【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!武闘大会の本戦が開幕!

記事内に広告が含まれています

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)の漫画の第113話のネタバレ最新情報について解説します。

第112話ではついに武闘大会に出場する面々が発表されました。

第113話ではどんな展開になるのでしょうか。

この記事で分かること
  • 転スラの第113話のネタバレ
  • マサユキの動向
  • 開国祭の状況

※この記事は転スラのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

転スラ第113話以外のネタバレ情報はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

【転スラ】解説・ネタバレ情報

18巻
81話82話83話 
19巻
84話85話86話87話
20巻
88話89話90話91話
92話   
21巻
93話94話
95話
96話
22巻
97話98話
99話100話
101話   
23巻
102話103話
104話
105話
24巻
106話107話
108話
109話
25巻
110話111話
112話
113話
26巻
114話115話
116話
117話
転スラの解説&考察

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!武闘大会の本戦が開幕!

転スラの第113話ではついにテンペストの武闘大会の様子に注目です。

 

110話では開国祭の前夜祭が開催され、スピアトロの活造りやエルメシアの来訪、ミリム一行(特にミッドレイ)への料理の振る舞いなどが描かれました。
→転スラの第110話のネタバレ解説を見る

そして前夜祭の時点で大盛り上がりとなっており、いよいよ開国祭が開幕となります。

 

111話ではついに開国祭が始まり、歌劇場でのシュナ&シオンの演奏、博物館での技術発表会などが披露されていました。
→転スラの第111話のネタバレ解説を見る

 

112話では武闘大会の本戦出場者が決定しました。
→転スラの第112話のネタバレ解説を見る

そのメンバーはマサユキ、ジンライ、ガイ、ゴズール、メズール、獅子覆面(=カリオン)、ゴブタ、ゲルドの8名です。

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!武闘大会の本戦が開幕! (C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

113話では武闘大会の会場に突如デカい門が現れ、中からリムルが出てきました。

そしてリムルは武闘大会の本戦に勝ち残った面々に賞賛の言葉を贈りつつ、

今日の試合に勝ち抜いて明日の決勝で勝利すれば、
その武勇は我が国のみならず
西側諸国全域で語り継がれることになる

と激励するのです。

また一人だけ特別な参加者がいて、勇者マサユキに限っては「優勝=リムルへの挑戦権」となります。

リムルにとっては、この武闘大会本戦こそがマサユキの実力を測れるチャンスでもありますね。

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!ゴブタが出場した経緯とは?

転スラの第113話では本戦に残っているゴブタの回想シーンが描かれます。

そもそも猛者が集う本戦の中で、ゴブタだけが明らかに弱そうに見えるのです笑

 

実は本戦から遡ること二日前、リムルが幹部陣を集めて武闘大会に出場するメンバーを選んでいました。

流石にベニマルやディアブロなどの規格外の化け物には出場を控えてもらい、ハクロウも候補に上がりましたが、ハクロウはモミジに街を案内する約束があったのです。

そしてリムルはまずゲルドを選出し、「勇者マサユキの実力を測る」ことを命じました。

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!ゴブタが出場した経緯とは?(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

ここでリグルが「念のためもう一人ぐらい参加する方が確実」と進言し、そのリグルが推薦したのがゴブタです。

この時ゴブタは爆睡しており、欠席投票により強制的に出場する流れになりました笑

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!ゴズールvsメズール!

転スラの第113話ではゴブタが現実から目を背けている中、ゴズールvsメズールの試合が始まりました。

先に一撃を入れたのはメズールで、「馬超連槍(ばちょうれんそう)」によってゴズールの体を穴だらけにします。

これは流石に勝負あり、かと思いきや・・・

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!ゴズールvsメズール!(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

ゴズールは穴だからの体のまま「雷撃角(ライトニングホーン)」を発動し、この一撃にはメズールの「自己再生」も追いつかず、一発KOとなりました。

実はゴズールはリムルに名付けをして貰った際に「超速再生」のスキルを得ており、メズール以上にタフなのです。

こうしてゴズールがいち早く二回戦に進出します。

 

ちなみに穴だらけになるわ黒焦げになるわで、まあまあグロい試合になったため、気分を害する観客がちらほらいました笑

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!他の試合の様子は!?

転スラの第113話は第2試合に勇者マサユキvs狂狼ジンライが組まれますが、ジンライはマサユキの同僚であるため、ジンライが棄権しました。

こういうくじ運の良さも、マサユキのユニークスキル「英雄覇道(エラバレシモノ)」の権能なのです。

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!他の試合の様子は!?(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

そして第三試合では、注目の戦士長ゴブタvs流麗なる剣闘士ガイが始まります。

ガイの流れるような連続攻撃に、ゴブタは「速すぎるっすよー!」と言いながら逃げ回りますが、逆に言うとこれだけの連続攻撃を無傷で避け続けるゴブタの身体能力は相当なものです。

そしてゴブタは「場外負けなら安全に負けられるっす!」と狡いことを考え始めますが、ガイはゴブタが場外に落ちないように追い回しており、幸か不幸か、ゴブタは負けることすらできずに逃げ回ります。

 

ここでリムルが活を入れるため、ゴブタに対して会場放送で

もし優勝できたらお前が欲しがっていた新型の釣り竿をやるぞ

と口にしました。

コレに一気にやる気を出したゴブタが、ついにやる気を出すのです。

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!ゴブタの奥の手!!

転スラの第113話ではゴブタが奥の手である「召喚術」を使おうとしますが、ルール的にアリなのかをソーカに確認します。

すると上空にいたディアブロが「アリ」と判断し、ゴブタは遠慮なく行使するのです。

で、ゴブタがいつも乗っている相棒の星狼属(スターウルフ)を召喚しようとしたら・・・

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!ゴブタの奥の手!(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

なんとランガが召喚されました笑

ガイは「俺の敵ではない・・」と言おうとした次の瞬間、ランガの一撃で外壁にめり込んで一発KO、そのまま担架で運ばれていきます笑

ちなみに突然のランガの登場にはゴブタが一番驚いており、これは完全にランガの独断でした。

ゴブタより遥かに強いランガが参戦するのは流石にチートですが、会場が盛り上がっているし、勇者マサユキへの布石が増えたので、リムルは目を瞑るのです笑

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!ゲルドとカリオンが登場!

転スラの第113話では獅子覆面(ライオンマスク)vsゲルドの試合が始まります。

言うまでもなくライオンマスクの正体はカリオンであり、ミリムの無茶振りによって出場しているのです笑

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!ゲルドとカリオンが登場!(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

そしてまさにパワーvsパワーの、ようやく武闘大会らしい激闘が始まりました。

かたやテンペスト随一のタフさを持つゲルド、かたや元魔王のカリオンなので、お互いの一発一発がKO級なのです。

そして凄まじいぶん殴り合い、蹴り合いが30分以上も続き、今のところはカリオン優勢で試合が進みました。

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!カリオンの必殺技!

転スラの第113話ではカリオン優勢となっていましたが、実はゲルドはスキルを一切使っていません

なぜなら、カリオンは正体を明かせないために「獣身化」ができず、本気を出せないからです。

ゲルドのフェアプレーにカリオンも大笑いしており、その意気を汲んで、本気の姿は見せずに「本気の技」を出すことにしました。

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!カリオンの必殺技!(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

カリオンの必殺技「獅子咆拳(ししほうけん)」が炸裂し、ゲルドは両腕でガードするも、ガードした腕がボロボロになるほどの大ダメージを受けます。

これには流石に鉄壁の防御力を誇るゲルドも降伏し、カリオンの勝利となりました。

今回はお互いにスキルや「獣身化」を使わなかったので、お互いにガチでやり合ったらまた違う結果になったかもしれませんね。

 

ちなみにゲルドが負けてしまったため、勇者マサユキの実力を測る者がいなくなってしまいました

あとはゴブタ頼みですね・・

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!勇者マサユキがついに本気を出す!?

転スラの第113話では第二回戦が始まり、不戦勝で勝ち上がった勇者マサユキと、メズールとの激闘を制したゴズールが相対します。

相手がゴズールなら、マサユキは先程のように不戦勝になる道はありません。

よって「ようやくマサユキの実力が見れそうだ」とリムルも楽しみにしています。

 

で、いざ試合が始まろうという時、殺気立つゴズールに対してマサユキが不敵に話しかけてきました。

マサユキはゴズールの一回戦の戦いぶりを褒め称えつつ、

  • 君が万全の状態なら僕も本気を見せて良かったんだ
  • でも君はさっきの戦いでかなり消耗している
  • 傷は治っても魔素量までは回復していない
  • 今の君に勝っても嬉しくない

などと言い始めました。

さらにマサユキは「ゴズールとメズールが迷宮の主に任命されている」ことを指摘し、

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!勇者マサユキがついに本気を出す!?(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

僕も地下迷宮に挑むつもり
どうかな?勝負はその時
万全の状態の君が僕を迎え撃つというのは?

と言葉巧みにゴズールを誘導し、ゴズールもまんまと迷宮で待つことを決めるのです。

つまり、またしてもマサユキは不戦勝によって決勝進出しました笑

 

普通に考えて、ここまで勝ち上がってきた出場者ならあんな提案は飲まないはずなのです。

場の雰囲気やマサユキの話術だけでは説明がつかないこの不思議な現象、コレもマサユキのユニークスキルの権能なのでしょう。

その証拠に、不戦勝ばっかりのマサユキに対して、観客が何故か拍手喝采なのです。

恐るべし「英雄覇道(エラバレシモノ)」・・笑


【期間限定】転スラの小説を音声で聴ける!(初月無料)
→転スラの小説を無料で聴いてみる

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!二回戦の最後の試合は・・・

転スラの第113話では第二回戦の最後の試合、獅子覆面(ライオンマスク)vsゴブタの試合が始まります。

【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!二回戦の最後の試合は・・・(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

当たり前ですが、ゲルドが敗退した今、マサユキの実力を測るにはゴブタが決勝進出しないといけません。

ゲルドを真正面から粉砕したカリオンを相手に笑

この状況に、さすがのリムルも諦め気味です笑

次話ではゴブタの大番狂わせなるか・・注目ですね。

「【転スラ】113話のネタバレ(漫画)!武闘大会の本戦が開幕!」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)の漫画の第113話のネタバレ最新情報について解説しました。

武闘大会の本戦が始まっており、マサユキの不戦勝、ゲルドとカリオンの激闘が描かれています。

次話ではゴブタの大番狂わせなるか注目ですね。

 

転スラの第113話以外のネタバレ情報はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

【転スラ】解説・ネタバレ情報

18巻
81話82話83話 
19巻
84話85話86話87話
20巻
88話89話90話91話
92話   
21巻
93話94話
95話
96話
22巻
97話98話
99話100話
101話   
23巻
102話103話
104話
105話
24巻
106話107話
108話
109話
25巻
110話111話
112話
113話
26巻
114話115話
116話
117話
転スラの解説&考察

期間限定!転スラのアニメを無料で見る方法!

転スラのアニメを見逃した!

見たいけど無料がいい!


それならU-NEXTの31日間無料トライアルに登録するとアニメは見放題です☆

転スラのアニメであれば何話でも見放題です。

しかも登録は30秒で終わるので、面倒は手続きはいりません。


転スラを見終わったらすぐに解約しても良いです。

しかし無料トライアルは31日間有効なので、どうせならU-NEXTの10万作品を超える映画やドラマ、アニメなどを無料で楽しみまくることをオススメします。


\登録は30秒!転スラのアニメが無料!/

/※解約も簡単!無料期間中なら0円!\

転スラの一番くじ&コラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

転スラのコラボグッズ一覧

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました