チェンソーマンのサムライソードがかっこいい!強さや祖父、父親を解説!

この記事ではチェンソーマンのサムライソードについて、かっこいいシーンやヤクザの祖父や父親との関係、技や体の構造、作中の戦績などについて解説します。


サムライソードは「刀の悪魔」との融合体で、デンジと同じパターンの存在です。また祖父はデンジを借金地獄に追い込んでいたヤクザで、デンジとは深い因縁があります。

また「刀の悪魔」の能力は非常に戦闘力が高いもので、作中ではいくつものかっこいいシーンが描かれています。


まずはサムライソードとデンジの初対面のシーンや、祖父や父親との関係から解説します。

<この記事で分かること>
◯デンジとサムライソードとの出会い
◯サムライソードの祖父や父親の詳細
◯サムライソードのかっこいいシーンや技・戦績


※この記事はチェンソーマンのネタバレを含みます

チェンソーマンの全キャラクターの一覧についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

チェンソーマンのサムライソードとデンジの出会いを解説(3巻の第23話)

サムライソードが初登場したのは漫画3巻の第23話で、場面としてはデンジ、早川アキ、パワー、姫野が共同任務に就いていた際にラーメン屋で昼食をとっていたところです。


デンジたちがラーメンを食べていたら突然黒服の男が話しかけてきて

・ここのラーメンよく食えるな。味酷くないか?
・味の良しあしがわからないんだな
・舌がバカだと幸福度が下がる

と初対面とは思えないクソ失礼なことをまくしたててきました。


そしてその流れでこの男は「自分のじいちゃんは正義のヤクザだった」ことを語り始めます。

広告

サムライソードの祖父はデンジを借金地獄に追い込んだヤクザ

この男は自分のじいちゃんの話を語り出し、おもむろにそのじいちゃんの写真を取り出して

デンジ
お前も好きだったろ?

と問いかけてきました。その写真には漫画1巻の第1話に登場した、かつてデンジを借金地獄に追い込んでいたヤクザの姿がありました。


この男はそのヤクザの孫で、デンジがじいちゃんを殺したことを逆恨みしています。

そういった理由もあって佐渡アカネと結託し、自身の心臓は「刀の悪魔」のものにされるなど、身体を色々と改造されました。

広告

サムライソードの父親は?

サムライソードの父親については作中で明示的に紹介されていません。


一方でサムライソードはヤクザの元組長の孫であり、作中では若頭と呼ばれています。つまり現組長はサムライソードの父親だと思われます。

そして漫画4巻の第33話ではマキマがそのヤクザのアジトに乗り込んで話をしており、そこに登場したヤクザの組長らしき男がいます。

顔の雰囲気、外見的な特徴も似ていることから、「この男がサムライソードの父親」という説が強いです。

ちなみにこの2人は学歴を鼻にかけているところがあり、そういったところも親子ゆえの共通点だと思われます。

ヤクザの組長はマキマに対して「デビルハンターは学のない馬鹿が多い」とバカにしており、


サムライソードもデンジに対して「学歴のねえ馬鹿はすぐ嘘をつきやがる」と発言しています。

この発言から、サムライソードもその父親も学歴が高い経済ヤクザのようですね。

広告

チェンソーマンのサムライソードのかっこいいシーン!

サムライソードが作中で「かっこいい」と評判のシーンについてご紹介します。

基本的に人間の状態のサムライソードはだいぶクズですが、「刀の悪魔」の力を行使している時のサムライソードの戦いっぷりがかっこいいとファンの間では評判です。

広告

チェンソーマンのサムライソードのかっこいいシーン:「刀の悪魔」の姿

サムライソードが「刀の悪魔」の姿になった時がかっこいいと評判です。

デンジがみぞおちにあるワイヤーロープを引っ張ることで「チェンソーマン」になるのと同様、サムライソードの義手である左手を抜くと「刀の悪魔」の姿に変身します。

その姿は頭と両手に大身の刀が生えている様相で、大柄な体格であることもあってかっこいい見た目の悪魔です。

広告

チェンソーマンのサムライソードのかっこいいシーン:「居合抜き」の能力

サムライソードの最大の見せ場であり、必殺技と言えるのがこのポーズからの「居合抜き」です。

実際には刀が鞘に収まっているわけではないので居合抜きとは違いますが、跪くような体勢から相手に向かって一瞬で踏み込み、人間の胴ぐらいは簡単に真っ二つにします。


デンジと初対決した際、デンジはこの技を全く目で追うことができずに胴体を真っ二つにぶった斬られました。

広告

チェンソーマンのサムライソードがかっこいい&強い!技や体の解説!

ここまでサムライソードのかっこいいシーンについてご紹介してきました。

次に作中で紹介されているサムライソードの改造された経緯や特性、技、実戦での強さについて解説します。

広告

沢渡アカネにより「刀の悪魔」との融合体に改造

漫画5巻の第36話でサムライソードが「刀の悪魔」との融合体になった経緯が簡単に語られています。

サムライソードはデンジを殺すための力を手に入れるため、佐渡アカネと結託して心臓を「刀の悪魔」のものに置き換えられています。

作中ではデンジやレゼ、サムライソード、クァンシなどがこのパターンの存在で、後述するような「特別な行動」をすることで悪魔の姿に変身します。

広告

左手を抜くと「刀の悪魔」に変身

デンジの場合はみぞおちにあるワイヤーロープを引っ張ることで「チェンソーマン」に、レゼの場合は首から生えている手榴弾のピンを引き抜くことで「爆弾の悪魔」に、クァンシは右目から矢を引き抜くことで「弓矢の悪魔」に変態します。

サムライソードの場合は上記画像のように、義手となっている左手を抜くことで「刀の悪魔」の姿になります。


ちなみにこの左手は普段ちゃんと指を動かせるのかどうかは不明です。

広告

跪いた構えからの「居合抜き」が必殺技!安定した強さ!

先程もかっこいいシーンでご紹介しましたが、サムライソードが戦闘時に見せる一番の見せ場はやはりこの「居合抜き」です。

この技の強さは何と言っても常人では目に見えないほど速い踏み込みと斬撃を繰り出すところで、シンプルなだけに非常に強力な攻撃手段となっています。


デンジとの一戦目ではこれ一発で勝負が決まり、二戦目でも相変わらず強力なこの技でデンジの両腕を切断していました。

跪くようにしゃがんで、腰だめに構えるのがまさに日本刀を使った居合抜きっぽいポーズですね。

広告

チェンソーマンのサムライソードがかっこいい!作中での戦績は?

ここまでサムライソードのかっこいいシーンや作中での技、強さなどについて解説してきました。

ここで、実際に作中でサムライソードが戦った相手戦績についてご紹介します。細かい戦闘も含めるとサムライソードはかなり多くのキャラと戦っています。

広告

サムライソード vs 早川アキ

サムライソードが拳銃でデンジ達を奇襲し、その後「刀の悪魔」の姿になってから最初に戦闘したのが早川アキです。

早川アキはサムライソードの異形の姿を見て、即座に「呪いの悪魔」の力を使うことを決めました。この力は下記の特徴があります。

・「」を相手の身体に4回刺す
・4回刺した相手を確実に殺す
・使った者の寿命が縮む

特に「寿命が縮む」という特性が肝で、これがあるためにおいそれと使うことができません。


アキは「呪いの悪魔」の力によりサムライソードを4回刺して勝利しました。

しかしデンジと同様にサムライソードは心臓を潰さない限りは不死身なため、佐渡アカネによってサムライソードはアッサリ復活させられます。

広告

サムライソード vs 幽霊の悪魔

サムライソードの奇襲により姫野は左胸に銃弾を食らい、自身の傷を致命傷と悟った姫野は「幽霊の悪魔」の力を解放します。

「幽霊の悪魔」は行使する力の度合いによって契約者の身体の一部を食いますが、この時は姫野が全てを捧げることで本来の力を発揮しました。


この状態の「幽霊の悪魔」にはサムライソードは手も足も出ずに胴体を無数の手足でぶち抜かれ、流石にどうしようもなくて佐渡アカネに助けを求めています。

「幽霊の悪魔」は結局佐渡アカネの「ヘビの悪魔」に丸飲みにされてサムライソードは助かりました。


姫野の生存説などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

サムライソード vs デンジ

サムライソードとデンジの第一戦です。お互いに身体から凶器を生やした悪魔との融合体で、刃を合わせるシーンがエグくもかっこいいシーンですね。

この時点で姫野が死亡、早川アキは重傷、パワーは逃走、という状況で、戦闘可能なのはデンジしかいませんでした。


この時のデンジは岸辺の鬼特訓の前で我流で戦っていただけだったこともあり、最後はサムライソードの「居合抜き」のような技の前に胴体を真っ二つにされて敗北しました。

広告

サムライソード vs 東山コベニ

漫画4巻の第28話では東山コベニがサムライソードと佐渡アカネと対峙します。

この時点でサムライソードは「刀の悪魔」になる力は残っておらず、佐渡アカネの「ヘビの悪魔」の力とサムライソードが拳銃で迎え撃ちました。


しかしコベニは普段の様子からは考えられないほど冴えた動きを見せ、「ヘビの悪魔」の尻尾を躱しながらその尻尾の上を駆け抜け、サムライソードが拳銃を撃つよりまえに右腕を切断しました。

そして空中に浮いたサムライソードの拳銃をキャッチしてそのまま発砲、という人間離れした身体能力で追い詰め、サムライソードと佐渡アカネは車に逃げ込んで逃走します。


サムライソードが「刀の悪魔」状態だったら流石にコベニ一人で対処するのは厳しかったでしょうが、多くの読者が度肝を抜かれた戦闘シーンでしたね。


コベニの正体などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

サムライソード vs デンジ

サムライソードとデンジの第二戦です。

この時は公安対魔特異4課がサムライソードのアジトに溢れていたゾンビたちの掃討作戦にあたり、同時にデンジがサムライソードの相手をしました。


この時のサムライソードも例の「居合抜き」を連発し、見えない斬撃の前にデンジは両腕を切断されます。

両腕が無くなったデンジでしたが、「まだ戦えるぜ・・頭んチェンソーが残ってるからなぁ!!」と叫びながらサムライソードに突進していきました。


わざわざ言葉にするのがデンジの作戦で、サムライソードはまんまとデンジの頭のチェンソーを狙いましたが、デンジは足から生やしたチェンソーでサムライソードの身体を両断しました。

ジジイに教わらなかったかア~?
獣が狩人の言葉信じるなってなあ~!?

デンジのこの決め台詞は岸辺先生からの鬼特訓の際の受け売りです。

広告

サムライソード vs チェンソーマン

サムライソードの作中最後の戦闘は漫画10巻の第87話でのチェンソーマン戦です。


この時のサムライソードはマキマの支配下にあるため、これまでの記憶はなく、マキマの指示通りに動く配下の状態でした。

そしてレゼやクァンシなど他の悪魔との融合体と共にチェンソーマンに仕掛け、サムライソードはチェンソーマンの背後から例の必殺技「居合抜き」を放ちました。

しかし当てたはずの斬撃がチェンソーマンに効かず、逆にサムライソードの身体がバラバラにされています。


サムライソードの再登場から早々に死亡となってしまいましたが、流石に相手が悪すぎましたね。

チェンソーマンの漫画を無料で読む方法!

チェンソーマンのあの巻を読みたい!

でも無料がいい!

それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると貰える600Pを利用すれば無料で読めます☆

U-NEXTの漫画視聴画面
U-NEXTの漫画視聴画面

通常であれば459円かかるところですが、U-NEXTに登録するだけで600P(=600円分)貰えるので、無料でチェンソーマンのお好きな巻を読めます

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


チェンソーマンを読み終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの14万作品の映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。


登録は30秒!チェンソーマンを無料で読める!

※解約も簡単! 無料期間中に解約すれば0円です


広告

「チェンソーマンのサムライソードがかっこいい!強さや祖父、父親を解説!」まとめ

今回はチェンソーマンのサムライソードについて、かっこいいシーンやヤクザの祖父や父親との関係、技や体の構造、作中の戦績などについて解説しました。


サムライソードは敵ながら「刀の悪魔」の出で立ちや技がかっこいいキャラクターです。

第2部では「刀の悪魔」が転生した姿で登場するかも知れませんね。


チェンソーマンの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました