呪術廻戦の禪院扇と禪院甚壱の血縁は?真希、真依、甚爾との関係を解説!

呪術廻戦の禪院扇と禪院甚壱の血縁は?真希、真依、甚爾との関係を解説!

この記事では禪院扇、禪院甚壱を含めた禪院家の血縁関係について解説します。直哉や真希、真依、甚爾の家系図についても考察しています。

第138話で初登場した禪院扇と禪院甚壱の存在により、禪院家の血縁関係や家系図などが少しずつ明らかになってきました。

まずは禪院扇から順番に見ていきましょう。

<この記事で分かること>
◯禪院扇の血縁関係について
◯禪院甚壱の血縁関係について
◯その他の禪院家関係者との繋がり


※この記事は呪術廻戦のネタバレを含みます


御三家の解説や全ての術式、全キャラクターの一覧、階級別のキャラ一覧などはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

呪術廻戦の禪院扇は真希と真依の父親

呪術廻戦の第138話で禪院直哉が禪院扇のことを「禪院直毘人の弟」「叔父」と呼んでいることから、扇は直毘人の弟であり、直哉の叔父であることがわかります。

さらに直哉は扇に対して

叔父・・・弟のアンタもパッとせぇへん。その娘は論外

と言い放っています。

禪院家において「論外」と言われる人物と言えば真希と真依なので、このことから扇は真希と真依の父親であることが分かります。


禪院扇の術式や強さなどについてはこちらの記事にまとめています

↓ ↓ ↓

広告

真希、真依と直哉はいとこ同士

直哉は直毘人の息子、真希と真依が扇の父親であるため、真希と真依にとって直哉はいとこにあたります。

なので直哉は当主を引き継ぐ際に真希と真依のことを良く知っており、さらに真依の方がお気に入りのような発現をしていました。


禪院直哉や真希、真依の詳細情報などはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

呪術廻戦の禪院甚壱と伏黒甚爾(禪院甚爾)の関係は?

呪術廻戦の第139話で禪院直哉が禪院甚壱に対し、

甚壱君はなぁ・・顔がアカンわ
甚爾君と逆やったらよかったのにな

と言い放っています。


発言の是非は置いておいて、直哉の「甚爾君」という言い方や「逆やったらよかったのにな」という言葉から、甚壱と甚爾は兄弟もしくは双子の関係にあると思われます。

何より名前の「甚」の字が共通であることと、「壱と爾」は「1と2」を示しているので、少なくとも甚壱が甚爾の兄であるようです。


伏黒甚爾の詳細情報はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

禪院甚壱と禪院直哉の関係は?

直哉は扇への言葉遣いと比べて甚壱への話し方の方がよりフランクでした。

このことから直哉と甚壱は年齢が近い関係ということで従兄弟(いとこ)の可能性もあります。


もしそうだとすると甚壱、甚爾、直哉、真希、真依がいとこ関係にあることになりますね。ただ甚壱や甚爾と比べて真希と真依が極端に若いため、ここの関係性はまだハッキリとしていません。

広告

「呪術廻戦の禪院扇と禪院甚壱の血縁は?真希、真依、甚爾との関係を解説!」まとめ

今回は禪院扇、禪院甚壱を含めた禪院家の血縁関係について解説します。直哉や真希、真依、甚爾の家系図についても考察しました。


禪院家は御三家の中でも登場人物が多く、その血縁関係や家系図が非常に複雑なことになっています。

今後物語が進むにつれて詳細な家系図が明らかになったらご紹介します。


呪術廻戦の関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました