チェンソーマンのレゼの死亡シーン!最期や復活も解説!

この記事ではチェンソーマンのレゼの最期の死亡シーンや、その後の復活シーンについて解説します。


レゼはチェンソーマンの作品の中でも小悪魔的な美少女として大人気のキャラクターで、特にデンジは大いに振り回されています笑

そんなレゼの正体はソ連のスパイで、なおかつ爆弾の悪魔「ボム」としての任務のためにデンジに近づいていましたが、戦いの後は任務以上の感情が芽生えていました。


今回はレゼの死亡シーンや最期の瞬間、復活のシーンなどをご紹介します。

<この記事で分かること>
◯レゼの最期&死亡シーン
◯レゼの復活&再登場シーン


※この記事はチェンソーマンのネタバレを含みます

チェンソーマンの全キャラクターの一覧についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

チェンソーマンのレゼの悲惨な最期と死亡シーン!

レゼは漫画6巻の第44話で、デンジとお祭りデートしている最中に爆弾の悪魔「ボム」として正体を現しました。


レゼはこれまでに登場した悪魔の中でも段違いに強かったため、公安対魔特異4課がほぼ総動員でレゼの相手をし、最後はデンジがレゼを海に引き込むことで爆弾の悪魔の力を封じて勝利しました。

これにより数多くの一般市民が死亡&街が一つ壊滅しそうなほどの大激戦が終わります。


そして海に引き込まれたレゼはそのままだと死亡していたところでしたが、デンジがレゼに血を飲ませて蘇生させ、作中では最期となる会話をしています。

デンジとの最期の会話と約束(6巻の第51話)

任務失敗に終わったレゼが行方をくらませる際、今度はデンジがレゼに「一緒に逃げねえ?」と提案しました。ここは祭りでレゼが告白したシーンとの対比のシーンです。

デンジの提案にレゼは一瞬心が動きますが、抱きしめるフリをしてデンジの首の骨をへし折ります。ほんのちょっとした動作で人の首をへし折るレゼは流石ですね笑


正体をさらしてしまったレゼはもうこれ以上デンジと一緒にはいられないので、身を隠すべく立ち去っていきました。

しかしデンジはそんなレゼの背中に向かって

今日の昼に・・!
あのカフェで待ってるから!!

と叫びます。

その後、デンジは荷物をまとめて本当にカフェ「二道」に行き、本気でレゼと一緒に逃げる気満々で待っていました。

カフェに行く直前でマキマが捕捉!レゼの最期!(6巻の第52話)

レゼは漫画6巻の第52話で変装して逃亡しようとしており、山形行きの新幹線に乗ろうとしていましたが、直前で思いとどまって新幹線には乗りませんでした。


そしてレゼは変装用の帽子を取り、デンジが今現在待っているバイト先のカフェ「二道」に向かいます。

レゼは浜辺でデンジと話していた時は「デンジのことが好きというのは嘘」と言っていましたが、本当はデンジのことを本気で好きになっていたようです。


そして「二道」まであと数十メートル、というところで突然レゼのいる路地裏に大量のネズミがレゼを追い越していき、寄り集まって形を作り、マキマが姿を現します。

マキマはネズミや鳥などの小動物を操って盗聴する能力があり、レゼもデンジと接触した時からマークされていました。


もはや「追いつかれたが最期」「見つかったら死亡確定」のラスボス・マキマを前にしてレゼは抵抗しようとしますが、路地裏のビルの屋上に天使の悪魔が控えており、上から槍でレゼの心臓を貫き、壮絶な死亡シーンへと繋がります。

ここはマキマのヤバい正体が垣間見えたシーンでもありましたね。


マキマの正体や能力などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

レゼの死亡シーン!デンジがいるカフェを目前にして最期を迎える

デンジのいるカフェはすぐそこ」という状況で、レゼはマキマに看取られながらという状況での死亡シーンを迎えました。


レゼはデンジ達との戦闘の際に正体をさらし、あまつさえ目的である「チェンソーの心臓」の強奪にも失敗したため、この段階でレゼには帰るところが無かったと思われます。

だからダメ元でデンジと逃げるか、あるいはそれができなくても最期にもう一回デンジと会いたかったのかもしれません。


そしてレゼが既に死亡していることなど露知らず、デンジは荷物をまとめて花束まで携え、夜までカフェ「二道」で待っていました。

同じくレゼが死亡しているとは知らない店長がデンジに慰めの言葉をかけていたところで「二道」のドアが開き、デンジが期待の目を向けると、現れたのはパワーでした。

いつもの調子でやかましく騒ぐパワーの様子にデンジは呆れつつも、レゼのことは忘れる決意を固めます(花束を食いながら)。

ちなみにデンジが花束を食べるシーンはいかにも雑食のデンジらしいものですが、思い返せばレゼとの出会いも食った花を口から出す手品(?)が始まりでした。

そしてここでデンジが花束を食べることで、レゼとの関係の終わりを暗示していると思われます。


パワーのかわいいシーンなどについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

チェンソーマンのレゼが死亡後、マキマ率いる特異5課として復活&再登場!(10巻の第86話~)

レゼはマキマに見つかったことで死亡し、物語から退場となっていましたが、漫画10巻の第86話でマキマの手下として復活&再登場しました。

以前のレゼとは違い、正体を表した「支配の悪魔」であるマキマによって完全に支配下におかれて、「公安対魔特異5課」の一員としてマキマを敬愛するような言動を見せています。

そしてレゼは再登場して間もなく、チェンソーマンとの戦いで一瞬でバラバラにされます。


この回、ファンからは「レゼを再び見れた歓喜の声」と、「マキマさん残酷過ぎる・・」「再登場からの再退場(=死亡)が早すぎ」などの声が上がっていました笑

チェンソーマンのレゼが復活&再登場後、また死亡?(11巻の第94話)

レゼはマキマの「支配の悪魔」の力で復活してからは、マキマの配下として使役されています。

そして漫画10巻の第88話ではチェンソーマンにバラバラにされていましたが、その後また復活し、漫画11巻の第94話では再びデンジの前に現れました。

ただここでは完全に爆弾の悪魔の姿だった上にレゼの記憶は無いので、デンジとの間に一切の感傷も会話もなく、デンジも速攻でレゼをぶった斬っています。


レゼを斬った後もマキマが生きている限りはまた復活したでしょうが、この後はデンジとパワーの合体攻撃と「悪魔のフルコース」によりマキマは倒されたため、レゼも再び死亡したと思われます。


マキマの倒し方についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

チェンソーマンのレゼは死亡!第2部で復活&再々登場する?

チェンソーマンの第2部の連載が既に決定しており、第1部で死亡したレゼは「爆弾の悪魔」の転生と共に再々登場するのかに注目です。


基本的に転生するのは悪魔であって人間ではないので、レゼ自体が転生する可能性は恐らくありません。

しかし「爆弾の悪魔」の転生に伴い、もしかしたらレゼの面影を思わせるようなキャラとして復活するかも知れません。


デンジと再会できたらどんな関係になるのか楽しみですね。


チェンソーマン第2部についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

初回限定!チェンソーマンの漫画を無料で読む方法!

チェンソーマンのあの巻を読みたい!

でも無料がいい!

それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると貰える600Pを利用すれば無料で読めます☆

通常であれば459円かかるところですが、U-NEXTに登録するだけで600P(=600円分)貰えるので、無料でチェンソーマンのお好きな巻を読めます

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


チェンソーマンを読み終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの14万作品の映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。


登録は30秒!チェンソーマンを無料で読める!

チェンソーマンを無料で読む

※解約も簡単! 無料期間中に解約すれば0円です


「チェンソーマンのレゼの死亡シーン!最期や復活も解説!」まとめ

今回はチェンソーマンのレゼの最期の死亡シーンや、その後の復活シーンについて解説しました。


レゼはチェンソーマンに登場するキャラクターの中でも非常に人気が高く、特にデンジに見せていた小悪魔的な言動の可愛さにやられた読者が続出していました笑

登場キャラのほとんどが死亡する運命にあるチェンソーマンですが、第2部以降でレゼを連想させるようなキャラが復活&再登場するのかに注目ですね。


チェンソーマンの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

チェンソーマンの解説トップページ
↓ ↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました