呪術廻戦の144話のネタバレ最新情報!天元・全知の術師!

【お早めに!】呪術廻戦の18巻と19巻の予約受付中!
呪術廻戦の「グッズ付き同梱版」の18巻&19巻が予約受付中です!
予約受付が終了する前に早めに予約しましょう!
予約の方法はこちらからどうぞ☆
↓ ↓ ↓
→呪術廻戦 18巻&19巻の予約方法
呪術廻戦の144話のネタバレ最新情報!伏黒津美紀と戦いに?

この記事では呪術廻戦の第144話のネタバレ最新情報についてお話します。


第143話では乙骨憂太が虎杖悠仁の味方であることが明かされ、心臓を貫かれた虎杖悠仁も乙骨憂太の反転術式によって治療されました

さらに虎杖悠仁の夢の中で「額に縫い目のある女性」が登場しており、脹相が言っていたように虎杖悠仁の親は偽夏油を乗っ取っている人物が作り出したことが確定します。


そして伏黒恵が第143話でついに登場し、虎杖悠仁に対して助力を求めました。

その頃偽夏油は術師版のバトル・ロイヤルのようなゲームを開始すべく暗躍しており、伏黒津美紀を含め、偽夏油が仕込んでおいた人間たちによる殺し合いが始まろうとしています。


第144話では伏黒津美紀が登場するのか伏黒恵がどう対処するのか、宿儺の動向禪院直哉のその後も気になるところです。


呪術廻戦の144話以外のネタバレ情報はこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

【呪術廻戦】ネタバレ解説

16巻
135話136話137話138話139話
140話141話142話
17巻
143話144話145話146話147話
148話149話150話151話
18巻
152話153話154話155話156話
157話158話159話160話




また呪術廻戦の全キャラクターの一覧はこちらの記事にまとめています。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】144話のネタバレ最新情報!虎杖悠仁、乙骨憂太、伏黒恵、脹相がは高専へ

第143話では乙骨憂太が虎杖悠仁の味方であることが明かされ、虎杖悠仁を一旦殺した(心臓を貫いた)のも呪術総監部の目を欺くためでした。

そして第144話では虎杖悠仁、伏黒恵、乙骨憂太、脹相の4人で呪術高専の東京校へ向かいます。


ちなみに虎杖悠仁は乙骨憂太に向かって一つお願いをしています。

宿儺が伏黒で何か企んでる
渋谷でアイツに身体を取られたのは多分一度に指を10本も食わされたからだ
俺の中に今指は15本
残り5本全部一度に食わされても身体は乗っ取られないと思う
それでも
もし次俺が宿儺に代わったら迷わず殺してくれ
先輩ならできると思う

このお願いに対して乙骨憂太は「分かった。死力(ベスト)を尽くすよ」と答えました。


指20本分の力を取り戻した宿儺と対抗できるとしたら確かに特級術師ぐらいですが、乙骨憂太がどこまでフルパワーの宿儺と戦えるかも見てみたいですね。

→乙骨憂太の術式や強さを見る

→五条悟の海外出張の目的を見る

スポンサーリンク

【呪術廻戦】144話のネタバレ最新情報!高専に来たのは天元に会うため!

そもそも第144話において虎杖悠仁たちが呪術高専に来た理由は天元に会うためです。

なぜ天元に会うのか、それは

・五条悟を捕らえている特級呪物「獄門疆(ごくもんきょう)」の封印の解き方
・偽夏油(加茂憲倫)の目的
・偽夏油(加茂憲倫)の今後の出方

尋ねるためです。

これらについて天元に聞くのは九十九由基の発案で、第138話で「私もいい加減天元と向き合わないとね」と発言していたのはこのことを意味していたようです。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】144話のネタバレ最新情報!釘崎野薔薇は死亡した?

第144話では気になるあの事実の一端にも触れます。

虎杖悠仁が道中、伏黒恵に訪ねました。

ごめん伏黒
やっぱ今聞くわ
釘崎はどうなった

この質問に対して伏黒恵は何も答えません

その様子を見て虎杖悠仁は左拳を握りしめ、

そうか・・
分かった・・
・・分かった!!

と力なく返事することしかできませんでした。


釘崎野薔薇の死後、新田新の術式で症状を止めたとは言え、やはり間に合わなかったようです。

釘崎野薔薇の死亡シーンや生存可能性などについてはこちらの記事にまとめています。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】144話のネタバレ最新情報!禪院真希が生存!全身大火傷!

第144話では渋谷事変での漏瑚(じょうご)との戦闘で瀕死の重体となっていた禪院真希が登場しました。

禪院真希は右目に包帯を巻いており、火傷の痕が残っていますが無事に生存することができましたね。


ちなみに九十九由基によると反転術式により治療でも火傷の跡は残ってしまうようです。

しかし禪院真希の「天与呪縛」による肉体強化のおかげで死の淵から生還しました。禪院直毘人は死亡、禪院真希は生還となったのは、呪いへの耐性ではなく肉体強度の差が出た結果です。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】144話のネタバレ最新情報!お兄ちゃん・脹相が大歓喜!!

第144話は天元に会いに行く回ですが、そもそも天元がいる薨星宮(こうせいぐう)に辿り着くためには天元を隠す結界をどうにかする必要があります。

この結界は「隠す」特化のもので、この結界をどうにかしないと1000を超える寺社仏閣のハリボテを虱潰しに調べなければなりません。


しかしここで脹相が大活躍します。

呪胎九相図の4番から9番の6体が未だに忌庫(きこ)に保管されているため、脹相の術式の副次的効果によりその気配を辿ることで、天元がいる薨星宮を探り当てました。


そしてここで当然の疑問を禪院真希がぶつけます。

それはいいとして
コイツは誰だ?

脹相に会ったことがないので禪院真希が知らないのは当然で、しかし詳しく説明すると死ぬほど長くなります。

悩んだ末に虎杖悠仁は

とりあえず俺の・・
兄貴ってことで・・

と答えました。すると脹相は歓喜の言葉を叫びます。

悠仁ーーーーーーーーーー!!

→脹相と虎杖悠仁の関係を見る

スポンサーリンク

【呪術廻戦】144話のネタバレ最新情報!全知の術師「天元」が顕現!

第144話の中盤、一行が薨星宮を目指して進むと、道中に血痕がありました。

これは11年前、伏黒甚爾が天内理子を殺すために無双した時の跡で、いまだにそれが残っているようですね。
→天内理子の死亡シーンや死亡理由を見る


薨星宮本殿に繋がるトンネルを抜けると何もない真っ白な部屋にたどり着きました。虎杖悠仁が「なんもねぇ。これが本殿?」と尋ねると、九十九由基が言います。

いや
私たちを拒絶しているのさ
天元は現(うつつ)に干渉しないが
六眼(りくがん)を封印された今なら接触が可能だと踏んだんだが
(拒絶されているのは私達ではなく か・・?)
見通しが甘かった


この状況なので乙骨憂太が戻ることを提案すると、背後から

帰るのか?


突然声がしました。

虎杖悠仁と九十九由基が振り返ると、第144話で最大のインパクトのシーンが訪れました。

初めまして

禪院の子
道真の血
呪胎九相図
そして


宿儺の器

そう言って顕現したのは4つの目を持った存在「天元」でした。

スポンサーリンク

「呪術廻戦の144話のネタバレ最新情報!天元・全知の術師!」まとめ

今回は呪術廻戦の第144話のネタバレ最新情報についてお話しました。


第143話では「死滅回遊」について匂わせるラストでしたが、第144話は一転してメンバーは呪術高専に向かい、ここにきて天元と会うことになっています。

第144話以降では、最後に登場した「全知の術師」である天元が次回にどんな言動を示すのかに注目です。


呪術廻戦関連のネタバレや関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

【呪術廻戦】ネタバレ解説

16巻
135話136話137話138話139話
140話141話142話
17巻
143話144話145話146話147話
148話149話150話151話
18巻
152話153話154話155話156話
157話158話159話160話

呪術廻戦の解説トップページ
↓ ↓ ↓

呪術廻戦のコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

呪術廻戦の一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました