【転スラ】84話のネタバレ!リムルとクレイマン戦が決着?

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)の第84話のネタバレ最新情報について解説します。


第83話ではリムル陣営とクレイマン陣営の戦闘に大きな動きがありました。

  • リムル vs ミリム → ヴェルドラ vs ミリム(選手交代)
  • ランガ vs 九頭獣 → 九頭獣を解放
  • ベレッタ vs ビオーラ → ベレッタ勝利
  • シオン vs クレイマン → シオンが圧倒

ミリム以外はリムル陣営が圧倒しており、第84話は残るクレイマンをリムルが相手するところから始まります。

クレイマンは柄にもなく本気モードで服を破り捨て、「喜狂の道化(クレイジーピエロ)」の姿になりますが、チート仕様のリムルがどう料理するのでしょうか。


※この記事は転スラのネタバレを含みます


転スラ84話以外のネタバレ解説はこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

【転スラ】解説・ネタバレ情報

18巻
81話 82話 83話 84話
 
19巻
85話 86話 87話 88話
89話

スポンサーリンク

【転スラ】84話のネタバレ!「喜狂の道化(クレイジーピエロ)」クレイマンとの戦闘!

第84話では「喜狂の道化(クレイジーピエロ)」状態のクレイマンとリムルの戦闘が始まりました。

クレイマンは6本腕を活かして様々な武器を生成して波状攻撃を仕掛けてきますが、リムルには一切通用せずにあっという間に腕2本ぶった斬られます。


ここまでリムルは一切魔素も使っていないので、単純な近接戦闘だけでも圧倒していますね。

スポンサーリンク

【転スラ】84話のネタバレ!クレイマンの悪事が全バレ

第83話でクレイマンの城にいたソウエイがリムルにあるものを渡していました。それが第84話で明らかになり、それはクレイマンの行動が記録された宝珠でした。

その宝珠からはこれまでのクレイマンの行いが投影され、

  • ティアがフォビオを煽ってカリュブディスに依り代に仕立てた
  • クレイマンの部下を脅迫していた
  • フットマンの「あの方」発言

などが明らかになります。


フットマンの言う「あの方」とはクレイマンの背後にいる黒幕のことで、リムルがその正体を聞き出そうとするとクレイマンは「操魔王支配(デモンマリオネット)」を発動してリムルを支配しようとしました。

そんなもんはラファエル先生がいたら空気でしかありませんが笑

スポンサーリンク

【転スラ】84話のネタバレ!フレイの回想:ミリムを操った経緯

第84話ではフレイが少し前の出来事を回想するシーンがあります。

クレイマンの記録媒体である宝珠からのネタバレにより、フレイは「カリュブディスをダシに随分こき使ってくれものだこと」と思いながら、数ヶ月前にミリムが訪問してきた時のことを思い出していました。


ミリムは魔王の中でもフレイとは仲良しで、ミリムはテンペストでの四方山話に花を咲かせます。

  • テンペストでリムルという親友ができた
  • リムルにドラゴンナックルを貰った
  • 蜂蜜めっちゃ美味い
  • カレーめっちゃ美味い
  • 可愛い服も貰った

そしてフレイはクレイマンから渡されていた腕輪をミリムにプレゼントし、早速ミリムにつけさせました。

すると世界の声から「禁呪法 操魔支配が発動」「成功しました」という声が響き、ミリムはその腕輪の支配下に置かれます。


その後、クレイマンが陰から現れ、支配下に落ちたミリムを見て小物っぽく満足気に高笑いしながらミリムにビンタしていました。


ちなみにミリムには「狂化暴走(スタンビート)」という防衛回路があり、例え支配下に置いていても、自動でそれが発動してしまうと辺り一体は消し飛びます。

フレイからそれを聞いたクレイマンはわかりやすくたじろいでおり、こういうところも小物感満載ですね。

スポンサーリンク

【転スラ】84話のネタバレ!ミリムとの戦闘を楽しむヴェルドラ

一方でミリムの相手をしていたヴェルドラは聖典(=漫画)から編み出したヴェルドラ流闘殺法の数々を披露しており、その中で某かめはめ波に似た技などを放っていました。


そもそもミリムと互角以上に渡り合っている者がいること自体が異常で、クレイマンはその様子を見てわかりやすく狼狽えています。

その正体がヴェルドラだと聞き、戦況は絶望的と判断したクレイマンはミリムに「狂化暴走(スタンビート)しなさい」と命令します。

スポンサーリンク

【転スラ】84話のネタバレ!ミリムが操られている演技のネタばらし

第84話にして遂にミリムがネタばらしします。クレイマンの「狂化暴走(スタンビート)しなさい」の命令にミリムは

何故そんなことをする必要があるのだ?
リムル達は友達なのだぞ

と言い放ち、いつもの表情豊かなミリムに戻っていました。

結局クレイマンに操られていたのは全て演技で、フレイがつけさせた腕輪は何の効力も無かったようです。


操られていた演技をしていた理由はクレイマンの企みを探るためで、クレイマンを騙すために一応あの腕輪の呪法にもワザとかかったようです。

実際ミリムが腕輪をつけた時に「世界の声」が「成功しました」と言っていたので呪法自体は成功していたのでしょう。

しかし最古の魔王であるミリムを操るには至らなかったようですね。


ちなみにミリムの演技を見ていたフレイは「バレバレ」と評していたものの、リムルやラミリスはすっかり騙されていました笑

スポンサーリンク

【転スラ】84話のネタバレ!カリオン登場!

ここでカリオンも姿を現します。

フレイの側近としてついていたライオン頭の獣人は実はカリオンで、クレイマンはフレイから「カリオンは死んだ」と報告を受けていたために仰天しています。

クレイマンが「だがフレイの報告では・・」と呟くと、フレイは

あら。いつから私が貴方の味方だと勘違いしていたの?」と、美しい笑顔でBLEACHの藍染惣右介(あいぜんそうすけ)みたいなことをサラッと言います。

スポンサーリンク

【転スラ】84話のネタバレ!クレイマンが覚醒

クレイマンの語る「あの方」とはユウキ・カグラザカのことで、かつての主であるカザリームも今やユウキ・カグラザカの配下です。

そして「全て失敗に終わった」と悟ったクレイマンは最後の最後、これまで集めた魂を魔素に変換し、最後のあがきを見せます。

クレイマンが真なる魔王(覚醒魔王)になるには恐らく魂の数が足りていませんが、それでも少なくともそれまでのクレイマンよりは強くなっていそうです。

第85話で決着がつきそうですね。

スポンサーリンク

「【転スラ】84話のネタバレ!リムルとクレイマン戦が決着?」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)の第84話のネタバレ最新情報について解説しました。


クレイマンを倒せばワルプルギス編は終結し、リムルは名実ともに魔王として認められることになります。

クレイマンの死亡フラグが立っている限り勝利は確定しているので、リムルがどんな形で圧倒するのかが楽しみですね☆


転スラの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

【転スラ】解説・ネタバレ情報

18巻
81話 82話 83話 84話
 
19巻
85話 86話 87話 88話
89話

【無料お試し】転スラ原作小説が無料!
転スラの原作小説を読みたい・・
でも小説や活字を読むのは苦手・・

それなら朗読サービス「Audible」がオススメです!

リムル役の声優岡咲美保の朗読で転スラの世界にどっぷりハマります!
小説を読むのが苦手でもリラックスして聴けて、しかも初月は完全無料です!
→転スラの原作小説をAudibleで聴いた体験談と感想を読む

コメント