転スラのソウエイがかっこいい!イケメンクールで仕事がデキる!

転スラのソウエイがかっこいい!イケメンクールで仕事がデキる!(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

この記事では転スラの蒼影(ソウエイ)のかっこいい要素やイケメンな画像、不穏な噂などについて解説します。

ソウエイはベニマルと並んでテンペストのイケメン枠であり、ベニマルとは違った路線の男前です。

まずはソウエイがかっこいいと言われる要素について詳しく見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • ソウエイのかっこいい要素
  • ソウエイのイケメンっぷり
  • ソウエイの不穏な過去の噂について

※この記事は転スラのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

転スラのその他の関連記事はこちらからどうぞ

転スラの解説&考察

転スラのソウエイがかっこいい!モテる要素とは?

転スラのソウエイは作中の中でもイケメンキャラとして描かれており、ベニマルと並んで「かっこいい」と言われる男です。

ここではソウエイのかっこいいシーンやモテる理由などについて詳しく見ていきましょう。

ソウエイがかっこいい要素:イケメン

ソウエイがかっこいい要素:イケメン(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

ソウエイのかっこいいポイントはまず何と言っても外見がイケメンなところです。

同郷のベニマルと並んでかっこいい男性キャラとして描かれており、また普段からいつも無表情でクールなことも相まって人気が高いです。
→ベニマルのかっこいいシーン一覧を見る

しかも後述するとおり戦闘ではメチャクチャ強く、仕事も鬼のようにできるというハイスペックっぷりなので、リムルも作中で「あらやだイケメン」と評していました笑

ソウエイがかっこいい要素:仕事ができる男前

ソウエイがかっこいい要素:仕事ができる男前(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

ソウエイはどんな任務でも平然と完璧にこなす、仕事がデキる男です。

その仕事っぷりが最初に描かれたのがオークロード編で、リムルがリザードマンとの同盟を考えていた際にソウエイがリザードマンの首領に直接出向いて話をつけることになりました。

種族間での話なので利害も含めた交渉術も必要になる任務でしたが、ソウエイは自信満々にこれを遂行し、全く抜かり無く成し遂げています。

この時のソウエイから立ち昇るデキる男オーラにリムルも見とれていました笑

ソウエイがかっこいい要素:いつも冷静でクール

ソウエイがかっこいい要素:いつも冷静でクール(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

先述の通りソウエイは極めて仕事がデキる男で、戦闘でもメチャクチャ強いですが、成果をあげても浮かれもせず驕りもせず、いつも冷静です。

この性格ゆえにどんな時でも油断せずに任務を遂行し、確実に成果を出してくるのでリムルからも絶大な信頼を得ています。

ベニマルもソウエイと同じくイケメンですが、ベニマルは表情のあるイケメン、ソウエイはクールなイケメンという棲み分けがありますね。

ソウエイがかっこいい要素:無関心なようでちゃんと見ている

ソウエイは普段、リムルの指示以外にはほぼ感心を示すことはありません。

それはソーカなどのソウエイの部下たちにも同様なので、一見すると冷徹に見えます。

 

しかし「転スラ日記」の中でソウエイはベニマルにソーカのことを話すシーンがあり、

  • 部下の中で一番の手練れ
  • 全幅の信頼をおいている

と口にしていました。

無関心に見えてちゃんと部下のことは見ているようですね。

ソウエイがかっこいい要素:戦闘と隠密行動のプロ

ソウエイがかっこいい要素:戦闘と隠密行動のプロ(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

ソウエイのかっこいいポイントは仕事がデキることで、中でも戦闘シーンは特にかっこいいと評判です。

ソウエイは普段特殊な糸により離れた場所からの通信などができる他、糸を使って相手をバラバラに切り刻むといった戦法も得意です。

またこの糸で相手を拘束して捕虜にしたり尋問したりと、非常に応用範囲が広い能力となっています。

さらに剣術の技量も極めて高く、テンペストの武闘大会でベニマルと激突した際もいい勝負をしていました。
→ソウエイの強さやスキルの詳細を見る

 

作中ではミリムのような規格外の化け物を除けば、ソウエイが相手にした敵はほとんど撃破されています。

その強さは間違いなくテンペストでも有数で、リムルとしてはこういう何でもできる男が一人でもいると助かるでしょうね。

転スラのソウエイはテンペストで紅丸(ベニマル)と並ぶかっこいいイケメン!

転スラのソウエイは紅丸(ベニマル)と並ぶかっこいいイケメン!(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

前述のとおり、ソウエイは同郷であるベニマルと並ぶイケメンキャラです。

この二人は大鬼族(オーガ)の頃からライバルにして親友の関係で、性格は全く違いますが気のおけない友人です。

 

ちなみに作中ではベニマルがモミジ&アルビスと結婚しており、2人も妻を娶ったことからもそのイケメンっぷりを発揮していました。
→ベニマルの結婚相手や子供について見る

ソウエイに関してもソーカをはじめ、恐らくテンペストには多くのファンが存在しているでしょう。

ソウエイに関してもベニマルのような色恋沙汰が描かれると面白そうですね☆

転スラのソウエイはかっこいい故にモテる!

ソウエイはイケメンな上に仕事もでき、普段は表情を見せないクールガイということで、間違いなくモテます。

ソウエイがモテることは転スラ作中でも描かれており、ここではソウエイに想いを寄せるキャラを見ていきましょう。

ソウエイに惚れている女の子:蒼華(ソーカ)

ソウエイに惚れている女の子:蒼華(ソーカ)(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

ソウエイのことが好きなキャラと言えばこの子、というぐらい有名なのが蒼華(ソーカ)です。
→ソウエイとソーカは恋人同士&結婚する?

ソーカはオークロード騒動の際にソウエイに助けられており、その後はソウエイの副官として仕えています。

それもあってかずっとソウエイに憧れの念を抱いており、特に「転スラ日記」では下記のとおりソウエイラブっぷりが凄いです笑

  • 鍛錬中のソウエイを陰から見つめる
  • ソウエイの七夕の短冊をこっそり覗く
  • ソウエイとソーカ仕様の雪だるまを作って寄り添わせる

ちなみにいずれもソウエイに見つかっており、ソーカが苦しい言い訳をしていました笑
→転スラのソーカのかわいいシーンを見る

ソウエイに惚れている女の子:リティス

リティスは聖騎士団の一人であり、別名「水のリティス」と呼ばれている人物です。

聖騎士団の紅一点で、その実力の高さは水の上位精霊ウンディーネを操ることからも伺えます。

 

作中ではリムルとヒナタ・サカグチが戦闘している間、ソウエイとリティスが戦うことになるのですが、流石に聖騎士団とは言え相手が悪すぎました。

リティスはあっという間にソウエイの粘鋼糸で拘束され、あっけなく敗北します。

 

そしてその後はなんとリティスがソウエイのことを好きになるという衝撃展開となり、ソーカにとっては恋敵の出現です。

リティスはソーカとは系統は違えどかわいい容姿をしており、ソーカとしてはなおさら危機感を感じる事態ですね。


【期間限定】転スラの小説を音声で聴ける!(初月無料)
→転スラの小説を無料で聴いてみる

転スラのソウエイはかっこいいが不穏な噂が・・!?

転スラのソウエイはかっこいいが不穏な噂が・・!?©柴・伏瀬・講談社/転スラ日記製作委員会

ここまでソウエイのかっこいいシーンや要素などについてお話してきました。

実は「転スラ日記」の中でソウエイに思いを寄せるソーカがシオン達にイジられるシーンがあり、そこではシュナとシオンがソウエイについて語っています。

  • 「優しさに騙された」という噂も枚挙にいとまが無い
  • あの鬼畜は絶対女を泣かせてる

シュナも最初はソウエイのことを持ち上げていましたが、最後にキレイに落としました笑

シュナとシオンがこう語っていたのは恐らく大鬼族(オーガ)だった時のエピソードでしょうが、その不穏な噂の詳細が気になりますね。

「転スラのソウエイがかっこいい!イケメンクールで仕事がデキる!」まとめ

今回は転スラの蒼影(ソウエイ)のかっこいい要素やイケメンな画像、不穏な噂などについて解説しました。

ソウエイはイケメンなだけじゃなく、仕事も完璧にこなすところが特にかっこいいキャラです。

今後ソウエイとソーカの関係が発展するのかどうかも気になるところですね☆

転スラのその他の関連記事はこちらからどうぞ

→転スラのソウエイの強さやスキルの詳細を見る

→転スラのソウエイとソーカは恋人同士&結婚する?

→転スラのソーカのかわいいシーンを見る

→転スラのベニマルのかっこいいシーン一覧を見る

→転スラのベニマルの結婚相手や子供について見る

→転スラのリムルの配下一覧を見る

転スラの解説&考察
転スラの一番くじ&コラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

転スラのコラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました