チェンソーマンのクァンシの中国語の意味は?名前の漢字表記も解説!

この記事ではチェンソーマンのクァンシや魔人のピンツイが話していた中国語の意味や、クァンシの名前の中国語表記、その意味について解説します。


クァンシは中国からの刺客として登場するキャラクターです。4人の女魔人をいつも侍らせており、食事も寝る時も常に5人一緒に行動しています。

作中ではクァンシや魔人が中国語で話す場面があり、その翻訳も本編の注意書きなどに載っていないため、まずはクァンシ達が話していた中国語の意味から解説します。

<この記事で分かること>
◯クァンシとピンツイの中国語の意味
◯クァンシの中国語表記とその意味


※この記事はチェンソーマンのネタバレを含みます


チェンソーマンの全キャラクターの一覧についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

チェンソーマンのクァンシとピンツイが中国語で話していた内容の意味

チェンソーマンのクァンシと取り巻きの魔人が来日し、初めてその戦闘シーンを見せた際に中国語で話しているシーンがあります。

クァンシと魔人達が話していた中国語について詳しく見ていきましょう。

クァンシが4人の魔人に中国語で話す(7巻の第60話)

漫画7巻の第60話で、クァンシが魔人達に中国語で何かを伝えていました。

ここでクァンシが何と言っていたか、まずこの中国語を一文ずつ順番に直訳して並べると

お嬢さん達
いつものように
処理して下さい
残り物を

といった感じになります。つまり翻訳すると

みんな
生き残りはいつも通り処理しておいて

こんな訳になります。

これはクァンシが人外の身体能力で駆け抜け様に無双した際、「取りこぼしたデビルハンターや人形の後処理はよろしく」という意味で言っています。

ここの中国語の「いつも通り」というのがミソで、クァンシ無双からの魔人達による後処理というのがいつものパターンのようです。

ピンツイがデビルハンターたちを中国語で嘲笑(7巻の第60話)

同じく漫画7巻の第60話で、クァンシが駆け抜けていった後にピンツイがデビルハンター達を笑いながら中国語で何か言っています。

ピンツイの中国語を訳すと

あはは
死体が喋っている

という意味です。

この時のデビルハンター達はクァンシが無双した際に斬られたことにすら気付いておらず、しかもクァンシの剣があまりに速すぎてデビルハンター達の斬られた顔がまだ繋がっていました。

そして喋り始めたと同時に顔が分かれていき、何をされたのか理解できないまま死亡しました。


ちなみにピンツイがこのデビルハンター達を笑いながら言ったこの中国語のセリフは、後々マキマが同じ言い回しをしています。

流石はマキマ、中国語まで堪能なんですね・・

マキマがピンツイの中国語の言葉を皮肉で繰り返す(8巻の第70話)

漫画8巻の第70話で、クァンシ達の前にマキマが現れた際にクァンシは投降しています。

武器を捨てて両手を上げ、「自分の魔人達は殺すな」「靴でもなんでも舐める」と言っていますが、実はこう言っている間にクァンシ達は既に斬られていました。

斬られたことに気づかずに喋っている様子にマキマは薄笑いを浮かべながら

死体が喋っている

と言い、次の瞬間にクァンシとコスモ、ツギハギの首が飛びました。


マキマは小動物を操って盗聴する能力があり、クァンシ達の言動は全て把握されていました。

この時のマキマのセリフはピンツイがデビルハンター達に中国語で言った言葉と全く同じで、敢えて同じ言葉を皮肉交じりに繰り返すことで「掌の上」ということを示したのでしょう。


マキマの恐ろしさが強調された名シーンでしたね。


マキマの正体や能力などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

チェンソーマンのクァンシの名前の中国語表記は?

ここまでクァンシと魔人たちが話していた中国語の内容などについて解説しました。

ここで「クァンシ」という名前について、中国語表記でどんな漢字になるのか、またその意味について見ていきましょう。

クァンシの中国語の拼音(ピンイン)は「kuáng xǐ」

中国語の発音表記体系に「拼音(ピンイン)」というものがあります。

これは英語で言うところの発音記号のことで、中国語の単語などを音素文字に分けてラテン文字にしたものです。


日本語の発音で言うところの「クァンシ」はピンインだと「kuáng xǐ」となります。このピンインから中國語を逆引きしてみましょう。

中国語の「クァンシ」の意味は「狂喜」

「kuáng xǐ」というピンインから中国語表記すると「狂喜」となります。

「狂喜」とは

・気が狂いそうなほど喜ぶこと
・激しく喜ぶこと

という意味で、いつも無表情で「狂喜」どころか笑顔の一つもないクァンシとは対極にあるような言葉です。

一方でクァンシは自分のそばについている魔人4人が配下であり愛人でもあります。

作中では幾度となく情事に及ぶシーンがあり、クァンシは無表情でも内心喜びを感じていたと思われます。

クールで無表情な外見との対比になるような名前として「狂喜」としたのかもしれません。


ちなみに「」という文字がは元バディの岸辺と共通するものがあります。

元バディ・岸辺の異名は「狂犬」

漫画7巻の第61話で、クァンシと岸辺が再開するシーンがあります。2人はかつてバディを組んでいたために気心の知れた仲です。

その際にクァンシが岸辺に

狂犬岸辺が随分と小賢しくなったな

と発言しています。このことから岸辺の異名が「狂犬」であることがわかりますね。


恐らく後にも先にも最強のデビルハンターコンビだったであろう岸辺とクァンシの名前や異名が「」という文字で共通することからも、クァンシ名前の中国語表記が「狂喜」なのもしっくりきますね。

初回限定!チェンソーマンの漫画を無料で読む方法!

チェンソーマンのあの巻を読みたい!

でも無料がいい!

それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると貰える600Pを利用すれば無料で読めます☆

通常であれば459円かかるところですが、U-NEXTに登録するだけで600P(=600円分)貰えるので、無料でチェンソーマンのお好きな巻を読めます

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


チェンソーマンを読み終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの14万作品の映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。


登録は30秒!チェンソーマンを無料で読める!

チェンソーマンを無料で読む

※解約も簡単! 無料期間中に解約すれば0円です


スポンサーリンク

「チェンソーマンのクァンシの中国語の意味は?名前の漢字表記も解説!」まとめ

今回はチェンソーマンのクァンシや魔人のピンツイが話していた中国語の意味や、クァンシの名前の中国語表記、その意味について解説しました。


チェンソーマンにはクァンシの中国語の他にもレゼのロシア語の歌が出てくるなど、多言語で楽しめる要素が入っています。

第2部ではさらに色んな国の要素が登場するかも知れませんね。


チェンソーマンの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

チェンソーマンの解説トップページ
↓ ↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました