呪術廻戦の147話のネタバレ!夜蛾正道が処刑される!「パンダだって泣くんだ」

呪術廻戦の147話のネタバレ!夜蛾正道が処刑される!

この記事では呪術廻戦の第147話のネタバレ最新情報についてお話します。


第147話では「死滅回游(しめつかいゆう)」への参加、禪院家忌庫の家探し、停学中の3年生「秤金次(はかりきんじ)」の駆り出しなど、今後の展開において注目の事柄が盛りだくさんです。

いよいよ死滅回遊編が動き出しそうな流れで、第147話はどんな展開となるのでしょうか。


呪術廻戦の147話以外のネタバレ情報はこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓




また呪術廻戦の全キャラクターの一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

【呪術廻戦】147話のネタバレ最新情報!京都校の学長・楽巌寺嘉伸が夜蛾正道を尋問

第147話は呪術高専・東京校の学長だった夜蛾正道(やがまさみち)が牢屋に囚われ、そこに京都校の学長・楽巌寺嘉伸(がくがんじよしのぶ)が訪れました。

パンダが生まれた頃の描写なので、本編よりはかなり前の時間軸のようです。


そこでは楽巌寺嘉伸が夜蛾正道に対して質問をしており、その内容は「パンダの作り方について」です。

・呪骸の動力となる呪力は術師から与えられたものを消費する
・しかしアレ(=パンダ)の呪力は自己補完できている
・パンダを作れる=軍隊を所持できることに等しい
・呪術界上層部は夜蛾正道を「特級」に認定し、無期限拘束を下す


楽巌寺嘉伸はこう語った上で、夜蛾正道に対して「パンダの作り方」を尋ねますが、夜蛾正道は答えません。


この後は自ら作った呪骸と会話をする夜蛾正道の姿が流れており、夜蛾正道の最期を暗示していました。

【呪術廻戦】147話のネタバレ最新情報!日下部篤也がパンダを救出!

第147話では夜蛾正道の拘束から始まり、その一方でその夜蛾正道が生み出した突然変異呪骸のパンダも囚われていました。

パンダはどこかの倉庫のような建物に縄で拘束されていましたが、パンダの担任である日下部篤也が救出に駆けつけパンダを解放します。


日下部篤也と言えば渋谷事変においても「死にたくない」「特級呪霊なんぞと戦いたくない」というスタイルでしたが、そんな日下部篤也にしては「呪術界上層部に拘束されているパンダを救出」という危ない橋を渡っています。

その理由は「夜蛾正道に恩があるから」ということで、一応パンダには「俺が助けたって言うんじゃねーず」と口止めしていました。

【呪術廻戦】147話のネタバレ最新情報!日下部篤也と夜蛾正道の過去

第147話では日下部篤也が夜蛾正道との過去を思い出すシーンがあります。その場には車椅子に座った女性と夜蛾正道、日下部篤也、そして小さな子供が一人いました。

そこで夜蛾正道は日下部篤也に尋ねます。

本当にいいんだな
コイツはオマエの甥ではない
甥の情報を持った何かだ


この問いに対して日下部篤也は

妹はもう
過去(タケル)が支えてくれなきゃ生きていけんのです

この口ぶりから、車椅子に座った女性は日下部篤也の妹で、そして夜蛾正道の傍らにいる犬のような姿をした呪骸日下部篤也の妹の息子の魂が入っているようです。

そして日下部篤也の妹はタケルの声を聞くと車椅子から立ち上がり、タケルに駆け寄りました。

日下部篤也の妹は車椅子から動くこともままならない状態でしたが、タケルの存在を感じた瞬間に一転して体を動かしました。

しかし完全自立型の呪骸の存在を公にするわけにはいかないため、日下部篤也の妹はこの呪骸「タケル」と一緒にいることはできません。

それでも、このひとときだけでも妹が動いたことで日下部篤也は感極まっており、これが日下部篤也の言っていた「夜蛾正道への恩」です。

【呪術廻戦】147話のネタバレ最新情報!京都校の学長・楽巌寺嘉伸が夜蛾正道を処刑

そして呪術廻戦の第147話最大の衝撃の場面となります。


夜蛾正道は街頭で呪術界上層部からの追手と出くわしており、上着を脱いで臨戦態勢に入ります。

ちなみに夜蛾正道は第137話で呪術総監部からの通達で、「五条悟と夏油傑を唆して渋谷事変を起こした」という容疑をかけられていました。

呪術廻戦においては内通者や裏切り者の噂もあった夜蛾正道でしたが、この死罪の真相は「呪術界上層部が自立型呪骸の製造方法を尋問するため」だったようです。

そしてその場には楽巌寺嘉伸も現れ、夜蛾正道は楽巌寺嘉伸との戦闘の末に敗北し、致命傷を負いました。


第147話の様子から、

  • 虎杖悠仁の処刑人は乙骨憂太
  • 夜蛾正道の処刑人は楽巌寺嘉伸

と決まっていたようですね。

→夜蛾正道の死亡シーンを見る

→夜蛾正道の内通者疑惑の詳細を見る

→呪術廻戦の死亡者/生存者一覧を見る

【呪術廻戦】147話のネタバレ最新情報!パンダと夜蛾正道の残酷な再会

第147話で楽巌寺嘉伸の手により最期を迎える夜蛾正道が、最後の最後にパンダの秘密を語り始めます。

・その情報を呪骸の核に入力
・相性の良い3つの魂を宿した核を1つの呪骸に入れる
・お互いの魂を常に観測させる
・こうすることで魂が安定して自我が芽生える
・生後3ヶ月程度で呪力の自己補完を始める

「何故死の間際に白状したのか、何故生き延びないのか」という楽巌寺嘉伸の問いに夜蛾正道は

呪い・・ですよ
楽巌寺学長
私からアナタへの呪いです

こう答えました。


そして日下部篤也によって拘束が解かれたパンダが夜蛾正道の元に駆けつけます。

そこにいたのは京都校の学長・楽巌寺嘉伸と、手を下された後の夜蛾正道でした。


パンダは「楽巌寺嘉伸が憎い」といった感情よりも何よりも、夜蛾正道の死にただただショックで、楽巌寺嘉伸の横をすり抜けて夜蛾正道を抱えます。


パンダは楽巌寺嘉伸を憎むこともなく、感情のままに戦うこともありませんでしたが、

これだけは覚えておけ
パンダだって泣くんだ

こう言ってパンダは夜蛾正道を抱えながら号泣し、夜の街にパンダの叫びが響いていました。


パンダの核の秘密や正体についてはこちらの記事にまとめています。

「呪術廻戦の147話のネタバレ!夜蛾正道が処刑される!「パンダだって泣くんだ」」まとめ

今回は呪術廻戦の第147話のネタバレ最新情報についてお話しました。


第147話ではずっと気になっていた夜蛾正道の動向がついに明らかになりましたが、それはあまりに衝撃の結末でした・・

今回の一件によりパンダが呪術総監部側につくはずはなく、第147話以降はパンダが虎杖悠仁達に合流しそうですね。


呪術廻戦関連のネタバレや関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

呪術廻戦の解説トップページ
↓ ↓ ↓

呪術廻戦のコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

呪術廻戦の一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました