転スラのミリムの裏切りの理由は?操られているのは演技?

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)のミリム・ナーヴァの裏切りの経緯や理由、操られているのが実は「演技」だった説などについて解説します。


ミリムは転スラに登場するキャラの中でもトップクラスの強さを誇り、本気を出したら国の一つ二つは軽く滅亡させる力があります。

物語の中においてはリムルに懐きまくっており、勝手気ままに破壊活動する性格ではなかったはずが、物語途中から裏切りにも見える暴走を見せています。


まずはミリムの裏切り行動の経緯から解説していきます。

この記事で分かること
  • 転スラのミリムがカリオンに宣戦布告した経緯
  • 転スラのミリムの裏切りについて意味深な描写
  • 転スラのミリムの裏切りは演技だった説と理由


※この記事は転スラのネタバレを含みます


転スラ関連の他の記事はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

転スラの解説&考察

スポンサーリンク

転スラのミリムが裏切り?突然カリオンに宣戦布告!

転スラのミリムはリムルに懐きまくってからは暫くテンペストに滞在していましたが、「ちょっと仕事に行ってくる」と言っていきなり立ち去りました。

それから暫くして、漫画12巻の第57話でユーラザニアからテンペストに向けて「魔王ミリムとの交戦状態に入る」と緊急連絡が入ります。


ミリムが突然ユーラザニアに向けて宣戦布告をしたことでカリオンを含めて大騒ぎになっており、そして実際にその1週間後にミリムがユーラザニアに襲来しました。

カリオンとは特に敵対関係に無かったミリムの突然の裏切りのような行動に面食らいつつも、カリオンは国民をテンペストに避難させてタイマンで迎え撃ちます。

ミリムが裏切り?:宣戦布告後にカリオンと一騎打ち

ユーラザニアに襲来したミリムは特に何も語ることもなく攻撃開始します。

カリオンは戦闘中、突然魔王間協定を破棄して裏切りのような行動に出たミリムに理由を尋ねますが、ミリムはまともに会話を交わしません。


それを見たカリオンは「ミリムが操られている?」と感じていましたが、ユーラザニアに仇なす以上は全力で排除するため、カリオンの奥の手である「百獣化」を発動します。

そしてカリオンの必殺技「獣魔粒子砲(ビースト・ロア)」がミリムに直撃します。

ミリムが裏切り?:ユーラザニアの首都を消し飛ばす

魔王であるカリオンの必殺技「獣魔粒子砲(ビースト・ロア)」が直撃しましたが、ミリムは「左手が痺れた」程度のダメージでした。


そしてミリムはドラゴノイド本来の姿となり、今度はミリムの必殺技「竜星爆炎覇(ドラゴ・ノヴァ)」を放ちます。

この一撃でユーラザニアの首都は消滅し、辺り一面はまさに天災の跡地のような有様になりました。

カリオンのビースト・ロアの威力も凄まじいものでしたが、「破壊の暴君(デストロイ)」の二つ名を持つミリムの一撃は桁が違いますね。

ちなみにミリムの必殺技「竜星爆炎覇(ドラゴ・ノヴァ)」の威力のアホさ加減はアニメ2期の第12話で描かれており、ユーラザニアの首都のみならず地平線の果てまで山ごと抉り取っています。

ミリムが天災級(カタストロフ)のランク帯にいる理由がよく分かる描写ですね。

ミリムが裏切り?:フレイもグル?

ミリムの「竜星爆炎覇(ドラゴ・ノヴァ)」で首都を吹き飛ばされ、カリオンは改めてミリムに今回の裏切り行為の理由を問いただしますが、やはりミリムからは何も返答がありません。

正に操り人形のような様子のミリムの様子にカリオンが何か気付きかけた瞬間、背後から魔王フレイに襲撃されます。


フレイはクレイマンの企みにより借りを作らされており、ミリム裏切り騒動に一枚噛んでいました。

そしてカリオンを斬ったフレイはミリムと一緒に、クレイマン領である「傀儡国ジスターヴ」の方向に飛び去っていきます。

ミリムが裏切り?:クレイマンの企み

ユーラザニアを吹き飛ばした後、フレイはミリムを連れてクレイマンに報告に行きます。先述の通りミリムの裏切り騒動の裏にはクレイマンが糸を引いており、フレイも関わっていました。

フレイはクレイマンの企みに手を貸したことで借りを返しましたが、クレイマンはミリムの力でもってフレイを脅迫し、その後も事実上の配下として従えることになります。


クレイマンの指示でフレイはミリムのお世話役を押し付けられ、その後クレイマンは自身の企みを独り言で呟いていました。

・ミリムの力を使えば覚醒魔王になれる
・そうすれば魔王レオンを始末できる

スポンサーリンク

転スラのミリムの裏切りの真相は?ワルプルギスで意味深な描写

ミリムがユーラザニアを吹っ飛ばした後、クレイマンの呼びかけにより魔王間の会議である「魔王達の宴(ワルプルギス)」が開催されます。

クレイマンがワルプルギスを開いた目的はリムルを槍玉に上げて始末することで、会議の最中には相変わらず操られたような顔をしたミリムの力も使ってきます。

ここではワルプルギスでのミリムの様子を詳しく見ていきます。

転スラのミリムの裏切りの真相は?:クレイマンに殴られてもスルー

ワルプルギスの会場に各魔王が現れ、最後にクレイマンとミリムが入ってきました。

ミリムは相変わらず操られているかのように無表情で、歩いている最中にクレイマンが魔王達に見せつけるかのように「さっさと歩けこのウスノロ」と言いながらミリムを殴っています

わざわざこういうところを見せるところがクレイマンの三下っぷりを露呈していますね笑


普段のミリムならブチ切れて会議場ごとクレイマンを吹き飛ばすところですが、全く反撃もせずにスルーしていました。

転スラのミリムの裏切りの真相は?:テーブルの下でガッツポーズ

クレイマンはワルプルギスでリムルを槍玉にあげて始末するように色々話をでっち上げてのたまいますが、最終的にギィ・クリムゾンの一声により

リムルとクレイマンが戦って勝った方が十大魔王

という流れになりました。


そしてリムルとクレイマンの戦闘が始まる直前、ミリムはテーブルの下で小さくガッツポーズをしており、ナレーションの「予定通り」という言葉からも、ミリムの望んだ展開となっています。

転スラのミリムの裏切りの真相は?:リムルを前にして笑顔

ワルプルギスはリムル陣営とクレイマン陣営の戦いに発展し、クレイマンは早速ミリムをリムルにけしかけてきました

ミリムはクレイマンの指示通りにリムルに襲いかかってきますが、クレイマンからは見えない角度で何故か笑っています


先程のテーブルの下でのガッツポーズもそうですが、ここまでの裏切り行為などはクレイマンに操られている風でしたが、実はミリムの狙い通りに進んでいるようです。

転スラのミリムの裏切りの真相は?:ヴェルドラが何かに気づく

リムルとミリムの戦闘中、ヴェルドラが乱入してきます。ちなみにヴェルドラはミリムの姿を見て親戚であることに気付き、「我が兄の一粒種」という表現をしていました。

そしてミリムの表情を見たヴェルドラは何かに気付き、「なるほど。そういう腹か」と口にしています。

この描写からヴェルドラもミリムはミリムで何かを企んでいることを見抜いたようですね。


ヴェルドラとミリムのやり取りがあった第83話のネタバレ解説はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

転スラのミリムの裏切りの理由は?

ここまでミリムの魔王間協定破棄、カリオンをボコすなどの裏切り行為などについて解説してきました。

ここでは結局ミリムが裏切り行為のようなことをした理由が何なのか、裏で糸を引いている人物についてご紹介します。

ミリムの裏切りの理由:クレイマンに操られている?

ミリムの裏切り行為の理由については「クレイマンに操られている」という描写が目立ち、リムルはミリムとの戦闘の最中もラファエルに精神操作系の呪法などを解析させていました。

しかしラファエルの結論は

  • ミリムには呪法などは仕掛けられていない
  • 腕輪の宝珠に「支配の呪法」の痕跡があるがミリムには影響なし

となっており、「クレイマンの呪法によってミリムが操られている」ということではないようです。

ミリムが裏切りの理由:ユウキ・カグラザカやカザリームに操られている?

クレイマンを裏で操っている存在として、ユウキ・カグラザカ呪術王カザリームの存在があります。

ミリムの裏切り行為などについては彼らがミリムを操っているから、という可能性もありましたが、先程のラファエルの解析により「ミリムは呪法などを仕掛けられていない」という結論だったため、この可能性も無くなりました。

ちなみにミリムの精神支配については漫画17巻の第75話でラプラスもクレイマンに忠告しており、

  • 魔王ミリムの支配を過信しない方がいい
  • ミリムはカザリームより昔からいる太古の魔王

と口にしていました。

このことから、「カザリームの力を借りたクレイマンがミリムを支配していると思い込んでいる」と考えられます。

スポンサーリンク

転スラのミリムの裏切り&操られているのは演技?その理由は?

ミリムの裏切り行為などがクレイマンやカザリームに操られているわけではないとすると、ミリムが「操られている演技」をしていることになります。

そもそもミリムがテンペストに入り浸っていた時に突然立ち去った際は「ちょっと仕事に行ってくる」と口にしており、今回の裏切り行為騒動もミリムの言う「仕事」の一環だと思われます。


ミリムの狙いとしてはユウキ・カグラザカやカザリームといった黒幕を引っ張り出すためにクレイマンに操られている演技をしていると思われます。

そして漫画18巻の第84話でついにミリムが真相を語りました。

やっぱりミリムは「クレイマンに操られているフリ」をしていただけで、その理由は「クレイマンの企みを探るため」です。

まあいくらカザリームの助力があろうとも、この歩く天災を支配するなんて最初から無理ゲーですね笑

スポンサーリンク

「転スラのミリムの裏切りの理由は?操られているのは演技?」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)のミリム・ナーヴァの裏切りの経緯や理由、操られているのが実は「演技」だった説などについて解説しました。


第84話でミリムが操られていた件の真相が明かされ、結局全て演技でしたね。

最古の魔王の一柱であるミリムを操れる者など、それこそヴェルダナーヴァぐらいしかいなそうです笑


転スラの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

転スラの解説&考察

転スラの一番くじ&コラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

転スラのコラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました