チェンソーマンの149話のネタバレ最新情報!ナユタがデンジに悪魔の提案!

チェンソーマンの149話のネタバレ最新情報!ナユタがデンジに悪魔の提案!

記事内に広告が含まれています

この記事ではチェンソーマンの第149話のネタバレ解説&最新情報をお届けします。

チェンソーマンの第148話では皆が「戦争」を思い出したことで、ヨルの能力が超絶に強化されていました。

第149話ではどんな展開になるのでしょう?

この記事で分かること
  • チェンソーマンの第2部の第149話のネタバレ
  • デンジの様子
  • ナユタの様子

※この記事はチェンソーマンのネタバレを含みます

【チェンソーマン】ネタバレ情報

12巻
98話 99話 100話 101話 102話
103話        
13巻
104話 105話 106話 107話 108話
109話 110話 111話 112話  
14巻
113話 114話 115話 116話 117話
118話 119話 120話 121話 122話
15巻
123話 124話 125話 126話 127話
128話
129話
130話
131話  
16巻
132話 133話 134話 135話 136話
137話
138話
139話
140話  
17巻
141話 142話 143話 144話 145話
146話
147話
148話
149話  
18巻
150話 151話 152話 153話 154話
155話
156話
157話
158話  
19巻
159話 160話 161話 162話 163話
164話
165話
166話
167話  
チェンソーマンの解説&考察

→チェンソーマンの全キャラクター&登場人物の一覧を見る

チェンソーマンの第2部の149話ネタバレ最新情報!戦争が始まる!?

チェンソーマンの149話では悪魔と憎む人間たちが戦争を始めようとしています。

 

148話では吉田ヒロフミと交戦していたアサでしたが、途中でヨルと交代します。
→チェンソーマンの148話のネタバレ解説を見る

そしてヨルは、自身の能力が格段に上がっていることに気づくのです。

その理由は、人々が「戦争」を思い出し、増幅する憎悪がヨルの能力を爆発的に高めていました

チェンソーマンの第2部の149話ネタバレ最新情報!戦争が始まる!?(C)藤本タツキ/集英社

149話では調子に乗った人間が周囲の人間を扇動し、「この惨状は予言を無視した神の怒り」「チェンソーマン軍団を焼き払おう」と叫びます。

そして集団心理もあって、人間たちがチェンソーマン軍団の死体を燃やすのです。

これは本物のチェンソーマンであるデンジにとっては世界の終わりみたいな状況で、下手にチェンソーマンになることもできません。

一応フミコが護衛としてついてはいますが、完全に多勢に無勢なので、あの狂人達に見つかったら終わりです。

チェンソーマンの第2部の149話ネタバレ最新情報!ナユタが力を解放!?

チェンソーマンの第2部の149話ネタバレ最新情報!ナユタが力を解放!?(C)藤本タツキ/集英社

チェンソーマンの149話ではこの状況を見て、ナユタが「襲ってきたら私が殺す」と口にします。

確かに支配の悪魔であるナユタの能力は絶大で、マジで能力を行使したらとんでもないことになるでしょう。

 

さらにここでデンジとナユタが「きっと家の犬猫達がお腹空いてる」と気づき、家に帰ろうとします。

しかし絶対にチェンソーマン教会の連中がデンジの家の前に張り込んでいるはずで、フミコが二人を止めようとします。

チェンソーマンの第2部の149話ネタバレ最新情報!ナユタが能力を行使!

チェンソーマンの149話では家に帰ろうとするデンジとナユタをフミコが止め、「公安の施設で保護する」と口にします。

そんなフミコにナユタは支配の鎖を飛ばしますが、フミコはギリギリで避けました。

(C)藤本タツキ/集英社

しかしナユタの狙いは最初から壁の向こうにいる老婆で、ナユタの支配を受けた老婆は窓をぶち破り、フミコを拘束するのです。

ただデンジがナユタの脇をくすぐり、ナユタが怯んだ隙にフミコを解放させました。

そしてデンジはフミコに「俺たちは二人で大丈夫」「ここにいたら殺される」と諭し、フミコは素直に立ち去ります。

チェンソーマンの第2部の149話ネタバレ最新情報!ナユタがデンジに悪魔のような提案!

チェンソーマンの149話では、フミコをガチで殺そうとしたナユタをデンジが咎めます。

しかしナユタは「悪魔はどんな生き物も殺していい」「人を傷つけると生きてるって感じするよね」と、悪魔らしいことを口にするのです。

そしてナユタは・・

チェンソーマンの第2部の149話ネタバレ最新情報!ナユタがデンジに悪魔のような提案!(C)藤本タツキ/集英社

デンジ・・
一緒に悪魔側につかない?

と提案しました。

ナユタは「人間の文化は楽しいけど窮屈」「悪魔になって支配できればやりたい放題」と考えているのです。

やはりナユタの本質は悪魔であり、「支配の悪魔」らしく人間を支配することに抵抗がありませんね。

チェンソーマンの第2部の149話ネタバレ最新情報!デンジがアサのことを思い出す!

チェンソーマンの149話ではナユタの言葉にデンジが思い悩んでいます。

そんなデンジを見たナユタが、

チェンソーマンの第2部の149話ネタバレ最新情報!デンジがアサのことを思い出す!(C)藤本タツキ/集英社

今、三鷹アサのこと思い出したでしょ?

と図星をつきました。

実はデンジは、アサとキスをしたという理由で好きになっていたのです。

というのも、第1部でデンジは何度か女の子とキスしましたが、姫野とのゲロキスだったり、レゼに舌を噛み切られたりと、「キス=痛い」のトラウマがありました笑

しかしキスをして痛い思いをしなかったのはアサだけだったため、デンジにとって特別になっているようですね。

チェンソーマンの第2部の149話ネタバレ最新情報!デンジとナユタが家へ!

チェンソーマンの149話ではナユタがアサについて「好きなの?」と尋ねると、デンジは20cmぐらいの大きさを手で作って「これくらい」と答えます。

さらにナユタが「私は?」と問いかけると、デンジは1.5mぐらい大きく手を広げました。

やはりナユタはデンジにとって一番特別な存在なのです。

チェンソーマンの第2部の149話ネタバレ最新情報!デンジとナユタが家へ!(C)藤本タツキ/集英社

それを聞いたナユタはデンジに抱きつき、人間を殺さないことを約束しました。

次話ではデンジとナユタが家に帰った後の展開に注目ですね。

「チェンソーマンの149話のネタバレ最新情報!ナユタがデンジに悪魔の提案!」まとめ

この記事ではチェンソーマンの第2部の第149話のネタバレ解説&最新情報についてお話しました。

チェンソーマンはエグい描写が多くて賛否が分かれる作品ですが、読めば読むほどハマる何とも言えない魅力のある作品です。

これから第2部の展開が楽しみですね☆

チェンソーマンのその他ネタバレ記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

コメント

error: Content is protected !!