【初月無料】転スラ書籍版を音声で!
転スラの書籍版を読みたい・・
でも無料で読みたい・・
小説を読むのは苦手・・
それならAmazonの朗読サービス「Audible」がオススメです!
今なら1ヶ月無料(プライムなら2ヶ月無料)です!
Audibleなら場所を選ばず書籍版の朗読を聞けます!

\1冊目は無料!退会も簡単!/

転スラのルミナスの正体や強さを解説!実は覚醒魔王?

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)のルミナス・バレンタインの正体や強さ、ユニークスキル、究極能力(アルティメットスキル)などについて解説します。


ルミナスは転スラの世界において八星魔王の一人です。十大魔王の時代は影武者を立てて従者のフリをしていましたが、とある出来事により正体がバレます。

普段はメイド服姿の美少女ですが、実は魔王として絶大な力とスキルを保有しており、転スラの物語においても重要なキャラとなります。


まずはルミナスの表向きの正体と真の正体について詳しく見ていきましょう。

<この記事で分かること>
◯転スラのルミナスの正体
◯転スラのルミナスの強さやスキル、究極能力


※この記事は転スラのネタバレを含みます


転スラ関連の他の記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

転スラの解説&考察

広告

転スラのルミナス・バレンタインの正体は?

ここでは転スラのルミナスについて、表向きの正体や本当の正体について解説します。

作中でルミナスが初登場した際は魔王バレンタインの従者のメイドとしてワルプルギスに同席しており、このことから西方聖教会関連の人物であることが分かります。

ルミナスの見た目はメイド服やコスロリ風の服装をした銀髪の美少女で、容姿だけを見ると魔王達と肩を並べるキャラには見えません。

しかしミリムのように見た目が子供でも天災級(カタストロフ)という例もあり、転スラにおいては容姿と強さはあまり関係ないようです笑

広告

普段のルミナス・バレンタインはメイド服姿の美少女

ルミナスが初登場した漫画17巻の第78話では、魔王バレンタインの従者のメイドとしてワルプルギスに同席しています。


先述のとおりルミナスの容姿は「可愛いメイド」にしか見えず、体格も小柄で華奢なのでとても強そうには見えません。

しかしリムルは一目見て、ルミナスの魔素量が魔王バレンタインを軽く凌駕していることを見抜きました。

またリムルはルミナスから漂う強者感から、少なくとも魔王の従者のメイドなどをしているような人物ではないことを感じていました。

広告

ルミナス・バレンタインの表向きの正体は西方聖教会が信仰する神

ルミナスの表向きの正体としては、西方聖教会が信仰する「」そのものです。


西方聖教会は「ルミナス教」の信仰の布教を目的とした組織で、ルミナスは「神」なので表舞台には立たず、裏から国を支配しています。

また神聖法王国ルベリオスには西方聖教会が奉る法皇がいますが、この法皇・ルイはルミナスの配下であるため、西方諸国は事実上ルミナスが支配していることになります。


「ルミナス教」においては魔物が絶対悪とされており、「魔物の殲滅」を教義の一つとしています。

ヒナタがリムルを襲撃した際の有無を言わさぬ様子からもそれが見て取れますね。

広告

ルミナス・バレンタインの本当の正体は吸血鬼族(ヴァンパイア)の魔王

ルミナスの本当の正体は吸血鬼族(ヴァンパイア)出身の魔王です。元々は吸血鬼族の真祖の姫君という立場で、ルミナスの高貴な立ち振舞いはその生まれが理由です。


ヴァンパイアは魔物中でも上位種族であり、本来であれば「ルミナス教」にとって殲滅するべき対象です。

しかし「ルミナス教」の神であるルミナスの正体は「夜魔の女王(クイーン・オブ・ナイトメア)」という異名を持つ魔王で、当然ながら西方諸国において誰も知らない事実です。

広告

ルミナス・バレンタインが正体を隠してルミナス教を布教していた目的

そもそもルミナスが吸血鬼族(ヴァンパイア)という事実を隠し、国を裏から支配していた目的については、端的に言うと「美味しい血を飲むため」です。

ヴァンパイアの食事は言うまでもなく人間の血ですが、ヴァンパイアにとっては「幸福感を感じている人間の血は上質」なんだそうです笑


その昔、魔物が猛威を振るう世界においては「幸福な人間」が少なく、ヴァンパイアにとっては低質な生き血しか得らなかったため、ヴァンパイアにとってもこの状況は死活問題でした。

そこで魔物を絶対悪とする「ルミナス教」を開祖し、

・ルミナス教を信仰する民を魔物から保護する
・民が幸福になる
・上質な生き血を飲める

という、ヴァンパイアと人間が持ちつ持たれつの関係となって今に至ります。

広告

ルミナスとクロエ(クロノア)は特別な関係

ヴェルドラが戯れでルミナスの都を襲撃した際、当時の勇者クロノアがヴェルドラを封印したことで事態が収拾しました。

ルミナスにとってはクロノアは命の恩人であり、初めて出来た友達であり、敬愛してやまない人物となります。

そこからルミナスとクロノアは仲良くなり、「氷の棺に入ったクロエ」を預かっていました。


それだけに、ワルプルギスの後にクロエの棺が強奪されていた際には、ルミナスは作中で一番大激怒したシーンとなっています。

広告

転スラのルミナス・バレンタインのユニークスキルや究極能力、強さを解説!

ここまでルミナスの表向きの正体や真の正体などについて解説してきました。


ルミナスは八星魔王に名を連ねる力を持っており、一般人や一般魔物からしたら桁外れ過ぎる強さを持っています。

ここではルミナスの強さやユニークスキル、究極能力などについて詳しく見ていきましょう。

広告

ルミナス・バレンタインは吸血鬼族なのに太陽光を克服!

吸血鬼族(ヴァンパイア)最大の弱点は何と言っても太陽の光です。

通常のヴァンパイアであれば日中に外に出ようものなら太陽光によって灼かれて焼失してしまいます。

しかしルミナスはヴァンパイア唯一の弱点である太陽光を克服した「超克者」であり、魔物の中でも最上位の存在の一人となります。

広告

ルミナス・バレンタインのユニークスキルは「色欲者(ラスト)」

ルミナスのユニークスキルは「色欲者(ラスト)」で、このスキルは世にも珍しく生と死を司るものです。


このユニークスキルは圧倒的な攻撃力や堅牢な防御力を発揮するといったものではないので、直接戦闘に使うものではありません。

ルミナスのユニークスキル最大の特徴はその回復能力であり、後述する究極能力に進化した後はその回復能力が極限まで引き上げられます。

広告

ルミナス・バレンタインの究極能力「色欲之王(アスモデウス)」

ルミナスがワルプルギスに同席している間に、ユウキ・カグラザカの手によってクロエの棺を強奪されてしまい、ルミナスは大激怒しました。

その際にユニークスキル「色欲者(ラスト)」が究極能力「色欲之王(アスモデウス)」に進化します。


究極能力「色欲之王(アスモデウス)」は「色欲者(ラスト)」と同様に生と死を司る権能があり、その力は死者蘇生すら可能にしています。

作中ではヒナタ・サカグチの死亡時にこの究極能力を発動して蘇生させました。

広告

ルミナス・バレンタインの強さや能力

ルミナスのスキルは前述の通り回復能力に優れたものであるため、戦闘でそのまま使えるものではありません。

しかしルミナスはそもそも吸血鬼族(ヴァンパイア)という上位種族出身である上に、覚醒魔王として桁外れの魔素量を誇るために強さ・戦闘能力も半端じゃありません。


過去にルミナスの統治する夜薔薇宮(ナイト・ローズ)をヴェルドラに破壊され、ブチ切れたルミナスがヴェルドラと戦っています。

この時はヴェルドラを止めきれなかったとは言え、あの暴風竜とやり合えるだけでも十分過ぎる強さを持っています。

広告

ルミナス・バレンタインの正体は覚醒魔王

ルミナスは覚醒魔王(真なる魔王)であり、「十大魔王」の時代には魔王の中でも上位クラスの強さを持っていました。

名称が「八星魔王」と変わってからも他の魔王に劣らない力を持っていますが、戦闘向きではない究極能力の特性上、戦闘で目立つことは少なめです。

しかし覚醒魔王としての膨大な魔素量や、究極能力「色欲之王(アスモデウス)」により、転スラの物語においても非常に重要な役割を担います。

広告

転スラのルミナス・バレンタインの配下・三公の正体と強さを解説!

ここまでルミナスの正体や強さ、究極能力(アルティメットスキル)などについて解説してきました。

ルミナスには直属の配下である「三公」が存在しており、転スラのストーリーにも関わってくるのでその強さや正体などをご紹介します。

広告

ルミナスの配下「三公」:ルイ・バレンタイン

ルイ・バレンタインはルミナスの直属の配下の一人で、表向きの正体としてはルベリオス法皇です。

ルイは「ルミナス教」の開祖以降、およそ1500年に渡って法皇としてその教えを支えているルミナス忠実な忠臣で、その強さも半端ではありません。


ルイの強さについては、あまりに強すぎる力であるが故にルミナスしか制御できず、ルミナスは後述するロイ・バレンタインという存在を切り分け姉弟として存在させることで安定していました。

しかしラプラスによってロイが殺された際に姉弟は一つに戻り、本来の強さに戻ります。

広告

ルミナスの配下「三公」:ロイ・バレンタイン

ロイ・バレンタインは先述の通りルイ・バレンタインから切り分けられた存在です。

ルミナスから魔王が代替わり(表向きは)して以降、「鮮血の覇王(ブラッディーロード)」の異名と共に魔王バレンタインとして君臨していました。

先述のルイが法皇としての座に就き、ロイは魔王として君臨するという体制で、1500年もの間統治してきました。


ロイはルミナスには遠く及ばないものの、かつての呪術王カザリームと互角に渡り合うほどの強さを持っています。

しかし自信過剰な性格であることが災いして、作中ではワルプルギスの後にラプラスによって殺されました

広告

ルミナスの配下「三公」:ギュンター・シュトラウス

ギュンターはルミナスの執事を務める人物で、その強さは「三公」の中でも随一です(ただしロイを取り込んで完全体となったルイには敵いません)。

見た目は老齢の男ながら何でもできるため、執事の鑑のような男です。


国の政治についてはギュンターに一任されている他、ルミナスの紅茶の用意から護衛までこなす完璧超人で、実質的に国を統治しているのはギュンターと言えます。

裏技!転スラのアニメを無料で見る方法!

転スラのアニメを見たい!

見たいけど無料がいい!

それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録するとアニメは見放題です☆

転スラのアニメであれば何話でも見放題です。

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


転スラを見終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの10万作品を超える映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。


U-NEXTの登録は簡単30秒!転スラのアニメを無料で見る!

※解約も簡単! 無料期間中に解約すれば0円です

広告

「転スラのルミナスの正体や強さを解説!実は覚醒魔王?」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)のルミナス・バレンタインの正体や強さ、ユニークスキル、究極能力(アルティメットスキル)などについて解説しました。


ルミナスは八星魔王の一人として作中でも相当な強さを持つキャラクターですが、それ以上にヒナタやクロエとの絡みで重要な役割を担います。

また「ルミナス教」の成り立ちや歴史、魔物が絶対悪の教義の中においてルミナスの正体が吸血鬼族であることも非常に面白いところですね。


転スラの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

転スラの解説&考察

コメント

【初月無料】転スラ書籍版を音声で!
転スラの書籍版を読みたい・・
でも無料で読みたい・・
小説を読むのは苦手・・
それならAmazonの朗読サービス「Audible」がオススメです!
今なら1ヶ月無料(プライムなら2ヶ月無料)です!
Audibleなら場所を選ばず書籍版の朗読を聞けます!

\1冊目は無料!退会も簡単!/
タイトルとURLをコピーしました