【転スラ】108話のネタバレ(漫画)!マサユキがリムルと敵対!?

【転スラ】108話のネタバレ(漫画)!マサユキがリムルと敵対!?

記事内に広告が含まれています

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)の漫画の第108話のネタバレ最新情報について解説します。

第107話ではマサユキが初登場しました。

第108話ではどんな展開になるのでしょうか。

この記事で分かること
  • 転スラの第108話のネタバレ
  • マサユキの動向
  • 開国祭の準備状況

※この記事は転スラのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

転スラ第108話以外のネタバレ情報はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

【転スラ】解説・ネタバレ情報

18巻
81話 82話 83話  
19巻
84話 85話 86話 87話
20巻
88話 89話 90話 91話
92話      
21巻
93話 94話
95話
96話
22巻
97話 98話
99話 100話
101話      
23巻
102話 103話
104話
105話
24巻
106話 107話
108話
109話
25巻
110話 111話
112話
113話
26巻
114話 115話
116話
117話
27巻
118話 119話
120話
121話
転スラの解説&考察

【転スラ】108話のネタバレ(漫画)!マサユキが「奴隷商会(オルトロス)」を潰す!?

転スラの第108話ではマサユキが「奴隷商会(オルトロス)」を潰すのかどうか注目です。

 

107話ではマサユキが異世界召喚されてからの様子が描かれていました。
→転スラの第107話のネタバレ解説を見る

そしてマサユキはユニークスキル「英雄覇道(エラバレシモノ)」を獲得し、あれよあれよという間に「勇者」「英雄」などと呼ばれるようになります。

それから1年後、マサユキからユウキに呼び出され、「奴隷市場」関連の依頼を受けるのです。

 

 

108話ではユウキの依頼により、マサユキ一行は奴隷市場の調査の手伝いを依頼されました。

内容としては奴隷市場をぶっ潰すのではなく、マサユキの勇名を活かし、奴隷市場があるバラキア王国の目を引き付けるのです。

この依頼についてはマサユキの仲間たちも満場一致で快諾しており、特に107話で登場した超荒れくれ者のジンライはすっかり落ち着いています笑

またマサユキの仲間の一人、バーニィは実はアメリカ出身の異世界人であり、イングラシアで学んだ魔法を扱う強力な魔法使いです。

さらに紅一点・ジウは最初こそマサユキにめっちゃ突っかかってきていたのに、マサユキのユニークスキル「英雄覇道(エラバレシモノ)」にすっかりやられてメロメロになっていました笑

そんなこんなで、マサユキ一行はユウキ・カグラザカの依頼を引受け、バラキア王国に向かうのです。

【転スラ】108話のネタバレ(漫画)!バラキア王国で早速決定的瞬間を目にしてしまう!笑

転スラの第108話ではマサユキ達がバラキア王国に入り、そこで貴族の堅苦しい挨拶をされ、すっかりマサユキが疲れ切っていました。

さらには迎賓館があまりに広すぎて、マサユキはトイレに行っただけで迷子になります笑

そんな中、マサユキが話し声を聞きつけ、道を聞こうと部屋を覗くと、中では伯爵と公爵が密談していました。

 

 

  • ジュラの大森林より攫ったエルフは奴隷として逸品揃い
  • 閣下の奴隷商会(オルトロス)での地位も確固たるものになる
  • それで私の幹部推薦の件ですが・・・

と、ガッツリ汚職現場を見てしまったのです笑

ここで公爵がマサユキの存在に気づき、開き直った伯爵が自らの頬をナイフで「ちょびっと」切り、「勇者様ご乱心」ってことでマサユキを確保しようとしました。

しかしそんな伯爵を後ろから公爵が剣をぶっ刺します。流れるようなトカゲの尻尾切り。

そして公爵は衛兵を呼びつけ、マサユキを確保しようとしますが、そこにジンライ、バーニィが駆けつけて衛兵共を蹴散らしました。

【転スラ】108話のネタバレ(漫画)!ジウが証人を治療!

転スラの第108話では騒ぎが大きくなり、迎賓館に大量の衛兵が押し寄せます。

流石にバラキア王国の公爵が相手なため、証言の信ぴょう性では敵わず、普通に考えればマサユキ達は伯爵殺しの濡れ衣を着せられるところです。

しかしマサユキのユニークスキル「英雄覇道(エラバレシモノ)」により、こんな程度のピンチはすぐにひっくり返ります。

 

 

まずジウが伯爵に回復魔法を施し、致命傷だったはずの傷を完全回復させました。回復能力半端ねぇ・・

そして絶妙過ぎるタイミングでバラキア王が駆けつけるのです。このタイミングの良さも「英雄覇道」の効果でしょうね笑

で、バラキア王の前で「公爵にぶっ刺された伯爵」と共にマサユキが事の顛末を話しました。

こうしてバラキア王は、

  • 公爵が奴隷商会(オルトロス)の幹部だった
  • 奴隷商会(オルトロス)の本拠地はバラキア王国にある
  • バラキア王国を隠れ蓑に、オルトロスは西側諸国全体に影響するほど成長している

と知り、その場にいた勇者・マサユキに助けを求めました。

 

その後、バラキア王が自由組合(ギルド)を通して正式に依頼を出し、ユウキ・カグラザカの指示の元でマサユキの元には相当数の冒険者が集まりました。

【転スラ】108話のネタバレ(漫画)!オルトロスとの全面戦争!

転スラの第108話ではマサユキの元に集まった冒険者達2000人を、マサユキの

い・・行くぞー

という迫力も威厳もゼロの掛け声で鼓舞します笑

 

 

しかしこんな掛け声でも、ユニークスキル「英雄覇道」の影響により全員が鬼気迫る形相で向かっていくのです。

さらに「英雄覇道」の権能により、彼らの攻撃が全てクリティカルヒットするという訳の分からんチート状態になっています。

オルトロスには歴戦の猛者や魔獣がいたものの、全弾クリティカルヒットを連発してくる2000人の戦士達の前では次々に瞬殺されていきました。

こうしてオルトロスはあっという間に全滅しています。

ちなみにマサユキは一回も剣を振ることなく、何もせずに終わりました

【転スラ】108話のネタバレ(漫画)!マサユキがリムルと接触!?

転スラの第108話ではオルトロスを完膚無きまでにぶっ潰し、マサユキ達がバラキア王国に凱旋します。

そこでは国王達がマサユキに跪いてお礼を言っており、全く何もしていないマサユキは「僕だけの力じゃありませんから」と本心から口にするのです笑

 

ただここでバラキア国王が「もう一つお頼みしたいことが」と持ちかけてきました。

実はバラキア王国で秘密裏に囚われていたエルフの中には、ジュラの大森林から攫われた者も多くいたのです。

当然ながらそのエルフ達は解放するところなのですが、この時のジュラの大森林を支配していたのが魔法リムルであり、バラキア国王は

 

 

エルフ達が魔王に被害を訴えたら
バラキアは魔王リムルに滅ぼされる

と戦々恐々としていました。

まあリムルはエルフの美人に弱いので、確かにエルフの可愛いお姉さん達がひどい目に遭ったと聞いたら国の一つや二つ滅ぼすかも笑

 

こうしてマサユキは、テンペストにエルフの皆を連れて行くことになりました。

ただ「勇者マサユキがテンペストに出向く」という噂は、いつの間にか

勇者マサユキが魔王討伐を決意した

というデマとなって広まっていくのです笑

そんなことはつゆ知らず、マサユキはテンペストに旅行にでも行くような気分で向かいました。

【転スラ】108話のネタバレ(漫画)!リムルが王族接待!

転スラの第108話では場面が変わり、開国祭前夜を迎えているテンペストの様子が描かれます。

ミョルマイルの手腕もあり、膨大な人数が押しかけているテンペストにおいても大きな混乱が起きておらず、滞り無く宿に通していました。

そんな中、リムルが人型に化け、珍しく正装しています。

何故ならこの日は、

 

 

ブルムンド王と王妃がテンペストを訪問していたのです。

ファルムス王国を内部から色々いじくる際にもブルムンド国王の働きかけがあり、お陰で円滑にヨウムを国王に据えることができました。

ブルムンド王国はテンペストにとって最初に協力関係になった人間の国でもあり、フューズを通して今度も心強い味方となりそうですね。

 

ちなみにブルムンドのカザック子爵奴隷商会(オルトロス)と繋がっていた件については、既にブルムンド王が身分と財産を剥奪し、国外退去させていました。

その裏では先程お話した通り、マサユキがオルトロスをぶっ潰したという背景があります。

 

さらにはリムルがブルムンド王に、

  • ドワルゴンとサリオンの文化と技術をテンペストで結びつける
  • これにより夢のような産業革命を巻き起こす
  • 立地的にブルムンドにはいずれ流通の中心地になってほしい

と離しており、ブルムンド王も王妃も食い入るように聞いていました。

二人ともその話には興味津々で、リムルの希望を聞いてくれそうですね。

【転スラ】108話のネタバレ(漫画)!ガゼル王が登場!

転スラの第108話では次々と要人が現れており、ドワルゴン国王のガゼルも来ています。

ガゼルは差し入れのドーナツがあまりに美味すぎることに驚愕しつつ、

ヒナタ・サカグチと引き分けた」と公式発表されているが
本当は貴様が勝利したのだろう

と見抜いていました。

というのも引き分けなんて結果があまりに都合が良すぎており、ガゼルは「自分が負けたことにしようとか言い出した上での妥協案だろう」と、水晶玉でも見ていたかのように全てお見通しです笑

ただリムルはヒナタに勝ったことについても、「スキルの恩恵のお陰」「ラファエル抜きの俺ならゴブタあたり」と考えていました。

まあゴブタも見た目はあんなんですが、実は戦闘センス抜群の天才ですしね・・

そんなリムルの様子を見たガゼル王は「謙虚過ぎるのも問題」「他者に舐められぬよう振る舞うのも王の役目」と語った上で、

 

 

勇者マサユキがこちらに向かっている
よもや諾々と討たれるつもりでもあるまい

と口にするのです。

マサユキはエルフを返しに来るだけなのですが、「リムルを討伐するつもり」という噂が絶えないようですね。

人の噂とは恐ろしい笑


【期間限定】転スラの小説を音声で聴ける!(初月無料)
→転スラの小説を無料で聴いてみる

【転スラ】108話のネタバレ(漫画)!西方聖教会とドワルゴンの関係が軟化!

転スラの第108話ではガゼルが話題をヒナタに戻し、

  • ヒナタと言えば西方聖教会
  • これまで我らドワーフを「魔物に近しい者」と毛嫌いしてきた
  • なのに急に態度を軟化させた
  • 全て話せ。どうせ貴様がからんでいるのだろう。

と詰め寄ります笑

 

 

で、リムルは流石にルミナスの正体とかは隠しつつ、ルベリオスの内情七曜の老師の腐りっぷりなどをぶっちゃけ、ガゼルはこの日だけで何度目かの驚愕した顔を見せていました笑

ガゼルにとってみれば数十年、数百年動かなかった情勢が、リムルが来てからバカスカ変わっていくために楽しくてしょうがないでしょうね。

「【転スラ】108話のネタバレ(漫画)!マサユキがリムルと敵対!?」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)の漫画の第108話のネタバレ最新情報について解説しました。

マサユキがテンペストに向けて出発しており、「リムル討伐」というデマを引っ提げてテンペスト入りしそうです。

次話ではいよいよ開国祭も始まりそうですね☆

 

転スラの第108話以外のネタバレ情報はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

【転スラ】解説・ネタバレ情報

18巻
81話 82話 83話  
19巻
84話 85話 86話 87話
20巻
88話 89話 90話 91話
92話      
21巻
93話 94話
95話
96話
22巻
97話 98話
99話 100話
101話      
23巻
102話 103話
104話
105話
24巻
106話 107話
108話
109話
25巻
110話 111話
112話
113話
26巻
114話 115話
116話
117話
27巻
118話 119話
120話
121話
転スラの解説&考察

期間限定!転スラのアニメを無料で見る方法!

転スラのアニメを見逃した!

見たいけど無料がいい!


それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録するとアニメは見放題です☆

転スラのアニメであれば何話でも見放題です。

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


転スラを見終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの10万作品を超える映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。


\登録は30秒!転スラのアニメが無料!/

/※解約も簡単!無料期間中なら0円!\

転スラの一番くじ&コラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

転スラのコラボグッズ一覧

コメント

error: Content is protected !!