【転スラ】87話のネタバレ!ヒナタや西方聖教会の動向は?

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)の第87話のネタバレ最新情報について解説します。


第86話ではフレイとカリオンが魔王を脱退したことで魔王が8人となり、十大魔王から「八星魔王」に名称が変わりました。

更にユウキ・カグラザカが最後に「リムルに仕掛けてみようと思う」と口にしており、また不穏なことがおこりそうです。


第87話ではどんな展開になるのでしょうか。


※この記事は転スラのネタバレを含みます


転スラ87話以外のネタバレ解説はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

【転スラ】解説・ネタバレ情報

18巻
81話82話83話84話
 
19巻
85話86話87話88話
89話
20巻
90話
91話92話93話
94話

スポンサーリンク

【転スラ】87話のネタバレ!テンペストに新たなレシピが追加!笑

第87話ではワルプルギスが終わり、ギィ・クリムゾン主催の食事会が開催されています。

そこで出された料理が日本出身で舌が肥えているはずのリムルですら「美味い」と絶賛するほどで、すぐさまラファエル先生に解析を頼んでいました笑

数日後にはゴブゾウやシュナが再現してテンペストの食卓に並んでいそうですね。

ちなみにこのメニューは黒毛和牛ならぬ「黒毛虎の煮込みシチュー」ということで、食卓に出されたらスフィアあたりは複雑な表情をしそうです笑


またリムルもテンペスト特産のブランデーを振る舞っており、その味にギィやダグリュールも感心しています。

ちなみにミリムがブランデーを飲んでいたのでリムルが取り上げました。最古の魔王なので20歳なんて桁外れのレベルで超えているのに笑

そんなこんなでリムルは出てきた料理を全てラファエル先生の解析にかけており、コース料理の再現が可能となります。

ラファエル先生の解析能力は料理人を失業させますね・・笑
→リムルやラファエルの能力について見る

スポンサーリンク

【転スラ】87話のネタバレ!ルイ・バレンタインとは?

場面が神聖法皇国ルベリオスに変わり、そこではロイ・バレンタインに瓜二つの男であるルイ・バレンタインが登場します。

ロイ・バレンタインは第85話でラプラスに殺されましたが、ルイ・バレンタインはロイの双子の兄であり、彼は「法皇役」です。

そして死んだロイ・バレンタインは法皇国ルベリオスの「敵役」です。

ここに関してはヒナタ・サカグチの回想シーンで真相が明かされました。

スポンサーリンク

【転スラ】87話のネタバレ!ヒナタは過去にロイ&ルイと戦っていた!

第87話ではヒナタ・サカグチの過去エピソードが回想シーンで描かれます。

ヒナタ・サカグチが教会内部でその地位を上げるにつれて法皇国ルベリオスの正体が明らかになっていき、その構図とは

  • 「鮮血の覇王」をロイが演じる
  • 「法皇」をルイが演じる
  • 教会が自作自演で魔物を倒して人々の信仰を得る

となっていました。

実際ルベリオスではこの自作自演により、国民のルミナス教への信仰を絶対的なものとしています。

スポンサーリンク

【転スラ】87話のネタバレ!ヒナタ・サカグチとルミナスの出会い!

そして回想シーンの中ではヒナタ・サカグチがロイとルイの2人を相手にしながら両方とも撃破します。影武者とは言え魔王クラスを2人同時に倒すとか、ヒナタの強さも異常ですね。
→ヒナタ・サカグチの強さや技一覧を見る

しかしそこにルミナス・バレンタインが現れ、倒されたロイとルイを見てため息をつきながら魔力を行使すると、ロイとルイが完全復活しました。

ロイとルイとの戦いで満身創痍だったヒナタはここで諦めますが、ルミナスはそんなヒナタに声をかけます。

  • 驕った考えを抱いたまま死ぬな
  • 妾の行いが悪かどうかを勝手に判断するとは何様
  • 全ての自由意思を満足させる正義などない
  • それを行えると考える方がよほど傲慢

こうしてヒナタはルミナスに傷を癒やされ、ヒナタに「七曜の試練」を受けるように命じました。

そしてヒナタは試練を乗り越え、改めてルミナスに挑むも、ルミナスに敗北したことで軍門に降ります。
→ルミナスの正体を見る

スポンサーリンク

【転スラ】87話のネタバレ!ルミナスと今後について協議!

第87話ではルミナスが帰還し、ロイが殺されたことで今後のあり方について協議が行われます。

特にワルプルギスで「新魔王・リムルの登場」「ヴェルドラの復活」という巨大イベントがあったため、「敵役」を亡くした法皇国ルベリオスにとっては大きな変革の時です。

ここではルイとヒナタより下記の案が出されます。

  • テンペストを「人類共通の敵」としてロイの代わりにする
  • ヴェルドラをつついて災厄を降らせる

1つ目のルイの案については却下で、リムルがクレイマンに向かって「邪魔する者は人も魔王も聖教会も全て等しく俺の敵だ」と発言していたからです。

更に二つ目のヒナタの案についてはヴェルドラがあまりに強力すぎるので却下となります。

ルミナスはヴェルドラに関して「意思を持つ自然エネルギーと思え」と説いており、そのアホみたいな強さを十二分に理解しているからこそヒナタの案を却下しました。
→ヴェルドラの強さについて見る

かつてヴェルドラは「戯れで夜薔薇宮(ナイトローズ)を破壊」したことでルミナスから恨みを買っており、この話をしている間もずっとルミナスが不機嫌になっています笑

スポンサーリンク

【転スラ】87話のネタバレ!天魔大戦が近い!?

第87話ではヒナタが「天魔大戦」についての懸念を口にします。

「天魔大戦」とは500年周期で起こる世界的な大戦であり、「天使族(エンジェル)」の襲来から始まります。

天使族の標的は「発展した都市」であり、これが理由でいつも文明の発達に歯止めをかける災厄として恐れられています。

大都市と言えば真っ先に思い浮かぶのがテンペストであり、リムルにとっては気の休まる暇がありませんね・・

スポンサーリンク

【転スラ】87話のネタバレ!ヒナタのリムルへの誤解は解けていた!

第87話ではヒナタがリムルについて語っています。

かつてヒナタはリムルのことを「シズエ・イザワの仇」と見なして殺そうとしており、あの戦いはリムルにとっても作中最大級の危機でした。

しかしヒナタは「恩師の姿を奪った相手だと思っていた」と過去形で語っていることから、もうこの誤解は解けているようです。

そもそもヒナタに嘘情報を流してぶつけたのはユウキ・カグラザカであり、ヒナタはこの時点でユウキ・カグラザカに対して疑念を持っているのかもしれません。
→ユウキ・カグラザカの正体を見る

スポンサーリンク

【転スラ】87話のネタバレ!主の帰還!

第87話の最後ではワルプルギスから帰還したリムルをテンペストの国民が出迎えています。

どれだけ練習したのか、リムルが現れた途端に全員が「ピッシィィ」と跪き、その人の列がはるか向こうまで続いていました笑

というかディアブロ、ファルムス王国攻略はどうした笑
→転スラのディアブロの強さや正体を見る

スポンサーリンク

「【転スラ】87話のネタバレ!ヒナタや西方聖教会の動向は?」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)の第87話のネタバレ最新情報について解説しました。


ルミナスやヒナタの口ぶりから、テンペストと聖教会の今後の関係が気になるところですね。

そして最後のリムル歓迎の様子を見る限り、テンペストでは「帰還祭」とか言ってまた祭りでも開催されそうです。

ここ最近テンペストは祭りか戦争しかしてないですね笑


転スラの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

【転スラ】解説・ネタバレ情報

18巻
81話82話83話84話
 
19巻
85話86話87話88話
89話
20巻
90話
91話92話93話
94話

転スラの一番くじ&コラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

転スラのコラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました