呪術廻戦のさおりちゃんの正体は夏油の関係者?沙織の現在は社畜!

【お早めに!】呪術廻戦の18巻と19巻の予約受付中!
呪術廻戦の「グッズ付き同梱版」の18巻&19巻が予約受付中です!
予約受付が終了する前に早めに予約しましょう!
予約の方法はこちらからどうぞ☆
↓ ↓ ↓
→呪術廻戦 18巻&19巻の予約方法

この記事では呪術廻戦の沙織ちゃん(さおりちゃん)の正体について、夏油の関係者説や登場シーン、現在の状況、生存・死亡状況などを解説します。


沙織(さおり)ちゃんは呪術廻戦の物語の序盤で、釘崎野薔薇の回想シーンの中で初登場しました。

その後も釘崎野薔薇の走馬灯の中や現在の様子についても描写があったので、その正体や夏油傑との関係、生存・死亡状況も併せて詳しく見ていきます。

<この記事で分かること>
◯沙織(さおり)ちゃんと夏油傑の関係
◯沙織(さおり)ちゃんの登場シーン
◯沙織(さおり)ちゃんの現在の姿や生存・死亡状況


※この記事は呪術廻戦のネタバレを含みます


呪術廻戦の全キャラクター一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

呪術廻戦の沙織(さおり)ちゃんの正体は夏油の関係者?

まずは呪術廻戦の沙織(さおり)ちゃんについて、その正体を解説します。


沙織(さおり)ちゃんは物語の中で登場シーンが非常に少ないですが、作中で外見が似ているキャラもいることから正体について色々な考察があります。

今回は夏油傑(げとうすぐる)との関係について詳しく見ていきます。

沙織(さおり)ちゃんの正体は夏油の関係者?:呪術廻戦の0巻の斉藤さん

呪術廻戦0巻では特級呪詛師の夏油傑(げとうすぐる)の元に「斉藤さん親子」がやってきます。この娘が沙織(さおり)ちゃんの外見に似ているということで話題になっています。


この時の娘の体には呪霊が憑いており、「刺すような視線を感じる」「息苦しくなる」「犯される夢を見る」という症状が出ていました。


そこで夏油傑の信者である母親がお祓い感覚で夏油傑に相談に来ており、夏油傑は「呪霊操術」によりこの呪霊を取り込んでこの娘から除去しました。

この娘も袈裟を着たいかにも怪しい夏油傑を最初は「うさんくさい」と思っていましたが、呪霊を取っ払って貰ってからは信用していました。

この直後に夏油傑が「呪術も扱えない猿共」と呟いていたことも知らずに笑


呪術廻戦0巻のネタバレ解説はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

沙織(さおり)ちゃんの正体は夏油の関係者?:母親はスピリチュアル系大好き

呪術廻戦0巻で「斉藤さん親子」が登場した一方、本編の漫画15巻の125話で本物の沙織(さおり)ちゃんが登場しており、ここでは母親について

うちの母
オーガニックでスピリチュアルなヤバい女なんで

と発言しています。


ここの「スピリチュアル」というキーワードから、呪術廻戦0巻で夏油傑の信者だった「斉藤さん(母)」が連想できます笑

また呪術廻戦0巻に登場した娘の髪色などから「あの娘は沙織(さおり)ちゃんだったのではないか」という説もあり、ここの関係は今後も注目です。

スポンサーリンク

呪術廻戦の沙織(さおり)ちゃんの正体は?登場シーン紹介!

ここまで呪術廻戦の沙織(さおり)ちゃんと夏油傑の関係などについて解説してきましたが、実際に沙織(さおり)ちゃんが本編に登場したシーンから正体などを見ていきましょう。

呪術廻戦の本編での沙織(さおり)ちゃんの登場は釘崎野薔薇の回想シーンが主です。

沙織(さおり)ちゃんの登場シーン:釘崎野薔薇の回想(漫画5巻の41話)

沙織(さおり)ちゃんは漫画5巻の第41話で、交流会中の釘崎野薔薇の回想シーンで初めて登場しました。


釘崎野薔薇は幼い頃に沙織(さおり)ちゃんと出会ってからべったりついて回っていたこともあり、幼少期に別れてから高専に入る歳までずっと会いたいと思っていました。

そんな沙織(さおり)ちゃん大好きな釘崎野薔薇ですが、故郷の村では沙織(さおり)ちゃん一家が迫害されて村八分にされたことから釘崎野薔薇は故郷の村が大嫌いで、高専に入るために上京したのも村を飛び出すためでもあります。

ちなみに呪術廻戦アニメ版では第3話で沙織(さおり)ちゃんが初登場しており、原作の漫画よりも顔が明確に描かれています。

沙織(さおり)ちゃんは釘崎野薔薇の7つ歳上で、釘崎野薔薇にとっては憧れのお姉さんという存在だったようです。

沙織(さおり)ちゃんの登場シーン:釘崎野薔薇の走馬灯(漫画15巻の125話)

漫画15巻の125話で釘崎野薔薇と沙織(さおり)ちゃんのかつての様子が描かれています。

釘崎野薔薇の村に引っ越してきた沙織(さおり)ちゃんの家は分かりやすい大豪邸で、当時から好奇心の塊だった釘崎野薔薇は沙織(さおり)ちゃんの家に入り浸ります。


釘崎野薔薇は幼馴染のふみと一緒に毎日のように沙織(さおり)ちゃんの家に遊びに行っていた一方で、元々閉鎖的な空気だった村では沙織(さおり)ちゃん一家のことを「田舎者を馬鹿にしている」と勝手に被害妄想を膨らませていました。

沙織(さおり)ちゃん家の前にはゴミ落書きが絶えなくなり、終いには門を塞ぐように不自然に雪が積まれるなど、逆に「ご苦労さん」と言いたくなるようなアホなことが繰り返されていました。

結局沙織(さおり)ちゃん一家は村にいられなくなって引っ越すことになり、この時のことが原因で釘崎野薔薇は故郷の村を見限ることになります。


そして沙織(さおり)ちゃんと釘崎野薔薇はそれ以来一度も会っていませんでした。

スポンサーリンク

呪術廻戦の沙織(さおり)ちゃんの現在は出版会社の社畜!

漫画15巻の125話では現在の沙織(さおり)ちゃんの様子も描かれています。

現在の沙織(さおり)ちゃんは年齢的にも社会人になっており、

・目の下にクマができている
・徹夜確定のブラック残業
・不規則な生活でニキビができる

こんな感じで完全な社畜となっていました。


またこの時に沙織(さおり)ちゃんは釘崎野薔薇のことを思い出しており、当時は沙織(さおり)ちゃんも背伸びをしてお姉さんを演じていたことを明かしていました。

スポンサーリンク

呪術廻戦の沙織(さおり)ちゃんの年齢は何歳?

呪術廻戦の沙織(さおり)ちゃんの年齢については漫画15巻の第125話にヒントがあります。

釘崎野薔薇(16歳)の7つ歳上であることを語っているため、現在の沙織(さおり)ちゃんは23歳ということになります。


ちなみに釘崎野薔薇の村にいた頃の沙織(さおり)ちゃんは中学2年生だったということで、13~14歳の頃でした。

スポンサーリンク

呪術廻戦の沙織(さおり)ちゃんは生存?死亡?

漫画15巻の第125話で描かれている沙織(さおり)ちゃんの出版系の会社については渋谷からは離れていたようなので、渋谷事変の騒乱には巻き込まれてはいません。

しかしその後は偽夏油こと羂策(けんじゃく)の企みにより日本中に呪霊が溢れかえってしまって大混乱に陥っています。

沙織(さおり)ちゃんも無事であるとは限らず、生存しているか死亡しているかは不明です。

スポンサーリンク

呪術廻戦の沙織(さおり)ちゃんの声優(CV)は誰?

沙織(さおり)ちゃんの声優(CV)についてはまだ決まっていません。

実際に沙織(さおり)ちゃんが喋るシーンは漫画15巻の第125話なので、アニメが追いつくのはかなり先だと思われます。

スポンサーリンク

「呪術廻戦のさおりちゃんの正体は夏油の関係者?沙織の現在は社畜!」まとめ

今回は呪術廻戦の沙織ちゃん(さおりちゃん)の正体について、夏油の関係者説や登場シーン、現在の状況、生存・死亡状況などを解説しました。


呪術廻戦の作中では沙織(さおり)ちゃんは今のところ脇役ですが、今後のストーリーに関わってくる可能性もゼロではありません。

釘崎野薔薇の生存・死亡状況も含めて今後も注目ですね。


呪術廻戦の関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

呪術廻戦の解説トップページ
↓ ↓ ↓

呪術廻戦のコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

呪術廻戦の一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました