転スラのディーノの強さやアルティメットスキル!いつも眠い魔王w

この記事では転スラ(転生したらスライムだった件)のディーノの強さや正体、ユニークスキル、究極能力(アルティメットスキル)などについて解説します。


ディーノは十大魔王(後の八星魔王)の一柱で、いつもダルそうで眠そうにしているキャラクターです。

やる気無さそうに見えますが魔王なだけに絶大な強さを持っており、転スラの物語において重要人物の一人でもあります。


まずはディーノの肩書きや強さ、保有している武器、正体について見ていきましょう。

この記事で分かること
  • ディーノの正体や強さ
  • ディーノのユニークスキルや究極能力


※この記事は転スラのネタバレを含みます


魔王一覧はこちらの記事にまとめています。

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

転スラのディーノの正体や強さ

まずは転スラのディーノの肩書きや正体、強さなどについて解説します。

ディーノは転スラの作中では十大魔王のワルプルギスで初登場し、そこでは「気怠そうな少年」という印象しかありませんでしたが、物語が進むにつれてその真の強さや正体が明らかになっていきます。

ディーノは十大魔王&八星魔王の一柱

ディーノは十大魔王の一柱で、漫画16巻の第78話でワルプルギスの会場に現れたのが初登場シーンです。

直前のラミリス紹介で「ディーノちゃん」と呼んでいたことからラミリスとディーノは親しいようで、会議場でも会うなり挨拶代わりの憎まれ口を叩いています笑

またクレイマンがリムルによって殺され、フレイとカリオンが魔王の座を降りたことで十大魔王から「八星魔王」と名称を変え、それ以降はディーノも八星魔王の一柱となります。

ディーノは魔王の一柱として絶大な強さを持つことは分かっていますが、普段はいつも眠そうでダルそうにしているのでとてもその強さが推し量れません笑

ディーノは覚醒魔王(真なる魔王)

魔王と一言で言ってもピンキリがあり、特に「覚醒魔王(真なる魔王)かどうか」は強さに直結する重要な要素です。

覚醒魔王とは1万人以上の人間の魂を生贄にした「魔王への進化(ハーベストフェスティバル)」を経て進化した魔王のことで、これを経るかどうかで段違いの強さの差が生まれます。

例えば十大魔王においてはクレイマン、フレイ、カリオンは覚醒魔王ではなく、自己進化により魔王になったキャラです。


ディーノは覚醒魔王であり、後述するとおり剣技や究極能力(アルティメットスキル)も相まって自己進化の魔王に比べて桁外れの強さを持っています。

ただし覚醒していない魔王であるダグリュールやレオンも覚醒魔王クラスの強さを持っているため、覚醒魔王かどうかはあくまで強さの要素の一つです。

ディーノの剣技と「黄金の剣」と「闇銀の剣」の強さ

ディーノは普段から2本の剣を携えており、これらの剣は星の核を鍛え上げたとされる最強の双剣で、「黄金の剣(エクスカリバー)」と「闇銀の剣(カリバーン)」と呼ばれています。

これらの双剣は神話級の神器であり、さらにはディーノの剣技は転スラで最強と言われているため、剣による近接戦闘は作中最強です。


魔素や究極能力などに頼らずとも、ディーノであれば剣だけで大抵の相手には圧勝してしまいます。

ディーノの正体は堕天使&監視者!

先述の通りディーノは八星魔王の一柱ですが、その正体は星王竜ヴェルダナーヴァの配下の堕天使です。

八星魔王として魔王の座についているのはヴェルダナーヴァから「監視者」の役割を与えられていたからで、魔王達の情報を流すためでした。


元々ディーノはヴェルダナーヴァの腹心であり、「監視者」の役割を与えられて以降は世界を旅していましたが、ディーノ不在の時を狙ってヴェルダナーヴァとその妻・ルシアが殺害されます。

その後ディーノは犯行に及んだ国を殲滅し、壊滅させました。それからはヴェルダナーヴァの忘れ形見であるミリムを陰から守ることが生きがいとなっています

スポンサーリンク

転スラのディーノのユニークスキルと究極能力(アルティメットスキル)の権能と強さ

ここまでディーノの正体や強さなどについて解説してきました。

ディーノは覚醒魔王らしく究極能力(アルティメットスキル)を保有しており、これもディーノの破格の強さの要因となっています。

ここではディーノのユニークスキルや究極能力(アルティメットスキル)の詳細について解説します。

ディーノのユニークスキル:怠惰者(ナマケモノ)

ディーノのユニークスキルは「怠惰者(ナマケモノ)」で、その権能は

・堕落した者を支配下に置く
・堕落した者から能力を奪う

というものです。


相手を「堕落」させるには戦う必要はなく、言葉巧みに「堕落」の道に引きずり込めばユニークスキルが発動します。

初見殺しのスキルで、この権能を知らない限りはディーノの話術により堕落に追い込まれてしまいます。

ディーノの究極能力:怠惰之王(ベルフェゴール)

ディーノのユニークスキル「怠惰者(ナマケモノ)」は、ワルプルギスでクレイマンがミリムを殴ったのを見た時の怒りと悔しさから究極能力(アルティメットスキル)「怠惰之王(ベルフェゴール)」に進化しました。

怠惰之王(ベルフェゴール)」は精神系のアルティメットスキルで、相手を死や眠りへと誘導する権能があります。

具体的には下記の権能があります。

・怠惰なる眠り(フォールンヒュプノ)
・滅びへの誘惑(フォールンカタストロフィー)

その効果を広範囲に発動することが可能で、作中ではラミリスの迷宮にいた多数の魔物を同時に戦闘不能にしています。


またこの権能をディーノの剣技に織り交ぜることで、相手の認識を狂わせる「幻影剣」を編み出し、ディーノの剣がさらに恐ろしい強さを持つことになります。

ディーノの究極能力:堕天之王(ルシフェル)

ディーノが持つもう一つの究極能力(アルティメットスキル)が「堕天之王(ルシフェル)」です。

「堕天之王(ルシフェル)」はギィ・クリムゾンの究極能力「傲慢之王(ルシファー)」とミリムの究極能力「憤怒之王(サタナエル)」を合体させたような権能があります。

ただしそれぞれの究極能力よりは性能が劣るため、「劣化版の合体技」と言えます。


ちなみにギィ・クリムゾンとミリムの究極能力の権能は下記のとおりです。

傲慢之王(ルシファー):一度見た能力を完コピ
憤怒之王(サタナエル):怒りと魔素を燃料にした魔素増殖炉

「堕天之王(ルシフェル)」はそれぞれの劣化版とは言え、これらに近い権能を同時に扱える非常に強力な究極能力です。

スポンサーリンク

「転スラのディーノの強さやアルティメットスキル!いつも眠い魔王w」まとめ

今回は転スラ(転生したらスライムだった件)のディーノの強さや正体、ユニークスキル、究極能力(アルティメットスキル)などについて解説しました。


ディーノは持っている武器が神話級武器のエクスカリバーとカリバーンであったり、外見も勇者っぽいのであまり魔王には見えないキャラクターです。

普段は眠そう&気怠そうにしていますが、前述のとおり破格の強さを持ったキャラクターで、今後の物語の中でも重要人物として描かれます。

ディーノの今後の活躍に注目です☆


転スラの関連記事はこちらもどうぞ

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク
転スラの解説&考察

【無料お試し】転スラ原作小説が無料!
転スラの原作小説を読みたい・・
でも小説や活字を読むのは苦手・・

それなら朗読サービス「Audible」がオススメです!

リムル役の声優岡咲美保の朗読で転スラの世界にどっぷりハマります!
小説を読むのが苦手でもリラックスして聴けて、しかも初月は完全無料です!
→転スラの原作小説をAudibleで聴いた体験談と感想を読む

コメント