています。虎杖倭助は虎杖悠仁に対して「人を助けろ」という言葉を強調していました。

これは虎杖倭助が虎杖香織や虎杖仁を救えなかったことを悔いての言葉だったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

「虎杖悠仁の母親!香織とは誰?額に縫い目!呪術廻戦の謎!」まとめ

今回は虎杖悠仁の母親や虎杖香織(いたどりかおり)について、その正体や登場シーンなどを解説しました。


虎杖悠仁の母親の方は「額に縫い目があった」ことからも、加茂憲倫や夏油傑を操っている者がこの当時に体を乗っ取っていたようです。

そして虎杖香織の存在が虎杖悠仁とどう絡んでいたのか、今後の続報に注目です。


呪術廻戦の関連記事はこちらもどうぞ

→虎杖悠仁の正体について見る

→虎杖倭助の詳細情報を見る

→虎杖仁の正体とは?

呪術廻戦の解説トップページ
↓ ↓ ↓

呪術廻戦のコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

呪術廻戦の一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました