転スラのモミジとは?アルビスやベニマルとの関係やかわいい容姿を紹介!

転スラのモミジとは?アルビスやベニマルとの関係やかわいい容姿を紹介!出典:転生したらスライムだった件 13.5巻

この記事では転スラのモミジのかわいい容姿や生い立ち、プロフィール、結婚相手などについて解説します。

モミジは転スラの物語に登場する美少女キャラで、後述するとおりハクロウの娘にあたるキャラです。

まずはモミジのかわいい容姿について詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること
  • モミジの容姿について
  • モミジの出自や両親の詳細
  • モミジの性格
  • モミジの結婚相手

※この記事は転スラのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

転スラのその他の関連記事はこちらからどうぞ

転スラの解説&考察

転スラのモミジがかわいい!見た目は可憐な美少女!

転スラのモミジがかわいい!見た目は可憐な美少女!出典:転生したらスライムだった件 13.5巻

モミジは長鼻族(テング族)の族長代理として登場するキャラで、作中ではテンペストがテング族と同盟を結ぼうとした際に初登場しました。

見た目は華奢で小柄で可憐な美少女、という容姿をしており、そのかわいい外見から隠れファンもいるほどです。

またモミジはベニマルに一目惚れしており、作中ではずっとベニマルラブなところを見せていました。
→ベニマルのかっこいいシーン一覧を見る

 

モミジはかわいい見た目である一方、恐ろしくプライドが高い性格なために、作中ではリムルを見下すような言動を見せていました。

なぜならモミジは当初「テンペストよりテング族の方が強い」と思い込んでいたからです。

というのもテング族はジュラの森の種族の中でも上位種族であり、ましてやテンペストの盟主がスライムときているので、何も知らなければ侮ってしまうのも無理はありません。

 

しかしテンペストで開催された武闘大会を見て、モミジの認識は一変しました。

ベニマルを始めとするテンペストのメンバーの強さがあまりに常軌を逸しており、モミジはリムルに失礼な態度を取ってしまったことを盛大に後悔するのです。

 

そしてモミジはリムルに謝罪すると同時に、その証としてベニマルとの結婚を申し出ました。

「これによりテンペストとテング族の結束が絶対的なものになる」ということで、いわゆる政略結婚です。

ただそもそもモミジがベニマルにべた惚れしていますし、モミジにとってはむしろそっちが本音でしょう笑

転スラのモミジは長鼻族(テング)の猛者でハクロウとカエデの娘!

次にモミジの生まれや両親について詳しく見ていきましょう。

実はモミジの父親はリムルやベニマルとも関わりが深いハクロウで、モミジとの共通点などを探ると面白いですね。

300年前にカエデがハクロウに一目惚れ!

モミジの母親はカエデという女性で、テング族の長を務めていました。

そしてカエデがハクロウと結婚したきっかけはなんとカエデがハクロウに一目惚れしたからです。
→転スラのハクロウの強さやスキル、師匠について見る

これはモミジがベニマルに一目惚れしたのとかぶっており、モミジの一目惚れする性質はカエデからの遺伝なのかもしれませんね。

かつてのカエデは妊娠15年!?

カエデはモミジを産む際、なんと15年に渡ってお腹の中で育てており、その間はモミジの圧倒的な力を行使していました。

このことからモミジはテング族の中でも段違いの力を持っていたことが分かりますね。

カエデが「モミジ」の名付けにより瀕死に

そしてカエデが出産後に「モミジ」の名付けをしました。この世界では名付けをされると力を増し、上位種族に進化することもあります。

これによりモミジは生まれながらにして圧倒的な力を持つも、逆にカエデは力を使い切って衰弱してしまいました。

こうしてモミジは衰弱したカエデに代わり、テング族の族長代理を務めています。

 

モミジが登場した当初、リムルに失礼な発言をする場面がありましたが、もしかしたら一族の長として肩肘張っていたのかもしれませんね。

転スラのモミジの性格は?プライドが高いけど一途?

モミジの性格については冒頭でお話したとおり、プライドが高くて高慢という第一印象でした。

それもあってスライムであるリムルを当初は馬鹿にしたような発言もあり、後に盛大に後悔することになります。

 

しかしモミジはプライドが高い一方で裏表がなく好きになった相手にはとことん尽くすタイプのようです。

作中ではベニマルに一目惚れしてからはとにかくベニマル一筋で突っ走り、何かとベニマルとの接触を図ったりシュナに料理を教わるなどのシーンもありました。

この様子にはシュナも好印象で、ベニマルとの恋仲を積極的に後押ししています。

転スラのモミジは紅丸(ベニマル)と結魂(=結婚)!

上記の通りモミジはベニマルと結婚するために頑張り、最終的に無事にベニマルと結婚することになります。

 

実はベニマルはイケメンでモテる反面、恋愛に関しては極めて奥手であるため、モミジとの恋仲も中々進展していませんでした。

そして作中では東の帝国の侵攻を食い止めた際の叙勲として、リムルはベニマルを覚醒進化させようとしましたが、ベニマルが進化するには「先に子供を残す」という条件が必要でした。

そこでリムルは公衆の面前で、以前にモミジから申し入れがあった「ベニマルとの結婚」を認める発言をし、半ば強引な流れを作って2人の結婚が決まりました。

ただベニマルもこの時は嬉しそうな表情をしており、ただ単に奥手だったために踏ん切りがつかなかっただけのようですね。

 

こうしてベニマルとモミジは晴れて結婚し、その後ベニマルは「炎霊鬼」に覚醒進化したことから、無事に子供も残せたようです。
→ベニマルの強さや進化、アルティメットスキルについて見る


【期間限定】転スラの小説を音声で聴ける!(初月無料)
→転スラの小説を無料で聴いてみる

転スラのモミジとアルビスの関係は?

転スラのモミジとアルビスの関係は?(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

モテる男・ベニマルはモミジだけではなくアルビスとも結婚することになります。

つまりモミジにとってアルビスは恋敵にあたるわけで、実際モミジとアルビスが出会って間もない頃はぶん殴り合いを伴う争いをしていました笑

しかしヤンキー漫画よろしく、殴り合いを経て逆に仲良くなります。そしてモミジとアルビスは二人揃ってベニマルと結婚するために策略を組むのです。

 

実はテンペストのルールでは一夫多妻制が認められているものの、「「子供を望む未亡人」に限る」という条件があります。

そこでアルビスは下記のプロセスを経てベニマルの第二夫人となりました。

  • まずはフォビオと結婚
  • フォビオをテンペストの迷宮に放り込む
  • アルビスとフォビオの決闘する
  • アルビスがフォビオを殺して「未亡人」に

あまりにも力技な方法で結婚しており、フォビオが不憫でなりませんね笑
→アルビスの結婚までの経緯を詳しく見る

「転スラのモミジとは?アルビスやベニマルとの関係やかわいい容姿を紹介!」まとめ

今回は転スラのモミジのかわいい容姿や生い立ち、プロフィール、結婚相手などについて解説しました。

モミジは転スラのキャラの中ではあまり登場機会が多くないですが、かわいい見た目に加えてベニマルの結婚相手ということで注目度は高いです。

いつかモミジとベニマルの新婚生活の様子などが描かれると面白そうですね☆

転スラのその他の関連記事はこちらからどうぞ

→ベニマルのかっこいいシーン一覧を見る

→ベニマルの結婚相手や子供について見る

→アルビスの結婚までの経緯などを見る

→転スラのリムルの配下一覧を見る

転スラの解説&考察
転スラの一番くじ&コラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

転スラのコラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました