【転スラ】85話のネタバレ!覚醒したクレイマンとの決着

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)の第85話のネタバレ最新情報について解説します。


第84話ではついにリムルとクレイマンの一騎討ちとなりました。クレイマンは本来の姿である「喜狂の道化(クレイジーピエロ)」へと変貌し、リムルと相対します。

しかしリムルはクレイマンを圧倒し、その上でこれまでの悪事も次々にバラしていきました。

さらにミリムも「操られていた演技」をしていたことも発覚し、いよいよクレイマンが追い詰められます。


第85話では前話で覚醒したクレイマンがどんな強さを見せるのか、はたまたどんな負けっぷりを見せるのかに注目です。


※この記事は転スラのネタバレを含みます


転スラ85話以外のネタバレ解説はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

【転スラ】解説・ネタバレ情報

18巻
81話 82話 83話 84話
 
19巻
85話 86話 87話 88話
89話

スポンサーリンク

【転スラ】85話のネタバレ!リムルとクレイマン戦は決着?

第84話から始まったリムルとクレイマンの一騎討ちですが、かたや魔王最弱と言っても過言ではないクレイマン、かたや作中随一のチートキャラのリムルなので、正直勝負にすらならないでしょう。

第85話では追い詰められたクレイマンが覚醒し、これまでよりは強くなるでしょうが、それがどこまでリムルに通用するかに注目ですね。

スポンサーリンク

【転スラ】85話のネタバレ!クレイマンを倒したらリムルが十大魔王に?

第81話でクレイマンが長々とホラ話を演説し、リムルを謀殺しようとしていました。

しかし一つの証拠も無い弁論で他の魔王達もコメントのしようもなく、更にリムルが臨戦態勢に入ったことで戦う流れになります。

その際、ギィ・クリムゾンが「オレ達の前でクレイマンに勝てたならお前が魔王を名乗ることを許そう」と口にしていました。

よって第85話以降にリムルがクレイマンに勝利したら、名実ともに魔王の仲間入りとなります。

スポンサーリンク

【転スラ】85話のネタバレ!黒幕はユウキ・カグラザカ

第85話で以降ではリムルがユウキ・カグラザカに対してどう対応していくのかにも注目です。


リムルはかつてイングラシアから帰る道中でヒナタ・サカグチに襲撃されており、その際に色々と情報や嘘情報をヒナタに密告したのがユウキ・カグラザカだということは察しています。

そして今回、クレイマンの背後にいる黒幕もユウキ・カグラザカだと判明し、今後は対応を考えなくてはなりません。


またクレイマンのかつてのボスであるカザリームの動向にも注目ですね。

スポンサーリンク

【転スラ】85話のネタバレ!ファルムス王国の国盗りの状況は?

ワルプルギスでドンパチしている一方で、ヨウム達はファルムス王国に向かっています。

エドマリス国王やレイヒム大司教、ラーゼンは既にディアブロのユニークスキル「誘惑者(オトスモノ)」により支配下にあり、ファルムス王国の内部分裂や西方聖教会への働きかけなどは問題なく進むでしょう。


第85話以降ではヨウムが上手いこと国盗りができるかに注目です。

スポンサーリンク

【転スラ】85話のネタバレ!西方聖教会とヒナタ・サカグチの動向は?

第85話以降では西方聖教会の動向、もっと言うとヒナタ・サカグチの動きに注目です。

西方聖教会が信仰する「ルミナス教」では「魔物は悪」が基本なので、リムルという新たな魔王が生まれたことは明らかに看過できないことです。


更に先述のレイヒム大司教を通じてリムルがヒナタ・サカグチに接触すると思われ、ヒナタ・サカグチが強硬な姿勢を取る場合はリムルとの対決という展開になりますね。

スポンサーリンク

「【転スラ】85話のネタバレ!覚醒したクレイマンとの決着」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)の第85話のネタバレ最新情報について解説しました。


リムルがクレイマンをボコすのは既定路線として、やはりどんな形でトドメを刺すのかに注目です笑

クレイマンを倒せばワルプルギス編は一段落し、その次はディアブロやヨウム達によるファルムス王国での国盗りとなりそうですね。


転スラの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

【転スラ】解説・ネタバレ情報

18巻
81話 82話 83話 84話
 
19巻
85話 86話 87話 88話
89話

【無料お試し】転スラ原作小説が無料!
転スラの原作小説を読みたい・・
でも小説や活字を読むのは苦手・・

それなら朗読サービス「Audible」がオススメです!

リムル役の声優岡咲美保の朗読で転スラの世界にどっぷりハマります!
小説を読むのが苦手でもリラックスして聴けて、しかも初月は完全無料です!
→転スラの原作小説をAudibleで聴いた体験談と感想を読む

コメント