メカ丸と三輪霞のカップリング!呪術廻戦のミワメカの恋愛と最期

【お早めに!】呪術廻戦の18巻と19巻の予約受付中!
呪術廻戦の「グッズ付き同梱版」の18巻&19巻が予約受付中です!
予約受付が終了する前に早めに予約しましょう!
予約の方法はこちらからどうぞ☆
↓ ↓ ↓
→呪術廻戦 18巻&19巻の予約方法

この記事では呪術廻戦の三輪霞メカ丸与幸吉(むたこうきち))のカップリングについて、その場面や結末などを解説します。


呪術廻戦は極めて濃度の濃いバトル作品であるため、恋愛沙汰はほぼ描かれていません。

そんな中で数少ないカップリングや恋愛沙汰の事例が三輪霞とメカ丸(むたこうきち)の組み合わせです。


まずは三輪霞とメカ丸(むたこうきち)が作品中で話したシーンなどを振り返ります。

<この記事で分かること>
◯三輪霞とメカ丸(むたこうきち)の絡みのシーン
◯メカ丸(むたこうきち)の三輪霞への告白シーン
◯三輪霞とメカ丸(むたこうきち)の恋愛の結末


※この記事は呪術廻戦のネタバレを含みます


呪術廻戦のカップリングランキングはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

呪術廻戦の三輪霞とメカ丸(むたこうきち)のカップリングの噂!2人の登場話を振り返る

呪術廻戦の作品の中で、実際に三輪霞とメカ丸(むたこうきち)が絡んでいるシーンなどをご紹介します。

三輪霞もメカ丸(むたこうきち)も京都校の生徒なので、虎杖悠仁達のように出番が豊富ではないですが、交流会を中心にたびたびその様子が描かれています。

三輪霞がメカ丸(むたこうきち)に「バレンタイン電池」をあげる(5巻の第39話)

5巻の第39話のメカ丸の回想シーンで、三輪霞とメカ丸(むたこうきち)の絡みが描かれています。


三輪霞が無駄にドヤ顔で「これ義理ですけど」と言いながらエボルタの単三電池をメカ丸(むたこうきち)にあげています。

犯人は後ろで爆笑している真依と桃で、三輪霞はメカ丸(むたこうきち)が電池で動いていると本気で信じたようですね笑


三輪霞とメカ丸(むたこうきち)に関しては本編で描かれていないだけで、このような絡みはこれまでに度々あったのかもしれません。

メカ丸(むたこうきち)のスマホから三輪霞に電話(5巻の第43話)

三輪霞は交流会中に真希と対戦し、刀を強奪されて無力化されました。

そして漫画5巻の第43話で刀の無い状況に途方に暮れていると、メカ丸のスマホから電話がかかってきます。

実はこの電話は狗巻棘からで、次の瞬間に呪言で三輪霞は眠らされました。

メカ丸のスマホの連絡先に三輪霞しか登録されていなかった?

このシーン、普通に考えたら「無力化された三輪霞」ではなく、「索敵能力のある西宮桃」や、「準一級の実力がある加茂憲紀」を眠らせたほうが合理的です。

これは単なる推測ですが、メカ丸(むたこうきち)のスマホの連絡帳に三輪霞の名前が目立つように入っていたのかもしれません。


あるいはメカ丸(むたこうきち)のスマホには、京都校メンバーの中で三輪霞の連絡先しか無かった可能性も考えられますが、流石にチームプレイが求められる交流会で連絡先ぐらいは交換しているはずなので、その可能性は低そうです(ただし京都校メンバーはあまり仲が良くなさそうですが笑)。

三輪霞がメカ丸(むたこうきち)のノートを回収(9巻第79話)

漫画9巻第79話で、三輪霞がノートの回収に回っているシーンです。

メカ丸(むたこうきち)がいる部屋に入りますが、メカ丸は偽夏油と真人との野暮用があったために休眠状態に入りました。


実はここのシーン、生きているメカ丸と三輪霞が話す最後の機会だったんですが、そんなことは露知らずアッサリ会話が終了しています。

メカ丸(むたこうきち)が三輪霞を想いながら真人と戦闘

漫画10巻の第80話で、メカ丸こと与幸吉(むたこうきち)が究極メカ丸絶対形態(アルティメット・メカマル・モード・アブソリュート)に搭乗して真人と戦闘するシーンです。

戦闘開始前、与幸吉(むたこうきち)は三輪霞の笑顔を思い出しており、「京都校のみんなのところへ帰る」という思い以上に三輪への想いも描かれています。

また漫画10巻の第82話で、通常攻撃が効かない真人への対策で、与幸吉(むたこうきち)が「シン・影流 簡易領域」を使用しています。

本来シン・影流は一門相伝で、この技術を故意に門外に伝えることは「縛り」により禁じられています。しかし与幸吉は三輪霞の簡易領域を「視た」ことで、回数限定ながら使うことができました。


切り札が好きな子の技というのが熱い展開でしたが、いかんせん与幸吉(むたこうきち)が死亡フラグを立てすぎましたね・・

相思相愛?三輪霞がメカ丸(むたこうきち)にお見舞い宣言

漫画10巻の第82話で、死んだふりをしていた真人が与幸吉(むたこうきち)に直接攻撃を浴びせる瞬間、場面が三輪霞とメカ丸に切り替わります。


三輪霞は眠っているメカ丸に「ねぇメカ丸。今度お見舞い行っていい?」と話しかけていました。

交流会で五条悟の気まぐれにより野球をやってからは京都校メンバーも仲良くなっており、三輪は「メカ丸とも仲良くなりたい」「いつか会いに行くからね」と告げます。


しかし三輪霞がメカ丸(むたこうきち)と話している間に、与幸吉(むたこうきち)は真人により殺されていました。結局三輪がメカ丸のノートを回収しにきた時が最後の会話となってしまいましたね。


呪術廻戦の野球回の詳細解説についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

ミニメカ丸(むたこうきち)が三輪霞に告白

第128話では三輪霞が東京行きの新幹線に乗っていました。そして両手で大事そうに持っているのは与幸吉(むたこうきち)が遺したミニメカ丸です。

与幸吉(むたこうきち)は内通者だったが故に渋谷事変があまりに危険であることを知っており、京都校からは東堂葵新田以外のメンバーが渋谷に行かないように細工していました。


三輪霞がメカ丸が細工した理由について「私は役立たず?」「私が弱いから?」と問い詰めると、メカ丸は本音を語り始めました。

違ウ 弱いのは俺ダ
弱いからやり方を間違えタ

大好きな人がいたんダ
どんな世界になろうと俺がそばで守ればいいと思っていタ
その人が守られたいのハ
俺じゃなかったかもしれないのニ

メカ丸(むたこうきち)は偽夏油サイドの内通者でしたが、京都校メンバーのために偽夏油と決別し、さらに渋谷事変で死なせなくないために色々と細工していました。

その中でも三輪霞のことが好きだったからこその今回の細工だったんですね。

そしてここまでミニメカ丸のトーンでしたが、最期の瞬間、「メカ丸」ではなく「与幸吉(むたこうきち)」の声で

三輪
幸せになってくれ
どんな形であれオマエが幸せなら
俺の願いは叶ったも同然だ

という言葉を遺して、ミニメカ丸は機能を停止しました。

スポンサーリンク

呪術廻戦の三輪霞とメカ丸(むたこうきち)のカップリング「ミワメカ」の恋愛は切ない最期

ここまで三輪霞とメカ丸こと与幸吉(むたこうきち)の物語中の絡みについてご紹介してきましたが、先述の通り結末は与幸吉(むたこうきち)の死亡、遺したミニメカ丸が最期に告白して終わるというものでした。

与幸吉(むたこうきち)は交流会でパンダと戦闘をした時や真人との戦闘中に「京都校のみんなに会いたい」と願っており、最後の瞬間だけ願いが叶ったのかも知れません。

ミニメカ丸が声を発しなくなった後、新幹線の中で三輪霞は泣き声を上げ、その車両の外には庵歌姫、加茂憲紀、西宮桃、禪院真希がいました。


三輪霞以外の京都校メンバーもメカ丸こと与幸吉(むたこうきち)のことは大事な仲間の一人で、誰一人として彼が敵と内通していたことを咎めていません。

メカ丸こと与幸吉(むたこうきち)は「京都校のみんなと生身で会いたい」と願っていましたが、三輪霞を含めて京都校メンバーの誰もが同様に「与幸吉(むたこうきち)」に会いたいと思っていたんでしょうね。

スポンサーリンク

「メカ丸と三輪霞のカップリング!呪術廻戦のミワメカの恋愛と最期」まとめ

今回は呪術廻戦の三輪霞とメカ丸(与幸吉(むたこうきち))のカップリングについて、その場面や結末などを解説しました。


恋愛沙汰がほぼ完全にゼロの呪術廻戦においては珍しく告白まで進んだ組み合わせでしたが、それも本人の死後という救われない結末でした。

せめて三輪霞には与幸吉(むたこうきち)の分まで幸せになってほしい、というかせめて作中で死なないでいてほしいですね・・


呪術廻戦関連の記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓


呪術廻戦の解説トップページ
↓ ↓ ↓

呪術廻戦のコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

呪術廻戦の一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました