【転スラ】ディアブロがかわいい!強いのに愛されキャラ!

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)の作中でのディアブロのかわいいと評判のシーンについてご紹介します。


ディアブロは「原初の悪魔」としてリムルの配下の中で最強の存在ですが、普段の言動や振る舞いが妙にかわいいところが描かれています。

ファンの間でもディアブロのことを「かわいい」と評する声が多く、実際に作中でどんな振る舞いを見せているのか解説していきます。

この記事で分かること
  • ディアブロがファンから愛される理由
  • ディアブロのかわいいシーン一覧


※この記事は転スラのネタバレを含みます

スポンサーリンク

【転スラ】ディアブロがかわいいと評判!

ディアブロはリムルの配下の中でも随一の強さを誇るキャラクターで、召喚されたばかりで名付けもされていない状態で、英雄として名高い魔法使いであるラーゼンを余裕綽々でボコる程です。

戦闘では無双の強さを誇り、かっこいい場面が非常に多いのですが、特にリムル絡みでかわいいと評判のシーンが数多く存在します。


執事のような格好でいつも姿勢が良くて礼儀正しく、基本的にピシッとしているディアブロがなぜかわいいなどと言われるのか、作中のシーンを振り返っていきましょう。

スポンサーリンク

【転スラ】ディアブロのかわいいシーン一覧!意外とメンタル弱い?

実際に作中でディアブロが「かわいい」と言われて評判のシーンについてご紹介します。

ディアブロはリムルの配下の中でもかなり後に加入したキャラですが、加入して早々からキャラの濃さを発揮しています。

まずはリムルに召喚された場面から振り返っていきましょう。

ディアブロのかわいいシーン:笑顔がかわいい

ディアブロが召喚されたのは漫画14巻の第67話(アニメ第34話)で、リムルがファルムス王国軍を「神之怒(メギド)」で皆殺しにした時です。

ファルムス王国軍の兵士達を生贄にして悪魔召喚した際、リムルは上位悪魔(グレーターデーモン)を呼んだつもりでしたが、何故か上位悪魔より桁外れに強い「原初の悪魔」が召喚されました。後に「ディアブロ」と名付けされます。


登場当初からディアブロは笑顔を絶やさず、リムルに対しては逆にいかがわしく感じてしまうほど敬意を払いまくっています。

「ニコリ」というリムルへの優しい笑顔がかわいいやら怖いやら、のシーンですね笑


リムルがディアブロを召喚できた理由についてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

ディアブロのかわいいシーン:リムルのメンタルアタックで大ダメージ

リムルは無事に「魔王への進化(ハーベストフェスティバル)」を終え、覚醒魔王に進化しました。そして漫画15巻の第69話で早速「テンペスト復活祭(仮)」が開催されます。


そしてリムルも祭りをひとしきり楽しんでベンチでくつろいでいたところにディアブロが挨拶に行くと、ディアブロのことを完璧に忘れていたリムルに「誰だお前?」と聞き返され、まさかの「原初の悪魔」が「心核(こころ)」にダメージを負いました笑

「リムルの一言でヨロヨロになるディアブロがかわいい」と評判の名シーンです。

ディアブロのかわいいシーン:リムルのトドメのメンタルアタックで泣く寸前

ランガのフォローによりリムルはディアブロのことを思い出し、「早く帰りたいのに俺が許可を出さないから困ってたんだ」と気を利かせたリムルは

色々と手伝ってもらって助かったよ
長々と引き止めて悪かったね
もう帰っていいよ

と笑顔で告げました。


悪気ゼロのリムルのトドメの一撃により「心核(こころ)」が砕け散り、世界の最古から存在する「原初の悪魔」が泣きそうになっています笑

基本的にリムルが絡んだ時は妙にかわいい場面が多いです。

ディアブロのかわいいシーン:リムルの名前に感動

晴れてリムルの配下にしてもらうことができ、「感謝致します我が君」と謝意を伝えると、リムルは「リムルでいいよ」と告げます。

いちいち大げさなディアブロはリムルの名前を聞いて「甘美な響きです・・」と感動していました笑

これが演技ではなく素でやっているのがディアブロのかわいいところですw

ディアブロのかわいいシーン:名付けに感激

リムルが名前を聞くと、この時点ではまだ名前を持っていませんでした。ここでリムルが「ディアブロ」という名を与えます。

ついさっき「心核」をぶち砕かれて泣きそうになっていた表情から一転、嬉しくて仕方がない表情がかわいい名シーンです。


ちなみにリムルは魔王化によって魔素量が10倍以上に増大しましたが、そのリムルの莫大な魔素量の半分近くをディアブロの名付けにより持っていかれました。

このことだけでもディアブロがとんでもないバケモノであることが分かりますね。


ディアブロの正体や強さなどについてはこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

ディアブロのかわいいシーン:怒られるとシュンとする

漫画17巻の第75話で、各国首脳が集まる会談の中で西方聖教会の話題になり、かつてヒナタ・サカグチが問答無用でリムルを襲ってきた話も出ました。


それを聞いたシオンは拳を鳴らしながら

リムル様を襲うとはなんて無礼な女でしょう

と言って立ち上がり、ディアブロはディアブロで

同意します
私が出向き始末して参りましょうか

と鉤爪を出して立ち上がりました。


そうしている間、リムルはヒナタに誰かが密告したことで襲われたことを思い出していました。

イングラシアでリムルが出会った人物の中にヒナタへの密告者がいたことになり、リムルは頭の中でラファエルとも答え合わせをして一つ答えを出しています。

そんなリムルの後ろでシオンとディアブロがいがみ合っていたところ、リムルが一喝するとシオンもディアブロもシュンとしておとなしくなりました笑

シオンだけならともかくディアブロまでしょんぼりしているのがかわいいシーンですね。

ディアブロのかわいいシーン:リムルに左遷された・・

ディアブロが召喚された際の初仕事はラーゼンを生け捕りにすることでした。

しかし実はそのラーゼンは各国にその名が轟くほどの猛者であることがこの会議で判明し、そんな男を軽く遊びながらボコしたディアブロの強さをリムルは改めて認識します。

そこでリムルはヨウムがファルムス王国にラーゼンを含む捕虜を連れて行く際にディアブロを同行させることにしました。


これは各国首脳が覚えているほどの実力者であるラーゼンが捕虜にいるため、ディアブロの実力を見込んでの采配でしたが、ディアブロは

左遷・・!?

と勘違いしてまたしてもメンタルダメージを負っていました笑

リムルの一言一言にいちいち過敏に反応するディアブロのかわいいシーンでしたね。

スポンサーリンク

「【転スラ】ディアブロがかわいい!強いのに愛されキャラ!」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)の作中でのディアブロのかわいいと評判のシーンについてご紹介しました。


ディアブロは戦闘ではこの上なく頼りになる存在ですが、リムルが関わると平常心を無くすかわいい場面が多々あります笑

今後もディアブロの活躍やかわいい場面が楽しみですね☆


転スラの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

転スラの一番くじ&コラボグッズ最新情報はこちらの記事からどうぞ

転スラのコラボグッズ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました