【転スラ】91話のネタバレ(漫画)!リムルとヒナタが再戦?

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)の漫画の第91話のネタバレ最新情報について解説します。


第90話では聖騎士団と法皇直属近衛師団の合議の様子が描かれ、ヒナタがテンペストに赴くことが決まりました。

ただこれは「七曜の老師」達の陰謀でもあり、彼らがヒナタに託した「竜破聖剣(ドラゴンバスター)」もどう作用するのか気になるところです。


第91話ではどんな展開になるのでしょうか。


※この記事は転スラのネタバレを含みます


転スラ91話以外のネタバレ解説はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

【転スラ】解説・ネタバレ情報

18巻
81話82話83話
19巻
84話85話86話87話
20巻
88話89話90話91話
21巻
92話
93話
94話
95話

【転スラ】91話のネタバレ(漫画)!ヒナタ・サカグチがリムルと再戦?

転スラの第91話以降では西方聖教会の動向、もっと言うとヒナタ・サカグチの動きに注目です。

西方聖教会が信仰する「ルミナス教」では「魔物は悪」が基本なので、リムルという新たな魔王が生まれたことは明らかに看過できないことです。


更に第90話では「七曜の老師」達がヒナタをテンペストに行くよう仕向けた上で、「竜破聖剣(ドラゴンバスター)」を授けて「邪竜を討て」と指示していました。
→転スラの第90話のネタバレ解説(漫画)を見る

彼らにとってはヒナタは「ルミナス様の寵愛を受ける邪魔者」であり、このチャンスに消したいのでしょう。


ただヒナタにとってもリムルとはもう一度会おうと思っていたため、「七曜の老師」に言われるまでもなくテンペストに行くつもりでした。

そこではリムルとの再戦があるかどうかが気になるところですね。
→ヒナタ・サカグチの強さや技一覧を見る

【転スラ】91話のネタバレ(漫画)!ユウキ・カグラザカの「仕掛け」とは?

転スラの第91話ではユウキ・カグラザカがどう動いてくるのか、その動向に注目です。

第86話の最後にユウキ・カグラザカは、クレイマン領が奪われたことによる損失を考えて

  • 作戦は一旦中止
  • 暫くは様子見を決め込む

としましたが、「それでもやられっぱなしは癪だよね」ということで、リムルに何かを仕掛けることを明言しています。

またユウキ・カグラザカは「手は出せなくても口は出せる」とも言っており、何か政治的な一手を打ちそうですね。
→ユウキ・カグラザカの正体や詳細を見る

【転スラ】91話のネタバレ(漫画)!ラプラスは聖神殿で何をしようとしていた?

転スラの第85話で神聖法皇国ルベリオスの聖神殿に忍び込んでいたラプラスは、途中でヒナタ・サカグチに見つかって全力逃亡、その途中でロイ・バレンタインに見つかって交戦、と散々な目に遭っていました。

結局ラプラスはクレイマンの死に逆上してその場でロイを殺し、駆けつけた聖騎士団も返り討ちにしています。


ラプラスはユウキ・カグラザカ指示を受けて聖神殿に忍び込んでいましたが、そもそもここには何があるのか、ユウキ・カグラザカは何を知りたがっていたのか、第91話以降の展開に注目です。

【転スラ】91話のネタバレ(漫画)!リムルが魔王になる=テンペストの地位も上がる?

転スラの第85話で正式に魔王として認められたリムルが統治するジュラ・テンペストも、正式に「魔王が統治する国」となったためにその地位が盤石なものになります。

ますますファルムス王国のような下手な手出しができない国となり、世界でもテンペストの地位は確実に上がるでしょう。

第91話以降ではこれが吉と出るか、新たな戦乱を巻き起こす要因となるかが注目ですね。
→転スラの魔王の一覧を見る

【転スラ】91話のネタバレ(漫画)!ファルムス王国の国盗りの状況は?

転スラの第88話ではファルムス王国との和睦協議までの経緯が描かれています。
→転スラの第88話のネタバレ解説を見る

その時はテンペストからファルムス王国にわざと莫大な賠償金を要求することで、ファルムス王国を「国王派」と「貴族派」に分断しています。

さらにタイミングよく現れた「英雄ヨウム」の存在により、ファルムス王国の腐敗した貴族を一掃するチャンスも生まれるでしょう。


またエドマリス国王やレイヒム大司教、ラーゼンは既にディアブロのユニークスキル「誘惑者(オトスモノ)」により支配下にあり、ファルムス王国の内部分裂や西方聖教会への働きかけなどは問題なく進みそうです。
→ディアブロのユニークスキルや強さを見る


第91話以降ではヨウムが上手いこと国盗りができるかに注目ですね。

【転スラ】91話のネタバレ(漫画)!東の帝国の情勢は?

転スラの第91話以降では「東の帝国」の動向にも注目です。

転スラの作中において東の帝国という国名はブルムンド王国と国交を開いた際に出てきており、この国は皇帝ルドラが統治しています。
→転スラのルドラの強さやスキルについて見る


この国は世界トップクラスの国力、人口、軍事力を誇っており、また軍事力を保つために多くの異世界人を抱えています。
→転スラの転生者や異世界人の一覧を見る

今後は東の帝国とテンペストの関係がどうなっていくのかが気になるところですね。


【期間限定】転スラの小説を音声で聴ける!(初月無料)
→転スラの小説を無料で聴いてみる

【転スラ】91話のネタバレ(漫画)!黒幕はユウキ・カグラザカ

転スラの第91話以降ではリムルがユウキ・カグラザカに対してどう対応していくのかにも注目です。


リムルはかつてイングラシアから帰る道中でヒナタ・サカグチに襲撃されており、その際に色々と情報や嘘情報をヒナタに密告したのがユウキ・カグラザカだということは察しています。

そして今回、クレイマンの背後にいる黒幕もユウキ・カグラザカだと判明し、今後は対応を考えなくてはなりません。


またクレイマンのかつてのボスであるカザリームの動向にも注目ですね。
→カザリームの正体を見る

スポンサーリンク

「【転スラ】91話のネタバレ(漫画)!リムルとヒナタが再戦?」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)の漫画の第91話のネタバレ最新情報について解説しました。


転スラの物語は一難去ってはまた一難が来る状態です。

今後もテンペスト周辺の動向には注目ですね。


転スラの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

【転スラ】解説・ネタバレ情報

18巻
81話82話83話
19巻
84話85話86話87話
20巻
88話89話90話91話
21巻
92話
93話
94話
95話

転スラの一番くじ&コラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

転スラのコラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました