【転スラ】82話のネタバレ!ミリム、クレイマンとの戦い勃発!

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)の漫画第82話のネタバレ最新情報について解説します。


第81話ではワルプルギスでクレイマンがダラダラと講釈をたれており、要約すると「リムルが気に入らないから殺そう」と他の魔王に働きかけていました。

そしてリムルからの弁明とギィ・クリムゾンの一言により、ワルプルギスはリムルとクレイマンの一騎打ちの様相となります。


一方でクレイマンの城に急襲をかけていたソウエイ、ハクロウ、シュナはクレイマンの配下筆頭の死霊の王・アダルマンと遭遇しました。

アダルマンは無数の死霊に加えてデス・ドラゴンまで使役しており、倒してもすぐ再生する死霊の前に一時劣勢になりましたが、シュナが初めてその戦闘能力を見せます。

シュナのユニークスキル「解析者(サトルモノ)」によりアダルマンの神聖魔法「霊子崩壊(ディスインテグレーション)」を上書きし、アダルマンごとその場にいた死霊を一掃しました。


第82話の前半はワルプルギスの続き、後半はファルムス王国に向かうヨウム達とディアブロの様子が描かれます。


※この記事は転スラのネタバレを含みます

【転スラ】解説・ネタバレ情報

18巻
81話82話
 

広告

【転スラ】82話のネタバレ!「原初の悪魔の赤」ルージュ、ギィ・クリムゾン

第82話の冒頭では「原初の悪魔」の一柱であるギィ・クリムゾンについて人となりが描かれます。

「原初の悪魔」は闇の大精霊から派生した存在で、七色ある「原初の悪魔」の中でギィ・クリムゾンは「赤(ルージュ)」です。


悪魔召喚の際は大抵は「無色」の下位悪魔(レッサーデーモン)か、あるいは何色かに染まった上位悪魔(グレーターデーモン)が召喚されます。

しかし稀にギィ・クリムゾンやディアブロのような例外が召喚されてしまいます。数万年前にギィ・クリムゾンが召喚された際には、召喚主の望みである敵国の殲滅を果たし、その後召喚主の国まで滅ぼしていきました

その際にギィ・クリムゾンが殺した人間の「ギィヤアアア」という断末魔を聞き、「この悲鳴は俺の名前にピッタリかもな」ということで「ギィ・クリムゾン」という名前になりました。

広告

【転スラ】82話のネタバレ!クレイマンの九頭獣(ナインヘッド)が可愛い笑

リムルとクレイマンが戦う流れになり、リムルはノリノリで戦闘するためのスペースを作りました。

他の魔王達は傍観しており、ギィ・クリムゾンに至ってはクレイマンに対して「お前も魔王なら自身の力でもってそいつを倒してみせろ」と告げています。


そしてクレイマンの元には狐の子供のような魔獣「九頭獣(ナインヘッド)」が寄ってきました。こういう普段の見た目が可愛い魔獣は絶対ヤバい奴だと相場が決まっていますね笑

そしてクレイマンは九頭獣(ナインヘッド)を抱き抱えながら、

命令です
リムル=テンペストを殺しなさい

と口にしました。

それは九頭獣(ナインヘッド)ではなくミリムへの命令で、ミリムはクレイマンの言葉を聞いた瞬間にリムルに鉄拳をぶちかまします。

リムルはどうにか躱しますが、流石に天災級(カタストロフ)の覚醒魔王相手ではリムルでも厳しそうです。

広告

【転スラ】82話のネタバレ!シオンがクレイマンをフルボッコ

ミリムの相手はリムルが引き受け、リムルはシオンにクレイマンの相手をするように視線だけで指示しました。

こういう時は妙に察しがいいシオンは一瞬でクレイマンの背後に回り込み、無数の拳打でフルボッコにします。


シオンは数コマに渡ってクレイマンをボコし続け、拳が返り血でべったりした状態で

宜しいのですか?リムル様

と遅すぎる確認を取っていました笑


しかしクレイマンも一応は魔王なのでここでは終わらず、「超速再生」により傷を治し、更に配下の人形九頭獣(ナインヘッド)を従えて臨戦態勢に入りました。

広告

【転スラ】82話のネタバレ!ミリムがクレイマンの命令でリムルを攻撃!

一方でミリムに関してはリムルが単独で引き受けることになります。

ミリムのパンチの余波だけでリムルのローブが焼け落ちるという相変わらずの超火力で、リムルはひとまず「智慧之王(ラファエル)」にミリムに憑いている呪いの類の解析を頼みつつ時間稼ぎをします。


ただし最初に最初に殴りかかってきた時にミリムは薄く笑っていたため、恐らくミリムは「クレイマンの命令通りに動いているフリ」をしているのでしょう。

広告

【転スラ】82話のネタバレ!ベレッタがリムルの援護!

ワルプルギスがガチバトルに発展してしまい、他の魔王たちはほぼ我関せずで傍観していた中、ラミリスだけが焦りまくっています

ラミリスは完全にリムル側なので、特にミリムがクレイマン側についていることに対して魔王らしくもなく慌てまくり、ラミリスの下僕であるベレッタをリムルの加勢に向かわせようとします。


しかしギィ・クリムゾンが「これはリムルとクレイマンの喧嘩だ」と言ってそれを引き止め、更にベレッタに対して

誰に忠誠を誓っているんだ?

尋ねました。

ベレッタはリムルが召喚した上位悪魔を魔鋼製の人形に受肉させた存在なので、ラミリスが召喚したわけではありません


ギィ・クリムゾンはそれをひと目で見抜き、

二君に仕える者を魔王の従者とは認められねえな

と告げます。

ギィ・クリムゾンはこう見えて友情に厚い者で、ラミリスが古い友人であるために「その従者が主を天秤にかけるような真似は見過ごせない」という思いがありました。

そしてベレッタはギィ・クリムゾンの問いかけに対して

・この命の続く限りラミリス様に忠誠を捧げる
・一度だけリムルの役に立つことを許してほしい
・それをラミリスが臨んでいるから

こう回答し、更にベレッタはヒソヒソ話で「私はラミリス様が大好きなのです。共に研究する日々も」とギィ・クリムゾンに耳打ちし、ギィ・クリムゾンはベレッタの参戦を認めて結界を開けました。


ギィ・クリムゾンはそんなベレッタを見て懐かしいものをみるような思いに駆られており、

悪魔族は普通強い主を望むし
自身の強さによって主に認められたいと願う
だがこいつは戦う力とは別の物を重要していいるようだ
まるでアイツのように

と考えていました。

ちなみに「アイツ」とはつい先日リムルに召喚された変わり者の「原初の悪魔」のことです笑


ディアブロを召喚できた理由についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

【転スラ】82話のネタバレ!ディアブロの「誘惑者(オトスモノ)」がヤバい

そして場面は変わり、ファルムス王国に向かうヨウム達とディアブロの様子が描かれます。

ディアブロの目の前にはエドマリス国王、大司教レイヒム、宮廷魔術師ラーゼンの「肉塊」が並んでおり、これはシオンの尋問により異形の姿に変えられた結果です。


とりあえずディアブロが順番に「肉塊」をレイヒム、ラーゼンの順に元の姿に戻していき、2人ともディアブロに忠誠を誓うこととなりました。

「肉塊」になったままのエドマリス国王はその様子を見てそれに追従し、これで捕虜の3人ともディアブロの配下となりました。

そしてディアブロの恐ろしいユニークスキルである「誘惑者(オトスモノ)」を発動します。

誘惑者(オトスモノ)」の権能は

・思念支配
・魅了
・勧誘

であり、この3人のように屈服した相手を精神的に拘束し、彼らの自由意志はディアブロの制限下に置かれました。


この時点でファルムス王国は事実上瓦解し、あとはヨウム達が新しく建国するべく動くことになりますね。


ディアブロの強さや正体についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

広告

「【転スラ】82話のネタバレ!ミリム、クレイマンとの戦い勃発!」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)の漫画第82話のネタバレ最新情報について解説しました。


原作の小説書籍版とは違った展開になっており、結末は同じかもしれませんがハラハラする流れになっています。

とりあえずクレイマンがリムルに滅殺されるのは既定路線だと思うので、第83話ではミリムがクレイマンに従う意図が明かされるのかに注目です。

【転スラ】解説・ネタバレ情報

18巻
81話82話
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました