チェンソーマンのアキの未来!パワーもデンジに殺される?未来の悪魔の預言!

この記事ではチェンソーマンのアキ「未来の悪魔」に見せられた未来について、その内容や実際にアキに起きた現実や、パワーへの預言が外れた説などを解説します。


アキは作中で「未来の悪魔」というゴキゲンな悪魔と契約しますが、この悪魔は頼んでもいないのにアキに様々な未来を見せてきます。

その中でアキが見た「最悪な未来」があったので、それが現実となったのかどうかを見ていきましょう。

<この記事で分かること>
◯アキが「未来の悪魔」と契約した経緯
◯「未来の悪魔」が見せた未来
◯アキとパワーの身に起きた実際の未来


※この記事はチェンソーマンのネタバレを含みます


チェンソーマンの全キャラクターの一覧についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

チェンソーマンのアキが「未来の悪魔」と契約

漫画4巻の第32話で、アキは公安が抱えている「未来の悪魔」と契約を結びました。これはアキが「狐の悪魔」を使えなくなり、新たな力が必要だったからです。


デビルハンターは基本的に悪魔と契約することでその力を行使して戦いますが、悪魔の力を使う際には代償を支払う必要があります。

そして払える代償が無かったり、悪魔から愛想を尽かされるとその力を行使できないため、デビルハンターとして大きな戦力ダウンとなります。

「狐の悪魔」からフラれたアキ(4巻の第30話)

漫画4巻の第30話で、入院中のアキが「狐の悪魔」を呼び出そうとしても応えてはくれませんでした。これは「狐の悪魔」がアキに愛想を尽かしたためです。

アキはサムライソードとの戦闘で「狐の悪魔」に使いましたが、その際に「狐の悪魔」の頭はサムライソードによって斬られており、無茶な使い方をしたために嫌われてしまいました。


しかしアキが公安でデビルハンターを続けるためには相応の戦力を有している必要があり、アキは「狐の悪魔」以外の悪魔と契約することを決めます。

アキの右目に「未来の悪魔」が住む!口癖は「イェイ」「未来最高」(4巻の第32話)

漫画4巻の第32話で、アキは指導員の黒瀬と天童に連れられて「未来の悪魔」がいる部屋へ案内されます。

「未来の悪魔」は公安でアキの他に2人が契約しており、それぞれ下記の代償を支払っています。

・一人は「寿命の半分
・もう一人は「両目、味覚、嗅覚

口癖が「イェイ」とか「未来最高」というゴキゲンな悪魔ですが代償は極めて大きいようで、アキにもそれなりの代償が求められると思われました。


しかしアキに求められた契約は

アキの右目に「未来の悪魔」を住まわせる

というものでした。


他の2人と比べると異常に安い代償ですが、その理由は「未来の悪魔」がアキの未来を直に見たいためです。

「未来の悪魔」にはアキがどんな死に方をするかが見えていたため、その光景を生で見たかったようですね。

アキが手に入れた「未来の悪魔」の力とは

アキの右目に未来の悪魔を住まわせていることで、アキの右目は相手の少し先の未来が見えるようになりました。

これにより相手の攻撃を少し先読みすることができるため、攻撃を避けたりカウンターを合わせるなど、戦闘に優位性が生まれます。


ただし未来が見えるだけで身体能力が上がるわけではないため、対処不能な手数の攻撃が来た場合は避けきれません。

スポンサーリンク

チェンソーマンのアキが「未来の悪魔」から不吉な預言を聞く(9巻の第73話)

漫画9巻の第73話で、アキは未来の悪魔から(頼んでもないのに)恐ろしい未来を見せられます。

未来の悪魔はコレを見たいがためにアキの右目に住み始めたため、心底楽しそうにその未来について語っています。

「アキとパワーはデンジにグチャグチャに殺される」

未来の悪魔が語った未来の一つは

アキとパワーはデンジにグチャグチャに殺される

というものでした。


この時デンジ、アキ、パワーは仲良く騒がしく3人暮らしをしており、どうまかり間違っても敵対する関係ではありませんでしたが、未来の悪魔が見ていた未来ではデンジがアキとパワーを殺すようです。

「その後悪魔に最も恐れられる悪魔が現れる」

未来の悪魔が語ったもう一つの未来は

その後悪魔に最も恐れられる悪魔が現れる

という光景です。


アキとパワーがデンジに殺され、その後に「悪魔すらも恐れる悪魔」が現れるということで、この時ファンの間では「銃の悪魔が現れる?」などの推測が流れていました。


そしてこれらの預言は現実のものとなっていきます。

スポンサーリンク

チェンソーマンのアキは「未来の悪魔」の預言通りに死亡(9巻の第79話)

漫画9巻の第77話で、アキはマキマの策略により「銃の魔人」となってデンジの前に現れました。

アキは桁外れの火力で虐殺と破壊活動を始め、デンジのみならず一般市民も巻き込んで数多く殺してしまいます。

そして漫画9巻の第79話の最後、デンジはズタボロにされながらもアキにチェンソーを突き刺して殺します。


「未来の悪魔」が「デンジにグチャグチャに殺される」と語っていたとおり、アキは悲惨な最期を遂げました。


アキが復活する可能性、最期にキャッチボールをしたかった理由などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

チェンソーマンのパワーは「未来の悪魔」の預言が外れた?(10巻の第81話)

アキについては「未来の悪魔」が語っていたとおり凄惨な最期を迎えました。

一方でパワーについても「未来の悪魔」は「デンジにグチャグチャに殺される」と語っていましたが、パワーはその後どうなったのかを見ていきます。

マキマが「ぱん」でパワーを惨殺

漫画10巻の第81話で、デンジはマキマのマンションを訪れていました。デンジはアキを自らの手で殺したことでメンタルが完全に参っており、「マキマの犬になりたい」などと相談しています。

そこにパワーもマキマの部屋を訪れました。パワーの来訪についてはマキマが呼び出したためで、マキマはデンジに「デンジ君が開けて?」とお願い(=命令)します。


そしてデンジは玄関を開け、デンジの誕生日ケーキを持って立っていたパワーに向かってマキマが「ぱん」をかまし、パワーの体は首と下半身を残して消し飛びました。


これによりパワーは即死しましたが、「未来の悪魔」が言っていた「デンジにグチャグチャに殺される」とは外れているように見えますね。


マキマの正体や能力などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

玄関を開けたのはデンジ

一見すると「未来の悪魔」の預言が外れ、デンジではなく「マキマがパワーをグチャグチャに殺した」ように思えます。


これに関してはマキマがパワーを「ぱん」で殺す際、デンジは玄関を開けないという選択肢があったにも関わらず、マキマに言われるがままに扉を開けてしまいました。

「デンジの行動のせいでパワーが死んだ」という意味で「パワーはデンジにグチャグチャに殺される」という未来を語っていたようです。

そもそもマキマがわざわざデンジに玄関を開けさせたのも「パワーを殺す手引きをさせるため」で、デンジに罪の意識を植え付けて絶望させるのが目的でした。

未来の悪魔にはマキマの未来の所業まで見えていたことになりますね。


パワーの死亡と復活についてはこちらの記事で解説しています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

チェンソーマンの「未来の悪魔」の預言「悪魔に最も恐れられる悪魔」の出現

アキとパワーが死亡し、「未来の悪魔」がアキに語っていた二つ目の預言「その後悪魔に最も恐れられる悪魔が現れる」も現実のものとなりました。

漫画10巻の第83話で、マキマが「助けてチェンソーマン」という言葉と共に、チェンソーマンの本当の姿が顕現しました。

チェンソーマンは下記の理由により、悪魔から恐れられています。

・助けを叫ぶとやってきて相手を惨殺
・助けを求めた悪魔まで惨殺
・何度殺されてもエンジンを吹かして復活
・チェンソーマンに喰われると名前の存在自体が消え去る

特に最後の特徴が強烈で、チェンソーマンにこれまでに食われた悪魔はその存在自体が人々の記憶から抹消されています。
(ナチス、第二次世界大戦、エイズ、核兵器など)


これが「未来の悪魔」が「悪魔に最も恐れられる悪魔」と呼ぶ所以で、結局「未来の悪魔」がアキに語っていた未来は全て現実のものとなりました。

初回限定!チェンソーマンの漫画を無料で読む方法!

チェンソーマンのあの巻を読みたい!

でも無料がいい!

それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると貰える600Pを利用すれば無料で読めます☆

通常であれば459円かかるところですが、U-NEXTに登録するだけで600P(=600円分)貰えるので、無料でチェンソーマンのお好きな巻を読めます

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


チェンソーマンを読み終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの14万作品の映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。


登録は30秒!チェンソーマンを無料で読める!

チェンソーマンを無料で読む

※解約も簡単! 無料期間中に解約すれば0円です


スポンサーリンク

「チェンソーマンのアキの未来!パワーもデンジに殺される?悪魔の預言!」まとめ

今回はチェンソーマンのアキが「未来の悪魔」に見せられた未来について、その内容や実際にアキやパワーに起きた現実などを解説しました。


「未来の悪魔」の不吉な預言は残念ながら全て現実のものとなり、アキもパワーも死亡することとなりました。

もしマキマが「未来の悪魔」の力まで掌握していたら全てを先読みして動けたので、より手がつけられない存在になっていたでしょうね。


チェンソーマンの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

チェンソーマンの解説トップページ
↓ ↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました