転スラのハクロウが死亡?最後の結末は?

転スラのハクロウが死亡?最後の結末は?(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

この記事では転スラの白老(ハクロウ)の死亡説の真相や、転スラの物語における生存/死亡状況について解説します。

ハクロウは転スラの物語における達人キャラで、戦闘で遅れを取ることはまずありません。

一方でハクロウの死亡説も囁かれているため、まずはハクロウの安否について見ていきましょう。

この記事で分かること
  • ハクロウが死亡しかけたシーン
  • ハクロウがの最後

※この記事は転スラのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

転スラのその他の関連記事はこちらからどうぞ

転スラの解説&考察

転スラのハクロウは死亡する?

まずは転スラの作中においてハクロウが死亡するのかどうか、また死亡しかける危ない場面についてもあわせて見ていきましょう。

ちなみに転スラは敵が死亡することは多々ありますが、リムルの配下や仲間が死亡するのはかなり稀です。

ファルムス王国の侵攻で死亡寸前の重傷!

ファルムス王国の侵攻で死亡寸前の重傷!(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

作中ではファルムス王国からの先遣隊がテンペストに入り込み、異世界人であるショウゴ、キョウヤ、キララの3人が暴れるシーンがあります。

普通の状態ならシオンやハクロウといった手練が全員倒していたでしょうが、テンペストに張られた「四方印封魔結界(プリズンフィールド)」により魔物側が弱体化してしまいます。

これによりハクロウはキョウヤに敗北し、さらには空間属性の攻撃を食らったために回復魔法も回復薬も効きませんでした。

リムルの帰還が遅れていたら出血多量で死亡していた可能性もありましたが、この時は一命をとりとめています。

ちなみにこの騒ぎでシオンやゴブゾウなど、数多くのリムルの配下が死亡しています。
→シオンの死亡シーンや復活の経緯を見る

武闘大会のシオン戦で危うく死亡?

作中ではテンペストで武闘大会が開催されました。

トーナメント方式で行われたこの武闘大会で、Web版の小説においてはシオンとハクロウが対戦するシーンがあります。

この時点でのシオンは魔素量はもちろん、剣技においても相当な技量があったため、ハクロウとも互角以上に戦っていました。

そしてシオンが剛力丸で危うくハクロウを殺しかけましたが、実況をしていたミリムが魔剣・天魔で受け止めて一命をとりとめています。
→転スラのシオンの強さやスキルについて見る

→転スラのミリムの強さや究極能力について見る

物語後半は戦闘員よりも指導者に

ハクロウの技量は作中トップクラスで、転スラの物語序盤は戦闘シーンも多く描かれています。

ただリムルの配下達の進化に伴い、魔素量に物を言わせた戦い(核撃魔法など)が増えてくるにつれてハクロウの出番も少なくなりがちです。

特にハクロウはリムルから「指南役」の役目を負っているため、戦闘よりも指導にあたるようになっていきました。


【期間限定】転スラの小説を音声で聴ける!(初月無料)
→転スラの小説を無料で聴いてみる

転スラのハクロウの最後の結末は?死亡/生存?

ハクロウは転スラの物語において死亡する描写はなく、最後まで生き残ります。

結局作中で最も危機に晒されたのはファルムス王国侵攻の際にキョウヤに斬られた時でしたね。

あの侵攻があって以降、リムルは街の防衛や配下の強化に全力を注いでいるため、ハクロウのみならず、テンペストのメンバーが死亡するような事態には至っていません。

「転スラのハクロウが死亡?最後の結末は?」まとめ

今回は転スラの白老(ハクロウ)の死亡説の真相や、転スラの物語における生存/死亡状況について解説しました。

ハクロウみたいなポジションのキャラだと「後世に思いを託して先に死亡」みたいな展開がよくありますが、転スラの物語においては死亡せずに済みます。

作中ではファルムス王国の侵攻以降も相当大規模な戦闘も起こりますが、テンペスト側の死亡者が出ないのも転スラの特徴の一つですね。

転スラのその他の関連記事はこちらからどうぞ

→転スラのハクロウの強さやスキル、師匠について見る

→転スラのリムルの配下一覧を見る

転スラの解説&考察
転スラの一番くじ&コラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

転スラのコラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました