【呪術廻戦】宿儺(すくな)と伏黒の関係とは?術式や領域展開、強さや地雷の理由の解説!

この記事では呪術廻戦の両面宿儺(りょうめんすくな)と伏黒恵(ふしぐろめぐみ)の関係や地雷である理由、宿儺の術式と領域展開などについて解説します。


両面宿儺は呪術廻戦の物語の中心にいる存在で、普段は虎杖悠仁という器の中にいます。

この宿儺は基本的に誰にも興味がない唯我独尊タイプですが、虎杖悠仁のクラスメイトにして戦友の伏黒恵を妙に買っているところがあります。


まずは宿儺と伏黒の最初の出会いや、その後の両者の関係について解説します。

<この記事で分かること>
◯宿儺と伏黒の出会いとその後の関係
◯宿儺が伏黒を気にかける理由
◯宿儺の術式や領域展開の解説


※この記事は呪術廻戦のネタバレを含みます

広告

【呪術廻戦】宿儺(すくな)と伏黒恵の関係を解説

まずは両面宿儺と伏黒恵が初めて相対したシーンから、宿儺が恵のことを特別視するようなった場面を振り返ります。


呪術廻戦の第1話で宿儺はどうしようもない破壊神のように描かれていましたが、物語が進むにつれて、何でもかんでも無差別に滅ぼしまくる存在ではないことが分かってきました。

特に恵のことは物語の随所で気にかけています。

広告

【呪術廻戦】宿儺(すくな)と伏黒恵の戦闘

漫画2巻の第8話(アニメ第5話)で、少年院での特級呪霊との戦闘中に虎杖悠仁が宿儺に代わりました。

しかしこの時は何の縛りもなく交代したため、宿儺が特級呪霊を瞬殺した後もしばらく宿儺が虎杖の体を支配していました。


そして様子を見に来た伏黒恵と宿儺の戦闘が始まりますが、宿儺の圧倒的過ぎる強さの前に恵は成すすべもありませんでした。


恵を追い詰めていく宿儺でしたが瞬殺したりはせず、むしろ恵の呪術に興味を持ち始めます。

漫画2巻の第9話(アニメ第5話)で、「恵の式神が影を媒体にしている」ということを知り、宿儺は恵に問いかけます。

フム
分からんな
オマエあの時 何故逃げた

恵は少年院に出現した特級呪霊と出くわした際、「自分の手に余る」と判断していました。

しかし宿儺の問いかけは「恵の力があればあんな奴は倒せたはず」と言わんばかりでした。


宿儺のこの問いかけについては恵も後々まで覚えており、自分の術式を応用するきっかけにもなりました。

広告

【呪術廻戦】宿儺(すくな)戦で伏黒恵の捨て身の術式

漫画2巻の第9話(アニメ第5話)で宿儺に追い詰められた恵は、「布瑠部由良由良」と詠唱を始めます。

この時の恵の呪術を見て、宿儺はより一層興味が増した様子が描かれていました。

このことから、恵の扱う呪術とこの詠唱の内容は、宿儺にとって重要な意味を持つものだと思われます。


恵の呪術や詠唱については後述しますが、これは史書「先代旧事本紀」に登場する十種神宝(じゅっしゅしんぽう/とくさのかんだから)に登場する言霊が元になっています。

広告

【呪術廻戦】宿儺(すくな)が伏黒恵を一目置く「唯一の好奇」

宿儺と恵の最初の戦闘以来、宿儺からは何かと恵のことを一目置いているような言動が見られます。

漫画2巻の第11話(アニメ第6話)で虎杖悠仁が死の淵にいた際、宿儺が会話の中で恵のことを「近い内面白いモノが見れるぞ」と言っていました。

また漫画4巻の第30話(アニメ第13話)で、真人(まひと)が領域展開「自閉円頓裹(じへいえんどんか)」により図らずも宿儺の魂に触れてしまい、宿儺がブチ切れたシーンがありました。

ここでもナレーションですが、「宿儺が興味を持っているのは恵ただ一人」であることが触れられています。

そして漫画7巻の第59話では、少年院で出くわしたタイプの特級呪霊を恵が単独で撃破したことを宿儺が「いい それでいい」と褒めていました。

恵はこの時の戦闘で一皮むけたところを見せており、領域展開「嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)」を発動するなど、宿儺と初戦闘のときより格段に強くなっています。


普段は「つまらん」などの言葉が多い宿儺が、人間を褒めるというかなりレアなシーンです。

広告

【呪術廻戦】宿儺(すくな)にとって伏黒恵が地雷に

漫画7巻の第53話では偽夏油と花御(はなみ)の会話の中でも恵のことが出てきます。

実際には偽夏油達は、宿儺が恵のことを特別視していることまでは把握していないものの、「呪術高専の学生の中に宿儺にとっての地雷がいる」ということには気づいています。


宿儺が恵を気にかけていることを呪霊側が知った場合、宿儺を身内に引き入れるために恵を拉致する、といった展開も考えられますね。

広告

【呪術廻戦】宿儺(すくな)が伏黒恵に興味を持つ理由とは

ここまで宿儺と伏黒恵の初戦闘から、宿儺が恵のことを特別視するようになるまでを振り返ってきました。

ここまでご紹介したとおり、呪術廻戦の物語の中で宿儺が恵に興味を持っている描写が何度も出てきています。


ではそもそも宿儺は何故ここまで恵に興味があるのか、その鍵となる恵の呪術を元に考察します。

広告

伏黒恵の「十種影法術(とくさのかげほうじゅつ)」による蘇生が狙い?あるいはただの興味?

伏黒恵は「十種影法術(とくさのかげほうじゅつ)」という呪術を扱います。

その中でも恵が絶体絶命の窮地に陥った際に見せる「布瑠部由良由良」という詠唱があり、これは恵が命を捨てて放つ類の呪術だと思われます。


先述のとおり、この呪術の元ネタは史書「先代旧事本紀」に登場する十種神宝(じゅっしゅしんぽう/とくさのかんだから)に登場する言霊が元ネタです。


「先代旧事本紀」の中には布瑠の言(ふるのこと)という言霊があり、これは死者蘇生の言霊と言われています。

この布瑠の言(ふるのこと)は次のように詠唱するものです。

一二三四五六七八九十
布留部 由良由良止 布留部
(ひと ふた み よ いつ む なな や ここの たり
ふるべ ゆらゆらと ふるべ)


恵が詠唱していた「布瑠部由良由良」はここから来ており、「死者蘇生」の意味を持っているとすると、宿儺は恵の呪術を使って現代に復活しようとしているのかもしれません。

今の時点で虎杖悠仁という「器」にいるので半分復活しているようなものですが、宿儺の狙いとしては「器」ではなく、宿儺のかつての体を復活させることではないかと推測します。


あるいは蘇生うんぬんは一切考えておらず、ただ単に恵の呪術の潜在能力に興味があるだけかもしれません。

広告

十種影法術の元ネタ「十種神宝(とくさのかんだから)」とは

十種神宝についてより詳しく解説します。

十種神宝は「先代旧事本紀」の「天孫本紀」に天璽瑞宝十種(あまつしるし みずたから とくさ)として登場する10種類の宝物のことです。

その10種類の宝物は次のとおりです。

沖津鏡(おきつかがみ)
辺津鏡(へつかがみ)
八握剣(やつかのつるぎ)
生玉(いくたま)
死返玉(まかるかへしのたま)
足玉(たるたま)
道返玉(ちかへしのたま)
蛇比礼(おろちのひれ)
蜂比礼(はちのひれ)
品物之比礼(くさぐさのもののひれ)

実はこれら十種の宝物は、恵の式神にそれぞれ対応しています。また全ては登場していませんが、物語が進むにつれて10種類全て出てくるのかもしれません。


この中でも興味深いのが「八握剣(やつかのつるぎ)」と「死返玉(まかるかへしのたま)」です。

実は漫画2巻の第9話で恵の詠唱の中で「八握(やつかの・・・)」と途中まで言いかけていました。

また「死返玉」は死者を蘇られることができる玉とされています。


ちなみに先ほどご紹介した布瑠の言(ふるのこと)の中の「一二三四五六七八九十」は十種神宝のことを指しています。

一二三四五六七八九十
布留部 由良由良止 布留部
(ひと ふた み よ いつ む なな や ここの たり
ふるべ ゆらゆらと ふるべ)



恵がこの詠唱を最後まで唱えることで、宿儺にとって都合の良いこと、もしくは面白いことが起きるのかもしれませんね。


<追記>

本編の第118話で恵が新たな式神「八握剣」を召喚しました。

その名は「八握剣異戒神将魔虚羅(やつかのつるぎいかいしんしょうまこら)」で、歴代の十種影法術使いは誰一人として調伏できなかった式神です。

その強さは、六眼持ちの無下限呪術の使い手を倒すほどですが、その代償として召喚した術者が死ぬ可能性もある危険な呪術です。

広告

【呪術廻戦】宿儺(すくな)の強さとは?術式や領域展開を解説

ここまで宿儺が伏黒恵に並々ならぬ興味を持っていることについてお話してきました。


ここで宿儺自身の術式や領域展開についてご紹介します。

宿儺の指2~3本だけでもその辺の特級呪霊を余裕でボコす強さの宿儺、今後宿儺の指を取り込んでいくにつれてどんどんシャレにならない強さになっていきそうですね・・

広告

【呪術廻戦】宿儺(すくな)の3種類の術式「解」「捌」「炎」

作中で登場している宿儺の「術式」についてご紹介します。

ちなみに宿儺の「術式」はいまだに全貌が明らかになっていません。もしかしたらこれまで登場しているのはボクシングで言う「ジャブ」くらいなのかもしれません笑

広告

宿儺(すくな)の術式「解」

宿儺の術式「解」は真空を飛ばすような、目に見えない斬撃を飛ばすものです。宿儺が手を振り下ろすだけで恐ろしい威力の斬撃が繰り出され、相手を真っ二つにします。

並の相手なら瞬殺する威力ながら、これは宿儺にとっての「通常攻撃」的な術式です。

広告

宿儺(すくな)の術式「捌」

宿儺の術式「捌」は、「解」のように真空のような斬撃を飛ばすものですが、「解」よりさらに高度な術式です。

「解」はただ単に斬撃を飛ばすだけですが、「捌」は相手の呪力量などに応じた威力の斬撃を自動で打ち出します。

ザコ敵は「解」、より強い相手には「捌」と使い分けているのかもしれません。

広告

宿儺(すくな)の術式「開(フーガ)」

宿儺の術式「開」は、矢の形をした炎を打ち出すもので、「開(フーガ)」と唱えると同時に炎の矢が相手に飛んでいきます。

その威力は、宿儺の指8~9本分の強さと言われていた漏瑚(じょうご)を瞬殺し、伏黒恵の奥の手「魔虚羅(まこら)」すらも消滅させました。


単純な破壊力勝負なら五条悟の「虚式 茈(きょしき むらさき)」の方が強いかもしれませんが、今後宿儺が本来の力を取り戻したらどうなってしまうのでしょう・・

広告

【呪術廻戦】宿儺(すくな)の領域展開「伏魔御厨子(ふくまみずし)」

宿儺の領域展開は「伏魔御厨子(ふくまみずし)」です。


呪術廻戦において「領域展開」は、ごく限られた呪術師や呪霊のみが使える奥義です。

術式を付与した生得領域を構築するもので、その効果は

・領域内では術者のステータス上昇
・領域内では術者の術式が必中

というもので、莫大な呪力を消費する代わりに絶大な効果を得ることができます。


宿儺の「伏魔御厨子」の領域内では、先ほどご紹介した「解」や「捌」の雨あられを降り注がせ、相手を細切れにします。

また通常の領域展開は相手を閉じ込めるので、普通は外に出ることは出来ません。しかし宿儺の「伏魔御厨子」は閉じ込めない」という縛りを設けており、その分だけ威力が増しています。

しかし「伏魔御厨子」の有効範囲は半径200mという反則的な広さで、展開された瞬間に「解」や「捌」が降ってくるので、領域外に逃げる暇はありません。

広告

【呪術廻戦】宿儺(すくな)の領域展開のアニメ版の作画が凄い!

ちなみに宿儺の「伏魔御厨子」はアニメでも描かれており、アニメ第4話で登場しています。

漫画だとより近い視点で「伏魔御厨子」が描かれていますが、アニメだとちょっと引きの距離で描かれています。


アニメ独特の色使いや「伏魔御厨子」を構築する時のエフェクトが、この呪術の恐ろしさをよく表現しています。

やはり色や音声ありのアニメーションだと、術式の臨場感やヤバさがより伝わってきますね。

呪術廻戦のアニメや漫画を無料で見る方法!

呪術廻戦のあの巻を読みたい!
呪術廻戦のアニメを見たい!!


でも無料がいい!

それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると貰える600Pを利用すれば、無料で漫画が読める上に、アニメは見放題です☆

U-NEXTの漫画視聴画面
U-NEXTの漫画視聴画面

漫画は通常であれば459円かかるところですが、U-NEXTに登録するだけで600P(=600円分)貰えるので、無料で呪術廻戦のお好きな巻を読めます

さらにアニメであれば何話でも見放題です。

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


呪術廻戦を見終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの10万作品を超える映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。


登録は30秒!呪術廻戦の漫画・アニメを無料で見れる!

※解約も簡単! 無料期間中に解約すれば0円です


広告

「【呪術廻戦】宿儺(すくな)と伏黒の関係とは?術式や領域展開、強さや地雷の解説!」まとめ

この記事では呪術廻戦の両面宿儺伏黒恵の関係や地雷である理由、宿儺の術式と領域展開などについて解説しました。


宿儺が伏黒恵に興味を持っているのは、呪術廻戦の物語における大きな伏線の一つです。

伏黒恵の呪術はいまだ全てが明らかになっていないと思われ、宿儺の本当の狙いや思いはこれから明らかになっていくでしょう。


他の伏線も含め、今後も目が離せませんね☆


呪術廻戦関連の記事についてはこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました