チェンソーマンのサンタクロースの養子の謎!趣味とは?

この記事ではチェンソーマンのサンタクロースが子供(養子)を4人要求した理由や、「1人は趣味」の意味、子供(養子)の結末などについて解説します。


サンタクロース(人形)がデンジの持つ「チェンソーの心臓」を狙ってくる際、報酬として美男美女の4人の子供(養子)を要求しました。

目的は「3人は契約用、1人は趣味」と答えていますが、この言葉の意味について本編では解説がありませんでした。


まずは実際に子供(養子)を要求しているシーンをご紹介してから、サンタクロースの真意について解説していきます。

<この記事で分かること>
◯サンタクロースが4人の子供(養子)を要求した理由
◯子供(養子)の結末
◯サンタクロースの「1人は趣味」の意味


※この記事はチェンソーマンのネタバレを含みます


チェンソーマンの全キャラクターの一覧についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

チェンソーマンのサンタクロース(おじいちゃん)が子供・養子を要求

サンタクロースはチェンソーマンの作中でもかなりの力を持っていたキャラで、「人形の悪魔」「呪いの悪魔」「地獄の悪魔」と契約していました。

その中でも「地獄の悪魔」との契約には生贄が必要で、サンタクロースは作中で生贄用の子供(養子)を国に要求していました。

ここのやり取りについて詳しく見ていきましょう。

4人の子供・養子のうち3人は生贄、1人は趣味

漫画7巻の第54話でドイツ政府から依頼を受けた老人が「美男美女4人の養子」を要求しました。

その養子の目的は、

・3人は契約用
・1人は趣味

ということで、実際に漫画8巻の第63話で「地獄の悪魔」と契約する際にその養子4人のうち3人は生贄に捧げられました。

子供・養子の1人の「趣味」の意味とは?

4人の養子のうち3人は生贄用でしたが、残り1人の「趣味」とは何なのか、結局チェンソーマンの本編の中では詳細は語られていません。

残りの1人は後に「サンタクロースの後任」にするためだったと思われます。これに関しては記事の後半で再度解説します。

スポンサーリンク

チェンソーマンのサンタクロースが子供・養子を「地獄の悪魔」の生贄に!

先述のとおりサンタクロースはドイツで子供(養子)を4人要求しており、そのうち3人を生贄に使いました。

サンタクロースが養子たちを生贄にしたシーンやその後の養子たちの行方などについて見ていきましょう。

ドイツのおじいちゃんは人形の一人だった

ドイツで依頼を受けて子供4人を要求していた老人はサンタクロースではなく、漫画7巻の第63話でサンタクロースの人形の一人だったことが判明しました。

そしてサンタクロースから「おじいちゃん」と呼ばれていたこの老人は自身の右腕で自分の心臓を貫き、「地獄の悪魔」を呼び出すための生贄の一人となりました。


サンタクロースの正体や目的などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

サンタクロースがおじいちゃんと子供・養子3人を「地獄の悪魔」の生贄にする

サンタクロースは老人1人と、養子として貰った養子4人のうち3人の命も生贄として捧げています。

これによりデパートの中にいたデンジたち公安メンバーとクァンシ、ピンツイ、ロイ、トーリカが地獄へと送られました。


「地獄の悪魔」の指が養子たちの首を持っていく描写がシンプルながらエゲツないですね・・

残り1人の子供・養子はどうなった?

サンタクロースが「地獄の悪魔」を呼び出したことで生贄となった養子達3人は当然死亡し、残り1人がその後どうなったかについては作中で描かれていません。

後述しますが、サンタクロースはこの残り1人の養子を「自身のスペア」として確保していた可能性があります。

スポンサーリンク

サンタクロースが子供・養子の1人を趣味で要求したのは後任のため?

漫画8巻の第70話で、コベニの愛車の「光の力」などによりバラバラになったサンタクロースは、デンジに対して下記のように語っています。

・「人形の悪魔」と契約している
・人形は世界中にいる
・触れたら誰しもがサンタクロースと呼ばれる殺し屋へ

実際ドイツにいた「おじいちゃん」もサンタクロースの本体だと思われていたことから、サンタクロースはこれまでも人形を影武者代わりにしていたようです。


4人の養子を貰った際に1人だけ残しておいたのは後任となる第2のサンタクロースにするためのストックだったのかもしれませんね。


コベニカーの大活躍などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

初回限定!チェンソーマンの漫画を無料で読む方法!

チェンソーマンのあの巻を読みたい!

でも無料がいい!

それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると貰える600Pを利用すれば無料で読めます☆

通常であれば459円かかるところですが、U-NEXTに登録するだけで600P(=600円分)貰えるので、無料でチェンソーマンのお好きな巻を読めます

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


チェンソーマンを読み終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの14万作品の映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。


登録は30秒!チェンソーマンを無料で読める!

チェンソーマンを無料で読む

※解約も簡単! 無料期間中に解約すれば0円です


スポンサーリンク

「チェンソーマンのサンタクロースの養子の謎!趣味とは?」まとめ

今回はチェンソーマンのサンタクロースが子供(養子)を4人要求した理由や、「1人は趣味」の意味、子供(養子)の結末などについて解説しました。


サンタクロースが出てくる章はチェンソーマンの物語の中でもドンデン返しや激しい戦闘が多く、非常に人気が高いです。

作中では様々な伏線があり、明確に回収していないものも多数ありますが、敢えて答えとなる描写を入れないことで読者に考察してもらう楽しみを提供しているのかもしれませんね。


チェンソーマンの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

チェンソーマンの解説トップページ
↓ ↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました