転スラのハクロウの強さやスキル!進化や師匠、朧流も解説!

転スラのハクロウの強さやスキル!進化や師匠、朧流も解説!(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

この記事では転スラの白老(ハクロウ)の強さや進化の過程、ユニークスキル、朧流の詳細などについて解説します。

ハクロウは転スラの作中において随一の技量を誇るキャラで、魔素量が多くないにも関わらず手合わせしたら負ける気しかしないほどの猛者です。

まずはハクロウの強さについて、進化の過程と共に見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • ハクロウの強さと進化の過程
  • ハクロウのユニークスキルの詳細
  • ハクロウの戦績

※この記事は転スラのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

転スラのその他の関連記事はこちらからどうぞ

転スラの解説&考察

転スラのハクロウの強さ!進化の過程も解説!

まずは作中におけるハクロウの強さについて、その技量や進化の過程などを見ていきましょう。

ハクロウは転スラの登場キャラの中でも随一の技量を持っており、魔素量が少ないにも関わらず無類の強さを誇っています。

ハクロウは「剣鬼」の異名を持つ大鬼族(オーガ)

ハクロウは「剣鬼」の異名を持つ大鬼族(オーガ) (C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

ハクロウは登場した当初はベニマル達と同郷の大鬼族(オーガ)の一人でした。

オーガはジュラの大森林に生息する魔物の中でもハイレベルな強さを持つ種族で、ゴブリンやオークなどと比べても桁外れの強さです。

初登場時もゴブタやリグル達は成すすべもなく、ランガが何とか戦えていたレベルでした。

 

ハクロウはそんなオーガ達の中でも「剣鬼」の異名を持つほどの段違いの技量を持っており、リムルの「魔力感知」でも反応できない速度で動き、さらに「身体装甲」と「多重結界」を施した腕を斬り飛ばしています。

この時はリムルの反則的な魔素量とスキルの多彩さで圧倒したものの、技量だけで言えばハクロウが桁外れに勝っていました。
→転スラのリムルの強さやスキル一覧を見る

リムルに「白老(ハクロウ)」と名付けられて鬼人族に進化

リムルに「白老(ハクロウ)」と名付けられて鬼人族に進化(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

その後ハクロウを含むオーガ達はリムルによって「名付け」され、鬼人族に進化しました。

見た目が進化前よりも若返り、さらにオーガから鬼人族への進化によって魔素量の増加、ユニークスキルの獲得などで段違いに強くなっています。

ちなみにハクロウに関してはベニマルやシオンのように豊富な魔素量を持っているわけではないですが、既に達人レベルの技量があるために一線級の戦力です。

リムルが魔王化した際に「妖鬼(オニ)」に進化

リムルが魔法に進化した際、配下の魔物に「祝福(ギフト)」が配られました。これに伴い、ハクロウを含む鬼人族は妖鬼(オニ)に進化しています。

これによりハクロウはさらなる強さを手にしていますが、魔素量に関してはもう伸びしろいっぱいのようです。

さらにハクロウの場合は剣技は既に極めているため、強さという意味ではここがハクロウの到達点と言えるでしょう。

転スラのハクロウのユニークスキルや朧流の技の強さ!

次にハクロウが保有している各種耐性やユニークスキル、朧流(おぼろりゅう)の詳細について見ていきましょう。

そのスキルは剣術に長けたハクロウにピッタリの内容となっています。

ハクロウの各種耐性

こちらがハクロウが保有している各種耐性の一覧です。

  • 状態異常無効
  • 精神攻撃耐性

ベニマルなどと比べると耐性の数が少なく、物理攻撃の耐性や無効などは持っていません。

ただハクロウの場合は圧倒的な技量に加え後述するスキルにより、そもそも普通の者では攻撃を当てることすらできないので上記の耐性で十分なのかもしれません。

ハクロウのエクストラスキル「天空眼」

ハクロウのエクストラスキル「天空眼」(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

ハクロウはエクストラスキル「天空眼」を持っています。

このエクストラスキルは「魔力感知」よりもさらに詳細に魔素の流れなどを読むことができ、更に反応速度も格段に上昇します。

このスキルにより、死角からの攻撃などの不意打ちはハクロウには通用しません。

作中ではキョウヤ・タチバナ戦でその力を発揮しており、キョウヤの見えない斬撃を見きった上で斬首しました。

ハクロウのユニークスキル「知覚1000倍」

ハクロウはリムルの名付けの際にユニークスキル「知覚1000倍」を獲得しています。

このスキルはその名のとおり自身の感覚器官を鋭敏にするもので、特に白兵戦においては無類の強さを発揮します。

ハクロウの技量に加えてこのユニークスキルが合わさり、単純な剣技での勝負でハクロウを破るのは極めて困難となりました。

ハクロウのユニークスキル「武芸者(キワメルモノ)」

ハクロウのもう一つのユニークスキルが「武芸者(キワメルモノ)」です。

このユニークスキルはリムルが魔王に進化した際の「祝福(ギフト)」により獲得しており、ハクロウの接近戦での強さを決定的にしました。

その権能は下記のとおりです。

  • 思考加速
  • 超加速
  • 未来予測
  • 秘伝

特筆すべきは「未来予測」で、ハクロウは素のままでも達人級の剣技により反則的に強いですが、「未来予測」で相手の動きを予知してしまったら手がつけられません。

ちなみにこのユニークスキルは先程お話したエクストラスキル「天空眼」の能力も含んでいます。

ハクロウは朧流の達人!「気闘法」とは?

ハクロウは朧流という流派の使い手で、その基本となるのが「気闘法」です。

「気闘法」とは使い手の魔素を纏うことで闘気とし、速度を高めたり威力を増すことができる技術です。

ちなみに「気闘法」の技術は下記の4つから成っており、ハクロウはベニマルの他、テンペストの弟子達にもこの技術を教えています。

  • 瞬動法:超速で移動
  • 隠形法:相手からの知覚から身を隠す
  •  朧 :自分の存在を薄くする
  • 気操法:剣や拳などによる攻撃の強化

 

ミッドレイ「真の強さとは目に見えぬもの。技量こそが唯一無二の確かなる指標」(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

これらの技術を極めているからこそ、ハクロウは少ない魔素量でも無類の強さを誇っているのでしょう。

作中ではミッドレイが「真の強さとは目に見えぬもの。技量こそが唯一無二の確かなる指標」と語っていますが、これは正にハクロウにそのまま当てはまる言葉ですね。

ハクロウの朧流・必殺奥義「八重桜 -八華閃-」

ハクロウの必殺奥義は「八重桜 -八華閃-(やえざくら はっかせん)」です。

この技はその名の通り瞬く間に敵を8回斬る技であり、状況に合わせた斬撃を瞬時に判断して組み合わせる必要があります。

それだけに使い手にも相当の技量が必要で、作中でも使いこなせる者は極めて限られています。

後述するハクロウの師匠・荒木白夜(あらきびゃくや)はハクロウにのみこの技を伝えており、ハクロウはガゼルにのみこの技を伝えました。

転スラのハクロウの強さは祖父&師匠の「荒木白夜」譲り!

ハクロウの圧倒的な技量、剣技は我流ではありません。その強さを支えている「朧流」はハクロウの祖父・荒木白夜(あらきびゃくや)が伝えたものです。

荒木白夜は異世界人であり、かつて荒木白夜を含む武人集団が倒れていたところ、オーガの里の者たちが助けたことで縁が生まれました。

そして荒木白夜が「朧流」の開祖となり、その技術がオーガに伝わっていったのです。

そしてハクロウはこの技術を数百年に渡って磨き続け、現在のような達人級の技量を手にしています。

転スラのモミジの強さはハクロウ譲り?

転スラのモミジの強さはハクロウ譲り?(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

作中に登場するモミジは長鼻族(テング族)の族長代理であり、ハクロウの娘です。

テング族自体が上位種族であり、モミジも相当な強さを持っています。ただしハクロウがモミジに何か技術を教えたわけではありません。
→モミジの詳細やかわいいシーンを見る

 

実はモミジの母親・カエデはかつてオーガの里で、先述の荒木白夜から剣を教わっていました。

その際に兄弟子であるハクロウに一目惚れし、一夜を共にした後にオーガの里を離れています。

モミジが生まれたのはその後なので、ハクロウは自分に娘がいることすらも当初は知りませんでした。

その後、テンペストとテング族の同盟の話や、ベニマルとモミジの縁談の話などが持ち上がった際にハクロウも娘であるモミジと出会いました。その際にモミジもハクロウの弟子となります。

 

ちなみにハクロウはモミジに対して激甘で、普段の剣鬼としての顔からは想像もつかないくらいモミジを溺愛しています。

何しろ空き時間にはモミジとデートしているくらいです。あのハクロウが笑


【期間限定】転スラの小説を音声で聴ける!(初月無料)
→転スラの小説を無料で聴いてみる

転スラのハクロウの戦績から強さを解説!

次に転スラの作中におけるハクロウの戦績からその強さを見ていきましょう。

ハクロウはテンペストにおいて「指南役」という立場であり、物語序盤は戦闘の機会も多いですが、後半では指導者としての登場がメインで戦闘機会は減っています。

対戦相手戦績や結果
リムル右腕を斬り飛ばすもダメージ無し。リムルの「黒炎」で死を覚悟するも、シュナのフォローで生存
オークの群れ自慢の剣技で細切れにしながら無双
オークディザスター首を斬り飛ばすも瞬時に回復される。その後はリムルと選手交代
キョウヤ・タチバナ
(初戦)
テンペストにかけられた「プリズンフィールド」により本来の力を発揮できずに敗北
キョウヤ・タチバナ
(二戦目)
剣技と「天空眼」で圧倒し、最後は斬首
アルベルト
無限復活するアンデッドのアルベルト相手に時間を稼ぐ
最後はシュナがアダルマンを倒したことで勝利
近藤達也技量はほぼ互角。最後は必殺奥義のぶつかり合いになり、僅差で近藤達也に敗北

 

「転スラのハクロウの強さやスキル!進化や師匠、朧流も解説!」まとめ

今回は転スラの白老(ハクロウ)の強さや進化の過程、ユニークスキル、朧流の詳細などについて解説しました。

ハクロウは転スラに登場するキャラの中でも随一の剣技を誇る達人で、ゴブタやヨウムとの絡みも見どころの一つです。

魔素量に物を言わせた戦いもいいですが、ハクロウが活躍するような剣の勝負も面白いですね☆

転スラのその他の関連記事はこちらからどうぞ

→転スラのハクロウが死亡?

→モミジの詳細やかわいいシーンを見る

→転スラのリムルの配下一覧を見る

転スラの解説&考察
転スラの一番くじ&コラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

転スラのコラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました