呪術廻戦の140話のネタバレ最新&確定!乙骨憂太の桁外れの呪力!

呪術廻戦の140話のネタバレ最新&確定!乙骨憂太の桁外れの呪力!

この記事では呪術廻戦の第140話のネタバレ確定情報についてお話します。


第139話では禪院家の新当主・禪院直哉が早速虎杖悠仁と脹相の元に現れ、問答無用で攻撃してきました。

そしてその後、乙骨憂太までその場に現れ、虎杖悠仁にとってはいきなり絶体絶命とも言える状況に追い込まれています。

第140話では禪院直哉と乙骨憂太がどう動くのか、その展開を見ていきましょう。


呪術廻戦の第138~第139話のネタバレ情報の復習はこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

第141話のネタバレ最新情報はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓



ちなみに呪術廻戦の全キャラクターの一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】140話のネタバレ最新&確定!乙骨憂太の呪力量が桁外れ!

第139話の終わりに、突然ぬめっとした重苦しい空気に包まれたと思ったら、そこには乙骨憂太が立っていました。

虎杖悠仁はこの空気について、

五条先生!?
いや
もっと不気味な・・!!


やはり乙骨憂太は特級術師であるため、五条悟にも匹敵するような、並の術師とは一線を画する圧倒的な空気をまとっているようですね。


そして第140話では乙骨憂太がビルから虎杖悠仁たちのいる地面に降り立つと、着地と同時に周辺に爆発が起こって壁が吹き飛びます

乙骨憂太が着地の衝撃を呪力で和らげたようですが、桁外れの呪力量により災害レベルの余波が発生しています。


乙骨憂太の術式や強さなどについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】140話のネタバレ最新&確定!禪院直哉は乙骨憂太と交渉!

乙骨憂太はその場にいる全員が初対面であるため、敵味方の把握はまだできていません。そこで禪院直哉は即座に

・乙骨憂太側の人間であること
・禪院真希の従兄妹であること

これを伝え、禪院直哉は乙骨憂太の戦いを傍観する立場を取ります。さらに直哉は

・虎杖悠仁を殺したら伏黒恵を呼び出すのに使いたい
・報告は暫く待ってほしい

と伝えました。

乙骨憂太はこれを了承し、虎杖悠仁と対峙します。


禪院直哉に関しては伏黒恵の殺害が目的であるため、虎杖悠仁は伏黒恵を釣るエサになれば良いぐらいに考えているはずです。

あとは乙骨憂太を見た瞬間に「コレは勝たれへん」と思ったハズです笑

なので即座に自分の立場を説明したのでしょう。


禪院直哉の術式や能力などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

【呪術廻戦】140話のネタバレ最新情報!禪院直哉は脹相と対戦

脹相は乙骨憂太のヤバさをひと目で感じ取り、「五条悟と同じタイプの化物」と判断します。そこで脹相が足止め役を買って出て虎杖悠仁を逃がそうとしますが、禪院直哉に狙いを読まれてしまいました。


乙骨憂太は虎杖悠仁と対峙しており、必然的に残っている禪院直哉と脹相の戦闘となります。

脹相は虎杖悠仁のことを「弟」と認識しており、弟に手を出した直哉に怒りをあらわにしますが、直哉はいつも通り余裕の笑みを浮かべて

赤血操術「穿血」は溜めが必要
自分の速度に劣るから脹相に勝ち目はない

脹相を挑発します。


しかしながら脹相が扱う赤血操術は遠距離攻撃、中距離攻撃、近接戦闘のどれにも対応できるバランスの良さが最大の売りです。

中でも「赫鱗躍動・載(せきりんやくどう・さい)」は自身の身体能力をはね上げる技で、虎杖悠仁にすら格闘戦で勝利しました。


禪院直哉が赤血操術のことをどこまで理解しているのか、脹相の「赫鱗躍動・載」がどこまで直哉に通用するかに注目ですね。

広告

【呪術廻戦】140話のネタバレ最新情報!特級術師・乙骨憂太が車を放り投げる!

虎杖悠仁は手近な車を殴り飛ばして乙骨憂太に向かってぶつけましたが、乙骨憂太はその車を逆に虎杖悠仁に向かって投げ返しました

乙骨憂太は虎杖悠仁とは違って人外の身体能力があるわけではなく、むしろ単純な筋力で言えば非力な方です。


これには虎杖悠仁も驚愕し、その様子を見た乙骨憂太は

驚いた?
パワータイプには見えないよね
実際非力だし

と言っていますが、ほぼ無限呪力量を持っているために非力さを補って余りある攻撃を繰り出します。


さらに乙骨憂太は虎杖悠仁に向かって抜刀して一閃を放ちますが、虎杖悠仁は持ち前の人外の反射神経により何とか躱しました。

虎杖悠仁のこの身体能力には乙骨憂太も驚いており、その姿には同級生の禪院真希を思い出しています。

広告

【呪術廻戦】140話のネタバレ最新情報!乙骨憂太の呪力量は五条悟を超えている!

乙骨憂太は、自身の呪力量について「五條先生を超えている」とハッキリ明言しました。

あのチートを絵に描いたような五条悟の呪力量すら上回っているというのは、流石に同じ特級術師です。


ただ五条悟に関しては「六眼(りくがん)」の力により、術式「無下限呪術」を発動した際の呪力喪失がゼロです。

よってそもそも五条悟は呪力切れを起こさないため、呪力量を比較すること自体が無意味なようです。


つまり、乙骨憂太の呪力量が五条悟を上回っているとしても、五条悟は決して呪力切れは起こさず、逆に乙骨憂太は術式を使い続ければいつかは呪力切れを起こすということです。

車で例えると、

乙骨憂太はガソリンタンクがべらぼうに大きいけど燃費は普通
五条悟はガソリンタンクこそ乙骨憂太より小さいけど燃費が死ぬほど良い

といったところでしょうか。


ただ乙骨憂太の呪力量は現実的に考えて呪力切れを起こすような規模ではないはずです。

それ故に呪力切れを狙った戦法はあまりにも無謀過ぎるでしょう。

広告

【呪術廻戦】140話のネタバレ最新情報!乙骨憂太の攻撃は全弾が致命傷レベル

乙骨憂太は虎杖悠仁に対して術式を使ってこず、全ての攻撃が「呪力を込めた物理攻撃」です。

ただし車をぶん投げたことからも分かるように呪力量が桁外れなため、それらの物理攻撃は全て致命傷レベルの破壊力があります。


虎杖悠仁はあまりに桁外れ、格上にも程がある相手との戦いに焦燥しますが、ここで東堂葵や七海建人の姿を思い出します。

悪いけど
まだ死ぬわけにはいかねぇんだわ

こう言いながら乙骨憂太の攻撃を何とか躱します。

乙骨憂太はあくまで術式を使いませんが、第137話で見せた「リカちゃん」を出したら跡形もなく消し飛んでしまうからかもしれません。

そうなると「虎杖悠仁の死刑を執行した」と言っても上層部が信じない可能性があります。

というのも呪術界上層部の元に乙骨憂太が出向いた時も、上層部は乙骨憂太のことを完全に信用していないような口ぶりだったため、死体を持っていく必要があると思われます。


あるいは乙骨憂太の中では虎杖悠仁のことをまだ試している、もしくは人物像をはかっているのかもしれません。

広告

「呪術廻戦の140話のネタバレ最新&確定!乙骨憂太の桁外れの呪力!」まとめ

今回は呪術廻戦の第140話のネタバレ最新確定情報についてお話しました。


乙骨憂太が降りただけで周囲が爆発したり、軽々と車をぶん投げたりと、その桁外れの力を少しずつ見せています。

第141話ではいよいよその術式が披露されるのか注目です。


呪術廻戦のネタバレや関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

16巻
135話136話137話138話139話
140話141話142話

コメント

タイトルとURLをコピーしました