転スラのヴェルドラが死亡?過去や天敵を解説!

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)のヴェルドラの死亡、過去、天敵などについて解説します。


ヴェルドラはリムルが転生して最初に出会った存在ながら、作中でも最強クラスに強いバケモノです。

しかしそんなヴェルドラでも敵わなかった相手や天敵がおり、実際300年以上も封印されていました。


まずはヴェルドラが過去に死亡寸前まで追い詰められた経緯について解説します。

この記事で分かること
  • ヴェルドラとクロノアの戦闘
  • ヴェルドラがリムルの体内に住むことになった経緯
  • ヴェルドラの天敵
  • ヴェルドラが死亡を克服した経緯


※この記事は転スラのネタバレを含みます


転スラの死亡キャラ一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

転スラのヴェルドラが死亡?勇者クロノアとの戦闘で封印

ヴェルドラは転スラの物語の冒頭で登場しており、スライムとして転生したリムルが初めて出会った魔物です。

しかし本気を出したら世界を滅ぼしかねない強さを持っており、本来はスライムと対等に話すような存在ではありません笑


そんなヴェルドラですが、300年前についうっかり街を滅ぼしていたところに勇者クロノアに敗北し、対象を虚数空間に閉じ込める「無限牢獄」によりここに封印されていました。

クロノアは「無限牢獄」の他、万物を両断するユニークスキル「絶対切断」を持っており、当時のヴェルドラでも勝てなかったようです。

しかしヴェルドラはこの戦いで死亡するまでには至らず、「無限牢獄」による封印で済んだようですね。

ちなみにヴェルドラがクロノアに敗北した理由については、ただ単にクロノアが強かったこと以外に「ヴェルドラがクロノアの可愛さに見とれていた」のもあるようです笑

ヴェルドラは負けた時の話なのにやたら楽しそうに

  • 見た目は可憐な少女
  • やや小柄でほっそりしていた
  • 白い肌に黒銀の髪を一つにまとめていた
  • 真紅の小さな唇

と語っており、激しい戦闘の中でもクロノアの特徴をガッツリ見ていました。


作中でもヴェルドラは人間好きなところや構ってちゃんな一面が強く、300年前に街を滅ぼしたのも本当に「ついうっかり」だったのかもしれません笑

スポンサーリンク

転スラのヴェルドラが死亡?1巻の第1話でリムルの体内へ

ひょんな出会いでヴェルドラとリムルは友達となり、リムルはヴェルドラにかけられた「無限牢獄」を解除するために「大賢者」に解析させることにしました。

しかしクロノアのユニークスキルである「無限牢獄」は簡単に解析できるものではないため、リムルは一旦ヴェルドラを腹の中に収めることにします。

これによりリムルが行動している間、大賢者が「無限牢獄」の解析を随時進められることになりました。


よってヴェルドラはリムルの胃袋の中に収納されただけで死亡したわけではありませんが、世界から見ればヴェルドラが突然消滅したことで激震が走ります。


ヴェルドラはジュラの大森林という大きな森の中の洞窟に封印されており、この森は西側諸国と東の帝国のちょうど真ん中辺りに位置していました。

そのため、世界にとってもヴェルドラの生存/死亡の状況は世界のパワーバランスを左右することであり、リムルがヴェルドラを食ったことで「ヴェルドラが死亡した」ように見えたのは世界にとって大事件となります。

スポンサーリンク

転スラのヴェルドラは何度か死亡していた?過去や天敵は?

ヴェルドラはリムルの胃袋の中に入ってから約2年後、「無限牢獄」の解析が完了したことで漫画16巻の第71話に遂に復活しました。


ちなみにこの場面でヴェルドラのような精神生命体(魂だけの存在)が現実世界に居続けた場合は消滅/死亡してしまうことが解説されています。

それを避けるために依り代に受肉させることで現実世界に安定して存在することができます。これはシズに受肉したイフリートや、魔鋼に受肉したベレッタも同様です。

よってここではリムルの強化分身を依り代にしてヴェルドラが受肉し、人間型の姿に顕現しました。


また長い生を生きるヴェルドラは過去に死亡したことがあったようで、その様子が漫画15巻の巻末の「ヴェルドラのスライム観察日記」で語られています。

そこではヴェルドラ自身が「我は何度か消滅して、その度に復活している」と語っていることから、何らかの要因で何度か死亡しては復活していたようです。

というのもヴェルドラも絶対無敵の存在ではなく、この世界にはヴェルドラの天敵となる存在がいます。

それが実の姉・ヴェルザードであり、ヴェルザードがちょっとヴェルドラのことを思い浮かべただけで時空を超えてヴェルドラが恐怖しています笑

過去にはヴェルザードがヴェルドラに「お仕置き」をしたことが幾度となくあるようで、「無限牢獄」に囚われても助けなかったのはヴェルザードなりのお仕置きだったようです。


ちなみにこのヴェルザードの手によってヴェルドラは死亡を経験しており、漫画15巻の「ヴェルドラのスライム観察日記」で「白い閃光が視えたと思った時には我の生命が終わっておった」と語っています。

お仕置きで死亡するとか、ヴェルドラも苦労してきたようですね笑

スポンサーリンク

転スラのヴェルドラは「魂の回廊」と「暴風竜復元」により死亡を克服して不死に!

「無限牢獄」の解析が終わってヴェルドラが解放され、その際にリムルは究極能力(アルティメットスキル)「暴風之王(ヴェルドラ)」を獲得しました。

このスキルは「暴風竜召喚」「暴風系魔法」「暴風竜復元」の権能があり、特に「暴風竜復元」の権能が特殊です。これは

  • 「魂の回廊」の効果によりリムルの中にヴェルドラの記憶が複製される
  • ヴェルドラが死亡してもリムルの中のヴェルドラの記憶から復元できる

というものです。


通常はヴェルドラのような精神生命体が死亡してしまうと、例え復活できても記憶はまばらになってしまい、別人格になってしまいます。

しかしこの権能によりヴェルドラが死亡したとしても、リムルの中にある記憶バックアップにより元のヴェルドラに復元することができます。

これによりヴェルドラはある意味、リムルが死なない限りは死亡をも克服した存在となりました。

スポンサーリンク

「転スラのヴェルドラが死亡?過去や天敵を解説!」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)のヴェルドラの死亡、過去、天敵などについて解説しました。


ヴェルドラは物語の序盤はずっとリムルの腹の中にいましたが、復活後は活躍の場が増えそうですね。

先述の通りヴェルドラは死亡してもリムルがいる限りは復元可能ということで、いよいよリムルの周りがチート級のキャラばかりになってきました笑


転スラの死亡キャラ一覧やヴェルドラ復活の理由などはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

転スラの一番くじ&コラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

転スラのコラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました