転スラのアピトの強さやスキルを解説!ゼギオンの妹分の能力!

転スラのアピトの強さやスキルを解説!ゼギオンの妹分の能力!(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

この記事では転スラのアピトの強さや究極贈与(アルティメットギフト)、スキルや戦績などについて解説します。

アピトは登場した当初は30cmほどのミツバチの形をした蟲型魔獣で、リムルに保護されていました。

しかし物語が進むにつれてアピトの強さが異常進化を遂げ、最終的には魔王みたいな強さになります。

まずはアピトの強さや進化の過程について見ていきましょう☆

この記事で分かること
  • アピトの強さと進化
  • アピトの究極贈与
  • アピトの戦績

※この記事は転スラのネタバレを含みます
下記の関連記事及び目次の後から記事の本文が始まります。

転スラのその他の関連記事はこちらからどうぞ

転スラの解説&考察

転スラのアピトの強さがヤバい!軍団蜂(アーミーワスプ)の女王!

まずはアピトの強さについて詳しく見ていきましょう。

アピトは登場当初はそこまで強い魔物ではありませんが、物語が進むにつれて進化を遂げ、とんでもない強さを手にしていきます。

アピトは最初は弱い魔物だった?

アピトは最初は弱い魔物だった?(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

アピトは登場した当初、ジュラの大森林の中でボロボロの状態でリムルに保護されました。

特にゼギオンはアピトを守っていたためか体の一部が欠損するほどの大怪我を負っており、リムルがその怪我の治療をしています。
→ゼギオンの強さやスキルの詳細を見る

ゼギオンもアピトもこの頃は体長数十センチの蟲型魔獣で幼生体だったこともあり、ジュラの大森林に住む魔物達と比べてもまだそこまで強くなかったようです。

ただし後述するとおり、「軍団蜂(アーミーワスプ)」であるアピトは人間にとって極めて危険な存在と認識されています。

アピトは実は「軍団蜂(アーミーワスプ)」の女王

アピトは実は「軍団蜂(アーミーワスプ)」の女王(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社

アピトは軍団蜂(アーミーワスプ)の女王で、実はアーミーワスプは西方諸国においては一匹でも発見されたら緊急事態警報が発令されるほど危険な魔物です。

「無音の暗殺蜂(サイレントキラー)」の異名を持つその戦闘スタイルは、

  • 超感覚により獲物を見つけ出す
  • 超音速の高速立体機動
  • 透明な羽から高周波ブレードを発する

というもので、どれだけ動体視力が優れていてもアーミーワスプの動きに反応することはできず、「思考加速」と「超速反応」のエクストラスキルを併せ持つ者ならどうにか対応できるレベルです。

こんなのが100匹、1000匹も現れようものなら、災害レベルの被害が出ます。

よってアピトは成長すればデフォルトの状態でもメチャクチャ強く、更に配下を従えて数の暴力で押せば恐ろしい強さを発揮する種族なのです。

ラファエルの魔改造によりアピトは「蟲型魔神(インセクター)」に進化

ゼギオンもアピトも、デフォルトの状態であっても強くなる素質に溢れた種族です。

しかし作中ではラファエル先生の魔改造により、ゼギオンもアピトも本来の道を外れた常識外の強さを手にします。
→ラファエルの進化や能力を見る

この魔改造でアピトは「蟲型魔神(インセクター)」に進化し、体長数十センチほどのミツバチ型の姿から人に近い容姿となりました。

そしてその強さも以前とは桁外れのレベルに達します。

ヒナタ・サカグチとの剣の修行で更に強さを増す

アピトはヒナタ・サカグチとの剣の修行で更に強さを増す(C)川上泰樹・伏瀬・みっつばー・講談社/転スラ製作委員会

アピトは作中でヒナタ・サカグチに剣術を教わっています。

ヒナタと言えば、魔王覚醒前とは言えリムルを作中で最も追い詰めた人物であり、その剣技も凄まじいものがあります。

ラファエルの魔改造で意味不明なほど強くなったアピトは、ヒナタとの修行によって更にその強さが洗練されていきます。

 

ちなみにゼギオンはラファエルの魔改造の後、ヴェルドラと修行してその強さを増していきます。

こうしてゼギオンもアピトも、リムルの預かり知らぬところでとてつもない強さを身につけていくのです。
→ゼギオンの強さやスキルの詳細を見る

ゼギオンの覚醒進化によりアピトは「天星麗蜂(スターワスプ)」に進化

その後、東の帝国軍との戦果の褒美としてゼギオンは魔王に覚醒進化しました。

そしてゼギオンの覚醒進化により、アピトに「祝福(ギフト)」が授けられ、これによりアピトは「天星麗蜂(スターワスプ)」となり、中位聖魔霊「風霊蜂」に覚醒進化します。

さらにこの時、究極贈与「女王崇拝(プロセルピナ)」を獲得しました。

 

アピトは先述のとおりヒナタとの修行により技も洗練されており、さらにこの覚醒進化によってダメ押しのパワーアップをしています。

こうしてアピトは物語が進むにつれ、加速度的に強くなっていったのです。

転スラのアピトは迷宮十傑の一柱!強さは全盛期のヒナタと同等!

アピトは転スラの作中においてテンペストの地下迷宮79階層を守護しており、「迷宮十傑」(ラミリス命名)の一柱となっています。

そしてリムルの見立てでは、アピトは最終的に全盛期のヒナタ・サカグチと同等の強さになりました。

その強さは旧魔王などでは及びもつかないレベルで、覚醒魔王ディーノが相手でも十分に時間稼ぎできています。

登場当初にジュラの大森林で庇護を求めてきた姿が懐かしくなりますね笑

転スラのアピトのスキルや究極贈与の強さ!

次にアピトが持つ各種耐性や究極贈与(アルティメットギフト)などについて見ていきましょう。

先述の通りアピトはラファエルの魔改造をきっかけにとんでもない強さとなり、その耐性やスキルもエゲツない内容となっています笑

アピトの各種耐性一覧

こちらがアピトが保有している耐性の一覧です。

  • 痛覚無効
  • 物理攻撃耐性
  • 自然影響耐性
  • 状態異常耐性
  • 精神攻撃耐性

他の覚醒進化したメンバーのように無効化は少ないですが、アピトのそもそもの能力がバカ高く、音速で飛び回る機動力もあるので耐性があれば十分ですね。

アピトの究極贈与「女王崇拝(プロセルピナ)」

アピトは覚醒進化した際に究極贈与(アルティメットギフト)「女王崇拝(プロセルピナ)」を獲得しました。

女王崇拝(プロセルピナ)」は軍団蜂(アーミーワスプ)の女王であるアピトらしい能力で、その権能は下記のとおりです。

  • 思考加速
  • 魔力感知
  • 超感覚
  • 空間操作
  • 多重結界
  • 魔蟲支配
  • 軍団指揮
  • 超速行動
  • 致死攻撃

特筆すべきは「魔蟲支配」と「軍団指揮」で、これらの権能によりアピトは1000体以上の軍団蜂(アーミーワスプ)を従えることができます。

作中ではA級クラスの東の帝国軍がアピトが使役する軍団蜂(アーミーワスプ)の大群の前に何もできず、10分ほどで全滅しました。


【期間限定】転スラの小説を音声で聴ける!(初月無料)
→転スラの小説を無料で聴いてみる

転スラのアピトの強さを戦績から解説!

次にアピトの作中の戦績からその強さを見ていきましょう。

アピトが物語序盤では蜂蜜集めが主な任務だったので戦闘シーンはありませんが、地下迷宮のフロアボスになってからは活躍の場が増えました。

相手対戦結果
帝国軍の軍勢1000体超の軍団蜂により10分以内に殲滅
ミニッツ相討ちでアピトが敗北
ヴェノム(訓練)上位魔将のヴェノムを一蹴
ディーノ倒すことはできないまでも、足止めに成功
マイアピトでは倒せず、リムルと交代

 

「転スラのアピトの強さやスキルを解説!ゼギオンの妹分の能力!」まとめ

今回は転スラのアピトの強さや究極贈与(アルティメットギフト)、スキルや戦績などについて解説しました。

アピトは登場した当初は大きなミツバチの見た目で、戦闘は苦手そうな見た目でした。

しかしラファエル先生の魔改造の影響もあり、最終的には地下迷宮屈指の化物級の強さになっています。

これもリムルの配下あるあるですね笑

転スラのその他の関連記事はこちらからどうぞ

→アピトの初登場やリムルとの出会いについて見る

→ゼギオンの強さやスキルの詳細を見る

→転スラのリムルの配下一覧を見る

転スラの解説&考察
転スラの一番くじ&コラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

転スラのコラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました