呪術廻戦のくるすはな(来栖華)の正体は?天使?術式を消滅させる術師!

【お早めに!】呪術廻戦の18巻と19巻の予約受付中!
呪術廻戦の「グッズ付き同梱版」の18巻&19巻が予約受付中です!
予約受付が終了する前に早めに予約しましょう!
予約の方法はこちらからどうぞ☆
↓ ↓ ↓
→呪術廻戦 18巻&19巻の予約方法
呪術廻戦のくるすはな(来栖華)の正体は?術式を消滅させる術師!

この記事では呪術廻戦の来栖華(くるすはな)について、その術式や正体などについて解説します。


来栖華(くるすはな)は呪術廻戦の第145話で天元がその存在を明かしたキャラクターです。

来栖華(くるすはな)は呪術廻戦において今後の世界の命運を握る鍵となり得る人物で「天使」を名乗り、その真価は「あらゆる術式を消滅させる」という術式にあります。


今回は来栖華(くるすはな)の正体や術式について詳細を解説します。

<この記事で分かること>
◯来栖華(くるすはな)の正体
◯来栖華(くるすはな)の術式
◯来栖華(くるすはな)と死滅回遊の関係


※この記事は呪術廻戦のネタバレを含みます


呪術廻戦の全キャラクターの一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

呪術廻戦のくるすはな(来栖華)の正体は?「天使」を名乗る術師

来栖華(くるすはな)は呪術廻戦の第145話で初めてその名前が登場したキャラクターです。

天元が来栖華(くるすはな)の名前を明かしており、その正体については

・「天使」を名乗っている
・1000年前の術師
・あらゆる術式を消滅させる術式を持つ

と語っていました。


ちなみに天元は五条悟が封印された獄門疆(ごくもんきょう)の封印解除の手段として、来栖華(くるすはな)の術式を使うことを提案しました。

あらゆる術式を消滅させるというのは、ちょうど特級呪具・天逆鉾(あまのさかほこ)のような効果ですね。


呪術廻戦の第145話のネタバレ解説はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

呪術廻戦のくるすはな(来栖華)の正体はヨハネの黙示録の「天使」?ラッパと翼と輪っかがヒント!

来栖華(くるすはな)の頭の上には天使のような輪っかが浮かび、背中にはが生え、左手にラッパのような物体を持っており、さらに左手にはラッパを持っています。

天元が紹介する通り「天使」を自称していることやラッパを持っていることから、来栖華(くるすはな)は「ヨハネの黙示録」を暗示した天使と考えられます。


ヨハネの黙示録は旧約聖書の最後の書であり、ヨハネ自身はキリストの12使徒の一人に数えられています。

ヨハネは当時、エーゲ海のパトモス島というところに島流しに遭いますが、そこで神の啓示を得たことで「未来」を見ました。

ヨハネはその「未来」を「ヨハネの黙示録」に記しており、その内容としてはざっくり下記のとおりです。

・神は7つの封印を施されていた
・子羊がその封印を解除する
・7つ目の封印を解くと7人の天使が現れてラッパが与えられる
・7人目の天使がラッパを吹くと「最後の審判」が下る
・「最後の審判」により死者蘇生

来栖華(くるすはな)はこの内容の「7人目の天使」にあたると思われ、ラッパを吹く(=術式を発動)ことで死者を蘇生(=獄門疆を解除して五条悟を救出)、という流れになるのかもしれませんね。

このことから来栖華(くるすはな)の術式はラッパを介して発動すると思われます。上記画像からもラッパには何らかの術式効果が見えますね。


さらに来栖華(くるすはな)の背中には翼が生えており、この画像から明らかなとおり空を飛んでいます

呪術廻戦において空を飛べるのは「無下限呪術」の術式を極めた五条悟や、「付喪操術」の術式を使う西宮桃ぐらいです。

来栖華(くるすはな)も「天使」を自称するだけあって自在に飛翔できる能力や術式があるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

呪術廻戦のくるすはな(来栖華)の術式や領域展開の解説

来栖華(くるすはな)の術式や領域展開について解説します。

来栖華(くるすはな)の存在自体が謎が多く、その術式の詳細は今後の展開から詳しく判明するでしょう。

来栖華(くるすはな)の術式

来栖華(くるすはな)の術式は「あらゆる術式を消滅させる」という効果を持ちます。

これは先述の通り、特級呪具・天逆鉾(あまのさかほこ)と似ており、天逆鉾も「発動中の術式を強制解除」という効果を持ち、五条悟の無下限呪術すら貫通しました。


ただし天逆鉾はあくまで「術式の解除」ですが、来栖華(くるすはな)の術式は「あらゆる術式を消滅させる」とあり、もしかしたら術師の体からも術式を消滅させてしまうのかもしれません。

もしそうだとすると、術師を問答無用で無力化してしまう極めて恐ろしい術式となりますね。


天逆鉾の詳細や、呪術廻戦の全ての術式についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

来栖華(くるすはな)の領域展開

来栖華(くるすはな)の領域展開は登場していません。

天元の説明によると呪術全盛である1000年前の術師であるため、領域展開を使える可能性は十分にあります。


もし来栖華(くるすはな)が領域展開を使えるとすると「あらゆる術式を消滅」という効果が範囲攻撃で必中となり、同時に複数の相手の術式を消し飛ばすこともできてしまいますね。


全ての領域展開についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

呪術廻戦のくるすはな(来栖華)は死滅回遊(しめつかいゆう)泳者(プレイヤー)

来栖華(くるすはな)は第145話の時点で死滅回遊の泳者(プレイヤー)として言及されているため、偽夏油の仕掛ける死滅回遊の泳者(プレイヤー)として参加しています。


死滅回遊には伏黒津美紀も強制参加しているなど、様々な思惑が交錯しています。

また、そもそも来栖華(くるすはな)が虎杖悠仁たちの味方になる保証など一つもないため、死滅回遊の展開に注目ですね。


死滅回遊のルール解説などについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

呪術廻戦のくるすはな(来栖華)の正体は1000年前の術師!宿儺との関係は?

来栖華(くるすはな)は呪術の全盛とされている1000年前の術師です。

1000年前と言えばまず思い浮かぶのが両面宿儺の存在で、それだけ強力な術式を持っている術師であれば宿儺と面識があってもおかしくはありません。

1000年前に宿儺と交戦したのか、あるいは味方だったのか、その関係性が気になるところですね。

スポンサーリンク

呪術廻戦のくるすはな(来栖華)の術式は獄門疆「裏」の解除も可能!

渋谷事変で五条悟が獄門疆(ごくもんきょう)に封印され、虎杖悠仁たちはその解除の方法について天元に尋ねに行きました。

天元は獄門疆「裏」を持っているため、これを解除できれば五条悟を解放することができます。その解除の方法として挙げられたのが

来栖華(くるすはな)の術式を使う

という方法です。


あらゆる術式を消滅させる来栖華(くるすはな)の術式であれば獄門疆すら解除できてしまいます。

懸念点としてはそうそう素直にお願いを聞いてくれるかどうかで、何かしらの「縛り」や「契約」を持ちかけてくる可能性もありますね。


獄門疆「裏」の詳細についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

「呪術廻戦のくるすはな(来栖華)の正体は?天使?術式を消滅させる術師!」まとめ

今回は呪術廻戦の来栖華(くるすはな)について、その術式や正体などについて解説しました。


ここにきて来栖華(くるすはな)というキャラの登場で、今後の呪術廻戦の物語がより一層混沌としてきそうですね。

まずは来栖華(くるすはな)が味方となり得るのかどうかに注目です。


呪術廻戦の関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

呪術廻戦の解説トップページ
↓ ↓ ↓

呪術廻戦のコラボグッズ一覧と最新情報はこちらの記事からどうぞ

呪術廻戦の一番くじ&コラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました